【初代 前期型】日産 デイズ (DBA-B21W型) 概要解説

デイズ

デイズは日産のワゴン型軽自動車。本稿ではデビュー当初からフロントデザインの変更を伴うマイナーチェンジ前(2013年6月~2015年9月)までを前期型と定義し、これを扱う。

画像参照元:日産認定中古車

概要

2013年6月登場のデイズ。それまでのオッティの実質的な後継モデルとなるこのモデルは、三菱との合弁会社であるNMKVによる共同開発&共同生産のモデルである。

それまで日産の軽自動車といえば細かなデフォルメを行うものの生産はOEM先に委託する形をとっていたが、デイズシリーズでは開発から生産まで携わるようになった。

デイズのエクステリアは立体的かつダイナミックなフォルムにスタイリッシュ感や親しみやすさを融合させたデザインとした。特にヘッドライトからアーチ状に流れるボディラインと、サイドビューに躍動感を与える2本ライン、特徴的な格子状グリルとフレンドリーな顔つきが特徴だ。

インテリアではセンタークラスターから弓なり形状としたインパネにタッチパネルを採用したピアノ調ブラックが映えるアイボリーインテリア、ホールド感を高めたフロントシートやふくらはぎのサポートを強めたリアシートなど長距離ドライブでの快適性をアップさせている。

標準モデルのスピードメーターはシンプルかつ視認性に優れた1眼式白色照明の大型メーターを採用。

エンジンは新開発の3気筒エンジンを採用。トランスミッションには副変速機付エクストロニックCVTを全グレードで採用し、アイドリングストップもグレード別に採用した。

パッケージングはロングホイールベースよる広い室内空間と前席にはシートスライドとシートリフター、チルトステアリングを標準装備。ルーフ上端を広げたフロントウインドウにより視認性を向上させた。

ボディは空力を考慮しバンパー形状を最適化。超高張力鋼板を4%、高張力鋼板を52%採用し安全性を確保しつつ軽量化している。

安全装備・快適装備としてはアラウンドビューモニターやタッチパネル式オートエアコンは上級グレード(Xグレード)に採用。

運転席&助手席エアバッグ、ABS(アンチロックブレーキシステム)+EBD(電子制御制動力配分システム)を全グレードに標準装備。ヒルスタートアシスト(アイドリングストップ付車、VDC装着車に標準装備)は一部グレードに標準装備とした。

また、スーパーUVカット断熱グリーンガラスも上級グレード(Xグレード)に標準装備とし、フロントドアガラスに紫外線を99%カットするスーパーUVカット断熱グリーンガラスも全グレードに標準装備した。

収納スペースとしは買い物フックや助手席シートアンダーボックス、カップホルダー、ドアポケットなど様々な収納スペースを配置。

日産デイズ(B21W)と三菱eKワゴン(B11W)との違い

三菱版の3代目eKワゴン(B11W)と日産デイズ(B11W)とではヘッドライト、グリル、バンパーを含むフロントデザインとホイールキャップのデザインが日産仕様となり差別化される。

このほか、グレード構成も異なりデイズでは標準モデルが3グレード。カスタムモデルが4グレードに加え、オーテックジャパンによるカスタムカー(仮装車)、「デイズ ライダー」と後期では「デイズ ボレロ」がラインナップに入るなど、三菱のeKワゴン&eKカスタムのグレード展開よりもかなり多め。

その一方で三菱のeKワゴンには標準モデルでもターボ仕様があるのに対し、日産の標準デイズは全グレードで自然吸気エンジンのみとなるなど違いがある。

エクステリア(外装)

フロントデザイン。三菱版と大きく異なるのはフロントまわり。まず三菱が水平方向にラインが入っていたが日産版ではクロス状のデザインになっている。ノーマルモデルでも下部にメッキが使われているのもアクセント。

またヘッドライトも三菱はインナーブラックだが、日産ではクリスタル仕様。これによりぱっと見で違いが出ている。微妙にヘッドライトからグリルに掛けてのデザインも違う。

サイドにかけては三菱版と同じ。オッティ時代よりも全高がアップしたことで1550mm以下の立体駐車場には入らなくなったが、頭上方向に余裕が出来たため、室内空間は先代よりもかなり広く感じるようになった。

足元は14インチスチールホイール+フルホイールキャップ。デザインも日産デイズ専用でeKワゴンと差別化がなされる。タイヤサイズは 155/65R14。

リアもエンブレムが違うだけで残りは共通だ。デイズのテールランプは縦型に加え下部がL字型となる個性的なデザインで、ワゴンRやムーヴとは異なる独特のデザインとなる。

エンジン・機能

エンジンは3B20型直列3気筒DOHC自然吸気エンジンのみ。最高出力は49ps(36kW)/6500rpm。最大トルクは5.7kg・m(56N・m)/5500rpm。トランスミッションは全グレードで副変速機付エクストロニックCVTとなる。駆動方式はFFまたは4WD。

2014年7月マイナーチェンジでは先にデイズルークスで採用していたバッテリーアシストを適用。オルタネーターの動作を低減させることでガソリン消費量を削減。最大で0.8km/Lの燃費を向上させた。

また、デビュー当初はライバルが装備していた自動ブレーキシステムが無かったが、2014年12月のマイナーチェンジで「エマージェンシーブレーキ」、「踏み間違い衝突防止アシスト」、「VDC」等をセットにした、パッケージオプションを設定。オプションではあるが他車に遅れをとっていた自動ブレーキが追加された。

さらに特別仕様車「Vセレクション+セーフティII」では「アラウンドビューモニター」に加えて、「エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」が特別装備された。

インテリア(内装)

インパネ。標準デイズではアイボリーを基調にピアノ調ブラックの加飾でアクセントを与え、さりげない上質感をプラスしたカラーリング。加えてセンタークラスターから弓なり形状のデザインとすることで、ダイナミックな雰囲気も持たせている。

ステアリングはウレタンスプリング。

廉価グレードのJとSグレードではマニュアル式のエアコンパネル。

上位グレードのXグレードではハイウェイスターと同じタッチパネル式でオートエアコンとなる。

スピードメーターはタコメーターなしの1眼式。シンプルな白色の自発光式メーターで夜も見やすい。

フロントシートはベンチシートタイプ。オッティ時代よりもサイドのサポート形状が増え質感がアップした。

リアシート。こちらも膝部のサポートが増え、かつソファーのような乗り心地で快適な後部座席空間とした。

リアシートを立てた状態だと後部の荷室は狭め。

シートは分割可倒式。

リアシートを倒した状態。

まとめ

初代デイズはオッティ時代とは異なりそれまでのボディスタイルを辞め、3代目ekワゴンと同じくライバルのワゴンRムーブに真っ向勝負したフルモデルチェンジとなった。

それまでのオッティ(ekワゴンH81WやH82W)と比べると全高がアップした分室内空間が広くなり、先代よりも広く感じるようになった。

外観もそれまでのオーソドックスなものからら洗練されてデザインが良くなっている。デビュー当初はライバルが装備していた自動ブレーキシステムが無かったが、2014年12月のマイナーチェンジでオプションではあるが「エマージェンシーブレーキ」が選択できるようになった。これで他社に遅れいた自動ブレーキシステムも追加されマイナスポイントも無くなっている。

デイズはワゴンRのような売れ筋のモデルを探している人にぴったりな1台だろう。

なお、2015年12月にはフロントデザインの変更を伴うマイナーチェンジで後期型となった。後期型では大型メッキグリルを採用し、デザインが洗練され、ノーマルモデルでも精悍な顔つきとなった他、内装もテコ入れされ外観も内装も上級感あふれる仕様に変化している。気になった人は後期型もチェックしてほしい。

中古市場では2代目デイズがデビューし年数も経過している点から初代の前期型は比較的安価なモデルとなっている。燃費やマイルドハイブリッド搭載による加速性能、使い勝手や内外装の質感などは2代目がかなり良く、予算があるのなら素直に2代目がオススメ。

一方で、安価で割りと高年式な街乗り軽自動車というニーズであれば、初代デイズの前期型もアリか。三菱版よりもスタイリッシュかつおしゃれな外観なので、その点もアドバンテージがある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました