【自主規制無視?】スバル ヴィヴィオ(VIVIO) RX-R(KK3/KK4型)

ヴィヴィオ

ヴィヴィオはスバルのハッチバック型軽自動車。RX-Rはそのスポーツモデルである。

KK4_RX-R (1)

画像参照元:Goo-net

概要

1992年3月に登場したスバルのヴィヴィオ。それまで「レックス」の後継としてホイールベースを長くし、室内空間を広くとったり安全性を向上させていた。

それまでのレックスとは異なり、全体的に丸みを帯びたボディフォルムが特徴で、当時の軽自動車としてはボディ剛性も高かった。アルトやミラ同様に乗用モデルと商用モデル(バンタイプ)を設定し、モデルと途中ではレトロ軽自動車ブームの火付け役となったヴィヴィオ・ビストロを設定するなど、幅広いラインナップを揃えていた。

エンジンは先代のレックスと同じCLOVER4の直列4気筒エンジンを採用。バンタイプや乗用モデル、スポーツモデル用の過給器付きなど車種ごとに全4種類のバリエーションを用意し、特にモデル終盤のスポーツモデルではDOHCにスーパーチャージャー+ハイオク仕様という軽自動車にしてはとんでもなくハイスペックなエンジンとなっていた。

足回りもスバルお得意の独立四輪献花式サスペンションを採用。高コスト&高性能な構成となっていた。また、トランスミッションは5MTのほか、オートマににはECVTを採用するなど他社よりも先進的な技術を採用していた。

ボディも新設定のプラットフォームに低重心化。当時の衝突安全基準の30kmを越える、時速40kmでの衝突安全性を独自に確保。当時の軽自動車としては高い剛性と衝突安全性を誇っていた。

エクステリアでは先代レックスとは異なる曲線を多様化したグラマスなボディラインに、初代インプレッサを連想させるヘッドライト、コンビランプ。歴代のレガシィワゴンの連続ガラスのような「黒いピラーに続くクォーターガラス」など随所にこだわりを散りばめ軽自動車の枠を越えた上質感を演出した。

インテリアでも「ドライバーズ・ミニ」をコンセプトに運転席側の空間を広くする設計を採用。そのため助手席は運転席側よりも若干せまい室内空間となっている。

ヴィヴィオ RX-Rの特徴とノーマルとの違い

そして本記事で扱うRX-Rはスポーティーな上位モデルで4気筒スーパーチャージャーエンジンに5MTのみの組み合わせ、セミバケットシートやフォグランプなどGC8系のミニインプレッサともいうべきホットモデルである。

エクステリアでは大型フォグランプ付き専用バンパーにエアダクト付きボンネット、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラー、ルーフエンドスポイラーでフルエアロ化。この他にも専用アルミホイールや専用デカールを貼り付けスポーツ性能を高めている。

インテリアでも専用セミバケットシートにタコメーター付きの2眼式スピードメーターなどスポーツカーらしいデザインを採用。内外装でホットな軽自動車とした。

そしてエンジンは4気筒のEN07型のDOHCエンジンにスーパーチャージャーを組み合わせ、当時としては自主規制一杯の64馬力、トルクも9.0kgと高性能を誇っていた。これにRX-Rのトランスミッションは5MTのみを設定し、駆動方式はFFまたは4WDを組み合わせ、スポーツカー顔負けの走りを実現していた。

※なお、このエンジンはモデル終盤でガソリンがハイオク化され、トルクが10.8kgまで高められている。

エクステリア

KK4_RX-R (0)

フロントデザイン。ボンネットにはスーパーチャージャー冷却用のボンネットエアダクトが設けられ、バンパーは大型フォグランプを内蔵した専用品を装着。ひとめでスポーティーとわかるデザインで、その様相から(GC8の)ミニインプレッサとも言われた。

KK4_RX-R (10)

サイドから。RX-Rのデカールにサイドアンダースポイラーを装着。BBSアルミホイールは純正オプションで選択できた。最近のモデルとはあきらかに全高が低く、低重心や空気抵抗などで有利なボディフォルムである。

足元は13インチアルミホイールで、タイヤサイズは155/60R13。

KK4_RX-R (9)

リア。このあたりはノーマルとほとんど同じ。

KK4_RX-R (11)

上部にはハイマウントストップランプ付きリアスポイラーを装着。

エンジン・機能

エンジンはGX-Rグレードでは4気筒のDOHCスーパーチャージャーエンジンのみ。トランスミッションも5MTのみで駆動方式はFFまたは4WDとなる。

デビュー当初はレギューラーガソリンで出力64ps(47kW)/7200rpmの最大トルクが9.0kg・m(88.3N・m)/4400rpmだったが、1996年10月の最終マイナーチェンジ(E型)でハイオク仕様化。最高出力はかわらないものの、最大トルクが10.8kg・m(105.9N・m)/3600rpmまで高められた。

このエンジン、カタログ値は64馬力だが実際に計測するとノーマルでも80馬力ぐらい出ていたという事例もあり特に前期型(A型)ではその傾向が見られる。

足回りでは伝統の4輪独立懸架のストラット型を採用し、前輪はL型ロアアーム、後輪はデュアルリンクストラット式となっている。

なお、1999年5月マイナーチェンジでは世界初のスポーツシフトECVTを採用した「RX-SS」が追加。それまでMTのみだったRX-Rと同じ外観で、マニュアルモード備えたCVTにより誰でもスポーティーな走りを楽しめる1台だった。

ヴィヴィオKK3型とKK4型との違い・A型との見分け方

ヴィヴィオKK3型とKK4型との違いは駆動方式。KK3型は前輪を駆動するFFのヴィヴィオ。KK4型は全輪を駆動する4WDのヴィヴィオ。

KK4型ヴィヴィオのRX-Rの4WDにはフルタイム4WDが採用されており、同じVIVIOでもパートタイム4WDのようにドライバーが必要に応じて切り替える必要は無い。

なお、ヴィヴィオRX-Rの中でも実測80馬力もあり大変人気なA型は、インタークーラーで見分けることができる。A型はシルバー色のインタークーラーが付いているが、B型以降では黒いインタークーラーとなる。ここがA型かそうでないかを見分けるポイント。

インテリア

KK4_RX-R (2)

インパネ。ヴィヴィオは運転席側が少し広くなる「ドライバーズ・ミニ」がコンセプト。そのため助手席側が若干せまくなる。

KK4_RX-R (3)

ステアリングは本革巻ステアリングホイール。

KK4_RX-R (4)

KK4ヴィヴィオのタコメーター&スピードメーター

スピードメーター。右にタコメーター、左がスピードメーターの2眼式。4気筒ツインカムの高回転型エンジンで、レッドゾーンは9000rpm。

KK4_RX-R (6)

フロントシートはセミバケットタイプ。赤のカラーリングが非常にスポーティーな印象。

KK4_RX-R (14)

なお、1996年10月のハイオク仕様化のマイナーチェンジでシート表皮が刷新されている。

KK4_RX-R (5)

リアシート。

KK4_RX-R (12)

ラゲッジルーム。

KK4_RX-R (13)

リアシートを倒した状態。全高が低いため、ワゴンRよりも上方向が無く極端に背の高い荷物は苦手なので注意。

まとめ

スバルのヴィヴィオRX-Rはスバル伝統の4輪独立懸架式サスペンションに4気筒DOHCスーパーチャージャーエンジン、5MTに低い全高とスポーツ要素が満載の1台である。

最近ではスズキが軽量ボディの8代目アルトをベースに5代目となるアルトワークスを復活させたが、当時としてはその速さのレベルが楽しめた1台で今でも熱狂的なファンに人気な1台である。

基本的にスバルのクルマづくりは、コスト面を優先させる軽自動車においても妥協しない。この車をはじめすべてのスバルは軽自動車では珍しい独立懸架という、一般的な軽に採用されるサスペンションとは別物の高級なものが奢ってある。

0402923A20120709W00102.jpg

このエンジンがまたパワフルで、乗った多くの人がカタログ値の64馬力以上あるという。実際に計測してみると80馬力ぐらいあったという話もある。ニュルブルクリンクでタイムを計測したと時もRX-Rグレードで最高時速182km/hを記録しており、30年以上たった今でも軽自動車としてトップレベルの性能を持っている。

ヴィヴィオが最もすごい点は、軽自動車でサファリラリーに出場したことだろう。しかもいい成績も残している。それほどヴィヴィオのポテンシャルは高かった。

中古車市場では弾数はあるが、いかせん最終型でも生産から18年以上も経っているので過走行車が多い。いい玉が見つかっても人気から年式の割に高いだろう。それでもいい物が見つかればぜひ乗ってみたい1台だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました