【2代目 低燃費で安価なエコカー】ダイハツ ミライース(LA350S/LA360S型)グレード一覧・概要解説 | シン・軽自動車マニア

【2代目 低燃費で安価なエコカー】ダイハツ ミライース(LA350S/LA360S型)グレード一覧・概要解説

ミラ イース

ミライースはダイハツのハッチバック型軽自動車。本稿では2代目のLA350SおよびLA360S型を扱う。

LA350S_first (22)

スポンサーリンク

2代目 ダイハツ・ミライースとは?

2017年5月にフルモデルチェンジし、2代目となったダイハツ・ミライース

初代はガソリン車でありながら優れた燃費性能と低価格を両立させた第3のエコカーとして登場し、かつての売れ筋で背の低い「セダン(ハッチバック)型」を復権させたモデルでもある。

2代目では初代のコンセプトを踏襲しつつ、近年問題となりつつある「高齢運転者事故の増加」という社会情勢を反映し自動ブレーキなどの安全装備を強化。

加えてスズキ・アルトとの過度な燃費競争を辞めその分のマージンを加速性能の向上や走行安定性にふるなど、ただ単に燃費の良い軽自動車に終わらないフルモデルチェンジとなった。

LA350S_first (5)

2代目ミライースでは6代目ムーヴの「Dモノコック(軽量高剛性ボディ)」の採用や樹脂パーツのなどの採用で、初代比で最大80kgの軽量化を実現。

これにより商用モデルのBグレード:FFモデルでは650kgとなった。先代の商用モデルであるDグレード:FFモデルでは730kgだったため、これは大型の男性一人分に相当する重量である。

さらに空気抵抗を考慮したデザインや整流アイテムの設置により先代比3%減の空気抵抗も実現。また、エンジンもオルタネーターへ回転を伝えるベルトの低フリクション化によるメカニカルロスの低減でエネルギー効率を改善し、CVTもケースの薄肉化による軽量化によってJC08モード燃費で35.2km/Lの低燃費を達成した。

その一方で商用モデルのBグレード(FFモデル)では84.2万円からの低価格とするなど従来通りのお求めやすさを両立している。

LA350S_first (3)

新型では上記の燃費アップと同時に走りの質を高めた基本性能の向上も実施。

それまで燃費方向に振っていたアクセル操作とスロットル開度の変速線図を見直し、リニアな加速性能に振り直した。

また、キックダウン時の変速性能の最適化なども同時に行うことで発進時や追い越し時の加速度を初代よりも向上させた。

さらに新開発の13インチタイヤやサスペンション、ショックアブソーバー(超飽和バルブと専用ベースバルブの組み合わせを軽自動車で初採用)、ステアリングなど足回り部品の特性及び制御を最適化。これにより高速走行での安定感や操舵応答性の向上と上質かつフラットな乗り心地を実現した。

自動ブレーキは先代の後期型より「スマートアシスト」が適用されたが、2代目ではそれを2段階進化させた「スマートアシストⅢ」を適用。

高性能なステレオカメラや合計4個のコーナーセンサーを新たに採用し、歩行者対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなど高い安全性を実現した。

スポンサーリンク

2代目ミライースの一部改良について

2019年12月・一部改良

2019年12月にはボディカラーを一部変更。

「マゼンタベリーマイカメタリック」を廃止し、入れ替えで「ファイヤークォーツレッドメタリック」を新設定。

このほかBグレードとLグレードにそれまで非設定だったカラード電動格納式ドアミラー(FFのみ)をオプション設定に追加。

4WDではこれにヒーテッド機能を追加したカラード電動格納式ヒ―テッドドアミラーがオプション設定に追加された。

2020年9月・一部ボディカラーの再変更

2020年9月には再度ボディカラーの変更を実施。

それまでのメーカーオプションカラーだった「パールホワイトⅢ」が「シャイニングホワイトパール」へ差し替えられた。

2020年12月・一部改良

2020年12には一部改良を実施。

国交省のオートライト義務化に伴い「オートライト」がBグレードを含め全グレードに標準装備化された。

2021年10月

特別仕様車「L “SA Ⅲ” 10thアニバーサリーエディション」を発売。

2022年7月・一部改良

車外騒音規制に関する法規制対応を実施。

2代目ミライースのグレード一覧 B、L、B SAⅢ、L SAⅢ、X SAⅢ、G SAⅢ、XリミテッドSAⅢ、GリミテッドSAⅢ、10thアニバーサリーエディションの違いなど

2代目ミライースのグレード展開は廉価(ビジネス)グレード「B」、廉価+自動ブレーキ搭載「B SAⅢ」、ミドルグレード「L」、ミドル+自動ブレーキ搭載「L SAⅢ」。

上級グレードは「X SAⅢ」、最上級グレードに「G SAⅢ」を設定。

すべて自然吸気エンジン仕様で、ターボ車は非設定。XとGグレードには自動ブレーキが標準装備となる。先代同様、4ナンバー軽貨物の「ミラバン」は非設定で、すべて乗用5ナンバーのみ。

特別仕様車にはミライース誕生10周年を記念した「L “SA Ⅲ” 10thアニバーサリーエディション」を設定。

B

2代目ミライースの廉価グレード。ビジネス用向けグレードでもあり、ミラバンの位置づけ。初代は「D」グレードだったが、2代目では「B」グレードに名称変更された。

Bグレードは装備が最も簡略化され、価格が抑えられた一番安いグレード。内外装がミラバンにそっくりだが5ナンバー仕様のため税金が安い恩恵は無し。

Bグレードのエクステリアは樹脂タイプの手動ミラー、スチールホイール(ホイールキャップ無しでセンターキャップのみ)、車名デカールにプライバシーガラスとキーレスエントリーが非装備。

電動格納ミラーとフォグランプはオプション設定で選択可。

オーディオレス仕様でボディカラーも

  • ホワイト
  • ブライトシルバーメタリック
  • スカイブルーメタリック

の3色のみ(※初代Dグレードはホワイトのみだった)

インテリアではメッキ加飾が無く、スピードメーターもベーシックな「アンバーイルミネーションメーター」を採用。リアのヘッドレスベッドは非装備でオプション設定。

それでも

  • パワーステアリング
  • 運転席&助手席エアバッグ
  • EBD付きABS
  • マニュアル式エアコン
  • パワーウィンドウ(※フロントドアのみでリアは手動式)
  • キーレスエントリー

は標準装備のため、最低限の装備はひととおりついている。特にキーレスエントリーは2代目の廉価グレードにも標準装備となるため、装備が少し豪華になった。

B SAⅢ

上記Bグレードに自動ブレーキのスマートアシストⅢを搭載したグレード。

Bグレードとは異なり、スモークガラスやLEDヘッドライト、リアドア/バックドアウィンドウのUVカットガラス、自発光スピードメーター(ブルーイルミネーションメーター)がオプション選択可能となる。

L

Lグレードは2代目ミライースのエントリーグレード。Bグレードよりも外観の見た目が良くなり、快適装備も増える。

エクステリアではボディ同色ミラーに13インチスチールホイール+ホイールキャップを標準装備。バックドアのエンブレムがデカールからメッキエンブレムになる。

ただしLグレードはBグレードと同じくリアのスモークガラスが無いプレイバシーレス仕様。

ボディカラーはDよりも5色増えた全7色を設定。

快適装備はBグレードと比較してパワーウィンドウがリアドアも標準装備となる。

特にLグレードよりも豊富なボディカラーが選べるのが大きな特徴。

L SAⅢ

Lグレードにに自動ブレーキのスマートアシストⅢを搭載したグレード。

X SAⅢ

Xグレードは2代目ミライースの上級グレード。

Lグレードに対してヘッドライトがLEDヘッドライトとなり、14インチ・スチールホイール+ホイールキャップも標準装備。

UVカットガラスがフロントドア/リヤドア/バックドアウィンドウに、スモークガラスもリアドアとバックドアウィンドウに付く。

インテリアではインパネカラーがブラックとベージュの上級2トーンカラーインパネとなり、リアシートがヘッドレスト付きに変更。

このほかXグレードでは

  • メッキインナーハンドル
  • 自発光式メーター(ブルーイルミネーションメーター)
  • メッキエアコンレジスターノブ
  • メッキパーキングブレーキボタン
  • メッキプレート付きシフトノブ
  • バニティミラー付きサンバイザー
  • メッキオーナメント付きウレタンステアリング

が標準装備となり、内装が豪華になる。自動ブレーキのスマートアシストも標準装備する。

G SAⅢ

Gグレードは2代目ミライースの最上級グレード。

Xグレードに追加で便利装備のキーフリー連動・カラードオート格納式ドアミラー、14インチアルミホイールを標準装備。

※初代のLEDターンランプ付きドアミラーは廃止。

インテリアでは

  • 運転席シートリフター
  • フルオートエアコン
  • キーフリーシステム
  • プッシュスタートボタン
  • シルバーセンタークラスター
  • 車速感応式オートロック機能付き集中ドアロック
  • SRSサイドエアバッグ

※革巻きステアリングは2代目では廃止

も標準装備となり、最も豪華な仕様となる。自動ブレーキのスマートアシストも搭載。

特別仕様車 XリミテッドSAⅢ/GリミテッドSAⅢ

2018年8月設定の特別仕様車

本来はオプション設定の純正ナビ装着用アップグレードパックを標準装備とし快適性や安全性を高めつつお買い得とした特別モデル。

リミテッドは上級のXグレードと最上階Gグレードの2種類設定され、それぞれ共通でリミテッド仕様して「純正ナビ装着用アップグレードパック」を標準装備。

LA350S_limited (27)

純正ナビ装着用アップグレードパックはバックカメラと、16cmリヤスピーカー、GPSアンテナを組み合わせたもので、特にバック駐車場にリアをナビに表示することで利便性を高めたものである。

LA350S_limited (28)

さらに2WD仕様車では本来オプション設定だったリバース連動リヤワイパーを標準装備(寒冷地仕様)とした特別仕様車(※4WDでは既装備)。

【2代目・特別仕様車】ダイハツ ミライース XリミテッドSAⅢ/GリミテッドSAⅢ(LA350S/LA360S型)概要解説

特別仕様車 L “SA Ⅲ” 10thアニバーサリーエディション

2021年10月設定の特別仕様車。初代のミライース登場からかぞえて10周年を記念するモデル

10thアニバーサリーエディションは自動ブレーキのスマートアシストⅢが付いた一番安い「L SAⅢ」グレードをベースとし、外装では「10周年記念専用エンブレム」を。

快適装備としては純正ナビ装着用アップグレードパック(バックカメラと、16cmリヤスピーカー、GPSアンテナを組み合わせたもので、特にバック駐車場にリアをナビに表示することで利便性を高めたもの)と

2WD仕様車では本来オプション設定だったリバース連動リヤワイパーを標準装備(寒冷地仕様)とした(※4WDでは既装備)。

なお、2019年に登場した特別仕様車のXリミテッドSAⅢとGリミテッドSAⅢとの違いはベースとなっているグレードと10周年記念エンブレム有無程度で、基本的な特別装備の中身は同じ。

ただしベースグレードのL SAⅢはFFモデルであれば100万円を切る959,200円という新車価格で、これをベースとしたFFのL SAⅢ 10thアニバーサリーエディションでも975,700円という、価格のアドバンテージがある。

(※その分オートエアコン非装備、LEDヘッドライトも非装備など一部装備が簡略化される)。

【2代目・特別仕様】ダイハツ ミライース L SA Ⅲ 10th アニバーサリーエディション (LA350S/LA360S型)
ミライースはダイハツのハッチバック型軽自動車。本稿では2代目のLA350SおよびLA360S型に設定された特別仕様車、「L SA Ⅲ 10th アニバーサリーエディション」を扱う。出典:ダイハツ認定中古車2代目 ダイハツ・ミライースとは?2...

2代目ミライースのエクステリア(外装)

LA350S_first (13)

フロントデザイン。ヘッドライトは先代のインナーブラックタイプからメッキタイプに変更。

加えて流行りのLEDヘッドライトの採用により省電力性能とデザイン性を向上させている(※商用モデルの「Bグレード」と乗用の最廉価「Lグレード」は非装備で、従来通りのマルチリフレクターハロゲンヘッドライト)。

加えてバンパーはベーシックなデザインの開口部に空気抵抗を考慮したエアロデザインをプラスすることで低燃費とスタイリッシュ感を両立させた。

また、全高も先代と同じく立体駐車場に入る高さ(1500mm)とし、街乗りでの利便性を高めた。

LA350S_first (16)

サイド。初代と同じく空気抵抗を考慮したボディラインでボンネットからフロントガラス、ルーフにかけて緩やかな曲線を描いている。

2代目ではフロントバンパーと同じく下部にエアロデザインをプラスすることでサイドも空気抵抗とデザイン性を両立させた。

足元は商用モデルのBグレードが13インチスチールホイール。Lが13インチフルホイールキャップ。Xが14インチフルホイールキャップ。最上級のGが14インチアルミホイールとなる。

LA350S_first (18)

室内長は2025mmと先代より25mm延長(※Bを除く乗用グレード)。室内高と室内幅はほぼおなじとなる。

LA350S_first (9)

リア。初代のイメージに加えてコンビランプ付近にミラカスタムのようなブラックガーニッシュをプラスして空力性能とスタイリッシュ感をアップ。

リアバンパーにはフロントやサイド同様のエアロデザインをプラス。リアビューもベーシックではあるが全体的にデザインが良くなっている。

なお、エマージェンシーストップシグナルは全グレードで標準装備。

エンジン・機能装備・安全装備など

LA350S_first (3)

エンジンは初代と同じくKF型直列3気筒DOHC自然吸気エンジンのみ。

最高出力は49ps(36kW)/6800rpm、最大トルクは5.8kg・m(57N・m)/5200rpm。トランスミッションは全グレードでCVTのみ。駆動方式はFFまたは4WDとなる。

安全装置としてVSCを商用モデルを含めた全グレードでVSCとTRCを標準装備。ABS(EBD付き)はもちろん全グレード標準装備でアクティブセーフティの搭載グレードを拡大した。

LA350S_first (6)

自動ブレーキの「スマートアシストⅢ」は各種グレードに設定。

上述のとおり小型ステレオカメラにコーナーセンサーをプラスした第3段バージョンとなり、初代のスマートアシストと比べて新機能の追加や作動領域の拡大が図られた。

la350s_atuo_brake.jpg

一番の機能は衝突警報機能と衝突回避支援ブレーキ機能。この機能そのものは初代と同じだが、新型では歩行者に対しても動作可能となり、かつ対車両でも作動条件(時速/走行時)が大幅に拡大された。

この手の技術ではいちはやくステレオカメラを導入したスズキ(デュアルカメラブレーキサポートなど)が先行していたが、ダイハツもスマートアシスト3でほぼ追いついた形だ。

このほかは車線逸脱警報、誤発進抑制制御機能(前方・後方)、先行車発進お知らせ機能などは他モデルで採用のスマートアシストⅡと同じ機能がプラスされる。

LA350S_first (20)

これにスマートアシストⅢではオートハイビーム機能にコーナーセンサーによる接近お知らせ表示機能が備わった。街中での縦列駐車などで効果を発揮する。

2代目ミライース LA350SとLA360Sとの違い

LA350SとLA360Sとの違いは駆動方式。

LA350Sは前輪駆動の2代目ミライースで、LA360SはLA350Sをベースに4WD化した全輪駆動のミライース。

4WD機構にはビスカスカップリングを用いたパッシブタイプのオンデマンド式4WDが採用される。これは普段はFFがベースで前後のタイヤの回転差が生じたときのみ4WDになるシステムで、扱いやすさと燃費性能に優れるタイプとなっている。

2代目ミライースの実燃費が良い理由 安くて低燃費でお財布にやさしい

2代目ミライースの実燃費はかなり良く、FFモデルで平均24~25km/L、4WDでも22km/Lと高燃費。

  • 2WD(FF)モデル:21km/L~35km/L
  • 4WDモデル:21km/L~29km/L

タントやN-BOXなどのスーパーハイトワゴンと比較するとはるかに燃費が良いのだが、これは車重とボディ形状が大きく効いている。

※2代目N-BOXの実燃費は自然吸気エンジンが17~18km、ターボが15~16km。4代目タントは自然吸気エンジンが17~18km/L、ターボが16km/L付近。

ミライースの車重は最軽量で650kg、重たい4WDでも740kgと700kg前後の車重。タントN-BOXではその広い室内空間と引き換えに車重が重たくなり、880kg~990kg。場合によっては1トンを越える車重となり、人間1人~2人分程度違う。

またタントやN-BOXでは空気抵抗に不利な箱型ボディだが、ミライースでは全高の低い流線形で前から来た空気を効率的に後ろに受け流せる。

この車重と空気抵抗が燃費性能や加速性能に大きく寄与し、FFモデルで遠出するとリッター35kmあたりも走る高燃費を生んでいる。

また、横風に対してもタントやN-BOXは不利で橋の上など障害物が無いところではハンドルを取られやすい。

荷物を運んだり後部座席に人を乗せて移動するならスーパーハイトワゴンでも良いが、1人メインで通勤や普段の街乗り程度であればミライースの方が新車価格も安く低燃費で経済的である。

もちろん、タントやN-BOXなどのスーパーハイトワゴンでも遠出するとリッター20km以上走ることもあり、燃費が悪いわけではないが、ストップ・アンド・ゴーが多い街乗りではミライースの低燃費に太刀打ちできない。

4代目タントでは高効率エンジンとD-CVTの組み合わせで自然吸気エンジンながら低燃費を実現している

【4代目】ダイハツ タント(LA650S/LA660S型)グレード一覧・概要解説

2代目ミライースのインテリア(内装)

07_01_01.png

インパネ。初代のようなベーシックなデザインに収納スペースなど機能性をもたせたものとなっている。上級とミドルグレード(GとX系)ではブラックとベージュの2トーンカラー。

LA350S_first (2)

ベーシックなLと商用モデルのBグレードではブラックのみのモノトーンカラーとなる。オートエアコンは最上級のXグレードのみでそれ以外はマニュアル式。

LA350S_first (7)

スピードメーター。初代と同じくデジタル式を採用し、「エコインジケーター」によりエコ・ドライブ状況を。

マルチインフォメーションディスプレイではスマートアシストや平均燃費、コーナーセンサーなどの警告をドライバーに表示する(一部グレードでは非装備)。

LA350S_first (10)LA350S_first (11)

2代目ではチルトステアリングと運転席シートリフターを最上級Gグレードに標準装備。

LA350S_first (4)

収納スペースはタントやムーヴなどには及ばないものの実用的かつシンプルに配置。「インパネロングアッパートレイ」など初代よりも箇所が追加されている。

LA350S_first (30)

シートとインパネカラー。内装は全グレードでブラック内装を採用し、シートは初代と同じセパレートタイプを採用。ブラックカラーを基調とし、フロントシートにはセンター部分にインパネと同じベージュカラーを入れることでシンプルながら上品な外観をプラスした。

一方で全グレードで商用モデルなで一般的に採用される「ヘッドレスト一体型シート」となった。このシートに関しては同じ低燃費モデルの「8代目アルト」と同じタイプとなっている。

LA350S_first (8)

商用モデルのシート。上級グレードとほぼ同じだがリアシートのヘッドレストが省略される。

まとめ

2代目 ミライースの総評

LA350S_first (19)

2代目ミライースは初代のコンセプトをベースに自動ブレーキの強化や走行性能の底上げなどそれまでの低燃費に加えてプラスαの機能が与えられたフルモデルチェンジとなった。

外観は初代と比べると見違えるほど良くなりこれに加えて燃費向上や上述の自動ブレーキなど安全面もグレードアップ。まさにベーシックなセダン(ハッチバック)型としては完成度が増した感じだ。

それでいて一番安い商用モデルでは約84万円から。最上級の乗用4WDグレード(スマートアシスト付き)でも約134万円からとかなり良心的な価格設定となっており、初代と同じく軽自動車の本質を追求した1台といえよう。

LA350S_first (12)

ちなみにダイハツおなじみのカスタムモデルは2017年5月現在のところ設定されていないが、ディーラオプションにより外観(メッキフードガーニッシュ、フロントロアスカート、サイドストーンガード、LEDフォグランプ、マッドガード、ブラックポリッシュタイプのアルミホイールなどのカスタマイズ)や内装のドレスアップが可能となっている。

ターボこそ無いのだが「ミライース・カスタム」的な外観にもできるので気になった人はこのディーラオプションも選んでみるといいだろう。

OEMモデル トヨタ・2代目ピクシスエポック(LA350A/LA360A)

トヨタ自動車へは初代同様、ピクシスエポックとしてOEM供給されている。

エンブレム違いのOEMモデルで、特別仕様車の設定も無いがトヨタブランドによるエンブレム効果で雰囲気が多少異なり、ダイハツ感が薄れるため軽自動車でもトヨタブランドが好きな場合は有用なOEMモデルである。

【2代目 ミライースOEM】トヨタ ピクシスエポックLA350A/LA360A型

OEMモデル スバル・2代目プレオプラス(LA350F/LA360F)

2代目ミライースはスバル自動車へは2代目プレオプラスとしてもOEM供給されている。

プレオプラスもエンブレムが違う程度の兄弟モデルだが、若干グレード構成が異なり廉価グレードBが非設定で、特別仕様車も非設定となるなど、トヨタ仕様よりも簡略化される。

【2代目 ミライースOEM】スバル プレオプラス(LA350F/LA360F型)概要解説

ミライースのリコールについて(燃料ポンプ不具合):届出番号 5321

ダイハツは令和5年5月26日付でミライースに関するリコールを届けを国土交通省に提出した。

不具合の内容

この不具合では燃料ポンプのインペラ(樹脂製羽根車)において、成形条件が不適切なため、樹脂密度が低くなって、燃料により膨潤して変形することがある。

そのため、インペラがポンプケースと接触して燃料ポンプが作動不良となり最悪の場合、走行中エンストに至るおそれがある。

改善の内容

全車両、燃料ポンプを対策品と交換。

自動車使用者等に周知させるための措置

使用者:ダイレクトメール等で通知。
自動車特定整備事業者:日整連発行の機関誌へ掲載

対象となるミライースの車台番号とリコール手続きについて

対象となるミライースは2代目モデルで、その中でもモデル中盤、2020年5月9日から2020年8月30日までに生産された2WD、および2020年5月9日から2020年9月2日までに生産された4WDモデルの両方が対象

所有者には家にリコールに関する郵便物(ハガキ)が届くので、これを持って近くのダイハツディーラーでリコール対応(無償交換)してもらうことになる。

ちなみに同年代のミライースやムーヴ、ハイゼットトラックムーヴキャンバスなどでも同様のリコールが出ているが、この中でもハイゼットトラックの次にぐらいにミライースのリコール台数が多い。

中古車で2代目ミライースを買う場合も、リコール対策済みか確認したり未対策の場合は納車前に対策品へ交換してもらうなど、納車後のトラブルの要因ともなるため対応をオススメする。

5BA-LA350Sミラ イースLA350S-0156760~LA350S-0177337

令和元年5月9日~令和元年8月30日

20,576台
5BA-LA360SLA360S-0029924~LA360S-0033743

令和元年5月9日~令和元年9月2日

3,820台
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミラ イース
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
シン・軽自動車マニア

コメント

  1. 燃え太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今回のミラはアルトとの燃費合戦を避けて質感の向上に努めた感じでしょうかね?個人的には交換のもてるフルモデルチェンジです。

  2. さすらいのクラ吹き より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    燃え太郎さん、こんにちは。

    そのとおりです。現行(8代目)アルトで燃費の一番良いモデルは、FFのCVTモデルで37.0km(JC08モード)。対して今回の2代目ミライースの一番良いモデルは同じくFFのCVTで35.2km(JC08モード)となっています。初代のミライースやムーヴでは改良やマイナーチェンジ、フルモデルチェンジのたびにスズキを追い越す燃費競争を行なっていたのですが、今回の2代目ではあえてそれを辞め、その分のマージンを加速性能や乗り心地の向上にふっています。燃費が悪すぎるのはダメだけど、ある程度良ければそれ以上はこだわらない人は結構いると思います。僕もこの点は好感が持てる部分です。

  3. 名無しさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ディーラオプションでカスタムモデルが出るくらいなら、
    いっそのことそのモデルでTR-XXを復活させたら良かったのに….。

    ライバルのワークスだけじゃつまらないよ….。

  4. さすらいのクラ吹き より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    名無しさん、コメントありがとうございます。

    2代目ミライースの基本性能はとても良いのでこのままスポーツモデルを作ってもいいと思うのですが、かつてのTR-XXを復活させてそれがどれだけ売れるか未知数な状況では堅実なダイハツでは厳しいかと思います… 個人的には復活してくれると嬉しいんですけどね。無難なところでのディーラオプションでのドレスアップパーツの設定程度にしているのだろうと思います。