【6代目】スズキ エブリイ(DA17V型)概要解説

エブリイ

エブリイはスズキの商用タイプのワンボックス型軽自動車である。本稿では6代目・DA17V型を扱う。

画像参照元:スズキ認定中古車

概要

2015年2月にフルモデルチェンジし、6代目となったエブリイ。先代からおよそ10年ぶりのフルモデルチェンジとなり、最新技術を盛り込んだ軽ワンボックスとなった。

外観では先代を踏襲しつつ若干の精悍さをプラスしスタイリッシュ感を演出。パッケージングではタイヤ位置とダッシュパネルを前方に移動することにより乗員スペースの広さをキープしつつ荷室が先代よりも拡大。PCやPAグレードでは1910mm(※2名乗車でリアシート倒した状態)の荷室長でクラストップレベルを実現した。

低燃費化に関しては高張力鋼板などの使用範囲の拡大やエンジン、足回り、内装、電装部品などで軽量化を実施し先代比で最大40kgの軽量化を実現。

加えてエンジンは先代までのK6Aに置き換わり吸気VVT機構を採用した次世代のR06A型エンジンを採用。オートマチックトランスミッションも先代までの3ATに変わり5MTをベースにクラッチを自動化した5AGSを新規採用。

ターボ用は4ATを用いるなど商用モデルでありながらワンランク上の部品で静粛性アップや低燃費化を実施した。これにより2駆(FR)の5AGSモデルでは20.2km/L(JC08モード)の低燃費を実現するなどフルモデルチェンジに相応しいメカニズムが与えられた。

収納スペースもインパネドリンクホルダーやセンターミドルトレー、フロントドアポケットなどをインパネに効率よく配置。頭上の上にはオーバーヘッドシェルフの採用(※ジョイン、ジョインターボ、PCグレードのみ)でより利便性を高めた。

また、6代目エブリイからは同社の軽乗用モデルで先行していた自動ブレーキ技術の「レーダーブレーキサポート」をグレード別に設定。ライバルよりも安全性能を高めた。

6代目エブリィのグレード PA,PC,PCリミテッド,ジョインなどの違い

6代目エブリィのグレード構は標準ルーフ専用で廉価グレードの「GA」、同じくハイルーフで廉価グレードの「PA」、ハイルーフ仕様でミドルグレードの「PC」、ABSやCDプレイヤーなど充実装備が与えられた「JOIN(ジョイン)」とそのターボ仕様の「JOIN(ジョイン)ターボ」の5種類を設定。

これ以外に特別仕様車で「PAリミテッド」、「PCリミテッド」などがあり、PAリミテッドは後にカタロググレードに昇格している。

PAグレード

6代目エブリィの廉価グレード。快適装備や便利を簡略化し価格を抑えた一番安いグレード。

安いながらもマニュアル式エアコンとパワーステアリング、ABS+EBD、運転席&助手席エアバッグ、前後カラードバンパーは標準装備する。

一方でキーレスエントリー、パワーウィンドウ、電動格納式ミラー、カラードアウタードアハンドル、ホイールキャップ、リアプライバシーガラス、セキュリティーアラームが非装備。

オーディオ&スピーカーもレス仕様となり、手動式ドアミラーや手動式ウィンドウ、キーレス無しで質素かつかなり硬派なグレードとなっている。

その分新車価格は一番安く、2WD・5MTモデルであれば100万円を切る。

PA スズキセーフティサポート装着車

上記PAグレードに自動ブレーキを装着したグレード。

自動ブレーキのデュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進おしらせ、ハイビームアシスト、後方誤発進抑制機能、リアパーキングセンサー、エマージェンシーストップシグナルが標準装備となる。

これ以外にスピードメーターがマルチインフォメーションディスプレイとタコメーター付きの3眼自発光式メーターに変更され、バックカメラ付きディスプレイオーディオがオプション選択可能となる。

GA

6代目エブリィの標準ルーフ専用廉価グレード。装備面はPAと同じだが、ハイルーフが非設定でトランスミッションも5MTのみという、硬派な専用グレードだった(※後に5AGSや4AT車が追加設定される)。

2021年9月にカタログ落ち。標準ルーフのみの設定&硬派なグレードゆえに、需要が少なく中古車はかなり希少。タマ数が少ないレアなグレード。

PC

6代目エブリィのミドルグレード。PAに比べて快適装備のキーレス、パワーウィンドウ(※フロントのみ)、電動格納ミラー、プライバシーガラス、ホイールキャップを標準装備し、乗用モデルに近くなる。

インテリアでもフロントシートはジョイント同じヘッドレスト分離型形状にファブリックシート表皮の採用で若干質感が高くなり、PAのような質素な雰囲気が薄くなる。

ただし、リアシートはPAと同じ一体可倒式で簡略化されている。

自動ブレーキはデビュー当初、特別仕様車のPCリミテッドに設定していたがその後は無印PCグレードにもオプション設定化。2022年4月には標準装備化された。

JOIN(ジョイン)

6代目エブリィの上級グレード。内外装が豪華になり、乗用モデルのエブリィワゴンのような雰囲気が与えれる。

エクステリアにはPCに加えてヒーテッドドアミラー(4WDのみ)、2019年4月(4型)以降はディスチャージヘッドランプがオプション選択可能となり、2022年4月には標準装備化された。

さらに2021年9月にはフロントメッキグリルも標準装備化され他グレードと差別化された。

インテリアではフロントシートはPCと同じ仕様だが、リアシートが変更されヘッドレストが付いた左右分割式シートを採用。センターアームレストも備え後部座席の快適性能がアップする。さらにドアトリムクロスとリアヒーターも標準装備となる。

自動ブレーキはオプション設定となっていたが、2022年4月には標準装備化された。

ジョイングレードについてはこちらから。

JOIN(ジョイン)ターボ

ジョインにターボエンジンを搭載した最上級グレード。タコメーター付きの3眼式メーターを備え、ターボ車らしいスピードメーターが付く。

デビュー当初は4AT以外に5MTも設定され、コアなファンに人気のグレードだったが、2021年9月に5MTターボを廃止。4ATのみとなった。

2022年4月には4ATターボもカタログ落ちし、エブリィのターボ仕様車は完全廃止となった。

特別仕様車・PAリミテッド

2015年12月発売の特別仕様車。ハイルーフの廉価グレードであるPAをベースに快適&実用装備や安全装備をプラスした特別仕様車。

PAリミテッドではPAをベースに電波式キーレスエントリーとスモークガラス、全面UVカット機能付ガラス、セキュリティアラームシステムを標準装備化。

さらに自動ブレーキの「レーダーブレーキサポート」をメーカーオプション設定とするなど、軽貨物でありながら充実の装備をプラスした特別仕様車。PAリミテッドはその後カタロググレードに昇格し、継続販売されている。

PAリミテッドについてはこちらから。

特別仕様車・PCリミテッド

2015年12月発売の特別仕様車。ミドルグレードのPCをベースに快適&実用装備や安全装備をプラスした特別仕様車。

PCリミテッドではPCをベースにCDプレイヤー、電動格納式リモコンドアミラー、ヒーテッドドアミラー(※4WDのみ)、フロント2スピーカーを標準装備とした。

さらに自動ブレーキの「レーダーブレーキサポート」をメーカーオプション設定とするなど、軽貨物でありながら充実の装備をプラスした特別仕様車。

PCリミテッドについてはこちらから。

6代目エブリィ(DA17V)の2型、3型、4型、5型の改良点や違いなど

2015年12月・2型改良

2015年12月の2型改良ではGA、PA、PCの5AGS車にABSとヒルホールドコントロールを標準装備。さらに特別仕様車の「PAリミテッド」と「PCリミテッド」の5AGS車に「レーダーブレーキサポート」をオプション設定とした。

2016年3月・一部仕様変更

2016年3月の一部仕様変更では5AGS車に2速発進モードを標準装備化。さらにクリープ時の推進力を強化し、発進時や低速時の使い勝手を向上。

2016年11月・一部仕様変更

2016年11月の一部仕様変更では特別仕様車のPAリミテッドとPCリミテッドの4ATを追加設定。

2017年5月・3型改良

2017年5月の3型改良では4AT車をGAのFF仕様車、PA、PC、ジョイン、車いす移動車にも追加設定。

さらにジョインの4ATにはレーダーブレーキサポート・ESP・エマージェンシーストップシグナルのセットオプションも用意。このほかGA、PA、PCはリアシートを形状変更。荷室をフルフラットにした時の張り出しを無くして積載性を向上させた。

2019年6月・一部仕様変更

2019年6月の一部仕様変更では安全装備を強化。レーダーブレーキサポートから「デュアルセンサーブレーキサポート」にアップデート。加えて車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストも追加。

さらに後退時用衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」も追加され、誤発進抑制機能は前方に加え後方にも対応した。

これに伴いジョインの4AT、5AGS車とジョインターボ4ATではデュアルセンサーブレーキサポートが標準装備化。PAとPCでは5MT仕様を除いてメーカーオプション設定化された。

ボディカラーでは一部入れ替えが行われ、「クールカーキパールメタリック」を新設定。かわりに「ガーデニングアクアメタリック」を廃止した。

2021年9月・4型改良

2021年9月の4型改良ではジョインターボの5MTを廃止。さらにジョインターボでは乗用モデルのディスチャージライトがオプション設定で選択可能となった。

インテリアでは4ATのパーキングブレーキが足踏みシイからレバー式に変更。パワーウィンドウがPAリミテッドにも標準装備化。PAを除くグレードでUSB電源ソケットを標準装備化。ジョイントジョインターボにはフロントメッキグリルが追加された。

また、特別仕様車だったPAリミテッドがカタロググレード化している。

2022年4月・5型改良 ジョインターボ廃止

2022年4月の5型改良では7インチのディスプレイのバックカメラ付きスマートフォン連携ディスプレイオーディオがメーカーオプションに新設。リアのルームランプをLED化。

ハイルーフ仕様車には運転席上部に既存の「オーバヘッドコンソール」から置き換えで「オーべヘッドシェルフ」を標準装備。使い勝手を向上した。

一方でエブリィ唯一のターボ仕様車、「ジョインターボ」が廃止された。これは兄弟モデルの日産「NV100クリッパー」も同じで、GXターボが廃止されている。

エクステリア

フロントデザイン。6代目は先代のイメージのままにヘッドライトにエッジを効かせることでスタイリッシュ感を演出。オーソドックスな箱型の軽バンであっても近代的なイメージとした。

ダイハツの6代目ハイゼットとは異なり、廉価グレードでもカラードバンパーを標準装備し、見た目は悪くない。PAやPCグレードではドアミラーが樹脂タイプの手動式ドアミラーを採用。

上級グレードのジョイン系ではカラードドアミラーに電動格納ミラーとなる。パット見でジョイン系グレードかを見極めるにはドアミラーがポイント(※ただし純正状態に限る)。

ヘッドライトはハイロー独立式を採用した乗用モデルのエブリイワゴンとは異なり、ベーシックなマルチリフレクターヘッドライト(ハイロー共通タイプ)が与えられる。

2019年4月(4型)以降はジョイン系グレードでディスチャージヘッドランプがオプション選択可能となり、2022年4月には標準装備化された。

2021年9月の4型改良では、上級の「ジョイン」と「ジョインターボ」にフロントメッキグリルが標準装備となった。

サイド。エブリイワゴンではサイドアンダースポイラーなどエアロパーツが付いていたが、商用モデルということで非装備となる。後部のパワースライドドアも同様。

このほか、セキュリティーアラームとスモークタイプのリアガラスはジョイン系グレードに標準装備(※他の商用グレードでは非スモーク)。

足元は12インチスチールホイールで、ジョイン系グレードにはホイールキャップも付く。タイヤサイズは145/80R12。

リア。リアビューが乗用モデルのエブリイワゴンとは最も異なる部分で、商用のエブリイではベーシックな角型コンビランプとなる。

3代目のエブリイワゴンではコンビランプが中央両サイドから商用モデルと同じ下部バンパーに移動したが、デザインは乗用モデルらしいスタイリッシュなものとなっていた。ただ、互換性はあるため後から乗用モデル用のバンパーを購入して交換することは可能だ。

このほか、商用モデルではEVERYのマークがエンブレムではなく、デカールとなる。サイドと同じくバックゲートガラスはスモークタイプとなる。

エンジン・機能装備・安全装備など

エンジンはR06A型直列3気筒自然吸気エンジンまたは同インタークーラー付きターボエンジンの2種類。

自然吸気エンジンは最高出力49ps(36kW)/5700rpm、最大トルク6.3kg・m(62N・m)/3500rpm。

ターボ仕様は最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルク9.7kg・m(95N・m)/3000rpmを発生する。

乗用モデルではターボのみだったが、商用モデルでは自然吸気エンジンも選択可能となっている。グレード名はそれぞれ自然吸気エンジンが「ジョイン」。

ターボ仕様が「ジョインターボ」となる。トランスミッションは4AT、5AGSもしくは5MTの3種類。ただし、5AGSは自然吸気エンジンのみの設定となる。

駆動方式はFRまたは4WD。先代では旧式のK6Aターボだったがこれを新世代のR06Aに置換。ボディも高張力鋼板の使用拡大やその他軽量化でシェイプアップし先代よりも最大で1Lあたり2km前後燃費を改善した。

このほか、ジョイン系グレードでは他の商用グレードでは非設定(※2015年12月小改良以降では全グレードで標準装備化)のABSを標準装備とし、グレード別(※2015年12月小改良以降はオプション設定に移行)に自動ブレーキの「レーダーブレーキサポート」を設定する。

レーダーブレーキサポート装着車では自動ブレーキのレーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESPにABSがブレーキアシスト付きとなる。

2019年6月以降はレーダーブレーキサポートが「デュアルカメラブレーキサポート」にアップデート。加えて車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストも追加。

さらに後退時用衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」も追加され、誤発進抑制機能は前方に加え後方にも対応した。

2022年4月以降はジョイングレードで「デュアルカメラブレーキサポート」が標準装備化された。

インテリア

インパネ。商用モデルのためベーシックなカラーだが、機能性を重視したデザインとなっている。

6代目からは新たな収納スペースとしてインパネドリンクホルダーやセンターミドルトレー、フロントドアポケット、オーバーヘッドシェルフ(2022年4月以降はオーバヘッドコンソール)などが追加されている。

サイドブレーキはジョイン系グレードのみ足踏み式を採用していたが、2021年9月仕様変更で他グレードと同じレバー式に変更。これによりアームレストが非装備となった。

スピードメーター。PAグレードとPCグレードではシンプルな1眼タイプ。

ターボ仕様のジョインターボのみエブリイワゴンと同じタコメーター付きメーター(エコインジケーター付き)となる。

2019年6月の一部改良以降は、右側の燃料残量計をデジタル化&マルチインフォメーションディスプレイを備え、自然吸気エンジンで自動ブレーキを備えたPAリミテッドやPCリミテッド、ジョイン等にもタコメーターが標準装備となった。

ステアリングはウレタンステアリング。エアコンは全グレードでマニュアル式エアコン。

DA17V_join (27)
DA17V_join (26)

ATと5MTのシフトレバー。インパネシフトのためMTでもこの位置となる。

DA17V_join (29)

5AGSではDモード時に左に倒すとATのマニュアルモードのようにシフトアップやシフトダウンを任意に選択可能となる。

フロントシートはセパレートタイプ。PAグレードではヘッドレスト一体型シートを採用し、生地もビニール素材が用いられる。さらにドアトリムクロスは非装備。

DA17V_join (22)

PCとジョイン系グレードではエブリィワゴンと同じシート形状にジョイン系では加えてファブリック生地を採用。商用モデルといえばヘッドレスト一体型のチープなシートが基本のため、この部分はPA以外の大きな特徴。

PAとPCのリアシート。軽バンらしいヘッドレスト無しの質素な一体可倒式シートとなる。

ジョイン系リアシート。こちらもフロント同様にジョイン系では乗用モデルの左右分割型シートが採用されている。他の商用グレードでは一体可倒式かつヘッドレスト非装備のとりあえず的なシートが付いているためフロントシート同様にこの点もジョイン系グレードの特徴である。

DA17V_join (24)

ただし、リアシートはバン仕様のためスライド機構とリクライニング機構は非装備となる。

PAとPCのラゲッジスペース。

DA17V_join (11)

ジョイン系のラゲッジルーム。軽ワンボックスらしい広大な荷室を確保。

DA17V_join (12)

ジョイン系グレードはリアシートに左右分割式シートを採用しているため、このように片側のみ倒して荷室長を長くできる。乗用モデルに近いシートアレンジが可能だ。

PAとPCのリアシートを倒した状態。

DA17V_join (21)

ジョイン系のリアシートをすべて倒した状態。

まとめ

6代目エブリイはよりスタイリッシュになったエクステリアに新世代エンジンや新トランスミッションの採用で走りや燃費を向上。使い勝手も収納スペースを大幅設定し、より使い勝手もアップ。加えてライバルに先駆けて自動ブレーキを導入するなど意欲的なモデルチェンジとなった。

さらに乗用モデルにはないターボ&5MTの組み合わせもあり、この手のマニアにも納得の仕様となっている。ただし上述のとおり4型以降はターボ&5MTが廃止されたため以降は中古のみとなる。

価格面でも乗用モデルより数十万円ほど安くなっており(乗用モデルは一番安くて2駆の4ATで約142万円から。ジョイン系は2駆の5MTターボで約120万円からとかなり購入しやすい)、外観や装備面にそれほどこだわらず比較的安い価格で乗用モデル的な軽ワンボックスが欲しい人には嬉しい仕様といえよう。

ライバルのハイゼットはFR用CVTの採用で、AT車として加速性能や燃費性能が大幅向上。加えて自動ブレーキも強化してきているため、ダイハツとスズキの軽バン競争はますます激化することとなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました