【2代目・後期 特別仕様】三菱 パジェロミニ プレミアムセレクション ファイナルアニバーサーリー(H58A型)

パジェロミニ

パジェロミニは三菱のSUV型軽自動車。「プレミアムセレクション ファイナルアニバーサーリー」は2代目H58A型のラストに設定された特別仕様車である。

H58A_puremium_selection_final_universary (11)

画像参照元:Goo-net

概要

1998年10月登場の三菱・パジェロミニは「パジェロ」と名がつくことから想像できるように、クロカンであるパジェロの弟分としてデビューした。

1994年に初代がデビューし、1994年にジムニーに対向する形で登場した初代・パジェロミニ。そのパジェロミニは1998年の軽自動車新規格を受けて同年の10月に2代目へとフルモデルチェンジした。

2代目ではそれまでの特徴だった丸目ヘッドライトを廃止し、オーソドックスな角型ヘッドライトを採用。新規格に対応したことでボディ形状は全長で100mm、全幅で80mm拡大するもののスタイリング(パジェロスタイル)はほぼ先代を踏襲。顔つき以外は先代とほぼ同じ外観となっている。

また、モノコック高剛性ボディにクラッシャブルボディ構造とブレーキアシスト機構の採用で、当時の軽自動車としては優れた衝突安全性を誇っていた。

H53A_last_limited (3)

エンジンは新開発となる4A30型4気筒SOHC16バルブ新リーンバーンMVVエンジンと4A30型4気筒DOHC20バルブインタークーラーターボエンジンを搭載。また、先代のオートマは3ATだったが、2代目で電子制御式4ATに置換された。

(※ただし排ガス規制に引っかかりこの4気筒DOHC20バルブツインスクロールターボは2002年9月のマイナーチェンジで廃止、代わりに自然吸気エンジンをターボ化した4気筒SOHC16バルブインタークーラーターボに切り替わった。)

デビュー当初からパジェロミニはジムニーに対して「シティユース」というキャラクターを出していたがこの2代目ではそれが顕著だった。ベースモデルに対してより個性的な顔をもたせたり(パジェロミニ・デューク)、初代を彷彿とさせる丸目を用意したり(パジェロミニ・リンクス)、はたまたレカロシートを装備したスポーティーなモデルを追加したり(パジェロミニ VR-S)とまさにムーヴムーヴカスタムの関係のようなグレード展開をSUVで行っていた。基本性能は変わらないものの見た目をアレンジし、個性的なモデルを投入することでジムニーに対抗していた。

その2代目パジェロミニは2008年9月にマイナーチェンジを行い後期型(最終型)となった。最後のマイナーチェンジではフロントのデザインが一新されたほか、リアのコンビランプを前期型までのデザインに変更。

内装ではインパネとスピードメーター、シート表皮を刷新。メカニズムでもAT仕様車では減速時のロックアップ機構を追加することで燃費を若干アップさせた。

2代目後期パジェロミニ・プレミアムセレクション ファイナルアニバーサリーの特別装備と他との違い

その間に10種類以上ものの特別仕様車が設定されていたが、パジェロミニの生産終了を前にお客様へのご愛顧と感謝の気持ちを込めた最後の特別仕様車が20012年3月に設定された。それがこの「プレミアムセレクション ファイナルアニバーサーリー」である。

「プレミアムセレクション ファイナルアニバーサーリー」では先に発売されていた上級な特別仕様車、「プレミアムセレクション」をベースにさらに装備の充実化を図り最後に相応しい豪華なパジェロミニとなっている。

プレミアムセレクションファイナルアニバーサリーでは外装ではフォグランプ、撥水ドアガラス、親水ドアミラー、メッキタイプのドアミラーを標準装備。このほかルーフレールをシルバー塗装とした。

内装ではブラウン色の専用本革&スエード調ファブリック表皮を標準装備。ほかに本革巻きステアリング、運転席シートヒーターを標準装備。

便利装備としてはリアビューカメラ付きバックミラーを標準装備する特別仕様車となっていた。

エクステリア

H58A_puremium_selection_final_universary (1)

フロントデザイン。外装上の変更点は特になくノーマルと同じ顔つき。2008年9月マイナーチェンジ以降なのでフロントデザインが変更され、下部は切り込みの入ったヘッドライトとなっている。

2代目の前期型よりも上質で洗練されたデザインとなっており、落ち着いたイメージを感じさせる。プレミアムセレクション用としてフロントガラスは「撥水ドアガラス」を標準装備。雨の日でも水滴を弾き視界を良好に保つ効果がある。

他、プレミアムセレクションと同じでフォグランプが標準装備。

H58A_puremium_selection_final_universary (3)

サイド。プレミアムセレクション用としてメッキドアミラーカバーとメッキドアミラーカバーを装着し、精悍さがアップしている。ドアミラーは「親水ドアミラー」となり鏡面の水滴を膜上に広げ雨天時でも見やすい効果がある。

加えてファイナルアニバーサーリー仕様としてシルバー塗装のルーフレールを標準装備とし、アウドドアでの利便性を向上させている。ボディカラーは(パジェロミニ独特の)3ウェイ2トーンカラーが「クールシルバーメタリック/ラズベリーレッドパール/クールシルバーメタリック」、「クールシルバーメタリック/ダークブルーマイカ/クールシルバーメタリック」の2色。

モノトーンが「ブラックマイカ」と「ホワイトパール」の2色で計4色となる。

J58A_exceed (15)

足元は15インチアルミホイール。タイヤサイズはノーマルと同じく175/80R15。セキュリティーアラームとUVカットガラスも標準装備。

H58A_puremium_selection_final_universary (12)

リア。ファイナルアニバーサーリーではフルカバータイプのスペアタイヤケースを標準装備。ボディカラーに合わせた塗装が行われリアの見た目もかなり良い。これ以外は見た目はノーマルと同じだ。

H58A_puremium_selection_final_universary (10)

バックドアのノブ下にはリアビューカメラが付いている。

エンジン・機能

H58A_puremium_selection_final_universary (5)

エンジンは4A30型4気筒のインタークーラー付きSOHCターボエンジンのみ。最高出力は64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは9.0kg・m(88N・m)/4000rpm。これを軽自動車では珍しく縦置きする。トランスミッションは4ATのみで駆動方式はパートタイム4WDのみ。

安全装備として運転席&助手席エアバッグとEBD付きABSを標準装備する。

インテリア

H58A_puremium_selection_final_universary (8)

インパネ。

H58A_puremium_selection_final_universary (13)

ステアリングは本革巻きタイプ。

H58A_puremium_selection_final_universary (9)

スピードメーター。後期型のノーマルタイプと同じだが現在では珍しいアナログ水温計を備え、エコランプも付いている。

H58A_puremium_selection_final_universary (4)

プレミアムセレクションと同じくバックミラーには3.3インチのリアビューカメラがルームミラーに内蔵される。Rに入れると自動的にモニターが映りこの手の背の高い軽自動車では見えづらい後方をバックカメラで映し出す便利機能が搭載されている。

また後続車のヘッドライトで明るさを調節する自動防眩機能も標準装備。

H58A_puremium_selection_final_universary (6)

フロントシートはセパレートタイプ。プレミアムセレクションでも採用されたブラウン色の本革とスエード調ファブリックを組み合わせた上質なシートで歴代パジェロミニの中でも最も豪華なシートとなっている。

H58A_puremium_selection_final_universary (7)

リアシート。

H58A_puremium_selection_final_universary (2)

ラゲッジルーム。

まとめ

2代目パジェロミニのプレミアムセレクション ファイナルアニバーサーリーは2代目パジェロミニの最終型に設定された豪華な特別仕様車である。

外観上はメッキパーツやルーフレールなど控えめな変更点だがインテリアでは上質な本革&ファブリックシートやリアビューカメラが標準装備されるなどパジェロミニとしてはかなり豪華な装備内容となっている。

モデル自体は既に登場していた「プレミアムセレクション」の豪華版的な位置づけだが人気の3ウェイ2トーンカラーが設定されるなどカラーリングの点なども魅力がアップしていたモデルだ。

2代目パジェロミニの後期型を探している人はこの特別なパジェロミニ「プレミアムセレクション ファイナルアニバーサーリー」もオススメである。

中古市場ではモデル終盤とあってあまりタマ数が少なく希少車となっている。また高年式かつ絶版車という点でも高値の傾向にあるようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました