【3代目・前期型】スズキ ワゴンR(MH21S型) 概要解説

ワゴンR

ワゴンRはスズキのワゴン型軽自動車。本稿では3代目と呼ばれるMH21系の前期型(2003年9月~2005年8月)について記述する。

MH21S_first (10)

画像参照元:Goo-net

概要

2003年9月フルモデルチェンジを受け、3代目となったスズキのワゴンR。先代同様にマツダには3代目AZワゴンとしてOEM供給される。MH系はプラットホームの刷新で先代よりも一回り大きく、より箱型に近くなったのが大きな特徴だ。

加えて屋根を長く広く、ドアの開口部も広げることで乗り降りのしやすさを向上。全体的なデザインも、角は丸みがあるものの直線を基調としており、初代のような雰囲気も。どの世代にも受け入れられやすいオーソドックスなものとなっている。

外観以外にメカニズムではスバルと共同開発のフロントサスを採用したり、スポーティーモデルのRRでは軽自動車初となる直噴ターボの搭載など、技術も大きく進歩した。また、車内の収納スペースを豊富に設定することで使い勝手も向上させた。

安全装備としてはそれまでのABSのみから積載重量に応じて後輪の制動力をコントロールし、リヤブレーキを最大限に機能させる「EBDシステム」(電子制御制動力配分システム)をABSにプラス。軽量衝撃吸収ボディーの「TECT」も一新しより安全性を向上させた。

エクステリア

MH21S_first (2)

フロントデザイン。先代MC系では曲線を中心としたデザインだったが、3代目では再びスクエアを貴重としたデザインに。ヘッドライトは2代目のデザインを踏襲しつつも縦方向に大型化。ちょうど初代と2代目を足して2で割ったようなデザインとなった。

オーソドックス感を持たせながらもマルチリフレクターの採用でスタイリッシュな外観となっている。これにベーシックなグリルとバンパーが組み合わせれ、万人受けする親しみやすいフロントデザインとなっている。

MH21S_first (6)

サイドから。先代よりもひとまわり大きくなり、室内空間もアップした。ただ、デザイン的には箱感が強くなったため普通車からの乗り換えだと抵抗があるかもしれない。

MH21S_first (7)

リア。コンビランプも先代を踏襲し中央に配置。デザインは似ているがコストカットなのか、リフレクター部のメッキが省略されシルバー塗装となっている。エンブレムは先代までデカールだった「WagonR」がエンブレム化された。

エンジン・機能

MH22_engine.jpg

搭載されるエンジンはK6A型3気筒DOHC自然吸気エンジンと3気筒DOHCインタークーラー付きターボエンジンの2種類(スポーツグレードのRRについてはこちらを参照)。自然吸気エンジンは最高出力54ps(40kW)/6500rpm、最大トルク6.4kg・m(63N・m)/3500rpmを発生。

MH22S_turbo_engine.jpg
ターボエンジン(Mターボ)は最高出力60ps(44kW)/6000rpm、最大トルク8.5kg・m(83N・m)/3000rpmを発生する。Mターボは街乗りでの使いやすを重視したマイルドターボのことで出力は60馬力と、自主規制値よりも抑えられている。ターボも中回転域を重視し、どちらかといえばパワーよりも燃費に性能をふってある。

トランスミッションは5MTか4ATの2種類(ただし、5MTは廉価グレードのみで、ターボエンジンとの組み合わせは無い)。駆動方式はFFまたは4WDの2種類。

インテリア

MH21S_first (9)

インパネ。3代目ではここがからりと変更され、デザインがよくなった。プラスチックの質感こそ安っぽいが価格相応で上手くまとめられている。機能的なインパアンダーボックスは継承され、使い勝手はそのままに質感がバージョンアップしている。

MH21S_first (8)

スピードメーター。3代目では自然吸気エンジンでもタコメーターを備える。

MH21S_first (3)

フロントシートはベンチシートタイプ。

MH21S_first (4)

リアシート。2代目ワゴンRよりも足元が広くなった。

MH21S_first (5)

ラゲッジルーム。

MH21S_first (1)

リアシートを倒した状態。

まとめ

3代目ワゴンRの前期は初代のようなスクエアボディに上品になったフロントデザイン、質感のアップした内装に広くなった室内空間など順当なフルモデルチェンジとなっている。

パット見箱感が強いのである人には抵抗感があるかもしれないが、この点が許容できるなら街乗りで使い勝手の良い足車としてうまくまとまった1台だ。この後のワゴンR(4代目)はボディがスタイリッシュにかつフロントデザインもスタイリッシュタイプになるため、オーソドックス感が好きなら3代目に軍配があがる。

ただ、注意したいのはNAモデル。この代のワゴンRは衝突安全性の観点から拡大したボディと引き換えに車重が増加。その割にエンジンは非力だったので、非常に加速が悪い。4代目以降は副変速機で加速が改善されたが、特に普通車から3代目ワゴンR乗り換える場合は要注意だ。最低でもMターボモデルを選択したい。

中古市場では年式経過や現行から3代前ということもあってタマによっては安価に買えるモデルとなっている。2代目はもっと安価だが故障のリスクなどを考えると3代目が無難だと思う。比較的安い足車として需要がある1台だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました