【6代目】スズキ エブリイ ジョイン/ジョインターボ(DA17V型 join) 概要解説

エブリイ

エブリイはスズキの商用タイプのワンボックス型軽自動車である。本稿では6代目・DA17V型の上級グレード、「ジョイン」とそのターボ仕様である「ジョインターボ」を扱う。

DA17V_join (4)

画像参照元:Goo-net

概要

2015年2月にフルモデルチェンジし、6代目となったエブリイ。先代からおよそ10年ぶりのフルモデルチェンジとなり、最新技術を盛り込んだ軽ワンボックスとなった。

外観では先代を踏襲しつつ若干の精悍さをプラスしスタイリッシュ感を演出。パッケージングではタイヤ位置とダッシュパネルを前方に移動することにより乗員スペースの広さをキープしつつ荷室が先代よりも拡大。PCやPAグレードでは1910mm(※2名乗車でリアシート倒した状態)の荷室長でクラストップレベルを実現した。

低燃費化に関しては高張力鋼板などの使用範囲の拡大やエンジン、足回り、内装、電装部品などで軽量化を実施し先代比で最大40kgの軽量化を実現。

加えてエンジンは先代までのK6Aに置き換わり吸気VVT機構を採用した次世代のR06A型エンジンを採用。オートマチックトランスミッションも先代までの3ATに変わり5MTをベースにクラッチを自動化した5AGSを新規採用。

ターボ用は4ATを用いるなど商用モデルでありながらワンランク上の部品で静粛性アップや低燃費化を実施した。これにより2駆(FR)の5AGSモデルでは20.2km/L(JC08モード)の低燃費を実現するなどフルモデルチェンジに相応しいメカニズムが与えられた。

収納スペースもインパネドリンクホルダーやセンターミドルトレー、フロントドアポケットなどをインパネに効率よく配置。頭上の上にはオーバーヘッドシェルフの採用(※ジョイン、ジョインターボ、PCグレードのみ)でより利便性を高めた。

また、6代目エブリイからは同社の軽乗用モデルで先行していた自動ブレーキ技術の「レーダーブレーキサポート」をグレード別に設定。

グレード構成は標準ルーフで廉価グレードの「GA」、同じくハイルーフで廉価グレードの「PA」、ハイルーフ仕様でミドルグレードの「PC」、ABSやCDプレイヤーなど充実装備が与えられた「ジョイン」とそのターボ仕様の「ジョインターボ」の5種類を設定。

このうち本稿で扱うのは上級グレードのジョインとジョインターボである。

このジョインおよびジョインターボは古くは4代目のDA52V型から登場。それ以前はジョイポップなどと呼ばれた伝統的なグレードで、上述のとおり商用モデルでも充実装備が与えられた上級グレードとなっている。

特に商用モデル唯一のターボエンジンに乗用モデルのエブリイワゴンには非設定の5MTが組み合わされる点もホットで、かつ内装も商用車の雰囲気が色濃いGAやPAなどとは異なりヘッドレスト分離型フロントシート、分割型リアシートなどほぼエブリイワゴンに近い仕様となっている。

外観こそ他の商用グレードと同じだが、この仕様でジョインやジョインターボは新車価格が乗用モデルのエブリイワゴンよりも数十万円安いという大きな特徴がある。

DA17V型の2型、3型、4型(ジョインターボMT廃止等)の改良点まとめ

2015年12月・2型改良

2015年12月の2型改良ではGA、PA、PCの5AGS車にABSとヒルホールドコントロールを標準装備。さらに特別仕様車の「PAリミテッド」と「PCリミテッド」の5AGS車に「レーダーブレーキサポート」をオプション設定とした。

2016年3月・一部仕様変更

2016年3月の一部仕様変更では5AGS車に2速発進モードを標準装備化。さらにクリープ時の推進力を強化し、発進時や低速時の使い勝手を向上。

2016年11月・一部仕様変更

2016年11月の一部仕様変更では特別仕様車のPAリミテッドとPCリミテッドの4ATを追加設定。

2017年5月・3型改良

2017年5月の3型改良では4AT車をGAのFF仕様車、PA、PC、ジョイン、車いす移動車にも追加設定。

さらにジョインの4ATにはレーダーブレーキサポート・ESP・エマージェンシーストップシグナルのセットオプションも用意。このほかGA、PA、PCはリアシートを形状変更。荷室をフルフラットにした時の張り出しを無くして積載性を向上させた。

2019年6月・一部仕様変更

2019年6月の一部仕様変更では安全装備を強化。レーダーブレーキサポートから「デュアルセンサーブレーキサポート」にアップデート。加えて車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストも追加。

さらに後退時用衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」も追加され、誤発進抑制機能は前方に加え後方にも対応した。

これに伴いジョインの4AT、5AGS車とジョインターボ4ATではデュアルセンサーブレーキサポートが標準装備化。PAとPCでは5MT仕様を除いてメーカーオプション設定化された。

ボディカラーでは一部入れ替えが行われ、「クールカーキパールメタリック」を新設定。かわりに「ガーデニングアクアメタリック」を廃止した。

2021年9月・4型改良

2021年9月の4型改良ではジョインターボの5MTを廃止。さらにジョインターボでは乗用モデルのディスチャージライトがオプション設定で選択可能となった。

インテリアでは4ATのパーキングブレーキが足踏みシイからレバー式に変更。パワーウィンドウがPAリミテッドにも標準装備化。PAを除くグレードでUSB電源ソケットを標準装備化。ジョイントジョインターボにはフロントメッキグリルが追加された。

また、特別仕様車だったPAリミテッドがカタロググレード化している。

エクステリア

フロントデザイン。外観に関しては他の商用グレードとほぼ同じ。ただしジョインおよびジョインターボではドアミラーが「カラード電動格納式リモコンドアミラー」となる。

商用モデルではコストカットのため非塗装(樹脂ブラック)の手動式ミラーとなることが多いが、上級グレードということで変更されている。パット見でジョイン系グレードかを見極めるにはドアミラーがポイントだ(※ただし純正状態に限る)。

ヘッドライトはハイロー独立式を採用した乗用モデルのエブリイワゴンとは異なり、ベーシックなマルチリフレクターヘッドライト(ハイロー共通タイプ)が与えられる。

この他メッキグリル等も非装備で非常にベーシックなフロントデザインとなっている。

サイド。ジョイン系グレードではドアミラーがカラー化されたものの、ドアハンドルは非塗装となる。これ以外にもエブリイワゴンではサイドアンダースポイラーなどエアロパーツが付いていたが、商用モデルということで非装備となる。後部のパワースライドドアも同様。

このほか、セキュリティーアラームとスモークタイプのリアガラスは標準装備(※他の商用グレードでは非スモーク)。

リア。リアビューが乗用モデルのエブリイワゴンとは最も異なる部分で、商用のエブリイではベーシックな角型コンビランプとなる。

3代目のエブリイワゴンではコンビランプが中央両サイドから商用モデルと同じ下部バンパーに移動したが、デザインは乗用モデルらしいスタイリッシュなものとなっていた。ただ、互換性はあるため後から乗用モデル用のバンパーを購入して交換することは可能だ。

このほか、商用モデルではEVRYのマークがエンブレムではなく、デカールとなる。サイドと同じくバックゲートガラスはスモークタイプとなる。

エンジン・機能装備・安全装備など

エンジンはR06A型直列3気筒自然吸気エンジンまたは同インタークーラー付きターボエンジンの2種類。

自然吸気エンジンは最高出力49ps(36kW)/5700rpm、最大トルク6.3kg・m(62N・m)/3500rpm。ターボ仕様は最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルク9.7kg・m(95N・m)/3000rpmを発生する。


※参考までに5MT&ジョインターボの加速動画。マイナス40kgの軽量化がこうをなしてか意外と速い。

乗用モデルではターボのみだったが、商用モデルでは自然吸気エンジンも選択可能となっている。グレード名はそれぞれ自然吸気エンジンが「ジョイン」。

ターボ仕様が「ジョインターボ」となる。トランスミッションは4AT、5AGSもしくは5MTの3種類。ただし、5AGSは自然吸気エンジンのみの設定となる。

駆動方式はFRまたは4WD。先代では旧式のK6Aターボだったがこれを新世代のR06Aに置換。ボディも高張力鋼板の使用拡大やその他軽量化でシェイプアップし先代よりも最大で1Lあたり2km前後燃費を改善した。

このほか、ジョイン系グレードでは他の商用グレードでは非設定(※2015年12月小改良以降では全グレードで標準装備化)のABSを標準装備とし、グレード別(※2015年12月小改良以降はオプション設定に移行)に自動ブレーキの「レーダーブレーキサポート」を設定する。

レーダーブレーキサポート装着車では自動ブレーキのレーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESPにABSがブレーキアシスト付きとなる。

インテリア

インパネ。商用モデルのためベーシックなカラーだが、機能性を重視したデザインとなっている。6代目からは新たな収納スペースとしてインパネドリンクホルダーやセンターミドルトレー、フロントドアポケット、オーバーヘッドシェルフなどが追加されている。

スピードメーター。自然吸気エンジンのジョインは他の商用グレードと同じ1眼タイプ。

ターボ仕様のジョインターボのみエブリイワゴンと同じタコメーター付きメーター(エコインジケーター付き)となる。

DA17V_join (27)DA17V_join (26)

ATと5MTのシフトレバー。インパネシフトのためMTでもこの位置となる。

DA17V_join (29)

5AGSではDモード時に左に倒すとATのマニュアルモードのようにシフトアップやシフトダウンを任意に選択可能となる。

DA17V_join (22)

フロントシートはセパレートタイプ。カラーこそブラウンでエブリイワゴンと異なるが形状は乗用モデルと同じタイプで他の商用グレードよりも上級のシートが採用されている。商用モデルといえばヘッドレスト一体型のチープなシートが基本のため、この部分はジョイングレードの大きな特徴だ。

DA17V_join (23)

リアシート。こちらもフロント同様に色は異なるものの乗用モデルの左右分割型シートが採用されている。他の商用グレードでは一体可倒式かつヘッドレスト非装備のとりあえず的なシートが付いているためフロントシート同様にこの点もジョイン系グレードの特徴である。

DA17V_join (24)

ただし、リアシートはバン仕様のためスライド機構とリクライニング機構は非装備となる。

DA17V_join (11)

ラゲッジルーム。軽ワンボックスらしい広大な荷室を確保。

DA17V_join (12)

ジョイン系グレードはリアシートに左右分割式シートを採用しているため、このように片側のみ倒して荷室長を長くできる。乗用モデルに近いシートアレンジが可能だ。

DA17V_join (21)

リアシートをすべて倒した状態。

まとめ

DA17V_join (9)

6代目エブリイのジョイン系グレードは外観は他の商用グレードと変わらないものの内装面で乗用モデルと同じシート形状を採用し、ABSの標準装備化やレーダーブレーキサポートをグレード別(年式によってはオプション設定)に用意するなど乗用モデルに近い上級装備が特徴の軽自動車である。

さらに乗用モデルにはないターボ&5MTの組み合わせもあり、この手のマニアにも納得の仕様となっている。ただし上述のとおり4型以降はターボ&5MTが廃止されたため以降は中古のみとなる。

価格面でも乗用モデルより数十万円ほど安くなっており(乗用モデルは一番安くて2駆の4ATで約142万円から。ジョイン系は2駆の5MTターボで約120万円からとかなり購入しやすい)、外観や装備面にそれほどこだわらず比較的安い価格で乗用モデル的な軽ワンボックスが欲しい人には嬉しい仕様といえよう。

コメント

  1. 燃え太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    JOINの投稿ありがとうございます。
    リクエストしておきながら知らなかった事が多すぎて驚いていますw
    しかし、改めてJOINターボは商用車ではありますが、非常に魅力的な車だと再確認しました。
    昨今の軽自動車は安全性や豪華な装備に目を奪われがちですが、軽自動車本来の魅力は、少ない予算で自動車が購入できる事と自分では思います。
    その点で言えばこのJOINターボは、非常に合理的でコストパフォーマンスの優れた一台ではないかと思います。

  2. さすらいのクラ吹き より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    萌え太郎さん、こんにちは。

    こちらこそリクエストありがとうございました。こんな良心的なグレードがあるとはお恥ずかしながら知りませんでした。

    僕も軽自動車の本質は安くて燃費が良い事だと思います。そこには維持費や新車価格も含まれるのですが昨今はスペース優先で豪華装備を中心とした値段の高い軽自動車が多く、燃費もあまり良くないという本来あるべき姿からかけ離れた軽自動車が多くなっています。特にターボを付けてオプションをプラスすると200万近くにもなる(※スポーツタイプのS660を除く)ものもあり、維持費が安い意外は軽自動車とはいえないんじゃないかと思う部分が多々ありました。

    一方で最近モデルチェンジした2代目ミライースは「安くて低燃費」に加え自動ブレーキをプラスしても一番いいグレードで130万円代とかなり良心的な価格設定になっています。先にフルモデルチェンジした8代目アルトもそうですが、こういった軽自動車の本質を貫いた昔ながらのモデルはもっと評価されてもいいんじゃないかと思います。そういった意味でもこういう価格と装備のバラス面が取れたジョイングレードはコストパフォマンスの高いモデルだと思います。

  3. つよぽん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ジョイン系のリアシートにはスライド機構は備わっていませんよ。
    4ナンバーはスライド機構とリクライニング機構は装備してはいけない決まりになっています。

  4. さすらいのクラ吹き より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    つよぽんさん、ご指摘ありがとうございます。

    該当の部分を修正いたしました。

タイトルとURLをコピーしました