【3代目】マツダ AZワゴン(MJ21S/MJ22S型)

AZワゴン

AZワゴンはマツダのワゴン型軽自動車。スズキ・ワゴンRのOEMモデルである。本稿では3代目のMJ21SおよびMJ22S型について扱う。
entry-197

画像参照元:マツダ認定中古車

概要

2003年10月にフルモデルチェンジし、3代目となったマツダ・AZワゴン。

先代同様にスズキ・ワゴンRのOEM供給をうけて販売されるモデルである。3代目はベースモデルのフルモデルチェンジから一ヶ月遅れてのデビューとなった。

3代目AZワゴンは先代よりも一回り大きく、スクエア型のボディが特徴でこれにより室内空間が拡大。快適性や使い勝手をより向上させた。ドア開口部も先代より広くなり乗降性もアップしている。

インテリアでもスクエアボディと同じく水平感とフラットな空間を演出。シンプルでありながら開放的なデザインとした。また、ATのシフトレバーは足元空間が広く使えるコラムシフトを採用。AZワゴン(ワゴンR)はこの代から質感がアップしより近代的なモデルとなっていく。

プラットフォームも一新しスバルと共同開発した新サスペンションにより乗り心地や走行性・静粛性を向上。

スポーティーモデルのRRでは軽自動車初となる直噴ターボの搭載など、技術も大きく進歩した。また、車内の収納スペースを豊富に設定することで使い勝手も向上させた。

安全装備としてはそれまでのABSのみから積載重量に応じて後輪の制動力をコントロールし、リヤブレーキを最大限に機能させる「EBDシステム」(電子制御制動力配分システム)をABSにプラス。軽量衝撃吸収ボディーの「TECT」も一新しより安全性を向上させた。

3代目AZワゴン MJ21SとMJ22Sとの違い

3代目AZワゴンのMJ21SとMJ22Sの違いは年式にある。

MJ21Sは3代目ワゴンRデビュー当初の2003年9月~2007年4月まで用いられた。この間、本稿でも扱っている2005年9月にマイナーチェンジを受け後期型となるが、型式はMJ21Sのままとなっいた。

そのためMJ21Sだからといって一概に後期型や前期型といった区別が出来ない(逆にMJ22Sは3代目後期型マイナーチェンジ後のため確実に後期といえる)。MJ22Sは2007年5月以降の3代目AZワゴンの型式である。

3代目AZワゴン 前期型と後期型の違い

3代目AZワゴンはベースモデルの3代目ワゴンR同様に、2007年5月にマイナーチェンジを実施し、後期型に移行している。

スズキのワゴンRではフロントグリルのデザイン変更とリアコンビランプのクリアー化が実施されたため前期後期の見分けが簡単だが、マツダ版ではこれが無く、前期型とほぼ同じ外観となる(※FT-Sスペシャルのみ「LEDターンランプ付きドアミラー」を後期モデルで装備)。そのため3代目AZワゴンで前期後期を外観から判断するのは難しい。

外装ではわずかな変更としてFX-SスペシャルやFT-Sスペシャルのアルミホイールのデザインが後期型で変更された。

内装ではシート表皮&シート形状とドアトリムクロスを変更。快適装備でもFX-Sスペシャル、FT-Sスペシャルグレードでアドバンストキーレスエントリー&スタートシステムとターンランプ付ドアミラーカバーが追加されより機能性がアップした。

ボディカラーも後期型では紫系の「ジュエルパープルパールメタリック」と、ピンク系の「アンティークローズメタリック」を追加。

さらにAZ-ワゴン カスタムスタイルにはターボエンジンを搭載した「T」グレードが追加されている。

3代目AZワゴンMJ21S/MJ22Sと3代目ワゴンRMH21S/MH22Sとの違い

マツダ版のAZワゴンには伝統的にマツダらしさを強調する外装の変更が与えられる。

この3代目AZワゴンでは、グリル部分をベースの長方形からマツダのアイデンティティである5角形にし、マツダ風を演出。

またヘッドライトも微妙に異なるAZワゴン専用品で、ウィンカー球とポジション球の部分が丸く型どられた形状をしている。

さらにテールランプもマツダ専用のコンビランプとなり、ウィンカーとバックランプ級が丸形となる。

エクステリア(外装)

MJ22S_L (3)

フロントデザイン。マツダのアイデンティティであるペンダゴングリルを取り入れたAZワゴン専用グリルが与えられ、マツダ風のデザインとなる。またヘッドライトもAZワゴン専用品となり、ウィンカー球やポジションランプの部分が丸形となる。

wagonr_ft-s1.jpg

ちなみにこちらがベースの3代目ワゴンR。グリルが長方形なのと、ヘッドライトのウィンカーおよびポジション球部分が違うデザインなのが確認できる。

MJ22S_L (4)

横からは特に変更は無い。足元は13インチスチールホイール+ホイールキャップ。またはFX-SスペシャルやFT-Sスペシャルでは14インチアルミホイールとなる。

MJ22S_L (5)

リア周り。コンビランプがAZワゴン専用のものに変更されている。ヘッドライトのウィンカーやポジション部分と同じく丸型を意識した作り。その他にマツダエンブレムと専用の車名エンブレムが付いている。

ちなみにコンビランプは3代目ワゴンRと互換性があり、ワゴンR用の社外品も装着可能だ。純正はやや曇っているため古臭さを感じるがキラキラした社外品を装備することでスタイリッシュにカスタム出来る。

MH22S_te-ru_syagai (3)MH22S_te-ru_syagai (2)
MH22S_te-ru_syagai (1)
ワゴンRは売れ筋の人気車種なので社外品テールが数多くリリースされている。これ以外にも存在し安く中古を入手するのであればヤフオクあたりを利用するといいだろう。

エンジン・機能

MH22_engine.jpg

搭載されるエンジンはワゴンRと同じくK6A型3気筒DOHC自然吸気エンジンと3気筒DOHCインタークーラー付きターボエンジンの2種類(スポーツグレードのRRについてはこちらを参照)。

自然吸気エンジンは最高出力54ps(40kW)/6500rpm、最大トルク6.4kg・m(63N・m)/3500rpmを発生。

MH22S_turbo_engine.jpg
ターボエンジン(Mターボ)は最高出力60ps(44kW)/6000rpm、最大トルク8.5kg・m(83N・m)/3000rpmを発生する。

Mターボは街乗りでの使いやすを重視したマイルドターボのことで出力は60馬力と、自主規制値よりも抑えられている。

ターボも中回転域を重視し、どちらかといえばパワーよりも燃費に性能をふってある。トランスミッションは5MTか4ATの2種類(ただし、5MTは廉価グレードのみで、ターボエンジンとの組み合わせは無い)。駆動方式はFFまたは4WDの2種類。

安全装備としては運転席&助手席エアバッグは全グレードに標準装備。廉価グレードのFAではABSを非設定。FXグレードでオプション設定。FCでは標準装備する。

なお、ベースモデルにはモデル後半でCVTモデルが追加されているが、こちらのAZワゴンにはその設定がない。

インテリア(内装)

MJ22S_L (6)

インパネはシンプルでスッキリとした印象。タコメーターは全グレードで標準装備される。

フロントシートはATモデルはベンチシートタイプ。

MJ22S_L (2)

5MT仕様では従来型のセパレートタイプ。

後期モデルではシート表皮とシート形状が変更され、快適性がアップする。

MJ22S_L (7)

FX-SスペシャルやFT-Sスペシャルでは専用のツートンカラーシートとなる。

MJ22S_L (8)

リアシートの足元はゆったり。スライド機構付き。

MJ22S_L (9)

それでいてラゲッジルームも結構ある。

MJ22S_L (10)

リアシートを倒せばこの広さ。

まとめ

画像参照元:トヨタ認定中古車

3代目AZワゴンは、オーソドックスな顔つきと使い勝手の良さが特徴の軽自動車だ。

ベースのワゴンRはよく売れたモデルで街中で見かけるこの多い車種だから、被ることを嫌うのならマツダ版を買う選択肢もありえる。デザインも微妙に変更が加えれているので、ただ単にエンブレムを取り替えただけの車種とは違う個性もある。

ひとつ注意したいのはこの時代のNAモデル。現行のワゴンRでは軽量化ボディに副変速機付きCVTのお陰でNAでも街乗りなら充分な加速と燃費を誇るのだが、この時代の軽は重くなりすぎたボディに旧来の4ATの組み合わせで加速がもたつき、その分アクセルを踏みがちなので実燃費が良くない傾向にある。

のんびり乗る分には問題ないが、ある程度の加速が欲しいのなら最低でもMターボ搭載のFTグレードを勧めいたい。

中古市場ではワゴンRと同様にかなり前のモデルとなるので年式の割に比較的購入しやすい値段となっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました