【4代目 前期型 特別仕様車】ダイハツ ムーヴカスタム XCエディション(L175S/L185S型)

ムーヴカスタム

ムーブはダイハツのワゴン型軽自動車。ムーヴカスタムはそのカスタムモデルである。本稿では4代目L175SおよびL185S系の前期型(2006年10月~2008年11月まで)を扱う。

L175S_custom_first_XC_edtion (13)

画像参照元:Goo-net

概要

2006年10月にフルモデルチェンジし、4代目となったダイハツのムーブ。それまでのイメージを大きく変更しエレガントなフロントデザイン、タマゴ型のワンモーションフォルムの採用、ホイールベース拡大による室内空間のアップ、新開発エンジンの採用など外観も内部もフルモデルチェンジに相応しい内容となった。

外観はそれまで初代から続いていたワゴン型のボディを一新。スズキの初代MRワゴンなどに見られるボンネットからフロントガラス、ルーフにかけて緩やかな曲線を持つワンモーションフォルムとなった。

また、プラットホームを一新し室内空間を新設計としたことで当時の軽自動車としては最長となる2,110mm(2WD)の室内長を確保。また、室内幅も1,350mmとし3代目よりもさらに室内空間を広くした。

インテリアは3代目から劇的に質感が良くなったが、4代目でもこれを踏襲。加えてアーチシェイプインストルメントパネルと呼ばれる立体的かつ躍動感のあるインパネデザインや、ムーヴ史上初のセンターメーターを採用し明るく華やかな室内空間とした。

エンジンは新開発となるKF型エンジンを採用。これはエッセなどで先行していたEF型に替わる新世代エンジンで、低中速域のトルクと燃費性能を両立させたもの。これにグレード別でCVTを組み合わせ23.0km/L(10.5モード)を実現した。

L175S_VS2 (9)

安全装備としては車載カメラを用いた「車線逸脱警報機能」を軽自動車として初めて搭載。また、レーダークルーズコントロールをもグレード別に採用。このほかABSと横滑り防止装置、トラクションコントロールの3つを合わせたVSCの採用(※カスタムRSの2WD車にインテリジェントドライビングアシスト&セーフティパックとしてメーカーオプション)するなど3代目よりも順当に装備のレベルアップがなされている。

もちろんワンモーションフォルムを採用しつつも衝突安全ボディ、「TAF」の採用により55km/h、前面オフセット 64km/h、側面55km/h、後面55km/hの衝突実験においても優れた安全性を確保。現実の市場事故実態を考慮し、ダイハツ独自の目標を設定したクルマ対クルマの衝突実験(50km/h前面衝突、50km/h側面衝突)を実施し、十分な生存空間の確保と、高い乗員保護性能を実証している。

そのカスタムモデルである「ムーヴカスタム」は、先代と同じくノーマルモデルと同時設定。ノーマルに対し専用ヘッドライトやグリル、エアロパーツにアルミホイールなどでスポーティー感や上級感を高めたモデルである。

4代目では「上質・快適移動体(ムーヴィング・アメニティ)」をコンセプトにそれまでのイメージを一新。アイデンティティーだった「丸目ヘッドライト」を継承しつつもヘッドライト外形を直線基調の囲いに変更した他、ノーマルムーヴに対しボンネットにエッジを設けることで先代のイメージも残したデザインとし、従来のイメージを引き継ぎながらも新しいフロントデザインでスポーティなイメージに加えスタイリッシュ感をアップさせてるのが特徴だ。

4代目ムーヴカスタム XCエディションの特別装備

そして2008年6月。優れた低燃費と滑らかな加速性能を持つCVT(無段変速機)やプロジェクター式ディスチャージヘッドランプ、オートエアコンなどの人気装備を与えつつお買い得とした特別仕様車を設定した。それがこの「XCエディション」である。

XCエディションでは外装にロービーム・オートレベリング機能付のプロジェクター式ディスチャージヘッドランプ、14インチアルミホイール、ドアミラーターンランプを。内装では自発光式メーター、マルチインフォメーションディスプレイ、デュアルSRSエアバック、ABS(EBD&ブレーキアシスト付、キーフリーシステム、オートエアコンを標準装備としつつ、CVT搭載の「Xリミテッド」よりも低価格としたモデルとなっていた。

エクステリア

L175S_custom_first_XC_edtion (2)

フロントデザイン。先代まで2代目に続く丸目ヘッドライトを継承しつつも、ヘッドライトの周囲を直線基調のインナーブラックで覆うことで先代の4灯イメージを若干残しつつ新しいデザインとなっている。

さらに4代目からはロービームをプロジェクター式としたことで生き物のような独特の顔つきを表現した。ムーヴカスタムの名にふさわしいスポーティーな顔つきである。これにメッキグリルとフォグランプ付きバンパーが組み合わされる。

XCエディションでは低価格仕様にありがちなコストダウンのための省略とせず、Xリミテッドと同じくプロジェクター式ディスチャージヘッドランプを標準装備とし、スタイリッシュ感と実用性を高めている。これ以外でもフォグランプが標準装備となる。

L175S_custom_first_XC_edtion (3)

サイド。先代まではボンネットが比較的広めに取られていたが4代目ではボンネットを切り詰め、そのかわりボディをたまご型に取ることで先代よりも室内空間をアップ(室内長を100mmアップ)させている。横から見るとそれが一目瞭然だが、先代のボンネット中央部分までAピーラーが来ている。サイドアンダースカートは非装備。

L175S_custom_first_XC_edtion (12)

XCエディションではドアミラーターンランプが標準装備となる。

L175S_custom_first_XC_edtion (11)

足元はXCエディション仕様として14インチアルミホイール。

L175_custom_first (3)

セキュリティーアラームは標準装備。

L175S_custom_first_XC_edtion (4)

リア。縦型のコンビランプとなるが、カスタム専用のもので、ブレーキランプ部がかなり長くなりデザインにインパクトを与えている。このほかハイマウントストップランプ付きリアスポイラーを標準装備。XCエディション仕様としては特に変更はなく、専用エンブレムもなし。

エンジン・機能

L175S_custom_first_XC_edtion (20)

エンジンはKF型直列3気筒DOHC自然吸気エンジンのみ。エッセのデビュー時に初搭載されたエンジンで、自然吸気は最高出力58ps(43kW)/7200rpm、最大トルク6.6kg・m(64N・m)/4000rpm。トランスミッションはXCエディション仕様としてCVTのみ。駆動方式はFFまたは4WDとなる。

インテリア

L175S_custom_first_XC_edtion (6)

インパネ。特段のデザイン変更はないが、XCエディション仕様としてイモビライザー付きのキーフリーシステムを標準装備。

L175S_custom_first_XC_edtion (7)

スピードメーターはXCエディション仕様としてマルチインフォメーションディスプレイ付きの自発光式メーターを標準装備とした(廉価グレードはマルチインフォメーションディスプレイ無しの非自発光式メーター)。

L175S_custom_first_XC_edtion (9)

エアコンもXCエディションとして上級グレード用のオートエアコンを標準装備。

L175S_custom_first_XC_edtion (10)

ステアリングホイールはウレタンス仕様。

L175S_custom_first_XC_edtion (16)

フロントシートはベンチシートタイプ。このあたりはベースモデルと同じ。

L175S_custom_first_XC_edtion (17)

リアシート。スライド機構付き。

L175S_custom_first_XC_edtion (18)

ラゲッジルーム。

L175S_custom_first_XC_edtion (19)

リアシートを倒した状態。リアドアの開閉は4代目なので左右式。

まとめ

L175S_custom_first_XC_edtion (1)

4代目前期型ムーヴカスタムに設定された特別仕様車、「XCエディション」は変速機にCVTを標準装備とし、外装ではプロジェクター式ディスチャージヘッドランプ、14インチアルミホイール、ドアミラーターンランプ。

内装ではマルチインフォメーションディスプレイ付き自発光式メーター、オートエアコン、キーフリーシステムなどXリミテッドに匹敵する豪華装備&快適装備を満載しつつ、Xリミテッドよりも約4万円安くした特別仕様車であった。外観の変更点はないものの価格の手頃感からターボ仕様はないものの、カスタム仕様のミドルグレード以上がほしい人にとっては嬉しいモデルであった。

中古市場ではタマ数は少ないものの、プレミアム価格はついておらず手頃なモデルとなっている。4代目ムーヴ&ムーヴカスタムはボディ形状が独特で好き嫌いがはっきりするが逆に気に入った人や大して気にならない人にとっては比較的安価&快適な足車として需要を満たすことだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました