【3代目】スズキ スペーシア ハイブリッド グレード一覧・概要解説(MK94S型) | シン・軽自動車マニア

【3代目】スズキ スペーシア ハイブリッド グレード一覧・概要解説(MK94S型)

スペーシア

スペーシアはスズキのトールワゴン型軽自動車。本稿では3代目を扱う。

出典:ガリバー

スポンサーリンク

3代目 スズキ・スペーシアとは?

3代目スペーシアの特徴

2023年11月にフルモデルチェンジし、3代目となったスズキ・スペーシア。この手のモデルとしては前身のパレットを含めると4世代目のモデルとなる。

【2代目・マイルドハイブリッド搭載】スズキ スペーシア(MK53S型) グレード一覧・概要解説

先代スペーシアではスーツケースをモチーフとした内外装デザインが特徴だったが、3代目では先代のスーツケースからコンテナのイメージに変更し、顔つきは踏襲しつつも標準モデルはワクワク感やカジュアル感を向上。

カスタム仕様ではより洗練されたデザインでスタイリッシュかつスポーティな雰囲気が与えられている。

3代目スペーシアのエクステリア

3代目スペーシアの顔つきは、先代とほぼ同じような親しみやすいファニーフェイスを踏襲しているが、ウィンカーの位置が外側から内側に移動し、グリルもスタイリッシュな細身のグリルを採用。バンパーも空力感を高めたエアロ形状を採用しスタイリッシュ感をアップさせている。

ヘッドライトは全グレードでLEDヘッドライトを採用。ハイローが独立した4灯式を採用するが、LEDバルブはロービーム側のみ採用で、ハイビームはハロゲンランプとなる(※カスタムでは両方ともLEDタイプを採用)。ポジションランプは標準でLED仕様だ。

出典:ガリバー

リア周りも特にテールランプのデザインが大きく変更され、上部リアゲート付近からN-BOXやタントのように中央付近に移動。ライバルと似たような雰囲気となった。

一方でテールゲートにも切り込みのような空力を意識したデザインが採用され、箱型ボディでありながらスタイリッシュな雰囲気も持たせている。

3代目スペーシアのタイヤサイズ、アルミホイールなど

3代目標準スペーシアのタイヤサイズは先代と同じく155/65R14。

先代では上級グレードでアルミホイールが標準装備されたが、3代目では全グレードでスチールホイール+ホイールキャップのみの設定となった。

3代目スペーシアの先進安全装備・快適装備

安全装備ではミリ波レーダー+単眼カメラを組み合わせたバージョンアップ仕様の「デュアルセンサーブレーキサポートII」を全グレードに標準装備化。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)[全車速追従機能・停止保持機能付]や車線維持支援機能をグレード別に採用し、安全機能を拡充。

3代目スペーシアのインテリア

インパネ周りは、運転席や助手席からの動線や使いやすさを考慮したレイアウトとしたほか、助手席前のビッグオープントレーなど、多彩な収納スペースを設置。

電動パーキングブレーキとステアリングヒーターをスズキ軽自動車で初採用した。

特にスピードメーターは完全にデジタル化され、ハイブリッド車にふさわしい近代的な雰囲気が与えられた。

3代目スペーシアのエンジン・走行性能

エンジンは先代から採用されたR06D型エンジンにマイルドハイブリッドを搭載。R06Dエンジンのスペックは

最高出力:49ps(36kW)/6500rpm
最大トルク:5.9kg・m(58N・m)/5000rpm

モーター(WA05A)は

最高出力:2.6PS(1.9kW)/1500rpm、
最大トルク:4.1kg(40N・m)/5,000

燃費性能は軽ハイトワゴンクラストップの25.1km/Lの低燃費を実現。フレームには環状骨格構造や減衰接着剤などの採用し、剛性を高めて操縦安定性や静粛性、快適な乗り心地を実現した。

スポンサーリンク

3代目スペーシアのグレード構成 ハイブリッドG、ハイブリッドX、ハイブリッドXセーフティパッケージの違いなど

3代目スペーシアのグレード構成は、エントリーグレードの「ハイブリッドG」、上級グレード「ハイブリッドX」、上級グレードにアダプティブクルーズコントロールや車線維持機能などの便利機能をプラスした「ハイブリッドXセーフティパッケージ」の3種類。

標準スペーシアにターボの設定はなく、「スペーシアカスタム」のみ。全グレードで自然吸気エンジン+マイルドハイブリッド仕様のみとなる。

ハイブリッドG

3代目スペーシアのエントリーグレード。一番価格が抑えられた買いやすいグレードだが、その分上級のハイブリッドXグレードよりも若干簡略化される。

 

出典:ガリバー

エクステリアでは

  • LEDヘッドライト&LEDポジションランプ
  • LEDテールランプ
  • LEDサイドターンランプ付きドアミラー
  • 14インチフルホイールキャップ
  • メッキフロントグリル
  • カラードアハンドル

インテリアでは

  • デジタルスピードメーター
  • ファブリックシート表皮(グレー&ベージュ)

快適装備は

  • キーレスプッシュスタートシステム
  • フルオートエアコン
  • 運転手バニティミラー
  • 運転手&助手席シートヒーター(4WDのみ)
  • インパネドリンクホルダー
  • オープントレイ
  • ステアリングスイッチ

などがつく。ボディカラーはモノトーンカラーのみ選択可で、2トーンカラーは非設定。ハイブリッドGグレードにはパワースライドドアは非設定で、両側とも手動式のスライドドアとなる。

ハイブリッドX

3代目スペーシアの上級グレード。ハイブリッドGよりも快適装備などがアップグレードされる。

エクステリアやインテリアの装備は同じだが、快適装備で

出典:ガリバー

  • フロント間欠ワイパーに「時間調整付き機能」をプラス
  • 後席両側スライドドアクローザー
  • 後席左側ワンアクションパワースライドドア
  • 後席右側ワンアクションパワースライドドア
  • スリムサーキュレーター
  • プレミアムUV&IRカットガラス
  • ロールさん
  • マルチユースフラップ
  • 運転手シートリフター
  • チルトステアリング
  • インパネ、後席右側にもUSB電源ソケット(TypeC)
  • 2WD車にも運転手&助手席シートヒーター
  • パーソナルテーブル
  • ラゲッジルームランプ
  • ボルドー柄シートパイピング
  • 後席スライド用ストラップ
  • 後席センターアームレスト
  • フロントセンターアームレスト
  • フロントアームレストボックス
  • 助手席シートバックポケット

などがつく。ボディカラーもハイブリッドGでは選択できなかった2トーンカラーが選べるようになる。

ハイブリッドX セーフティパッケージ

3代目スペーシアの最上級グレード。上級「ハイブリッドX」グレードにアダプティブクルーズコントロールや車線維持支援機能などをセットにした「セーフティパッケージ」をプラスしたグレード。

ハイブリッドXセーフティパッケージでは

  • アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能・停止保持機能付き)
  • 車線維持支援機能
  • 電動パーキングブレーキ
  • ブレーキホールド

がプラスされる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スペーシア
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
シン・軽自動車マニア

コメント