【2代目・特別仕様】スズキ ハスラー タフワイルド(MR52S/MR92S型) | シン・軽自動車マニア

【2代目・特別仕様】スズキ ハスラー タフワイルド(MR52S/MR92S型)

ハスラー

ハスラーはスズキのクロスオーバーSUV型軽自動車。タフワイルドはその特別仕様車である。本稿では2代目のMR52SおよびMR92S型に設定されたタフワイルドを扱う。

スポンサーリンク

2代目 スズキ・ハスラーとは?

2020年1月にフルモデルチェンジし、2代目となったスズキ・ハスラー。約6年ぶりとなる全面改良では外観はより個性が強くなりひと目でハスラーとわかるデザイン変化し、これ以外には

  • 使い勝手を向上させたリヤシートスライド
  • タイプラゲッジアンダーボックスの採用
  • さらなる自動ブレーキの強化
  • 新世代プラットフォーム「ハーテクト」の採用
  • 新開発エンジン
  • 新開発CVT
  • マイルドハイブリッドの全グレード採用

などフルモデルチェンジに相応しい内容となっている。

①個性的でタフさや力強さを感じさせるエクステリア

MR92S (42)

エクステリアではハスラーのアイデンティティーである丸形ヘッドライトとスクエア基調のグリルを踏襲しつつ、フードの角を上げて厚みのる顔を表現。

ピラーは先代よりも立ててロングルーフにスクエア型の大きなキャビンとし、ピラーとボディ同色としピラーの存在をしっかり見せることで力強く頑丈なイメージに。

リアにはリアクォーターガラスを配置し後方視界を確保。さらにクロスカントリー車にみられるような斬新な2トーンカラーを採用した。

MR92S (41)

インテリアではタフと機能的、遊び心を刺激するような先進的かつワクワクするデザインとした。

インパネは特徴的な3連インパネカラーガーニッシュを採用。スピードメーターにはスズキ初の4.2インチカラー液晶メーターを採用。

インパネとドアトリムには車体色に対応した3色(バーミリオンオレンジ、デニムブルー、グレーイッシュホワイト)を採用し、シートは縞鋼板柄のシート表皮にインパネと同じ3色のカラーアクセントを採用した。

hustler_color.jpg

ボディカラーはガンメタリック2トーン仕様車に、新色の「バーミリオンオレンジ」、「デニムブルーメタリック」を含めた全11色を設定。

②パッケージング

MR92S (34)

ハーテクトを採用したことにより先代に比べホイールベースを35mm延長し、後部の足元空間を確保しつつ前席は左右乗員距離を30mm拡大。

また悪路走破性能も最低地上高が180mmにアプローチアングルを1度アップの29度。

デパーチャーアングルを4度拡大し50度として先代よりもアップ。そのうえでホイールベースが延長しつつも最小回転半径は先代と同じく4.6mに押さえている。

MR92S (40)

ラゲッジスペースは荷室側からも操作可能なスライド用ストラップを新規採用。先代同様にラゲッジスペースは汚れても拭き取りやすい素材を採用し、荷室下には防汚タイプのラゲッジスペース採用した。

③パワーアップしたスズキ・セーフティサポート

MR92S (43)

自動ブレーキ関連では夜間の歩行者検知も可能なステレオカメラ方式の衝突軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」に加え誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、一時停止のの認識を追加した標識認識機能を採用した。

また、ターボ車(ハイブリッドXターボ、ハイブリッドGターボ)には全車速での追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロールと車線逸脱抑制機能をスズキの軽自動車としては初採用した。

さらにメーカーオプションとして「全方位モニター付メモリーナビゲーション」を設定。全方位モニター用カメラを採用して周囲360°を立体的に確認できる「3Dビュー」を中央部の液晶パネルに表示してドライバーに表示する。

これに自車の前方および後方から人や物が自車に近づいてくることをお知らせする「左右確認サポート機能」も搭載。さらにシフトレバーをリバースからドライブに切り替えた際に自動でフロント映像に切り替わる「フロントビュー自動表示機能」も備わる。

④鍛え上げた走行性能と快適性能

エンジンは自然吸気エンジン仕様では新開発R06D型エンジンを採用。スズキ軽初のデュアルインジェクションシステムを採用し燃焼効率を高めて燃費性能アップと軽快な走りを実現した。

さらにスズキ軽初のクールドEGR採用でノッキングの発生を抑えて最適なタイミングでの燃焼を実現した。ターボ仕様では引き続きR06A型ターボエンジンとなる。

CVTは新開発となり軽量化と高効率化で優れた燃費性能と軽快な走りを実現。特に低中速域ではスムーズな走りを。高速域ではハイギアードにふって燃費性能を静粛性を高めた。

MR92S (38)

プラットフォームは新世代となるハーテクトを採用。軽量と高剛性を両立させた。特にバックドア、センターピーラー、サイドドアでは環状骨格構造とすることでボディ剛性を強化。

さらにスポット溶接部に「構造用接着剤」をスズキとしては初採用。部品感の隙間をうめることでボディ全体の剛性を向上。これによりすぐれた操縦安定性と乗り心地を実現した。

加えて「高減衰マスチックシーラー」というこもり音や雨音を低減するものを軽自動車初採用し静音性の高い室内を実現している。

MR92S (37)

また、先代の途中から追加されたSエネチャージは普通車のソリオなどと同じマイルドハイブリッドへ名称変更。

発電機能付きモーターの出力は先代の1.6kWから自然吸気エンジンでは1.9kW、ターボ仕様では2.3kWへと引き上げられた(※リチウムイオン電池は先代と同じ3Ah)。

さらに回生ブレーキ等の充電効率を改善させアシスト時間は従来の10%アップ。アシスト可能な速度域もそれまでの最大時速85kmから時速100kmまで拡大した。

⑤強化された4WD機能

MR92S (35)

スズキの軽自動車としては初となる「スノーモード」を新たに採用。スイッチひとつで雪見やアイスバーンでのスムーズな発進をサポート可能とした。

MR92S (36)

その他に先代モデル同様にぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポートする「グリップコントロール」、

MR92S (33)

急な下り坂で安心して下れる「ヒルディセントコントロール」を4WD仕様車に標準装備とした。

スポンサーリンク

特別仕様車 2代目ハスラー・タフワイルドとは? 標準ハスラーや初代タフワイルドとの違いなど

その2代目ハスラーに2024年5月に設定された特別仕様車が「タフワイルド」である。タフワイルドは初代ハスラーにも設定されており、2代目でも名称を継続しての再登場となった。

初代ハスラーのタフワイルドといえば、特徴的なブラックカラーを組み合わせた外観の専用パーツや専用内装など、ノーマルよりも個性的に仕立てた特別モデルだったが、2代目ではそれを踏襲しつつ、外観の個性を高めてスタイリッシュ感や特別感がアップしたモデルに仕上がった。

【初代 後期型 特別仕様車】スズキ ハスラー タフワイルド(MR41S型)

2代目ハスラー・タフワイルドの特別装備

2代目ハスラー・タフワイルドではエクステリアに

  • タフワイルド専用インナーブラック塗装ヘッドライト
  • タフワイルド専用フロントグリル
  • メッキバンパーガーニッシュ(フロント&リア)
  • ブラック塗装アウタードアハンドル
  • タフワイルド専用インナーブラック塗装テールランプ
  • タフワイルドエンブレム
  • ブラックメタリック塗装の15インチアルミホイール
  • ルーフレール

インテリアでは

  • カーキステッチのファブリックシート表皮(撥水加工)
  • カーキステッチのドアトリムクロス
  • マットカーキ塗装インパネカラーガーニッシュ
  • マットカーキ塗装ドアトリムカラーガーニッシュ

ボディカラーでは専用ブラック2トーンを専用設定した下記全6色

  • オフブルーメタリック ブラック2トーン (※タフワイルド専用色)
  • ソフトベージュメタリック ブラック2トーン(※タフワイルド専用色)
  • バーミリオンオレンジ ブラック2トーン(※タフワイルド専用色)
  • クールカーキパール メタリック
  • スチールシルバー メタリック
  • ブルーイッシュ ブラックパール3

専用外観や専用内装でアクティブかつタフな印象を与えた特別モデルとなっている。

初代ハスラー・タフワイルドとの違いなど

初代ハスラーのタフワイルドとの違いは、専用品の多さで特に外観。

初代タフワイルドではボディカラーがリアにかけて斜めに切り込んだような特徴的な2トーンのブラックカラーが施されていたが、2代目ではそうはならずノーマルの2トーンをブラック化した程度に抑えられている。

【初代 後期型 特別仕様車】スズキ ハスラー タフワイルド(MR41S型)

その一方で初代タフワイルドにはなかったインナーメッキをブラック塗装とした専用ヘッドライトや専用コンビランプ、専用グリルと専用メッキバンパーなどが追加装備されており、ノーマルのハスラーやJスタイル系とはかなり差別化されている。

個人的には2代目タフワイルドのほうがより個性がアップし、Jスタイルに負けない見た目になったと思う。

一方で初代タフワイルドにあったネイビー&ブラウン色の専用レザー調ファブリックシート表皮は廃止され、専用スティッチを用いたファブリックシート表皮となるなど、ベースモデルプラスアルファの専用内装に抑えられている。

内装に関しては好き好きがありそうだが、アウトドアユースや長期目線だと初代タフワイルドのレザー調シートは耐久性やメンテナンス性に難があるため、タフワイルドにはファブリックシートのみがあっているかもしれない。

またグレード構成も増え、初代タフワイルドでは自然吸気エンジン仕様のみ(※2WDまたは4WD)の設定だったが、2代目のタフワイルドではターボ仕様(2WDまたは4WD)も選択可能となっている。

2代目ハスラー・特別仕様 Jスタイル/Jスタイル2との違いなど

JスタイルやJスタイル2との違いはフロント周り、リア周り、専用エンブレム、内装やホイールなどが異なる。

【2代目・特別仕様】スズキ ハスラー Jスタイル/Jスタイルターボ(MR52S/MR92S型)

Jスタイル/Jスタイル2ではベースモデルに対し、メッキグリルや専用ボディカラーで精悍に仕立てた特別仕様車だったが、タフワイルドではヘッドライトやテールランプ、アルミホイールなどをブラック塗装とし、黒でシックにまとめた外観が特徴だ。

また、Jスタイルについていたメッキグリルはタフワイルドにはつかず、ボディ同色の専用グリルになっているのに対し、逆にバンパーはJスタイルではシルバー塗装バンパーに対して、タフワイルドではバンパーがメッキ加飾になるなど、アクセントが異なっている。

内装面でも同じ黒系内装だが、Jスタイルではブルーイッシュシルバーのドアトリムやインパネカラーやブラウン&ダークブルーのレザー調ファブリックシートに対し、タフワイルドではマッドカーキやカーキ色のスティッチ入のファブリックシートのみなど、レザー調シートのあるなしやカーキ色をメインとしたアクセントが与えられている。

JスタイルⅡはタフワイルドとの入れ替えで廃止

なお、タフワイルドの登場でそれまで設定されていた特別仕様車の「JスタイルⅡ」はカタログ落ちし、入れ替えという形で廃止されている。そのため2代目ハスラーのJスタイルⅡは中古車でしか購入できなくなった。このあたりは注意が必要だ。

ただし状況によってはタフワイルドの設定が終わった以降に再度「JスタイルⅢ」として再登場する可能性もあるため、買い逃した人は待ってみるものありかも。

初代ハスラーのJスタイルは合計3回設定され、「JスタイルⅢ」も登場している。

【初代・後期型 特別仕様】スズキ ハスラーJスタイルⅢ(MR41S型)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハスラー
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
シン・軽自動車マニア

コメント