【初代 後期型】N-BOX カスタム(JF1/JF2型) 概要解説

N-BOXカスタム

N-BOXはホンダのトールワゴン型軽自動車。N-BOX カスタムはそのスポーティーモデルである。本稿では初代・JF1およびJF2系の2015年2月マイナーチェンジ以降の後期型について扱う。

画像参照元:ホンダ認定中古車

概要

2011年12月にデビューしたホンダ・N-BOX。加熱する軽自動車市場でそれまでの出遅れを払拭すべく、当時の売れ筋となっていたハイトワゴンタイプのボディを採用。

ホンダの得意とするミニバンの魅力を軽自動車サイズに詰め込んだ渾身の1台である。

N-BOXはそれまでのボンネットが独立したワゴンタイプとしては最も全高が高い1780mmとし、室内高もセンターレイアウトなどの採用で異例の1400mmを確保。

加えて室内長は軽自動車として最小のエンジンルームサイズにより2180mm、室内幅も1350mmとすることでホンダの軽自動車としては異例の広大な居住スペースを実現した。

これは同社のコンパクトカーであるフィットよりも広い室内設計(※室内幅除く)でまさに軽自動車のミニバン的なモデルとなっていた。

エンジンもそれまでのライフゼストとは異なる新開発のS07A型エンジンを採用。

特にターボエンジンにおいてはF1で培った技術を応用することで低回転域(2600rpm)からの力強い加速と優れた燃費性能を両立させた。

さらにトランスミッションもそれまでの4ATを廃止し、全グレードで新開発のCVTとすることで燃費性能を向上させた。

安全装備では当時の軽自動車としては珍しい横滑り防止装置のVSA(車両挙動安定化制御システム)とヒルスタートアシストを全グレードで標準装備化。運転席エアバッグに加え助手席用エアバッグも全グレードで標準装備とした。

初代・後期型N-BOXカスタムの改良点と前期との違い

そのN-BOXカスタムは2015年2月にフロントデザインの変更を伴うマイナーチェンジで後期型となった。

初代・後期型 N-BOXカスタムのフロント

初代・前期型 N-BOXカスタムのフロント

後期型では全グレードでグリルまわりが新デザインとなった他、ターボ車にLEDポジションランプとLEDフォグランプを標準装備。加えてターボ車ではシート表皮を一新して質感を向上せた。

機能面では「チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート」と「シートバックテーブル」をメーカーオプション設定。

快適装備としては「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットガラス(フロントコーナー/フロントドア)」をタイプ別に設定。

リアドアの「ロールサンシェード」もタイプ別に設定。「オートリトラミラー」はカスタムでは全グレードで標準装備とした。

ボディカラーでは「プレミアムベルベットパープル・パール」を追加し、2トーンルーフ仕様には「シルバールーフ」を新たに設定。

加えてFFモデルは若干燃費がアップするなど、デビュー当初よりもより上質に仕上げたマイナーチェンジとなっている。

初代・後期型N-BOXカスタム グレードの違い

初代・後期型N-BOXカスタムのグレード構成は、「G」、「G・Lパッケージ」、「2トーンカラースタイルG・Lパッケージ」、「G・ターボLパッケージ」、「2トーンカラースタイルG・ターボパッケージ」の5種類。

これ以外に特別仕様車で「SSパッケージ」と「SSブラックスタイルパッケージ」、コンプリートカーの「モデューロX」が設定されていた。

Gグレード

初代・後期N-BOXカスタムのエントリーグレード。カスタムの中でも装備がシンプルで新車価格が一番安いグレード。

電動パワースライドドアは後方左側のみ標準装備。右側はオプション設定。アレルクリーンシートは非装備で、インテリアの加飾も無し。

「あんしんパッケージ」は非設定で、13インチスチールホイール+ホイールキャップの簡素な内外装が特徴。

G・Lパッケージ

初代・後期N-BOXカスタムの上級グレード。それまでは「G・Aパッケージ」となっていたが、廃止され「G・Lパッケージ」が復活した。

G・Lパッケージは自動ブレーキの「あんしんパッケージ」をオプション設定。インテリアはピアノブラック調のインパネ&ドアガーニッシュ、クロームメッキのインナードアハンドル&セレクトレバーボタンによる加飾、ステアリングオーディオスイッチを標準装備。

快適装備にはリア左側の電動パワースライドドアを標準装備。右側はオプション設定。エクステリアでは14インチアルミホイールを標準装備する。

2トーンカラースタイルG・Lパッケージ

上述のG・Lパッケージに2トーンカラーを適用した専用グレード。後期の2トーンカラースタイルではボディカラーが2色増え、「ブリリアントスポーティブルー・メタリック&シルバー」と、「プレミアムベルベットパープル・パール&シルバー」。

2015年11月には「ブリティッシュグリーン・パール&シルバー」が追加され全5色を設定。

2トーンカラーではルーフ部分とグリル、ドアミラー、アルミホイールがブラック。またはルーフとドアミラーがシルバーによる2トーンカラー仕様となり、特徴的なボディカラーが与えられる。

インパネでは2トーンカラー専用インパネに本革巻きステアリングやシフトノブ、フロントシートがレッドステッチを入れた専用品となる。

2トーンカラースタイルについてはこちらから。

G・ターボLパッケージ

G・Lパッケージにターボエンジンを採用した上級ターボグレード。G・Lパッケージの装備に加えて、

15インチアルミホイール、パドルシフト、クルーズコントロール、両側パワースライドドア、プライムスムース&トリコットコンビシート、本革巻きステアリングが標準装備となる。

特に前期には設定のなかったターボ仕様専用の上質なシートが与えられ、質感が大幅に向上する。

2トーンカラースタイルG・ターボパッケージ

上記G・ターボLパッケージに2トーンカラーを採用した最上級ターボの2トーンカラーグレード。

ボディカラーは2トーンカラースタイルと同じく「ブリリアントスポーティブルー・メタリック&シルバー」と、「プレミアムベルベットパープル・パール&シルバー」。

2015年11月には「ブリティッシュグリーン・パール&シルバー」が追加され全5色を設定。

2トーンカラーではルーフ部分とグリル、ドアミラー、アルミホイールがブラック。またはルーフとドアミラーがシルバーによる2トーンカラー仕様となり、特徴的なボディカラーが与えられる。

インパネでは2トーンカラー専用インパネに本革巻きステアリングやシフトノブ、常時レッド照明3眼式メーター、パドルシフト、クルーズコントロール、フロントシートがプライムスムース&トリコットコンビシートにレッドステッチを入れた専用品となる。

特別仕様車 SSパッケージ

2016年8月に再登場したスズカ・スペシャル特別仕様車。

G・Lパッケージをベースに両側パワースライドドアやシートバッグテーブル、あんしんパッケージ、クロームメッキ仕様のエアコンアウトレットダブルリング、クロームメッキのLEDフォグライトガーニッシュ、LEDポジションランプを標準装備し、スタイリッシュさと快適装備、安全装備を強化した特別仕様車。

SSパッケージについてはこちらから。

特別仕様車 SSブラックスタイルパッケージ/ターボSSブラックスタイルパッケージ

2016年8月に設定されたブラックカラーをテーマとしたスズカ・スペシャル特別仕様車。

自然吸気エンジンのG・Lパッケージとターボ仕様のG・ターボ+パッケージがベース。

それぞれの既装備に加えて外装では黒塗装フロントグリル、オールブラック14インチ(ターボは15インチ)アルミホイール、リア右側のパワースライドドア。

LEDポジションランプ、フォグライトガーニッシュ付きLEDフォグランプ、親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラスを。

jf1_custom_last_SSblack (2)

内装ではエアコンアウトレットダブルリングにチップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート、運転席&助手席シートヒーター。

シートバックテーブルブルーステッチのステアリングホイールとブルーステッチ入り合皮コンビシート(※ターボのみで自然吸気エンジンは通常のブラックシートにブルーステッチ入り)を。

安全装備として「あんしんパッケージ」を標準装備としお買い得とした特別仕様車となっている。

SSブラックスタイルパッケージ/ターボSSブラックスタイルパッケージについてはこちらから。

コンプリートカー モデューロX

2013年1月に設定されたN-BOXカスタムをベースとしたコンプリートカー。

モデューロX専用フロントバンパーやグリル、ヘッドライトに専用シート(専用インテリア)、専用サスペンション等を装備し独特の存在感や、しなやかな乗り心地を実現した特別モデル。

FFのみの設定で、4WDモデルは非設定。前期ベースと後期ベースの2種類がある。

後期モデルではヘッドライトやテールランプが専用のブラック仕様となり、内装にモデューロXロゴ入りプライムスムース&トリコットコンビシートをシートを採用するなど、質感が向上している。

モデューロXについてはこちらから。

エクステリア(外装)

フロントデザイン。後期型ではエンブレム部分のメッキグリル(ダーククロムメッキ)のデザインを変更。前期では細いラインが複数並んでいたが後期ではこれを3本の太いグリルに変更した。

前期では独特のコテコテ感があった後期ではシンプルなデザインとすることですっきりとしたフロントとなった。

また、ターボモデルではLEDポジションとLEDフォグランプ(クロームメッキフォグライトガーニッシュ付き)を新たに標準装備。

夕方等のポジションライト点灯時、白系のライトで見た目が良くなっている。このほかヘッドライト下にはフロントアクセサリーLED(ブルーまたはホワイト)を備え、フロントバンパーにはバンパーロアグリルモールが付く。

サイドから。前期同様、セキュリティーアラームを標準装備し、LEDターンランプ付きドアミラーには後期型として新たに「オートリトラミラー」を搭載。

これはドアロックに連想してミラーが自動格納する便利な機能だ。スライドドアはG・LパッケージとG・ターボLパッケージで両側とも電動タイプ。

廉価グレードのGは非装備。電動搭載グレードではイージークローザー付き。アウタードアハンドルはクロームメッキ仕様。スマートキーシステムは全グレードで標準装備。

快適装備として「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットガラス(フロントコーナー/フロントドア)」をグレード別に設定。

2015年2月マイナーチェンジではフロントウインドウにIRカット〈遮熱〉/UVカット機能付ガラス、フロントコーナー/フロントドアにIRカット〈遮熱〉/UVカット機能付ガラスを装着していたが、2015年11月マイナーチェンジではこれがサイドガラスとリアガラスを含む360度に対応。

すべての窓で紫外線と赤外線をカットできるようになった(ただし、グレード別設定)。

自然吸気モデルのG・Lパッケージでは14インチアルミ(タイヤサイズは155/65R14 )。

2トーンカラースタイルはブラック塗装専用14インチアルミホイール、2トーンカラースタイルのターボ仕様は同じデザインで15インチ仕様。

ターボ仕様のG・Lターボパッケージでは15インチアルミ(タイヤサイズは165/55R15)を標準装備。廉価グレードのGでは14インチスチールホイール+ホイールキャップとなる。

リア。最上級のG・ターボLパッケージのみ、クロームメッキのリアバンパーガーニュシュが加わる。全グレードでエマージェンシーストップシグナルを標準装備。

エンジン・機能装備・安全装備など

エンジンはS07A型3気筒の自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類。

自然吸気エンジンの最高出力は58ps(43kW)/7300rpm、最大トルクは6.6kg・m(65N・m)/4700rpm。

ターボ仕様では最高出力は64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは10.6kg・m(104N・m)/2600rpm。

トランスミッションはCVTのみで駆動方式はFFまたは4WD。アイドリングストップを全グレードで標準装備する。

安全技術としてはVSA(ABS+TCS+横すべり抑制)とヒルスタートアシスト機能を標準装備。

メーカーオプションとして低速度域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能のシティーブレーキアクティビティシステムとサイドエアバッグシステムをセットにしたあんしんパッケージを設定。

このほか後期型ではFFモデルにおいて若干燃費が向上。JC08モード燃費で25.2km/lから25.6km/lにアップした。

初代N-BOXカスタム・JF1とJF2との違い

N-BOXカスタムのJF1とJF2との違いは駆動方式。JF1は前輪を駆動するFFのN-BOXカスタム。JF2はJF1をベースに全部のタイヤを駆動する4WDのN-BOXカスタム。

ただし4WDに関してはジムニーやパジェロミニなどの本格軽SUVとは異なり、基本はFFで、前後の回転差が生じた時(滑った時など)に4WDとなるビスカスカップリングを用いたパッシブタイプのオンデマンド4WD方式。

パートタイム4WDのようなタイトブレーキング現象が発生せず街乗りでは扱いやすいが、その分本格的な悪路走行には向いていないのでその点は十分注意されたい。

インテリア(内装)

インパネ。カスタムでは全グレードでブラックインテリアとなる。加えてGグレード以外ではインパネとドアガーニッシュがピアノブラック調の専用パネルとなる。

ターボ仕様ではシルバーステッチ入り本革巻きステアリングホイール&パドルシフトとなる。エンジンスタートは全グレードでプッシュスタート式。

フロントシートはベンチシートタイプ。ターボ仕様ではに合皮コンビシートを採用し、質感が向上している。

ターボのシート表皮は後期モデルでプライムスムース&トリコットコンビシートに変更され、上級感がある。

リアシート。チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート(5:5分割式、4段リクライニング付)はGグレードで以外で標準装備。また、強い日差しから車内を保護するロールサンシェードは全グレードで標準装備。

ラゲッジルーム。

リアシートを倒した状態。

まとめ

初代・後期型のN-BOXカスタムは前期よりも見た目が向上し、かつ燃費も若干良く一応自動ブレーキもオプション設定するカスタムモデルである。

燃費の面では当時のスズキのスペーシアカスタムに軍配があり、自動ブレーキ自体もそんなにすごいわけではないが、女性や子持ちの主婦には嬉しい360°スーパーUV・IRカットガラスを設定するなど使い勝手の良さも向上し、人気のN-BOXカスタムの後期モデルとして上手くまとまった1台である。

顔つきがいかせん好き好きが分かれるが、この手を探していて予算に余裕があるのなら素直に選んでみたいモデルである。

標準グレードのほか、SSパッケージSSブラックスタイルパッケージ2トーンスタイルなど個性的な特別仕様車も存在し、選択肢の幅も広い。

中古市場では新車と同じく人気モデルで、年式や走行距離の割には高値なモデルとなっている。

その人気故に同年代のライバルよりも同じ条件なら割高なため、その価格にそうものか状態をよく確認して購入することを強くオススメする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました