【2代目・後期型】三菱 パジェロミニ エクシード(H58A型)

パジェロミニ

パジェロミニは三菱のSUV(RV)型の軽自動車。本稿では2代目・H58Aの後期型(2008年9月マイナーチェンジ~2013年1月)に設定された最上級グレードの「エクシード」を扱う。

J58A_exceed (8)

画像参照元:Goo-net

概要

1994年にジムニーに対向する形で登場した初代・パジェロミニ。そのパジェロミニは1998年の軽自動車新規格を受けて同年の10月に2代目へとフルモデルチェンジした。

2代目ではそれまでの特徴だった丸目ヘッドライトを廃止し、オーソドックスな角型ヘッドライトを採用。新規格に対応したことでボディ形状は全長で100mm、全幅で80mm拡大するもののスタイリング(パジェロスタイル)はほぼ先代を踏襲。顔つき以外は先代とほぼ同じ外観となっている。

また、モノコックボディにプレス加工で造ったラダーフレームを床に溶接した「ビルドインフレーム・モノコック構造」を採用。乗り心地と高剛性を両立している。さらにクラッシャブルボディ構造とブレーキアシスト機構の採用で、当時の軽自動車としては優れた衝突安全性を誇っていた。

エンジンは新開発となる4A30型4気筒SOHC16バルブ新リーンバーンMVVエンジンと4A30型4気筒DOHC20バルブインタークーラーターボエンジンを搭載。また、先代のオートマは3ATだったが、2代目で電子制御式4ATに置換された。

デビュー当初からパジェロミニはジムニーに対して「シティユース」というキャラクターを出していたがこの2代目ではそれが顕著だった。ベースモデルに対してより個性的な顔をもたせたり(パジェロミニ・デューク)、

初代を彷彿とさせる丸目を2灯式にして発展させた(パジェロミニ・リンクス)、

はたまたレカロシートを装備したスポーティーなモデルを追加したり(パジェロミニ VR-S)とまさにムーヴとムーヴカスタムの関係のようなグレード展開をSUVで行っていた。基本性能は変わらないものの見た目をアレンジし、個性的なモデルを投入することでジムニーに対抗していた。

J58A_exceed (10)

その2代目パジェロミニは2008年9月にマイナーチェンジを行い後期型(最終型)となった。

最後のマイナーチェンジではフロントのデザインが一新されたほか、リアのコンビランプを前期型までのデザインに変更。内装ではインパネとスピードメーター、シート表皮を刷新。メカニズムでもAT仕様車では減速時のロックアップ機構を追加することで燃費を若干アップさせた。

全体的にはちょうど同時期の親パジェロそっくりの顔つきとなり、パジェロから見ると小さくしたような可愛さを持ち、他の軽自動車から比べるとSUVらしい力強さを併せ持つ良いデザインに仕上がっている。

2代目パジェロミニ(H58A) エクシードとは? 特徴と違い

このうち本稿で扱うのは後期型より最上級グレードとして設定された「エクシード」だ。

エクシードでは上級ターボ仕様のVRグレードをベースに特別仕様車で好評だった特徴的な3ウエイ2トーンボディカラーのみを設定し上級感や個性を強調。

便利機能としてルーフレールや撥水ドアガラス、親水ドアミラーを標準装備としノーマルモデルよりも上級な雰囲気と便利機能が与えられている。

エクステリア(外装)

J58A_exceed (1)

フロントデザイン。期型ではヘッドライトとグリル。バンパーのデザインを刷新した。ヘッドライトは同年代のパジェロのような異型角型に変更され、グリルもメッキライン2本を太くした大型のものとなった。外観上の専用パーツはなく、形状は他のグレードと同じだ。

J58A_exceed (2)

エクシードでフォグランプは標準装備。

J58A_exceed (9)

サイド。スタイリングは角ばったデザインがメインで、ボンネットのエリアもかなり広い。エンジンも縦置きされているため、ワゴンRなどの軽自動車と比べるとかなり普通車のように見える。

エクシードではノーマルモデルではオプション設定となる3ウェイ2トーンカラーを標準設定。

カラーは「クールシルバーメタリック/ブラックマイカ/クールシルバーメタリック」、「 クールシルバーメタリック/ダークブルーマイカ/クールシルバーメタリック」、「 クールシルバーメタリック/ラズベリーレッドパール/クールシルバーメタリック」の3種類を設定。

このほかエクシードではルーフレールと撥水ドアガラス、親水ドアミラーが標準装備となる。

J58A_exceed (15)

足元は15インチアルミホイール。タイヤサイズはノーマルと同じく175/80R15。セキュリティーアラームとUVカットガラスも標準装備。

J58A_exceed (11)

リア。コンビランプは中期型でバンパーに埋め込まれたタイプだったが、このマイナーチェンジで再び元の位置に。上部のハイマウントストップランプもバックドア上部からリアガラス内側へ移動している。エクシードでは3ウェイ2トーンカラーによりタイヤカバーも3ウェイ2トーンに着色される。

エンジン・機能

J58A_exceed (14)

搭載されるエンジンは、4A30型4気筒SOHCのNAまたはインタークーラー付きターボ仕様。

これをエンジンルームに縦置きで搭載。かつてはミニカダンガンで採用されていたDOHCの4気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載したグレードが存在したが、排ガス規制をクリアできず廃止となり、最終モデルでは完全に消滅している。

自然吸気エンジンでは最高出力52ps(38kW)/6500rpm、最大トルクは6.3kg・m(62N・m)/4500rpm。

ターボエンジンは最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは9.0kg・m(88N・m)/4000rpm。

トランスミッションはエクシードグレードでは4ATのみで駆動方式はパートタイム4WDのみとなる。

安全装備として運転席&助手席エアバッグ&EBD付きABSを標準装備する。

インテリア(内装)

J58A_exceed (3)

インパネ。後期型ではインパネが刷新されスタイリッシュに変化。インパネの助手席側、運転席側の両方にカップホルダーを。助手席アッパーグローブボックス、センターボックスを新たに装備し使い勝手を向上させている。

J58A_exceed (16)

ステアリングはエクシードでは本革巻ステアリングホイールとなる。エアコンはマニュアル式エアコン。

J58A_exceed (4)

スピードメーターは他グレードと同じ。2010年8月マイナーチェンジではECOランプが追加された。

J58A_exceed (17)

ATのシフトノブ。このあたりはデザインの変更はない。

J58A_exceed (18)

副変速機のレバー。イージーセレクト4WDと呼ばれるシステムが搭載される。具体的には2駆→4駆(高・低)の切り替えスイッチを備え、いざという時は4駆、普段は2駆とユーザーが切り替えることができる。普段は2駆で走れば燃費を稼げるという仕組みだ。

J58A_exceed (6)

フロントシートはセパレートタイプ。他モデルと同じくブラウン系のシート表皮とドアトリムクロスを採用。エクシードでは運転席シートヒーターを標準装備する。

J58A_exceed (7)

リアシート。

J58A_exceed (19)

ラゲッジルーム。

J58A_exceed (20)

リアシートを倒した状態。左右分割可倒式となる。

まとめ

J58A_exceed (5)

2代目パジェロミニの後期型に設定された「エクシード」はそれまで特別仕様車などで好評だった3ウェイ2トーンカラーを標準設定し、撥水ドアガラスと親水ドアミラーを標準装備した最上級モデルである。

後期のスタイリッシュな顔に特徴的な3ウェイ2トーンの相性はかなりよく、好きな人にはたまらない仕様といえるだろう。

もし、中古の2代目パジェロミニの後期モデルで3ウェイ2トーンカラーが欲しい場合は、(MT仕様は無いものの)この「エクシード」か「プレミアムセレクション ファイナルアニバサリー」を探すと良いだろう。他のグレードではこのカラーリングはオプション設定となっていたため少し見つけづらい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました