【6代目・前期 特別仕様】ダイハツ ムーヴカスタム 20thアニバーサリーゴールドエディション(LA150S/LA160S型)

ムーヴカスタム

ムーヴはダイハツのワゴン型軽自動車。ムーブカスタムはそのカスタムモデルである。本稿では6代目のLA150SおよびLA160S型に設定された特別仕様車「20thアニバーサーリー ゴールドエディション」を扱う。

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (8)

画像参照元:Goo-net

概要

2014年12月にフルモデルチェンジし、6代目となったダイハツ・ムーヴ。初代は1995年に登場し、後追いという形となったもののライバルのスズキ・ワゴンRと切磋琢磨しながらフルモデルチェンジを繰り返し約19年目を迎えた平成の長寿モデルである。

6代目では軽自動車の本質である低燃費と低価格をベースに新開発となる軽量高剛性ボディ骨格構造や足回りの改良で基本性能を大幅向上。

加えて軽自動車初の先進装備により軽自動車としての本流を追求。またカスタムには上級感を極めた最上級グレードの「ハイパー」を新設定するなど普通車から軽自動車への乗り換えを意識したグレード展開も充実させている。

外観は先代までのベーシックな外観を踏襲するものの、厚みのある造形や大型ヘッドランプ、平面ラウンドを意識したバンパーを用い全体的に質感を向上。サイドはシャープかつ流れる造形として上質感を追求した。

インテリアではダークグレー、ホワイト、グレージュの3トーンカラーで上質さと華やかさを演出。メーカーオプションではインパネはダークグレーとホワイト。

ブラックシートに本革巻ステアリングホイールを組み合わせたブラックインテリアパックを設定しベーシックグレードにも上級思考の選択肢を与えた。また全グレードでタコメーターを標準装備とした。

エンジンは先代と同じKF型エンジンを採用。ミライースの低燃費技術を取り入れかつ軽量化と空力性能を大幅向上。ベーシックグレードでもフロントアンダースポイラー、リヤタイヤ前スパッツ、スポイラー一体型バックドアを標準装備とし、Cd値を従来モデル比で約10%低減したことでNAのFFモデルで31.0km/L(JC08モード)を達成した。

先進装備としては後方誤発進抑制制御機能を追加したスマートアシストⅡを一部グレードを除いて標準装備。また、LEDヘッドランプをメーカーオプションとし、フォグランプやリヤコンビランプ、ルームランプに設定拡大して省電力化を強化した。

さらに坂道からの発信をサポートするヒルホールドシステムを全グレードで標準装備。バックカメラも機能を強化し、真上から見下ろした視点とステアリング連動ガイド線機能を追加した。

l150s_custom_last (6)

快適装備としては軽量高性能エアコンユニットやスクロールコンプレッサの新開発で性能を維持しつつ消費電力を大幅低減。またアイドリングストップ中でも冷たい風を維持する「スマートクール」を採用。これによりエアコン使用時の燃費を向上させた。

このほかエアロワイパーブレード、ワンタッチターンシグナル機能付き方向指示スイッチ、ボイスコントローナビゲーションシステム、スーパーUV・IRカットガラス(フロントドア)、スパークリーンエアフィルター、ウォームパックなどグレード別やメーカーオプションなどで設定し軽自動車だからといって妥協しない快適装備を与えた。

特別仕様20thアニバーサリーゴールドエディションの特徴と違い

その6代目ムーヴカスタムに2015年10月、初代ムーヴの発売から20年を記念した特別仕様車が追加された。それがこの「20thアニバーサーリー ゴールドエディション」である。

アニバーサーリーゴールドエディションはムーヴカスタムのほかミラの生誕35周年を記念した「ミライース ゴールドエディション」、ハイゼットの生誕55周年を記念した「ハイゼット トラック ゴールドエディション」も同時設定され、ムーヴカスタムバージョンは売れ筋モデルをベースとした最上級モデルとなる。

エクステリアでは専用ゴールドメッキフロントグリル、専用ゴールドドアアウターハンドル、ゴールドカラーの15インチアルミホイールを。

インテリアではグロッシーブラック&ゴールドラインの専用インパネガーニッシュ、専用ドアオーナメントパネル、ゴールドステッチ入の本革&専用ファブリックシートを与え、20周年を記念する華やかで豪華な特別仕様車に仕上がっている。

ゴールドエディションのエクステリア(外装)

フロント・専用ゴールドメッキグリル

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (14)

フロントデザイン。ゴールドエディション仕様として専用のゴールドメッキグリルを装着。ゴールド色によりかなり目立つ派手なフロントとなっている。

これ以外はベース(カスタムXおよびカスタムRS)と同じでLEDヘッドライトとプロジェクター式レンズを標準装備。イルミネーションLEDをグリルとヘッドライト、フォグランプ部分に内蔵する。この他フロントウインドウはトップシェイドガラスとなる。

サイド・ゴールドアウタードアハンドル

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (6)

サイド。ゴールドエディションではドアハンドルがゴールド色に塗装されサイドからもかなり派手な外観となっている。フェンダー部分には専用の「20thアニバーサーリー」エンブレムが付く。

これ以外はベースと同じでフロントガラスはスーパーUV&IRカットガラス。キーフリーシステムにセキュリティーアラーム付き。ドアミラーはLEDターンランプ付き。

ゴールドエディション専用ゴールドアルミホイール

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (2)

加えてRSベースでは15インチ切削加工アルミホイールも特別なゴールド色となる。

リア

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (5)

リア。ベースと同じくLED仕様のコンビランプを装着。ゴールドエディション仕様としてバックドア左側にフェンダーと同じ「20thアニバーサーリー」エンブレムが付いている。

リアゲート・20thアニバーサーリー記念エンブレム

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (9)

アニバーサーリーエンブレムはムーヴカスタム、ミライース、ハイゼットトラックすべてで数字が異なり、ムーヴカスタムでは20周年を意味する「20」の数字が刻まれる。

エンジン・機能装備・自動ブレーキなど

エンジンはKF型直流3気筒DOHC自然吸気エンジンと同インタークーラー付ターボの2種類。それぞれ「カスタムX」、「カスタムRS」がベースとなる。

自然吸気エンジンでは最高出力52ps(38kW)/6800rpm、最大トルクは6.1kg・m(60N・m)/5200rpm。

ターボエンジンは最高出力64ps(47kW)/6400rpm、最大トルクは9.4kg・m(92N・m)/3200rpm。

トランスミッションは全グレードでCVTのみで、駆動方式はFFまたは4WDだ。

これ以外に安全装備のスマートアシストは「ゴールドエディション SAⅡ」グレードでの設定となる。安全装備は先代よりも進化し、誤発信抑制装置に関しては前方向だけでなく後方に対しても作動するようになった。

6代目ムーヴカスタムLA150SとLA160Sとの違い

6代目ムーヴカスタムのLA150SとLA160Sとの違いは駆動方式。FFモデルがLA150Sで、LA160SはFFベースの4WDとなる。ただし、ジムニーなどのクロカン4WDとは異なりビスカスカップリングを用いたオンデマンド式の4WDとなっている。

そのため常時4WDではなく、前輪と後輪の回転差が生じたときのみ4WDとなる生活四躯仕様となる。

ゴールドエディションのインテリア(内装)

ゴールドエディション専用インパネ

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (18)

インパネ。6代目ムーヴカスタムはコンパクトカー以上の上質な室内空間がウリ。ゴールドエディションではグロッシーブラッククロスとゴールドラインの専用インパネガーニッシュとなる。

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (7)

このようにスイッチ部までグロッシーブラッククロスで美しい。エアコンはフルオートエアコン。

スピードメーター

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (12)

スピードメーターはノーマルと同じ2眼式メーター。自発光式メーターで夜間時の視認性がかなり高い。

ステアリング

ステアリングはベースモデルと同じでXベースがウレタンステアリング。RSベースが本革巻きステアリングを採用。

ゴールドエディション専用フロントシート

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (3)

フロントシートはベンチシートタイプ。ゴールドエディション仕様では専用の本革&ゴールドステッチ入のファブリックシートとなる。

ゴールドエディション仕様ドアオーナメント

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (13)

ドアオーナメントパネルもゴールドエディションでは専用品となり、インパネ同様グロッシーブラッククロスとゴールドライン仕様となる。

リアシート

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (4)

リアシート。もちろんスライド機構付き。

ラゲッジスペース

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (10)

ラゲッジルーム。リアシートは左右分割式でシートアレンジも可能。

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (11)

リアシートを倒した状態。

6代目ムーヴカスタム・ゴールドエディションのまとめ

La150S_20th_anivarsary_gold_edtion (19)

6代目ムーヴカスタムのゴールドエディションはムーヴの生誕20周年を記念し、豪華なゴールドパーツで架装した特別仕様車である。

押しの強い6代目ムーヴカスタムにワンポイントのゴールドが加わることでさらに個性的で目立つ外観が特徴となっている。特に内装では標準モデルにはないグロッシーブラックのインパネやゴールドステッチの専用シートなどが奢られており上質感がアップしている。

ただ、個性を求める人には嬉しい反面、元々押しが強すぎてデザイン的に万人受けしない部分もあり、ゴールドパーツによりそれがより際立った印象も受ける。好き好きがはっきりする特別仕様車といえそうだ。

中古市場では6代目ムーヴカスタムの中でも滅多に出て来ない超レアなモデル。プレミアム価格は付いていないので買いやすいが、探す場合は困難を極める。6代目ムーヴカスタムの中でも個性的で特別感の高い限定モデルである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました