【4代目】スズキ ワゴンR(MH23S型) 概要解説

ワゴンR

ワゴンRはスズキのワゴン型軽自動車。ここでは4代目のMH23S型を扱う。

MH23S (6)

出典:スズキ認定中古車

スポンサーリンク

概要

2008年9月にフルモデルチェンジしたズズキの4代目ワゴンR。

先代はスペース重視の箱みたいな軽自動車だったが、この4代目ではスペースとデザインを両立させたボディスタイルに変更。4代目からはリアのクォーターウィンドウを廃止したことでリアドアの開口幅を拡大。ゆったりとした足元に加えてリアシートの乗降性も向上させた。

内装ではそれまでのコラムシフトを廃止し、インパネシフトを採用。室内空間の設計を見直し室内長を1870mmから1975mmmへ拡大させた。その一方でラゲッジルームが先代よりも狭くなってしまったがリアシートのスライド幅をアップさせたことで使い方に応じてこれをカバーしている。

エンジンは先代と同じくK6A型となるものの改良が行われ燃費がアップ。加えて自然吸気エンジンのCVT仕様車では電子制御スロットルが初採用されるなど順当なレベルアップを果たしている。

安全技術としてはこれまたワゴンR初となるESPがメーカーオプションとして設定されるなどベーシックな軽自動車の魅力がさらにアップしたフルモデルチェンジとなっていた。

先代同様にノーマルモデルとスポーティーモデルの2種類を用意するが、スポーティーモデルは先代の後半で登場したスティングレーに統一。それまでのスポーティーなワゴンR=RRは完全終了となり、4代目からは新たな段階に進む形となった。

スポンサーリンク

4代目ワゴンR(MH23S) 前期・後期の違い

歴代ワゴンRには前期、後期といった外観や内装の違いが存在するが、この4代目ワゴンR(MH23S)では珍しくモデル終了まで一度も大きなマイナーチェンジが行われなかった。そのためデザイン上での前期、後期といった区別が存在しない。

ただし、2010年8月の2型改良や2012年5月の3型改良など、細かな改良は行われている。以下に記述する。

4代目ワゴンR(MH23S) 2型・3型の改良点と違い

2010年5月・仕様変更

2010年5月の仕様変更では全グレードにABSが標準装備となった。

2010年8月・2型改良

2010年8月の一部改良(2型改良)ではCVTに副変速機付きCVTを採用。燃費と発進加速を向上させた。また5MT仕様以外でスピードメーターにエコインジケーターを追加。「FXリミテッドⅡ」はフロントグリルのデザインを変更し、名称を「FXリミテッド」に変更。

ボディカラーの入れ替えも2型で行われ、FXは「ブリーズブルーメタリック」と「ブルームピンクメタリック」を廃止し、入れ替えで「アクアベールブルーメタリック」を追加設定。「FXリミテッド」では「パールメタリックカシミールブルー」を追加。

2012年5月・3型改良

2012年5月の一部改良(3型改良)では「2012年7月からのシートベルトに関する保安基準の改正」に対応するため、フロントシートのヘッドレストを大型化。

リアシートはヘッドレストを大型化し、かつ鞍型タイプに変更。チャイルドシート固定用テザーアンカーとISOFIX対応チャイルドシート固定用アンカーの追加設置も行われた。

4代目ワゴンRMH23S グレードの違い FA、FX、FT、FXリミテッド、FTリミテッドの違い

4代目ワゴンRの基本グレードは下から順番にFA、FX、FXアイドリングストップ、FXリミテッド、FTリミテッドの5種類。

FAグレード

4代目ワゴンRの廉価グレード。新車価格が安い分、装備が簡略化され軽バンのような一面がある。

快適装備のキーレスエントリーとオーディオ、リアのプライバシーガラスが非装備で、スチールホイール(ホイールキャップ無し)、エアコンはマニュアル式エアコン。

スピードメーターも単眼式で装備面でのコストカットがなされている。4ATと5MTの2種類を設定。

ボディカラーも

  • スペリアホワイト
  • シルキーシルバーメタリック
  • ブルーイッシュブラックパール

の3色のみ。

パワーウィンドウ、パワステ、セキュリティーアラーム、運転席&助手席エアバッグに4WDモデルではEBD付きABSが標準装備となる。

なお、2009年10月の一部仕様変更でカタログ落ちした。

FXグレード

4代目ワゴンRのエントリーグレード。FAよりも快適装備がプラスされ廉価グレード感がなくなる。

FAに追加で

  • キーレスエントリー
  • プライバシーガラス
  • ホイールキャップ
  • インパネ一体型CD/AM/FMオーディオ

を標準装備。ただしスピードメーターはFAと同じ単眼式。

ボディカラーもFAよりも増え

  • ブリーズブルーメタリック
  • ブルームピンクメタリック
  • クリアベージュメタリック
  • アンティークローズメタリック
  • ジュエルパープルパールメタリック
  • パールホワイト

を追加した全9色。

トランスミッションは4ATのほか、5MTも設定する。4代目ワゴンRの5MTを購入するなら装備面が豪華なFXの5MTがオススメ。

4代目ワゴンR・5MTの詳細についてはこちらから。

https://keicars-maniac.com/?p=89912

FXアイドリングストップ

FXアイドリングストップは2010年8月に追加されたアイドリングストップ採用グレード。

FXグレードをベースにトランスミッションには副変速機構付きCVTを採用。アイドリングストップと組合せて当時のラインナップの中で最高の低燃費を実現したグレード。

FFのみの設定。

FXリミテッド

4代目ワゴンRの上級グレード。3代目でも好評だったワゴンRリミテッドの4代目バージョンで見た目や装備が豪華になる。

外装ではFXの装備に追加で

  • フロントバンパーアンダーガーニッシュ
  • サイドアンダースポイラー
  • リアアンダースポイラー
  • ルーフエンドスポイラー

でフルエアロ化。アルミホイールも標準装備する。

内装ではインパネやインナードアハンドルがシルバー加飾となる。ただしスピードメーターは単眼式のまま。

快適装備として6スピーカーシステムとエンジンスタートがプッシュスタートボタンとなる。

FTリミテッド

上記FXリミテッドをターボ仕様とした4代目ワゴンRの最上級グレード。ターボ搭載以外にもLEDターンランプ付きドアミラーなどより装備が豪華になる。

FA同様に、2009年10月の一部仕様変更でカタログ落ちした。FTリミテッドについてはこちらから。

https://keicars-maniac.com/?p=60735

FXリミテッドⅡ

2009年10月の一部仕様変更で特別仕様車からカタロググレードに昇格したグレード。

外装ではFXリミテッドに追加でフロントメッキグリル、LEDターンランプ付きドアミラー、リミテッドⅡエンブレムを。

内装では本革巻きステアリングにタコメーター付き3眼式スピードメーター。

快適装備にフルオートエアコンを標準装備する2009年10月以降の最上級グレード。

https://keicars-maniac.com/?p=60586

4代目ワゴンR 特別仕様車と基本グレードとの違い

4代目標準ワゴンRに設定された特別仕様車は全部で4つ。一部カタロググレードに昇格したモデルもあるため、タマ数が以外と多かったりする。

特別仕様車 FXリミテッドⅡ

FXリミテッドⅡは2009年次RJCカー・オブ・ザ・イヤー受賞を記念して設定された特別仕様車。

MH23S_FX_limited2 (11)

FXリミテッドⅡでは専用フロントメッキグリル、専用リアエンブレムにLEDターンランプ付きドアミラー、タコメーター付き3眼式スピードメーターに本革巻ステアリングホイールなどを標準装備。

専用色としてミステリアスバイオレットパール、ルナグレーメタリックパールなどを専用色とし、内外装で装備を充実させた特別仕様車となっている。2009年10月一部仕様変更でカタロググレードに昇格した。

FXリミテッドⅡについてはこちらから。

https://keicars-maniac.com/?p=60586

特別仕様車 FX-Sリミテッド

2010年1月にスズキの4輪車販売台数2000万台を記念する特別仕様車として設定。

4代目ワゴンRのFXリミテッドIIをベースとし、これにディスチャージヘッドランプ(ロービーム、オートレベリング機構付)、オートライトシステム、マルチリフレクターフロントフォグランプ、ルーフアンテナなどを装着しFXリミテッドⅡからわずか約5万円アップで提供する超お買い得な特別仕様車。

FX-Sリミテッドについてはこちらから。

https://keicars-maniac.com/?p=60468

特別仕様車 リミテッド

2010年11月に累計販売台数350万台達成を記念する特別仕様車として設定。

UZ0019124065_001L.jpg

「FXリミテッド」をベースに、ディスチャージヘッドライト(オートライト&オートレベリング機構付き)を標準装備し、ガンメタリック塗装のアルミホイール、ルーフアンテナを採用。

内装ではファブリックシート表皮の採用に加え、インパネ、ドアトリム、ドアトリムクロスを黒色で統一し、ブラック内装により上級感を演出しつつお買い得とした特別仕様車。

リミテッドについてはこちらから。

https://keicars-maniac.com/?p=60369

特別仕様車 リミテッドⅡ

2011年11月に年末年始の需要期に向けラインナップ拡充を図るべく設定された4代目ワゴンR、最後の特別仕様車。4代目ワゴンRの中でももっと外装がよく、内装も最上級で質感が高い。

MH23S_rimited2 (16)

リミテッドⅡでは「FXリミテッド」をベースにディスチャージヘッドライト、ブラックフロントグリル、ブラックメッキヘッドランプのほか、ガンメタリック塗装の14インチアルミホイール、リモート格納ミラーを

MH23S_rimited2 (10)

内装では専用のラックススエードを採用したシート表皮を採用。

ボディカラーはリミテッド同様にパールメタリックカシミールブルー(青色)を専用色に合計6色設定し、ノーマルのワゴンRをスポーティーに仕上げたモデル。

リミテッドⅡについてはこちらから。

https://keicars-maniac.com/?p=60639

エクステリア(外装)

MH23S (5)

フロントデザイン。3代目のオーソドックスな角形ヘッドライトとはうってかわり、斜めの切り込みを入れたスタイリッシュなヘッドライトに変更された。

これにオーソドックスなグリルとバンパーが組み合わされる。先代の印象からがらりと変化し、ベーシック路線からスタイリッシュ路線へと舵を切ったデザインだ。

MH23S (12)
出典:スズキ認定中古車

サイドから。先代では箱型が印象的だったが、4代目ではルーフ部分が前方にかけて斜めに傾斜し先代までの箱とは違う感じだ。

MH23S (7)

出典:スズキ認定中古車

リアのコンビランプも先代までの長方形から、斜めに切り込み気味の形に変更されている。

エンジン・機能装備など

MH23S_enjine.jpg

搭載されたエンジンはK6A型3気筒自然吸気エンジンと3気筒DOHCインタークーラー付きターボエンジンの2種類。自然吸気エンジンは最高出力54ps(40kW)/6500rpm、最高出力は6.4kg・m(63N・m)/3500rpm。

MH23S_turbo_engine.jpg

ターボエンジンは最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは9.7kg・m(95N・m)/3000rpm。先代までノーマルモデルのターボエンジンはMターボという燃費とパワーを両立した60馬力仕様だったが、4代目ではスポーツモデルと同じエンジンに変更されている。

トランスミッションは4AT、CVT、一部廉価グレードに5MTが用意される。モデル後半では副変速機付きのCVTが搭載され、アイドリングストップもグレードによっては搭載されている。また、前述のとおりスポーティーモデルのRRは廃止されスティングレーに統一。

ターボモデルはデビュー当初、最上級グレードの「FTリミテッド」のみに設定されていたが、2009年10月マイナーチェンジでFTリミテッドを廃止と共にターボモデルを廃止。以降はスポーティーモデルのスティングレーのみとなった。(スティングレーについてはこちらを参照)。駆動方式はFFか4WD。

インテリア(内装)

MH23S (8)

出典:スズキ認定中古車

インパネ。4代目のデザインは3代目をベースに曲線や斜めのラインを取り入れモダンなイメージに。シフトはインパネシフト化され、廉価グレードを除いてプッシュスタートも採用された。

MH23S (3)
出典:スズキ認定中古車

廉価グレードのFAでは硬派な5MTを設定。デザイン的には古臭いがこのタイプで5MTは希少である。

【4代目】スズキ ワゴンR FA/FX 5速マニュアルグレード(5MT・MH23S型) 概要解説
ワゴンRはスズキのワゴン型軽自動車。ここでは4代目のMH23S型に設定されていたFAとFXの5速マニュアルグレードについて扱う。出典:トヨタ認定中古車4代目 スズキ・ワゴンRとは?2008年9月にフルモデルチェンジしたズズキの4代目...
MH23S (2)

出典:スズキ認定中古車

スピードメーターはオーソドックスで見やすい。先代に引き続き自発光式メーターを採用するがベーシックグレードでは再びタコメーターレスとなった。

なお、特別仕様車ではスティングレーと同じタコメーター付き3眼式メーターを採用する。

MH23S (1)

出典:スズキ認定中古車

フロントシートはベンチシートタイプ。

MH23S (4)

出典:スズキ認定中古車

5MT仕様ではセパレートタイプとなる。

MH23S (9)

出典:スズキ認定中古車

リアシート。スライド機構付きで足元の広さを調節可能だ。

MH23S (10)

出典:スズキ認定中古車

ラゲッジルーム。

MH23S (11)

出典:スズキ認定中古車

リアシートを倒した状態。この代からスペアタイヤを廃止し、パンク修理キットになっている。

まとめ

4代目ワゴンRは、それまでの箱から一転、デザインがスタイリッシュになった印象を受ける。居住エリアも拡大し、乗った時の広さを感じることができるだろう。3代目よりこちらの方が良いと思う人は買いだと思う。

ただ、5代目ワゴンRの後期モデルでは、S-エネチャージシステムにマイルドハイブリッドなど目新しい技術を搭載しているので、予算があるのなら5代目の方がオススメだ。

ただし中古価格的には4代目はかなり割安な部類に入っているので価格のアドバンテージは4代目が上。デザインも3代目と5代目の中間にあり、歴代の中でもスタイリッシュさが光る。

ちなみにフルモデルチェンジと同時期に、マツダへ4代目AZワゴンとしてOEM供給された。

マツダ版ではフロントグリルとバンパーにマツダのアイデンティティであるペンタゴンのモチーフを採用し、スズキにはない上品さやスタイリッシュ感が与えられている。スズキというブランドに抵抗がある場合や他人とあまり被りたくない場合はマツダ版を検討してみると良いだろう。

【4代目 ワゴンRのOEM】マツダ AZワゴン(MJ23S型)

コメント

タイトルとURLをコピーしました