【3代目・前期型】スズキ ワゴンR RR(MH21S型)

ワゴンR RR

ワゴンRはスズキのワゴン型軽自動車。「RR」はそのスポーティーモデルである。本稿では3代目MH21S型の2003年9月~2005年8月を前期型と定義し、これを扱う。

MH21S_RR_first (10)

画像参照元:Goo-net

概要

2003年9月フルモデルチェンジを受け、3代目となったスズキのワゴンR。先代同様にマツダには3代目AZワゴンとしてOEM供給される。MH系はプラットホームの刷新で先代よりも一回り大きく、より箱型に近くなったのが大きな特徴だ。

加えて屋根を長く広く、ドアの開口部も広げることで乗り降りのしやすさを向上。全体的なデザインも、角は丸みがあるものの直線を基調としており、初代のような雰囲気も。どの世代にも受け入れられやすいオーソドックスなものとなっている。

外観以外にメカニズムではスバルと共同開発のフロントサスを採用したり、スポーティーモデルのRRでは軽自動車初となる直噴ターボの搭載など、技術も大きく進歩した。また、車内の収納スペースを豊富に設定することで使い勝手も向上させた。

安全装備としてはそれまでのABSのみから積載重量に応じて後輪の制動力をコントロールし、リヤブレーキを最大限に機能させる「EBDシステム」(電子制御制動力配分システム)をABSにプラス。軽量衝撃吸収ボディーの「TECT」も一新しより安全性を向上させた。

3代目ワゴンR(MH21S)RRの特徴とノーマルとの違い

その3代目ワゴンRは先代同様にベーシックなノーマルモデルと、スポーティーなカスタムモデルの2本立てであった。このうちスポーティーなモデルが本稿の「ワゴンR RR」である。

3代目のワゴンR RRでは先代のインナーブラック化されたプロジェクターヘッドライトを踏襲し、新デザインのバンパーとグリルでより迫力が増した外観が特徴だ。また、リアもRR専用のコンビランプを装着し、先代RRと比較すると外観がかなりテコ入れされている。

標準ワゴンRに対しスポーティな内外装与えられ、エクステリアでは専用ヘッドライト以外にフロントグリル、フロントバンパー、サイドアンダースポイラー、リアルーフスポイラー、専用リアバンパー、専用テールランプ、アルミホイールを。

内装でもブラック内装を基調とし、上級グレードでは本革巻ステアリングホイールが標準装備となる。そしてエンジンはターボエンジンのみの設定で、かつRRやスティングレー専用の直噴ターボエンジンが設定されるのも3代目の特徴である。

エクステリア

MH21S_RR_first (2)

フロントデザイン。RRの特徴ともいうべき専用ヘッドライトを装着。プロジェクタータイプのHIDヘッドライトを標準装備し、加えて周囲をブラックカラーで塗装しスポーティーな印象とている。

加えてバンパーとグリルは先代のデザインから大きく変更し、上部はメッシュ状の開口部、下部は格子状の開口部を持つハイブリッドデザインで、ノーマルとはかなり差別化されたデザインとなっている。

そのバンパーはメッシュタイプとし、フォグランプもスクエア状とすることで全体的にもかなり押しの強い個性的なフロントデザインとなっている。その一方で先代までのターボモデルの象徴ともいうべきボンネットエアダクトは廃止された。

MH21S_RR_first (11)

サイドから。アルミホイールを標準装備し、サイドアンダースポイラーを装着。

MH21S_RR_first (12)

リア。上部はLEDハイマウントストップ付リアスポイラー、下部はリアアンダースポイラーを標準装備。コンビランプは先代とはことなりRR専用デザインのものが与えられる(兄弟モデルのマツダ・AZワゴン RRでも同様のコンビランプが与えられた)。

先代ではリアはノーマルとあまり変わらなかったが、3代目ではしっかりと人目でRRとわかるデザインとなっている。

エンジン・機能

エンジンは3気筒のターボだが、従来タイプのK6Aターボに加え3代目のRRには新開発の直噴ターボを採用したターボエンジンの2種類が設定される(ノーマルターボはグレード名:RR、直噴ターボはRR-DIとなっている)。

K6A型ターボエンジンは最高出力は64ps(47kW)/6500rpm、最大トルクは10.5kg・m(103N・m)/3500rpm。

K6A型直噴ターボエンジンは最高出力は64ps(47kW)/6500rpm、最大トルクは10.5kg・m(103N・m)/3500rpm。ちなみにスペック上は直噴ターボエンジンも通常のターボエンジンも同じ値となる。

トランスミッションは4ATのみで駆動方式はFFまたは4WD。この直噴ターボはスペシャリティカーのセルボSRにも採用された高効率なターボエンジンで、出力こそかわらないものの、カタログ燃費が非直噴よりも1km/lアップしている。

インテリア

MH21S_RR_first (4)

インパネ。RRでは本革巻ステアリングホイールを標準装備。インパネセンターガーニッシュはシルバー塗装となる。

MH21S_RR_first (13)

スピードメーターもホワイトタイプを採用。なお、後期型ではこれが自発光式メーターに変更される。

MH21S_RR_first (5)

フロントシートはベンチシートタイプ。RR用のブラック色専用シート表皮となっている。

MH21S_RR_first (14)

リア。先代よりも足元が広くなり、後部座席のスライド機構も備える。

MH21S_RR_first (6)

ラゲッジルーム。

MH21S_RR_first (3)

リアシートを倒した状態。荷室はかなり広い。

まとめ

MH21S_RR_first (1)

3代目ワゴンRのRR前期はボディが拡大した3代目ワゴンRをベースに先代のイメージを踏襲したスポーティーな外観を与えられたモデルである。メカニズムでも軽自動車では初採用となる直噴ターボも搭載などこの手のカテゴリーの熾烈な競争が背景として伺えるものだった。兄弟モデルのマツダ版RR、「AZワゴン RR」ではフロントグリルがマツダ用にデフォルメされ、差別化もなされた。

その後マイナーチェンジでフロントデザインを変更するも4代目ではスティングレーにその座をバトンタッチ。現在では「かつてのスポーティーなワゴンR」という位置づけで、現行には存在しない。

中古市場では人気モデルとあってタマ数はかなり多かったが、年数経過やスティングレーに人気が遷移したこともあり最近ではタマ数が減ってきている。価格も手頃なので足車に最適だ。

4代目に比べると箱感があり、独特のスタイリングゆえに好き嫌いが別れると思うがそれを補うだけのスタイリッシュな外観は捨てがたい部分がある。2代目までのRRのイメージがあるひとにとっては3代目もわりとすんなりと受け入れられるデザインかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました