【元祖トールワゴン・最終形】三菱 トッポ(H82A型) 概要解説

トッポ

トッポは三菱のトールワゴン型軽自動車。トッポBJ(H42A/H47A型)の後継モデルである。

画像参照元:Goo-net

概要

2008年9月登場の三菱・トッポ。既存のモデル(2代目eKワゴン)をベースにフェンダーから後ろを専用設定。室内空間を広くとった元祖トールワゴン的なモデルである。

今でこそダイハツ・タントやホンダ・N-BOXが売れ筋となったが、トッポの祖先である「ミニカトッポ」は10年以上も前に元祖トールワゴンとして誕生した。

1998年にはベースモデルのミニカから独立し、フルモデルチェンジで「トッポBJ」となるもののトールワゴン全盛期の2004年5月に異例の生産中止となっていた。奇しくも初代タントが大ヒットしていく時期。

その生産終了から約4年後に、最終モデルのトッポBJの流用と2代目eKワゴンを組み合わせて作らられたのがこの「トッポ」である。

背景としてはタントが異例の大ヒットに加え、当時の自社のeKワゴンでは全高が1550mmに抑えられているため広さが欲しいユーザーに提供できる車種が無いこと、トッポBJの乗り換え時気が迫っていたり、当時のスズキやホンダの相次ぐフルモデルチェンジに対向するための新型車種投入とされている。

トッポでは上述のとおり2代目eKワゴンをベースに室内空間を専用設計。元祖の「ミニカトッポ」とまったく同じ手法でフェンダーから前はeKワゴン。フェンダーから後ろの居住空間だけ別物とし新型車として登場させた。

室内空間を専用設計(正確にはトッポBJを流用)したことにより室内高はベースモデルより100mm以上アップの1430mmを確保。あえて全高を抑えていたベースの2代目eKワゴンよりも開放的な室内空間とした。

その一方でヒッポポイントはeKワゴンゆずりの低めに設定することで車両重心を抑え、コーナーでもロールの少ない安定した走りを実現した。

H82A_limited (10)

外観はスポーティーなeKスポーツがベース。標準モデルとは異なる専用アクリルフロントグリルやeKスポーツ用のヘッドライト(プロジェクター式)、ブリスターフェンダーを採用することでボディスタイルにあわせた箱型感と上級感を演出した。

ボディカラーはベースのeKワゴンには未設定の「ラズベリーレッドパール」を採用したほか、アイやekワゴンで好評の「サクラピンクメタリック」、「サンフラワーイエローソリッド」を含む全8色を設定。

内装では2代目eKスポーツ用のブラックインテリアを採用。インパネシフトとセンターパネルも流用し、センターパネルをシルバー塗装とすることで機能性とプレミアム感を与えた。

快適装備としては「UV&ヒートプロテクトガラス」、「消臭天井」、「脱臭機能付クリーンエアフィルター」を最廉価のSグレードを除いて標準装備。

また、2代目eKワゴンゆずりの豊富な収納スペース(アッパーボックス、グローブボックス、アンダートレイ、サングラスホルダー)を設定し利便性を向上。また、ラゲッジルームにもバックドアポケットやラゲッジサイドボックスなど設定し、使い勝手のよいラゲッジルームとした。

安全装備としては衝突安全強化ボディ(RISE)の採用やフロント3点シートベルト、離脱式衝撃吸収ステアリングコラム、ブレーキペダル後退抑制機構などを採用することにより、前面衝突時の乗員保護性能に配慮。

エンジンは2代目eKワゴンと同じ3G83型3気筒SOHCエンジンと同インタークーラー付きターボエンジンの2種類を設定し、4ATまたは3AT(Sグレード)を設定。「トッポ」は元祖ミニカトッポの時と同じように既存の部品と新設計のパーツを組み合わせ広い室内空間を確保したモデルとなっている。

トッポ(H82A)とトッポBJ(H42A/H47A/H41A/H46A)との違い

トッポとトッポBJは名前が似ているがベースとなっている車両やエンジンなどが異なる。

まずH82A型トッポは同年代の2代目eKワゴン(H82W)をベースとし、フロントフェンダーから先とエンジン、トランスミッション、シャーシー、インテリアなどはほぼ流用となっている。それ以外ではフェンダーから後ろのボディや専用グリルなどはトッポ専用品で差別化。うまいこと背の高いニューモデルを作り上げている。

一方トッポBJ(H42A/H47A/H41A/H46A)は当時主力だった8代目ミニ(H42A/H47A)がベース。ただしトッポBJの場合はトッポとは異なりヘッドライトやグリル、バンパー、フェンダーなど外装パーツはほぼ専用設計で、流用しているのは自然吸気エンジンやトランスミッション、シャーシー、インテリアなどトッポよりも流用が少なくなっている。

特に三菱の名機とよばれる4A30型直列4気筒DOHC20バルブターボの設定もあったのもトッポBJ(型式はH41A/H46A)の特徴で、復活したトッポとはコストの掛け方が異なっていた。さらにトッポにはない貨物仕様のバンタイプを設定するなどラインナップも豊富だった。

ただし、トッポの運転席から後ろにかけては実は先代のトッポBJ時代のをほぼ流用して作っており、これを加味するとトッポという車は2代目eKワゴンとトッポBJを足して2で割ったような面白い車となっている。

エクステリア

フロントデザイン。当時の三菱は新型車を作る開発費がほとんどなく、過去のモデルを流用することでこのトッポを作り上げた。

フロントからボンネットエリアまでは2代目eKスポーツの流用。ekスポーツゆずりの勇ましいヘッドライト(プロジェクター式を含むハイロー2灯式仕様)と専用スケルトングリルがスポーティーな印象だ。なお、NAとターボの両方で同じデザインとなる。

サイドから。ここがすごいところで、ボンネットから前はeKスポーツ、そこから後ろはトッポBJそのままである。ただ、ベースのeKスポーツ自体がボンネットを広くとったデザインだったので、このトッポもそれと同じなっている。

この点が横から見たトッポBJとトッポの見分けるポイントである。なお、室内高はタントよりも高い1430mm(初代タント:1330mm、2代目タント:1355mm、3代目タント:1365mm)で天井方向に一回り広く感じる室内空間となる。

こちらがベースとなったトッポBJ。ボンネットやフェンダーまわり以外はほとんど同じである。

リア。縦型のオーソドックスなコンビランプを採用している。ただ、このリアにかけてもベースのトッポBJとほぼ同じなので新鮮味はない。トッポBJ時代にあったリアガラスのオープン機構はトッポでは削除されている。

エンジン・機能

エンジンは3G83型直列3気筒DOHC自然吸気エンジンと同インタークーラー付きターボエンジンの2種類。自然吸気エンジンは最高出力は50ps(37kW)/6500rpm、最大トルクは6.3kg・m(62N・m)/4000rpm。

ターボエンジンは最高出力は64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは9.5kg・m(93N・m)/3500rpm。トランスミッションは4ATのみで、駆動方式はFFまたは4WDとなる。この点はベースとなった2代目eKスポーツと同じものである。

先代のトッポBJ時代には4気筒ターボが存在したが、排ガスの関係で製造できなくなり、全グレードでeKスポーツと同じSOHCの3G8型3気筒エンジンが採用されている。ABSとEBDは廉価グレードのSグレード以外で標準装備。

インテリア

インパネ。こちらもベースの2代目eKスポーツからの流用となっている。タントと同じくセンターメーターだ。

なお、タコメーターは2種類で自然吸気ではタコ無しの標準的なメーター。

ターボモデルではタコ付きのアナログ+デジタルのマルチメーター(ただしこれもeKスポーツと同じもの)となる。

ステアリングはMグレードがウレタンステアリング。GとTでは本革巻きステアリングとなる。

インパネシフトを採用し、全グレードでマニュアル式エアコンとなる。

ルームランプ付近にはサングラスホルダー。

フロントは座席部分が拡張されたベンチシートタイプ。なお、ボンネットエリアが2代目eKスポーツと同じなので、タントやスペーシア、N BOXおよびデイズルークス等最初からトールワゴンとして設計された車種と比べると室内長が狭く、運転席の足元も少し狭くなっている。

リアシート。

リアの足元はタント等に比べるとちょっと狭いか。なお、リアシートはスライド不可で、荷室の拡張or足元の広さ調整はできない。

ラゲッジルーム。まずまずの広さといったところ。リアゲートは横開きタイプ。

ラゲッジスペース。

リアシートを全て倒した状態。

まとめ

三菱のトッポは、急きょ作られたトールワゴンということで見た目も新鮮味がなく、内部のエンジンやトランスミッションも目新しい物はない軽自動車である。

その分新規開発費用がかからなかったので新車価格はライバルに比べるとひとまわり安く、同社のトッポBJからの乗り換えとしては有力な車種だった。

ただ、これから軽自動車を買おうおとしている人には、デザインや燃費の面で不利な部分(デビュー当初は大して変わらなかったが3代目タントにかけては1Lあたり5~6k程度の乖離)があり、同年代の2代目タントといえども一般的になったスライドドアを装備していなかったので、タントの主要ターゲットだったママさん(主婦層)にはあまり人気がなかった。

現在では三菱&日産による共同開発のeKスペースにモデルが移行しており、絶版車となっている。

中古市場ではその人気の無さから、タントと比べるとかなり割安になっているので、(燃費の面では不利な部分もあるが)スライドドアが不要だったり、他人とは違うスポーティなトールワゴンが欲しい人にとっては美味しい車種となっている。

ちなみにこのトッポをベースにさらにスポーティに仕上げた「トッポ ローデスト」という特別仕様もあるので気になった人はそちらもチェックしてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました