【2代目】ダイハツ ミライース(LA350S/LA360S型)概要解説

ミラ イース

ミライースはダイハツのハッチバック型軽自動車。本稿では2代目のLA350SおよびLA360S型を扱う。

LA350S_first (22)

画像参照元:Goo-net

概要

2017年5月にフルモデルチェンジし、2代目となったダイハツ・ミライース。初代はガソリン車でありながら優れた燃費性能と低価格を両立させた第3のエコカーとして登場し、かつての売れ筋で背の低い「セダン(ハッチバック)型」を復権させたモデルでもある。2代目では初代のコンセプトを踏襲しつつ、近年問題となりつつある「高齢運転者事故の増加」という社会情勢を反映し自動ブレーキなどの安全装備を強化。加えてスズキ・アルトとの過度な燃費競争を辞めその分のマージンを加速性能の向上や走行安定性にふるなど、ただ単に燃費の良い軽自動車に終わらないフルモデルチェンジとなった。

LA350S_first (5)

2代目ミライースでは6代目ムーヴの「Dモノコック(軽量高剛性ボディ)」の採用や樹脂パーツのなどの採用で、初代比で最大80kgの軽量化を実現。これにより商用モデルのBグレード:FFモデルでは650kgとなった。先代の商用モデルであるDグレード:FFモデルでは730kgだったため、これは大型の男性一人分に相当する重量である。さらに空気抵抗を考慮したデザインや整流アイテムの設置により先代比3%減の空気抵抗も実現。また、エンジンもオルタネーターへ回転を伝えるベルトの低フリクション化によるメカニカルロスの低減でエネルギー効率を改善し、CVTもケースの薄肉化による軽量化によってJC08モード燃費で35.2km/Lの低燃費を達成した。その一方で商用モデルのBグレード(FFモデル)では84.2万円からの低価格とするなど従来通りのお求めやすさを両立している。

LA350S_first (3)

新型では上記の燃費アップと同時に走りの質を高めた基本性能の向上も実施。それまで燃費方向に振っていたアクセル操作とスロットル開度の変速線図を見直し、リニアな加速性能に振り直した。また、キックダウン時の変速性能の最適化なども同時に行うことで発進時や追い越し時の加速度を初代よりも向上させた。さらに新開発の13インチタイヤやサスペンション、ショックアブソーバー(超飽和バルブと専用ベースバルブの組み合わせを軽自動車で初採用)、ステアリングなど足回り部品の特性及び制御を最適化。これにより高速走行での安定感や操舵応答性の向上と上質かつフラットな乗り心地を実現した。

自動ブレーキは先代の後期型より「スマートアシスト」が適用されたが、2代目ではそれを2段階進化させた「スマートアシストⅢ」を適用。高性能なステレオカメラや合計4個のコーナーセンサーを新たに採用し、歩行者対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなど高い安全性を実現した。

2代目ミライースの一部改良について

2019年12月にはボディカラーを一部変更。「マゼンタベリーマイカメタリック」を廃止し、入れ替えで「ファイヤークォーツレッドメタリック」を新設定。

このほかBグレードとLグレードにそれまで非設定だったカラード電動格納式ドアミラー(FFのみ)をオプション設定に追加。
4WDではこれにヒーテッド機能を追加したカラード電動格納式ヒ―テッドドアミラーがオプション設定に追加された。

2020年9月には再度ボディカラーの変更。それまでのメーカーオプションカラーだった「パールホワイトⅢ」が「シャイニングホワイトパール」へ差し替えられた。

2020年12には一部改良を実施。国交省のオートライト義務化に伴い「オートライト」がBグレードを含め全グレードに標準装備化された。

エクステリア

LA350S_first (13)

フロントデザイン。ヘッドライトは先代のインナーブラックタイプからメッキタイプに変更。加えて流行りのLEDヘッドライトの採用により省電力性能とデザイン性を向上させている(※商用モデルの「Bグレード」と乗用の最廉価「Lグレード」は非装備で、従来通りのマルチリフレクターハロゲンヘッドライト)。加えてバンパーはベーシックなデザインの開口部に空気抵抗を考慮したエアロデザインをプラスすることで低燃費とスタイリッシュ感を両立させた。また、全高も先代と同じく立体駐車場に入る高さ(1500mm)とし、街乗りでの利便性を高めた。

LA350S_first (16)

サイド。初代と同じく空気抵抗を考慮したボディラインでボンネットからフロントガラス、ルーフにかけて緩やかな曲線を描いている。加えて2代目ではフロントバンパーと同じく下部にエアロデザインをプラスすることでサイドも空気抵抗とデザイン性を両立させた。

足元は商用モデルのBグレードが13インチスチールホイール。Lが13インチフルホイールキャップ。Xが14インチフルホイールキャップ。最上級のGが14インチアルミホイールとなる。

LA350S_first (18)

室内長は2025mmと先代より25mm延長(※Bを除く乗用グレード)。室内高と室内幅はほぼおなじとなる。

LA350S_first (9)

リア。初代のイメージに加えてコンビランプ付近にミラカスタムのようなブラックガーニッシュをプラスして空力性能とスタイリッシュ感をアップ。加えてリアバンパーにはフロントやサイド同様のエアロデザインをプラス。リアビューもベーシックではあるが全体的にデザインが良くなっている。なお、エマージェンシーストップシグナルは全グレードで標準装備。

エンジン・機能

LA350S_first (3)

エンジンは初代と同じくKF型直列3気筒DOHC自然吸気エンジンのみ。最高出力は49ps(36kW)/6800rpm、最大トルクは5.8kg・m(57N・m)/5200rpm。トランスミッションは全グレードでCVTのみ。駆動方式はFFまたは4WDとなる。安全装置としてVSCを商用モデルを含めた全グレードでVSCとTRCを標準装備。ABS(EBD付き)はもちろん全グレード標準装備でアクティブセーフティの搭載グレードを拡大した。

LA350S_first (6)

自動ブレーキの「スマートアシストⅢ」は各種グレードに設定。上述のとおり小型ステレオカメラにコーナーセンサーをプラスした第3段バージョンとなり、初代のスマートアシストと比べて新機能の追加や作動領域の拡大が図られた。

la350s_atuo_brake.jpg

一番の機能は衝突警報機能と衝突回避支援ブレーキ機能。この機能そのものは初代と同じだが、新型では歩行者に対しても動作可能となり、かつ対車両でも作動条件(時速/走行時)が大幅に拡大された。この手の技術ではいちはやくステレオカメラを導入したスズキ(デュアルカメラブレーキサポートなど)が先行していたが、ダイハツもスマートアシスト3でほぼ追いついた形だ。

このほかは車線逸脱警報、誤発進抑制制御機能(前方・後方)、先行車発進お知らせ機能などは他モデルで採用のスマートアシストⅡと同じ機能がプラスされる。

LA350S_first (20)

これにスマートアシストⅢではオートハイビーム機能にコーナーセンサーによる接近お知らせ表示機能が備わった。街中での縦列駐車などで効果を発揮する。

2代目ミライース LA350SとLA360Sとの違い

LA350SとLA360Sとの違いは駆動方式。LA350Sは前輪駆動の2代目ミライースで、LA360SはLA350Sをベースに4WD化した全輪駆動のミライース。

4WD機構にはビスカスカップリングを用いたパッシブタイプのオンデマンド式4WDが採用される。これは普段はFFがベースで前後のタイヤの回転差が生じたときのみ4WDになるシステムで、扱いやすさと燃費性能に優れるタイプとなっている。

インテリア

07_01_01.png

インパネ。初代のようなベーシックなデザインに収納スペースなど機能性をもたせたものとなっている。上級とミドルグレード(GとX系)ではブラックとベージュの2トーンカラー。

LA350S_first (2)

ベーシックなLと商用モデルのBグレードではブラックのみのモノトーンカラーとなる。オートエアコンは最上級のXグレードのみでそれ以外はマニュアル式。

LA350S_first (7)

スピードメーター。初代と同じくデジタル式を採用し、「エコインジケーター」によりエコ・ドライブ状況を。マルチインフォメーションディスプレイではスマートアシストや平均燃費、コーナーセンサーなどの警告をドライバーに表示する(一部グレードでは非装備)。

LA350S_first (10)LA350S_first (11)

2代目ではチルトステアリングと運転席シートリフターを全グレードで標準装備。

LA350S_first (4)

収納スペースはタントやムーヴなどには及ばないものの実用的かつシンプルに配置。「インパネロングアッパートレイ」など初代よりも箇所が追加されている。

LA350S_first (30)

シートとインパネカラー。内装は全グレードでブラック内装を採用し、シートは初代と同じセパレートタイプを採用。ブラックカラーを基調とし、フロントシートにはセンター部分にインパネと同じベージュカラーを入れることでシンプルながら上品な外観をプラスした。一方で全グレードで商用モデルなで一般的に採用される「ヘッドレスト一体型シート」となった。このシートに関しては同じ低燃費モデルの「8代目アルト」と同じタイプとなっている。

LA350S_first (8)

商用モデルのシート。上級グレードとほぼ同じだがリアシートのヘッドレストが省略される。

まとめ

LA350S_first (19)

2代目ミライースは初代のコンセプトをベースに自動ブレーキの強化や走行性能の底上げなどそれまでの低燃費に加えてプラスαの機能が与えられたフルモデルチェンジとなった。外観は初代と比べると見違えるほど良くなりこれに加えて燃費向上や上述の自動ブレーキなど安全面もグレードアップ。まさにベーシックなセダン(ハッチバック)型としては完成度が増した感じだ。それでいて一番安い商用モデルでは約84万円から。最上級の乗用4WDグレード(スマートアシスト付き)でも約134万円からとかなり良心的な価格設定となっており、初代と同じく軽自動車の本質を追求した1台といえよう。

LA350S_first (12)

ちなみにダイハツおなじみのカスタムモデルは2017年5月現在のところ設定されていないが、ディーラオプションにより外観(メッキフードガーニッシュ、フロントロアスカート、サイドストーンガード、LEDフォグランプ、マッドガード、ブラックポリッシュタイプのアルミホイールなどのカスタマイズ)や内装のドレスアップが可能となっている。ターボこそ無いのだが「ミライース・カスタム」的な外観にもできるので気になった人はこのディーラオプションも選んでみるといいだろう。

コメント

  1. 燃え太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今回のミラはアルトとの燃費合戦を避けて質感の向上に努めた感じでしょうかね?個人的には交換のもてるフルモデルチェンジです。

  2. さすらいのクラ吹き より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    燃え太郎さん、こんにちは。

    そのとおりです。現行(8代目)アルトで燃費の一番良いモデルは、FFのCVTモデルで37.0km(JC08モード)。対して今回の2代目ミライースの一番良いモデルは同じくFFのCVTで35.2km(JC08モード)となっています。初代のミライースやムーヴでは改良やマイナーチェンジ、フルモデルチェンジのたびにスズキを追い越す燃費競争を行なっていたのですが、今回の2代目ではあえてそれを辞め、その分のマージンを加速性能や乗り心地の向上にふっています。燃費が悪すぎるのはダメだけど、ある程度良ければそれ以上はこだわらない人は結構いると思います。僕もこの点は好感が持てる部分です。

  3. 名無しさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ディーラオプションでカスタムモデルが出るくらいなら、
    いっそのことそのモデルでTR-XXを復活させたら良かったのに….。

    ライバルのワークスだけじゃつまらないよ….。

  4. さすらいのクラ吹き より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    名無しさん、コメントありがとうございます。

    2代目ミライースの基本性能はとても良いのでこのままスポーツモデルを作ってもいいと思うのですが、かつてのTR-XXを復活させてそれがどれだけ売れるか未知数な状況では堅実なダイハツでは厳しいかと思います… 個人的には復活してくれると嬉しいんですけどね。無難なところでのディーラオプションでのドレスアップパーツの設定程度にしているのだろうと思います。

タイトルとURLをコピーしました