【3代目・後期型 特別仕様】ダイハツ ムーヴカスタム VS(L150S/L160S型)

ムーヴカスタム

ムーブはダイハツのワゴン型軽自動車。ムーヴカスタムはそのスポーティグレードである。本稿では3代目・L150および160系の後期型カスタムに設定された特別仕様車「ムーヴカスタム VS」を扱う。

L150S_custom_last_VS (6)

画像参照元:Goo-net

概要

2002年10月にフルモデルチェンジ、3代目となったダイハツ・ムーヴおよびムーヴカスタム

ノーマルムーヴ(カジュアルムーヴ)ではそれまでのイタルデザインによるエレガントなエクステリアから一転。カジュアルな印象を強めより上質感あふれる外観に変化した。

ボディも先代までの初代ベースとは異なり完全新設計。プラットフォームも一新し居住空間においては室内長が1730mmから1920mmに大幅拡大。室内幅も1220mmから1305mmに拡大したことで乗り込んだときの広さは格段にアップした。また、DVDナビゲーションシステムやクルーズコントロールなど快適&豪華装備もオプションで設定するなどより高級路線をも強めるモデルへと変化していった。

そのカスタムモデルである「ムーヴカスタム」はカジュアルムーヴと同時デビュー。

先代同様にノーマルをベースにスポーティーな外観と内装が与えられ、外装では専用丸目ヘッドライト、メッキグリル、専用フォグランプ付きフロントエアロバンパー、アルミホイール、サイドアンダースポイラー、メッキドアミラー、メッキドアハンドルカバー、ルーフスポイラー、専用リアコンビランプ、専用リアエアロバンパーを装着。

内装ではブラック調内装にタコメーター付き2眼スピードメーター、最上級グレードではモモ製本革巻ステアリングを標準装備(それ以外はオプション設定)としてノーマルよりも精悍な顔つきとスポーティーな内装を実現した。

L150S_custom_last (11)

エンジンは2代目からのキャリーオーバー(一部最大回転数や最大トルク到達点&最大トルクを改良)となるが引き継ぎ最上級グレードではJB-DET型の4気筒ターボが設定されるなど2代目のエンジン構成が踏襲された。

一方でグレード名では一部統合され、カスタム系の「エアロダウンカスタム」が廃止。「カスタムRS」に東郷され、カスタムを名乗らないもうひとつのカスタムモデルの「エアロダウンRS」は完全廃止となった。

その3代目・ムーヴカスタムは2004年12月のマイナーチェンジで内外装のリフレッシュを行い後期型となった。

後期型ではヘッドライト以外のグリルやウィンカー、フォグランプなどのバンパーまわりを刷新したほかリアコンビランプにルーフスポイラー、バックドアガーニッシュを刷新。便利機能として全グレードでセキュリティーアラームを標準装備。

内装ではインパネの一部シルバー塗装とスピードメーター、シート表皮を刷新し内外装でバージョンアップを果たしたマイナーチェンジとなっている。

3代目・後期型ムーヴカスタムVSの特徴と違い

そして後期型マイナーチェンジから8ヶ月後の2005年8月に設定された特別仕様車が「ムーヴカスタム VS」である。

VS仕様ではカスタムの最廉価グレードのLをベースに外装ではオプション設定だった14インチアルミホイールを標準装備。他にはLEDターンランプ付きドアミラーにルーフスポイラー。

内装ではCD/MDステレオにシルバー塗装のメータークラスター、メッキドアインナーハンドルを採用し内外装の充実化をしつつ、お買い得とした特別仕様車である。

エクステリア

L150S_custom_last_VS (1)

フロントデザイン。VS仕様ではカスタムの最廉価だったLグレードがベース。外観では特に専用パーツはつかず見た目は同じ。3代目・後期型デザインのため、メッキグリルがボンネット寄りに移動し若干大型化。ダイハツマークはメッキ内に移動。バンパー(フォグランプ付き)も後期デザイン。

L150S_custom_last_VS (2)

サイド。VS仕様では上級グレードのみに標準装備で、Lグレードではオプション設定だったLEDターンランプ付きドアミラーに加え、

L150S_custom_last_VS (12)

同じくLグレードではオプション設定だった14インチアルミホイールが標準装備となる。

L150S_last_VS (9)

セキュリティーアラームはベース同様に標準装備。

L150S_custom_last_VS (8)

リア。VS仕様ではターンランプ付きドアミラーやアルミホイールと同様にオプション設定だったルーフスポイラーが標準装備となる。後期型マイナーチェンジによりコンビランプやリアバンパーは後期用となる。

エンジン・機能

L150S_custom_last_VS (15)

エンジンはEF-VE型3気筒DOHC自然吸気エンジンのみ。最高出力・58ps(43kW)/7600rpm、最大トルク・6.5kg・m(64N・m)/4000rpm。トランスミッションは4ATのみで、駆動方式はFFまたは4WD。安全装備としてはABS&電子制動力配分装置を標準装備。

インテリア

L150S_custom_last_VS (9)

インパネ。VS仕様としてセンタークラスターがシルバー塗装される。

L150S_custom_last_VS (11)

VS仕様としてCD/MDステレオを標準装備。

L150S_custom_last_VS (10)

スピードメーターはベースと同じ。Lグレードベースだが、後期マイナーチェンジではすべてタコメーター付きのスポーティーなタイプに変更された。

L150S_custom_last_VS (4)

フロントシートはベンチシートタイプ。

L150S_custom_last_VS (5)

リアシート。

L150S_custom_last_VS (13)

ラゲッジルーム。

L150S_custom_last_VS (14)

リアシートを倒した状態。

まとめ

L150S_custom_last_VS (16)

3代目・後期型ムーヴカスタムのVSは、廉価グレードのLをベースに、上級な外観を与えつつも価格を抑えた特別仕様車である。

上述のオプション設定を標準装備とし外観は上級グレードとほぼおなじながらも新車価格はFFモデルの115万5,000円から3万円程度アップの118万6,500円だったため、お手頃な価格設定と外観のバランスが取れた良心的なグレードであった。ターボ仕様が無い点が少し残念だが、街乗り用の足車的な使い方であればまだまだ十分魅力的である。

中古市場では激安とまではいかないものの、比較的安価な値段のため買いやすいモデルとなっている。最廉価グレード(Lグレード)ではオプション設定となっているアルミホイールやターンランプ付きドアミラー、ルーフスポイラーなどが最初から付いているため、3代目後期型のムーヴカスタムで自然吸気エンジンでも外観に多少こだわりたい人はVSグレードがオススメである。

コメント

  1. 燃え太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    VSの記事ありがとうございます!
    やっぱり自分の愛車が記事になったら、テンションあがりますねw
    これからも色々な軽自動車が出てくるのを楽しみにしてます!

  2. さすらいのクラ吹き より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    燃え太郎さん、こんばんは。

    リクエストということはもしやと思いましたが、愛車だったんですね(^^)

    ムーヴカスタムの3代目は歴代の中でも最もデザインが良く、内装も良いので未だに色褪せないと思います。最近だとカスタム系はNAでも高くなりましたが、この代は良心的なグレードがありましたね~。ブログの更新はネタ切れしない限りですが、期待せずによろしくこちらこそお願いしますm(__)m

    なお、過去記事にいくほど記事内容が簡素になる傾向でひまを見て改修中です。一応調べて入るんですが見落としなんかで誤字や事実所なる記述もあると思いますので、お気づきになれれたらコメントいただけると幸いです。確認後、記事内容を修正します。

タイトルとURLをコピーしました