【2代目・後期型】三菱 パジェロミニ( H53A/H58A型)

パジェロミニ

パジェロミニは三菱のSUV(RV)型の軽自動車。本稿では2代目・H53AおよびH58Aの2008年9月マイナーチェンジ~2013年1月までを後期型(最終型)とし、これを扱う。

画像参照元:三菱認定中古車

概要

パジェロミニは「パジェロ」と名がつくことから想像できるように、クロカンであるパジェロの弟分としてデビューした。

1994年に初代がデビューし、1994年にジムニーに対向する形で登場した初代・パジェロミニ。そのパジェロミニは1998年の軽自動車新規格を受けて同年の10月に2代目へとフルモデルチェンジした。

2代目ではそれまでの特徴だった丸目ヘッドライトを廃止し、オーソドックスな角型ヘッドライトを採用。新規格に対応したことでボディ形状は全長で100mm、全幅で80mm拡大するもののスタイリング(パジェロスタイル)はほぼ先代を踏襲。顔つき以外は先代とほぼ同じ外観となっている。

また、モノコック高剛性ボディにクラッシャブルボディ構造とブレーキアシスト機構の採用で、当時の軽自動車としては優れた衝突安全性を誇っていた。

エンジンは新開発となる4A30型4気筒SOHC16バルブ新リーンバーンMVVエンジンと4A30型4気筒DOHC20バルブインタークーラーターボエンジンを搭載。また、先代のオートマは3ATだったが、2代目で電子制御式4ATに置換された。

(※ただし排ガス規制に引っかかりこの4気筒DOHC20バルブツインスクロールターボは2002年9月のマイナーチェンジで廃止、代わりに自然吸気エンジンをターボ化した4気筒SOHC16バルブインタークーラーターボに切り替わった。)

デビュー当初からパジェロミニはジムニーに対して「シティユース」というキャラクターを出していたがこの2代目ではそれが顕著だった。

ベースモデルに対してより個性的な顔をもたせたり(パジェロミニ・デューク)、初代を彷彿とさせる丸目を用意したり(パジェロミニ・リンクス)。

はたまたレカロシートを装備したスポーティーなモデルを追加したり(パジェロミニ VR-S)とまさにムーヴムーヴカスタムの関係のようなグレード展開をSUVで行っていた。基本性能は変わらないものの見た目をアレンジし、個性的なモデルを投入することでジムニーに対抗していた。

2代目後期型(最終型)パジェロミニの特徴と前期、中期との違い

2代目パジェロミニ・後期型の改良点

H58A_last (5)

その2代目パジェロミニは2008年9月にマイナーチェンジを行い後期型(最終型)となった。

最後のマイナーチェンジではフロントのデザインが一新されたほか、リアのコンビランプを前期型までのデザインに変更。タイヤの位置も中央に移動し、リアナンバープレートの位置がリアゲートからリアバンパー左側へ移動。

内装ではインパネとスピードメーター、シート表皮を刷新。メカニズムでもAT仕様車では減速時のロックアップ機構を追加することで燃費を若干アップさせた。

全体的にはちょうど同時期の親パジェロそっくりの顔つきとなり、パジェロから見ると小さくしたような可愛さを持ち、他の軽自動車から比べるとSUVらしい力強さを併せ持つ良いデザインに仕上がっている。

ちなみにこちらが同時期のパジェロ。ライトの切り込み、メッキグリルの形状やバンパーの形状がよく似ている。

H58A_last (4)

ライバルによくスズキのジムニーがあげられるが、両者の性格は異なり本格的なオフロードであるジムニーに対し、パジェロミニはシティユースをメインとした車で街乗り(オンロード)メインの車となっている。

かつてはそれを象徴するグレード構成だったが、最後のモデルではターボ系とNA系に純正ナビを足したグレードのみとなった。レカロシートを装備したスポーツモデルの「VR-S」、個性的なフロントデザインの「デューク」、4灯式ヘッドライトの「リンクス」は廃止されている。

2代目パジェロミニの生産終了とその理由、ジムニーの大ヒット

2代目パジェロミニは後期型マイナーチェンジ後から約4年後の2012年6月に生産を終了した。その理由としては

・販売台数が最盛期の1/10に落ち込んでいた
・独自プラットフォームのためコスト削減が難しく整理車種対象となった
・2012年9月以降に適用の「歩行者頭部保護基準」に対応できなかった

などが要因とされている。

パジェロミニはFRベースの4WDゆえにFFベースの軽自動車とは部品の共有化が難しく、安く作って利益を上げる必要がある軽自動車としては高コストな部分や、そこからお金をかけて改良し保安基準に対応させたとしてもエコカー全盛期だった当時の三菱としては採算が取れないと判断したものと思う。

ただ、結果的にパジェロミニがラインナップから姿を消しジムニーが4代目で原点回帰なデザインと硬派なクロカン性能で大ヒットしたことをみると、当時の三菱の判断は大きな間違いであったと言わざるをえない。

2代目後期型パジェロミニ グレードの違い

2代目後期型パジェロミニの基本グレードは、自然吸気エンジンが「XR」、「ナビエディションXR」、ターボ仕様は「ZR」、「VR」、「ナビエディションVR」、「エクシード」の計6種類。

XRグレード

XRグレードは自然吸気エンジン専用グレードで、一番価格が安かったグレード(※パジェロミニ・リミテッドを除く)。ボンネットにターボ用のエアインテークが無いのが特徴で、後期モデル唯一のFR専用グレードでもあった。

装備面ではフォグランプ、EBD付きABS、ルーフスポイラーがオプション設定。ボディカラーは豊富でVRと同じ2トーンカラーや3ウェイ2トーンカラー(※一部オプションカラー)が選択可能だった。15インチアルミホイールが標準装備でミッションは4ATのみ。

見た目はほぼVRと同じで、ターボが付いて無いグレードという見分け方もできる。

XRナビエディション

XRナビエディションはXRグレードにナビゲーションシステム(三菱マルチエンターテイメントシステム)を標準装備した豪華グレード。

ZRグレード

ZRグレードはターボ仕様であるものの、装備を簡略化しVRよりも価格を安くしたターボ廉価グレード。

外装では非メッキグリルに樹脂タイプ(非塗装)の手動ミラー、樹脂タイプのアウタードアハンドル、スチールホイールで簡素な外観に。フォグランプやルーフスポイラーのオプション設定も無し。

ボディカラーもXRやVRとは異なりモノトーンカラー4色のみの設定。安全装備ではEBD付きABSを標準装備しつつ、トータルで価格を抑えていた。

VRグレード

VRグレードはターボ仕様のエントリーグレード。ZRで簡略化された装備が豪華仕様となり見た目が良くなる。

外観はボディカラー同色電動格納ミラー、カラーアウタードアハンドル、15インチアルミホイール。

装備面ではEBD付きABSを標準装備し、フォグランプ、ルーフスポイラーがオプション設定。ボディカラーは豊富でXRと同じ2トーンカラーや3ウェイ2トーンカラー(※一部オプションカラー)が選択可能だった。

VRナビエディション

VRナビエディションはVRグレードにナビゲーションシステム(三菱マルチエンターテイメントシステム)を標準装備した豪華グレード。XRナビエディションのターボ仕様的な位置づけ。

エクシード

エクシードは最上級ターボ仕様グレード。VRグレードに対して本革巻きステアリングや特別仕様車で好評だった特徴的な3ウエイ2トーンボディカラーのみを設定し上級感や個性を強調。

便利機能としてルーフレールや撥水ドアガラス、親水ドアミラーを標準装備としノーマルモデルよりも上級な雰囲気と便利機能が与えられている。

パジェロミニついに復活か?MNKVより2024年発売予定

bestcar_202205.jpg
画像参照元:ベストカー

2013年を最後に生産終了で絶版となっている三菱・パジェロミニ。数年前から後継モデルの新型パジェロミニの噂がチラホラ飛び出し、出ては消え、出ては消えを繰り返していたが、ベストカー2022年6月号でかなり確証が高い情報が出てきた。

これによれば三菱と日産の合弁会社、MNKVより新型パジェロミニの開発のGOサインが出て、開発中とのこと。エンジンもガソリン仕様とガソリン+モーターのハイブリッド、モーターのみのピュアEVの3種類が計画されており、ジムニーに対抗すべく開発に力が入っている模様。新世代パジェロミニに期待したいところ。

特にライバルだったジムニーが予想以上の売れ行きで、雪国以外でも需要がある点や自社のパジェロミニユーザーが乗り換えでジムニーや他のモデルに流れていることを考えると、いつ復活してもおかくしくない状況にある。

開発は三菱が主導で、日産が加わる形とのことで当然ながら日産仕様のパジェロミニも登場するはず。その時はかつてのキックスとはならないものの、日産バージョンも楽しみである。

また、新型パジェロミニが登場すればスズキ側もこれを意識するはずで、改良や特別仕様車の発売など切磋琢磨の好循環が生まれる。ユーザー側にはとても嬉しいパジェロミニの復活となりそうだ。

2代目後期パジェロミニのエクステリア(外装)

フロント

H58A_last (2)

フロントデザイン。後期型ではヘッドライトとグリル。バンパーのデザインを刷新した。ヘッドライトは同年代のパジェロのような異型角型に変更され、グリルもメッキライン2本を太くした大型のものとなった。

H58A_last (13)

加えてバンパーもヘッドライト同様にパジェロのデザインを取り入れひと目で「パジェロミニ」であることがわかるような顔つきとなった。2代目の中では前期や中期よりもスタイリッシュになり、上品さもプラスされたようなデザインである。

サイド

H58A_last (4)

サイド。スタイリングは角ばったデザインがメインで、ボンネットのエリアもかなり広い。エンジンも縦置きされているため、ワゴンRなどの軽自動車と比べるとかなり普通車のように見える。このあたりは特に変更はなし。

2代目後期パジェロミニのタイヤサイズ、純正アルミホイールなど

H58A_last (8)

足元はVR系グレードで15インチアルミホイールを標準装備。サイズは175/80R15でテリオスキッド純正と同じサイズ。ZRグレードではスチールホイールとなる。

2代目後期パジェロミニのリア

リアのコンビランプは中期型でバンパーに埋め込まれたタイプだったが、このマイナーチェンジで再び元の位置に。上部のハイマウントストップランプもバックドア上部からリアガラス内側へ移動。

H58A_last (14)

さらに後期型ではコンビランプのウィンカーがクリアータイプに変更された。また、ナンバープレートの位置もバックドアからバンパーへ移動。ナンバープレートが移動したことでスペアタイヤの位置も右寄りから中央に移動している。

H58A_last (2)

オプションパーツのジムニーのようなメッキグリル、フロントスキッドプレート、リアスキッドプレートなどを付けると個性的にカスタムできそうだ。

エンジン・機能装備など

H58A_last (17)

搭載されるエンジンは、4A30型4気筒SOHCのNAまたはインタークーラー付きターボ仕様。これをエンジンルームに縦置きで搭載。

かつてはミニカダンガンで採用されていたDOHCの4気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載したグレードが存在したが、排ガス規制をクリアできず廃止となり、最終モデルでは完全に消滅している。

自然吸気エンジンでは最高出力52ps(38kW)/6500rpm、最大トルクは6.3kg・m(62N・m)/4500rpm。

ターボエンジンは最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは9.0kg・m(88N・m)/4000rpm。

H58A_last (11)

ミッションは今時珍しい5MTと旧式のトルコン4AT。ただし、後期型ではATのロックアップ機構を減速時にも適用することで若干の燃費性能を改善した。

この他4WD仕様車はイージーセレクト4WDと呼ばれるシステムが搭載される。具体的には2駆→4駆(高・低)の切り替えスイッチを備え、いざという時は4駆、普段は2駆とユーザーが切り替えることができる。普段は2駆で走れば燃費を稼げるという仕組みだ。

なおABSは2代目デビュー当初はオプション設定となっていたが、後期型では全グレードに標準装備化されている。

2代目パジェロミニH53AとH58Aの違い

パジェロミニのH53AとH58Aの違いは駆動方式。H53Aはエンジンをボンネットに配置し後輪を駆動するFRのパジェロミニ。H58Aはボンネットにエンジンを配置し全輪を駆動するパートタイム式4WD。

それぞれに自然吸気エンジンとターボエンジンが設定され、かつ5MTまたは4ATの組み合わせとなる。

2代目パジェロミニ(H53/H58)の持病について

中古車で今なお人気の2代目パジェロミニ。しかしながらH53およびH58型にはいくつか壊れやすい持病とよばれる部分がある。ボディは頑丈なのだが、それ以外での不具合の事例がいつくかあげられている。

AT・バルブボディ(ストッパープラグ)の故障

いちばん有名なのは4AT。バルブボディという部品に不具合が生じて変速が上手く行われにくくなる。特に2002年8月生産・2代目の前期型では不具合が発生しやすい。このストッパープラグは2002年9月一部改良で対策品に変更され、以後は前期よりも故障しずらくなった(※まったく故障しないわけでないが)。

後期モデルでは故障しずらくなり、ほとんど聞かないの大丈夫かと思うが、まれに不具合を抱えた個体も存在するので購入の際は試乗して変速ショックなどがないか確認してほしい。

サーモスタットの寿命

次に有名なのはサーモスタットの故障。サーモスタットは冷却水付近にあるパーツで、温度によって弁が開いたり閉じたりするのだが、これが壊れた開いたままの状態になる。

そうなると走行しても水温計が真ん中まであがらず、あるいは全然上がらずヒーターすら効かなくなってしまう。さらにアイドリング回転数も上昇するため極端に燃費が落ちる。パジェロミニで燃費が7~8と極端に悪い場合、サーモスタットの故障を疑う価値はある。

パジェロミニのサーモスタットは経年劣化や過走行で壊れやすく、特に10年以上または10万キロ以上の個体であれば不具合が起きやすい。こちらについては素人のDIYでも作業可能なので特に大きな心配は不要だが、発生した場合はできるだけはやめの対処をおすすめする。

点火プラグとイグニッションコイルの摩耗

あとは持病とまではいかないが過走行のパジェロミニ(8万キロ以上)は点火プラグとイグニッションコイルが交換時期にきている場合がある。

特にパジェロミニのイグニッションコイルは2気筒で1本を使用するタイプ。1本1気筒のタイプより2倍負荷がかかり、かつ4気筒で高回転を多様しがちな4A30型エンジンではイグニッションコイルにかかる負荷もかなりのもので、一般的な軽自動車のイグニッションコイルの寿命目安である8万キロよりも短めと考えたほうが良い。

過走行のパジェロミニで点火プラグ、イグニッションコイル、プラグコードをセットで新品交換すれば燃費改善や加速向上などが期待できる。

2代目パジェロミニ(H53/H58)の燃費改善について

パジェロミニに搭載されたエンジンは4気筒の高回転型。そのため点火プラグやイグニッションコイルの劣化がはやく、車重やカタログ燃費以上に燃費を悪化させる要因となりうる。

KIMG3957.jpg

特に2代目パジェロミニは生産終了から新しいものでも10年は経過し、安い中古車なら10万キロを越えた個体を買うケースもあると思う。軽自動車の点火プラグはイリジウムでも5万キロが限界だが、高回転なパジェロミニのエンジンでは4万キロが限界とみる。

KIMG3958.jpg

そしてイグニッションコイルもセミダイレクトイグニッション式のため2気筒で1つを併用(残り一個はプラグコードで供給)するタイプ。1気筒1個タイプよりも劣化がはやく、点火プラグが劣化してくるとイグニッションコイルへのダメージも大きくなる。

そのため過走行なパジェロミニ(8万キロ以上)の場合は点火プラグやイグニッションコイル+プラグコードを新品交換することにより燃費アップやトルクの回復などが期待できる。

なお、点火プラグの限界を越えて使用し続けた場合、プラグ先端の金属がシリンダーに溶け落ちバルブを損傷させエンジンブローを引き起こす場合もある。その際はエンジン載せ替えやオーバーホールなど高額な修理費用がかかるため、特に現状渡しの中古車を購入した場合はまず点火プラグやイグニッションコイルの確認をオススメする。

※H53/H58A型 H51A/H56A型 パジェロミニ用NGK点火プラグ プレミアムRX4本 DCPR7ERX-P

※H58A後期16バルブSOHCターボ&自然吸気エンジン用イグニッションコイル

※H51A/H56A型、H53A/H58A型の16バルブSOHCターボ用/自然吸気エンジン用プラグコード

2代目後期パジェロミニのインテリア(内装)

インパネ

H58A_last (9)

インパネ。後期型ではインパネが刷新されスタイリッシュに変化。インパネの助手席側、運転席側の両方にカップホルダーを。助手席アッパーグローブボックス、センターボックスを新たに装備し使い勝手を向上させている。

エアコン

エアコンは全グレードでマニュアル式エアコンを採用。

ステアリング

ステアリングは基本はウレタンステアリングホイールで、上級グレードのエクシードや特別仕様車(ファイナルアニバーサーリー)などでは本革巻ステアリングホイールとなる。

スピードメーター

H58A_last (15)

スピードメーターもデザインが変更され3眼タイプとなり、2010年8月マイナーチェンジではエコランプが追加された。左側からタコメーター、真ん中がスピードメーター、右側が燃料残量計と水温計。

ATシフトノブ、5MTシフトノブ

シフトはフロアシフトを採用。このあたりは後期型で改良されず前期と同じデザインとなる。

5MTのシフトノブも同様。シフトブーツがゴム製で若干見た目が古いが、SUVらしい味のあるデザインでもある。

フロントシート

H58A_last (10)

フロントシートはセパレートタイプ。後期型ではブラウン系のシート表皮とドアトリムクロスに変更された。

リアシート

H58A_last (12)

リアのシートは引き続き補助的なもの。昨今の軽自動車と比べるとどうしても狭い雰囲気だが、以外と足元空間はあり、シート生地もちゃんとしており少なくとも軽バンのリアシートよりは快適。

H58A_last (1)

リアシートを倒せばフルフラットになり、そこそこの荷室が出来る。リアシートは左右分割可倒式でシートアレンジも可能。

2代目後期型パジェロミニのまとめ

H58A_last (5)

2代目・後期型のパジェロミニはリフレッシュされたフロントデザインとインテリア、改善したATの燃費など近代化が図られたマイナーチェンジとなっている。

2代目デビュー当初はオーソドックスな角目ヘッドライトでベーシック感が強かったが、この後期型ではそれが改善されよりスタイリッシュに変化した。個性的なモデルゆえにこの顔面変更の価値は大きく、それまでのイメージを刷新するものであった。

ただし、パジェロミニそのものは1tちかくもある車重ゆえターボ無しでは非常に加速が悪い点に注意。ターボ仕様であってもその他のターボ車と比べると鈍足で、非常にゆっくりと加速する。

ターボだからといって加速性能を求めるではないモデルなのだ。燃費も悪く、さらにはその大きなタイヤは、交換時に軽自動車でありながら値段が張るので、その点も考慮する必要があるだろう。

その分、特に冬期時は街なかの除雪されていない雪道では、小さなタイヤを履いた軽自動車では不安定な道でも大径タイヤと高い車高で難なくクリアできる。雪国では非常に心強い1台だ。

普通の軽自動車以上に、維持費がかかってしまうが軽自動車でも雪道での走破性能を求めたい人には良い選択肢だろう。ボディ(フレーム)も強固に作られているので、他の軽と比べると少し安心だ。さらに年式が新しい最終モデルでは一番故障の心配が少ないだろう。

パジェロミニは2012年末に生産が終了したものの、昨今はSUVが人気となる中、軽自動車でもジムニーが注目されその影響は中古車に飛び火しボロいジムニーでも高いという事態に。その一方でパジェロミニの中古はかなり安価なのでそういった需要にも答えられそうなモデルである。

なお、2008年10月にはパジェロミニ史上初となるOEMモデルが日産へ供給された。日産版では「キックス」となり、専用フロントグリルにより日産のエクストレイルを彷彿とさせる顔つきと専用カラーの「ラズベリーレッドパール(赤系)」が与えられている。

デフォルメはこの程度なのだが、グリルが個性的なため不思議と日産風に見えるため少し個性や違いが欲しい場合は日産版も要チェックである。2代目パジェロミニと比較しても日産版のタマ数が少ないので、他人と被りづらい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました