【2代目・前期型】パジェロミニ デューク(GF-H58A/TA-H58A型) 概要解説

パジェロミニ

パジェロミニは三菱のSUV型軽自動車。デュークはそのカスタムモデルである。本稿では2代目パジェロミニの前期に設定されていた「デューク」を扱う。

duke (7)

画像参照元:Goo-net

概要

1994年にジムニーに対向する形で登場した初代・パジェロミニ。そのパジェロミニは1998年の軽自動車新規格を受けて同年の10月に2代目へとフルモデルチェンジした。

2代目ではそれまでの特徴だった丸目ヘッドライトを廃止し、オーソドックスな角型ヘッドライトを採用。新規格に対応したことでボディ形状は全長で100mm、全幅で80mm拡大するもののスタイリング(パジェロスタイル)はほぼ先代を踏襲。顔つき以外は先代とほぼ同じ外観となっている。

また、モノコック高剛性ボディにクラッシャブルボディ構造とブレーキアシスト機構の採用で、当時の軽自動車としては優れた衝突安全性を誇っていた。

エンジンは新開発となる4A30型4気筒SOHC16バルブ新リーンバーンMVVエンジンと4A30型4気筒DOHC20バルブインタークーラーターボエンジンを搭載

。また、先代のオートマは3ATだったが、2代目で電子制御式4ATに置換された。また、2代目では燃料タンクも拡張され、初代の35Lから43Lへ8Lの容量アップがはかられた。

デビュー当初からパジェロミニはジムニーに対して「シティユース」というキャラクターを出していたがこの2代目ではそれが顕著だった。

ベースモデルに対してより個性的な顔をもたせたり(パジェロミニ・デューク)、初代を彷彿とさせる丸目を用意したり(パジェロミニ・リンクス)、はたまたレカロシートを装備したスポーティーなモデルを追加したり(パジェロミニ VR-S)とまさにムーヴとムーヴカスタムの関係のようなグレード展開をSUVで行っていた。

基本性能は変わらないものの見た目をアレンジし、個性的なモデルを投入することでジムニーに対抗していた。

ジムニーはグレードこそあってもデザインがほとんど変わることなかったが、パジェロミニはフロントデザイン等を変更した派生グレードを用意していた。デュークもそのひとつであり、軽ワゴンでいうならば○○カスタムといった位置づけである。

2代目パジェロミニ デュークの特徴とデューク前期・後期の違い

1999年1月に追加される形で登場したパジェロミニ・デューク。パジェロミニ・デュークは初代にも存在したパジェロミニのカスタムモデル。

専用グリルやサイドアンダースポイラー、サイドガーニッシュ、専用バンパーなどで個性的な顔つきとし、内装も専用品を与えスポーティ感を強くしたモデルである。

エクステリアでは専用大型メッキラジエーターグリル、専用フロントバンパー、専用リアバンパー、サイドプロテクトモール、サイドガーニッシュ、専用スペアタイヤカバー、アルミホイールを。

インテリアでは専用シート表皮&専用ドアトリムクロスを与え内外装で個性的にかつスタイリッシュとした最上級グレードとなっていた。

なお、2代目パジェロミニ・デュークでも年式よって2種類あり、内外装やエンジンが異なる。2代目(H58A)の前期型デュークは1999年1月~2000年10月まで。最大の特徴はエンジンがツインカムの20バルブターボな点で、このほか外装もツートンカラーの設定があり、内装もダークグリーン&ベージュの組み合わせによる専用内装。

2000年11月にデュークはマイナーチェンジを受けカラーリング等内外装が若干変更された。ボディカラーはツートンカラーが廃止となりモノトーン3色のみ。

内装もブラック内装に変更となった。また、排ガス規制の関係で2002年9月以降は20バルブのツインカムターボがシングルカムのSOHCターボに置換されている。

エクステリア

H58A_duke (5)

フロントデザイン。デュークのフロントは、ヘッドライトやフォグランプまわりこそ同じだが、中央部に縦方向に大きくスロットの入ったメッキグリルを採用し、鉄仮面のような力強いデザインになっている。

「PAJERO MINI」のロゴマークと相まって非常に個性的だ。これ以外にもフォグランプやアンダースポイラー付きフロントバンパーなどでカスタム感も強い。

H58A_duke (2)

サイドから。デューク仕様としてドアの下部に「Duke」のロゴマークが入りサイドプロテクトモール、下部にはサイドアンダースポイラーが標準装備となる。デビュー当初はツートンカラー仕様だったが、2000年11月の改良時ではモノートーンへ変更された。

足元はアルミホイールを標準装備。サイズはパジェロミニ純正と同じ175/80R15。

H58A_duke (10)

※後期デューク(2000年11月~)

H58A_duke (3)

リア。デュークでは標準で純正リアスポイラーが付く。フロントデザインと相まってかなりいい感じだ。コンビランプ等のデザインはノーマルと同じ。

リアバンパーもデューク用でフロントと同じくエアロパーツが付くスタイリッシュなもの。パジェロミニでありながら、フルエアロ化されている。このほかタイヤカバーもデューク専用品となる。

エンジン・機能

H58A_first_R (9)

エンジンは4A30型DOHC 20バルブ4気筒インタークーラーターボエンジン。初代と同じく1気筒あたり5バルブの高性能エンジンで、あの7代目ミニカ・ダンガンでも採用されていたツインスクロールターボエンジン。

最高出力は64ps(47kW)/7000rpm、最大トルクは10.2kg・m(100N・m)/3500rpmを発生する。

ただし、排ガス規制に引っかかりこの4気筒ターボは2002年9月のマイナーチェンジで廃止。代わりに自然吸気エンジンをターボ化した4気筒SOHC16バルブインタークーラーターボに切り替わった。

これにより2002年9月生産以降のデュークは最高出力が64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは9.0kg・m(88N・m)/4000rpmに変更されている。

トランスミッションは4ATまたは5MTのどちらからで、駆動方式はパートタイム4WD(イージーセレクト4WD)のみの設定。ABSはオプション設定となっていた。

パジェロミニ・デューク(H58A)の持病 ATの不具合

2代目パジェロミニには有名な持病がいくつかあり、一番多くかつ修理費用がかさむ持病に「ATの不具合」がある。

ボディは頑丈なのだが4ATのバルブボディという部品に不具合が生じて変速が上手く行われにくくなる。

これが発病すると最悪ATミッションの交換となり、リビルト品と工賃で総額30万円ほどかかる高額修理となるケースも(※ミッション交換以外で安くなおる場合もあり)。

特にリンクスの設定があった2代目の前期型(2002年8月生産以前モデル)では不具合が発生しやすい。この後2002年9月以降はバルブボディのストッパープラグが対策品に変更され、壊れにくくなった。

MTではこういった事例の報告はない(※ただし前ユーザーの使い方でミッションに癖がついている場合あり)ため、可能であれば5MTの購入がオススメ。

インテリア

H58A_duke (9)

インパネ。デュークでは内装でも専用品が与えられる。グリーンとブラックを組み合わせたツートンカラーとなり、ノーマルよりもスタイリッシュ感を強くしている。

H58A_duke (4)

スピードメーター。このあたりはノーマルと共通だ。

duke (2)

これはイージーセレクト4WDの切り替えレバー。シフトレバーのすぐ下に配置されている。普段は2WDで、雨や降雪時に4WDのHIモード。万が一ぬかるみでスタックした場合はLowモードにして強力な4WDを使うことが出来る。詳細はこちらを参照。

H58A_duke (6)

フロントシートはセパレートタイプ。ドアトリムクロスと共にデューク専用のシート表皮となっている。

H58A_duke (11)

なお、2002年9月マイナーチェンジ(デュークの後期型)ではインパネとシート表皮が刷新された。

H58A_duke (1)

後部座席はちゃっちい作り。やはり2名乗車と割り切ったほうが良さそうだ。

H58A_duke (7)

ボンネットエリアにかなりのスペースを使っているため荷室はかなりせまめ。ただ、2名乗車で使うことを考慮すれば常に座席を倒して使うので問題ないだろう。

H58A_duke (8)

座席を倒せばそこそこ広くなる。

まとめ

duke (14)

パジェロミニ・デュークはパジェロミニのカスタムモデルという点で、ジムニーにはないデザインの個性さが売りだ。ジムニーのようなタフなオフロードで使うような人には向いていないが、街乗りメインで他とは違う1台を探している人には良いだろう。

特に雪国では大径タイヤに高い車高、スタックに対応した4WDシステムはかなり魅力的であり除雪が追い付いていない市街地と言ったシーンでは頼もしい1台だ。反面、車重の重さや設計が古い点で燃費が非常に悪く、大きなタイヤも交換時にはかなりのコストを伴う。燃費重視のユーザーは注意しなければならない。

それでも軽自動車でこれだけの走行性能とデザインは価値ある1台である。維持費や燃費を許容できるのであれば、選択肢の1台だろう。

中古市場では2代目パジェロミニ全体のタマ数の中でも前期型という点と、最上級で個性的なモデルゆえにタマ数が極端に少なく希少モデルとなっている。年式経過ゆえに安い個体が多いがたまに走行距離が少ない上質な個体が出てくると高値となるときもある。

特に前期型のみの搭載された20バルブターボエンジンは現在では考えられないくらい贅沢なエンジンでパワーもかなりある。燃費は良くないが、このエンジンに加え歴代の中でも個性的な顔つきなので、パジェロミニデュークは好きな人には堪らない1台である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました