【前期型&中期型 20バルブターボ搭載】三菱 トッポBJ R(H41A/H46A型)

トッポ

トッポBJは三菱のセミトールワゴン型軽自動車。本稿では前期と中期型のH42A/H47A型に設定されていたスポーツモデルの「R」グレードを扱う。

H47A_R_first (10)

画像参照元:Goo-net

概要

1998年10月に登場したトッポBJ。そのスポーツモデルである「R」グレードは先代まではアミスタターボと呼ばれていたもので、ホットな4気筒ターボのミニカ・ダンガンのフェンダーから後ろをごっそりミニカトッポとしたものであった。

車重はミニカ・ダンガンより重くたく、空気抵抗でも不利なためハッチバックのミニカダンガンと比べるとモッサリ感が強いアミスタターボであったが、ミニカが8代目へとフルモデルチェンジした際に、ホットモデルのミニカ・ダンガンは消滅。

一方で背の高いミニカトッポの後継として登場したトッポBJにはスポーツモデルとして継続設定されたため、これは実質的なミニカ・ダンガンの後継モデルとなっている。時代はワゴンRのようなスペース重視の軽自動車へ人気がシフトする中、三菱も主力モデルをミニカトッポへとシフトさせていった。

トッポBJ Rグレードの特徴と前期・後期型との違い

トッポBJの最上級Rグレードは三菱の名機、4A30型直列4気筒DOHC20バルブインタークーラー付きターボエンジンを搭載するホットなモデル。

決して速くはないであろうトールワゴンボディに豪華なツインカムで5バルブ、インタークーラー付きのターボエンジンを搭載するというギャップ感はマニアにはたまらない1台。さらに5MTも設定された隠れ名車である。

エクステリアは専用フロントバンパー、フロントグリル、エアダクト付きボンネット、フロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラー、大型リアスポイラーでフルエアロ化。13インチアルミホイールを標準装備し、ノーマルのトッポとは完全差別化。

内装でもブラック内装にセンターとサイドでシート表皮を分けたトッポBJ R専用シート&ドアトリムクロスなどでこちらもスポーティな雰囲気とした。

そしてエンジンには伝説の4A30型DOHC20バルブインタークーラー付きターボエンジンを搭載し、5MTまたは4ATの組み合わせでミニカ・ダンガンの後継モデルとなるべく高い走行性能が与えられたモデルである。

なお、後期型ではヘッドライトやバンパー、リア周りが大きく変更され、かなり大人しいデザインとなる。人によってはガンダムのような前期型が好みという人と、大人しいデザインに高性能エンジンを積み込んだギャップが面白い後期型が好みというパターンが存在する。

エクステリア

H47A_R_first (14)
フロントデザイン。スポーツモデル専用のグリルとフォグランプ付きバンパー、フロントリップスポイラーにボンネットにはエアダクトが設けられノーマルとはかなり差別化されている。かつてのダンガンのような勇ましい外観が印象的だ。

H47A_R_first (17)

サイドから。アルミホイールにサイドアンダースポイラーを標準装備。タイヤサイズは155/70R13。

H47A_R_first (2)

リア。コンビランプは共通。リアバンパーも共通だがアンダースポイラーを付けてワイド感を強調している。そして上部には専用の大型リアスポイラーを標準装備。

H47A_R_first (4)

エンジン・機能

エンジンは4A30型直列4気筒DOHC20バルブインタークーラー付きターボエンジン。最高出力は64ps(47kW)/7000rpm、最大トルクは10.2kg・m(100N・m)/3500rpm。

トランスミッションは4ATまたは5MTで駆動方式はFFか4WD。SOHCの60馬力仕様は「M-T」グレードに存在したが、外見は同じなので注意するように。

この4気筒DOCHターボはミニカ・ダンガンから続くツインスクロールターボで、4気筒ターボ好きにはたまらないエンジン。


ちなみにコペンのJB型が高回転型だったのに対し、トッポBJやパジェロミニに搭載された三菱の4A30型ツインカムエンジンは中低速域重視のエンジン。そのため高回転までストレス無く回るが伸びはイマイチ。車重もあるのでもっさり感があるが、その分中低速域が分厚く気持ち良い中間加速が味わえる。

ただしこのエンジン。排気ガス規制をクリアできなかったため2002年9月マイナーチェンジで4A30型は消滅。ターボモデル自体が無くなり、このRグレードもここで終了となった。

ちなみに自然吸気エンジンのZグレードではトッポBJ Rと同じ外観にSOHCの自然吸気エンジンを搭載するモデル。今で言うところの○○カスタムの自然吸気エンジン仕様といったところ。

H47A_R_first (15)

トッポBJ・Rは車重が7代目ミニカダンガンよりも150kg以上増加し、アミスタターボよりも100kg近く重たくなっているため、かつての刺激的な加速は無くなっている。

1999年11月マイナーチェンジ(中期型)ではそれまでのSOHCをターボ化し60馬力とした「M-T」グレードを追加。Rよりもお求めやすい価格設定を行なった。

トランスミッションは4ATまたは5MTで、駆動方式はFFまたは4WD。この手のワゴンタイプではターボとMTの組み合わせが消滅する中、後期型までターボ&MTが継続設定された。

トッポBJ H42AとH47A型との違い

トッポBJ RのH42A型とH47A型との違いは駆動方式。H42A型は前輪を駆動するFFモデルのトッポBJ R。H47A型はH42A型をベースに全輪駆動とした4WD仕様のトッポBJ Rである。

4WDにはビスカスカップリングを用いたオンデマンド式。普段はFFで走行し、滑りやすい路面になると自動的に4WDに切り替わる。パジェロミニのようなパートタイム4WDにありがちなタイトコーナーブレーキング現象が起きづらいので街乗りではとても扱いやすい。

ただし、本格的な悪路走行の場合、路面状況によって4WDが自動的に切り替わる分、直進に対する推進力が劣る場面もある。このあたりはトレードオフといったところ。

さらに過走行のビスカスカップリングを用いた4WD車では摩耗により部品が劣化しカーブで異音が発生する場合もある。中古で購入する場合はビスカスカップリングから異音がしないか確認することをオススメする。

インテリア

H47A_R_first (11)

インパネ。

H47A_R_first (9)

ステアリングは残念ながら非本革タイプ。スピードメーターはタコメーター付きの3眼式だが、デザインが少し古いか。タコメーターのレッドゾーンは8000rpmからで4気筒ツインカムエンジンゆえの仕様となっている。

H47A_R_first (13)

MTのシフトノブ。なお、後期のATモデルではコラムシフトとなる。

H47A_R_first (7)

フロントシートはセパレートタイプ。ノーマルとはスポーツグレード専用のシート表皮となっている。

H47A_R_first (8)

リアシート。

H47A_R_first (12)

ラゲッジルーム。リアハッチはムーブのように左右開閉式。リアガラスは上方向にオープンできる。

まとめ

前期型&中期型のトッポBJ Rグレードはそれまでのミニカ・ダンガンの4気筒エンジンにノーマルとはかなり差別化された勇ましい外観が特徴の軽自動車である。

全高こそかなり高くなってしまったがこれを除けばダンガンの後継モデルに相応しい外観といえよう。さらにはターボに5MTの組み合わせもあり、走り重視には嬉しい仕様であった。

ただ、逆に重たくなりすぎた車重や空気抵抗の大きいボディなど真の走りという部分ではミニカ・ダンガンに及ばない部分もあり、そこは室内空間や使い勝手とのトレードオフといったところだろうか。

スズキがアルトワークスを販売が伸びないことから一時生産終了し、スポーティーモデルをワゴンRにシフトさせたように、三菱でもミニカから背の高いトッポBJへとメイン路線をシフトさせていった。その中で残されたスポーティーなモデルがこのトッポBJ Rというモデルなのである。

中古市場では年式経過の部分も大きいがプレミアム価格はついておらず、相応の価格で購入可能だ。スペース重視でかつ走りも楽しみたいのなら面白い1台かもしれない。ただ、年式が20年ちかく経過しているため状態をよく確認するように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました