【4代目・前期型】ダイハツ ムーヴ カスタム(L175S/L185S型)

ムーヴカスタム

ムーブはダイハツのワゴン型軽自動車。ムーヴカスタムはそのカスタムモデルである。本稿では4代目L175SおよびL185S系の前期型(2006年10月~2008年11月まで)を扱う。

L175_custom_first (0)

画像参照元:Goo-net

概要

2006年10月に4代目へフルモデルチェンジしたムーヴ。4代目の大きな特徴は挑戦的ともいえるタマゴ型のワンモーションフォルムの採用だ。

それまで(3代目まで)のミラの全高をアップさせたようなボディ形状を完全にやめて、ボンネットからフロントガラス、ルーフに至るまで緩やかな曲線を描いたボディ形状となった。さらにホイールベースが先代よりも100mmアップし室内空間さらに広くなった。

エンジンは新開発となるKF型エンジンを採用。グレードの一部ではCVTの採用も行い全グレードで燃費がアップ。安全装備としては横滑り防止装置のVSCやインテリジェントドライビングアシストがカスタムRSのFFモデルに設定。

内装ではこの代からタントのようにセンターメーターを採用。4代目ムーヴでは内外装で大きくイメージチェンジを果たしたフルモデルチェンジとなっている。

4代目ムーヴカスタムの特徴と標準ムーヴとの違い

そのカスタムモデルである「ムーヴカスタム」は、先代と同じくノーマルモデルと同時設定。ノーマルに対し専用ヘッドライトやグリル、エアロパーツにアルミホイールなどでスポーティー感や上級感を高めたモデルである。

4代目では「上質・快適移動体(ムーヴィング・アメニティ)」をコンセプトにそれまでのイメージを一新。アイデンティティーだった「丸目ヘッドライト」を継承しつつもヘッドライト外形を直線基調の囲いに変更した他、ノーマルムーヴに対しボンネットにエッジを設けることで先代のイメージも残したデザインとした。

4代目では先代のイメージを引き継ぎながらも新しいフロントデザインとし、従来のスポーティなイメージに加えスタイリッシュ感をアップしている。

エクステリア

L175_custom_first (18)

フロントデザイン。先代まで2代目に続く丸目ヘッドライトを継承しつつも、ヘッドライトの周囲を直線基調のインナーブラックで覆うことで先代の4灯イメージを若干残しつつ新しいデザインとなっている。

さらに4代目からはロービームをプロジェクター式としたことで生き物のような独特の顔つきを表現した。ムーヴカスタムの名にふさわしいスポーティーな顔つきである。これにメッキグリルとフォグランプ付きバンパーが組み合わされる。

L175_custom_first (20)

サイド。先代まではボンネットが比較的広めに取られていたが4代目ではボンネットを切り詰め、そのかわりボディをたまご型に取ることで先代よりも室内空間をアップ(室内長を100mmアップ)させている。

横から見るとそれが一目瞭然だが、先代のボンネット中央部分までAピーラーが来ている。

0300763A20110728W00203.jpg

ちなみにこちらは先代の3代目ムーヴカスタム。比較するとボンネット部分が切り詰められているのがわかる。

L175_custom_first (3)

セキュリティーアラームは全グレードで標準装備。

L175_custom_first (24)

足元は最廉価のLグレード(自然吸気エンジン)では13インチフルホイールキャップ。タイヤサイズは145/80R13。

L175_custom_first (23)

その他の自然吸気エンジン(Xグレード)では14インチアルミホイール。タイヤサイズは155/65R14。

L175_custom_first (4)

ターボ仕様(RとRSグレード)では16インチアルミホイール(タイヤサイズは165/50R16)で、スタビライザーが前後に付き(4WDはフロントのみ)、ロール剛性が向上。

L175_custom_first (19)

リア。先代と同じく縦型のコンビランプとなるが、カスタム専用のもので、ブレーキランプ部がかなり長くなりデザインにインパクトを与えている。ノーマルのムーヴはここまで長くない。

なお、社外品のLEDテールランプが販売されておりカスタマイズも可能だ。純正品ではマルチリフレクタータイプであるが内部にメッキが使われておらずキラキラ感が薄い。この点を社外品であれば解決できる。

エンジン・機能

L175_custom_first (16)

エンジンは新開発のKF型3気筒のNAとターボの2種類。エッセのデビュー時に初搭載されたエンジンで、自然吸気は最高出力58ps(43kW)/7200rpm、最大トルク6.6kg・m(64N・m)/4000rpm。

ターボ仕様ではインタークーラー付きで最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルク10.5kg・m(103N・m)/3000rpm。

先代まであったJB型の4気筒ターボは廃止されラインナップから消えている。トランスミッションは4ATまたはCVT(5MTは無印ムーヴのみ)で、駆動方式はFFまたは4WDとなる。

安全装備としてカスタムの全グレードで運転席&助手席エアバッグとEBD付きABSを標準装備する。

4代目ムーヴカスタム L175SとL185S型との違い

4代目ムーヴカスタムのL175SとL185S型との違いは駆動方式。L175Sは前輪を駆動するFFモデルの4代目ムーヴカスタム。

L185SはL175Sをベースに全部のタイヤを駆動する4WDモデルの4代目ムーヴカスタム。

なお、4WDシステムにはビスカスカップリングを用いた生活4駆と呼ばれる4WDシステムが採用される。

これはジムニーやパジェロミニなどの本格軽SUVとは異なり、基本はFFで、前後の回転差が生じた時(滑った時など)に4WDとなるたパッシブタイプのオンデマンド4WD方式。

パートタイム4WDのようなタイトブレーキング現象が発生せず街乗りでは扱いやすいが、その分本格的な悪路走行には向いていないのでその点は十分注意されたい。

4代目ムーヴカスタムL175S/L185S型 持病や故障しやすい箇所

4代目ムーヴカスタムL175S/L185Sには故障しやすい箇所や持病ともいえる部分がいくつかある。

まずは定番のオイル漏れとオイル消費。2代目タントカスタムに限らず2代目タントカスタム(L375S/L385S)、ムーヴコンテ(L575S/K585S)など初期のKF型エンジンを搭載するダイハツ車はかなりの確率でオイル漏れが発生しやすく、ヘッドカバーとシリンダーヘッドの間からオイルが漏れやすい。

ヘッドカバーパッキン(ガスケット)の交換で修理できるが、漏れを放置するとオイルが想像以上に減ってエンジンにダメージを与え、最悪エンジンブローの原因となるので注意が必要だ。

また、オイル交換もこまめにやっていないと初期型のKFエンジンでは有名な「オイルリング固着」が発症している可能性も。これはオイルリングがスラッジで固着し、オイルを大量消費する事態に発展する。オイル消費が激しい場合は対策品ピストンへ交換修理が必要で、費用がかさむケースも。

次にウォーターポンプ。これも初期のKF型エンジンでは有名な故障箇所で、後に対策品になるほど壊れやすかった。初期段階ではキキキーという金属音やアイドリング時にガラガラ音が鳴り、症状がひどくなるとウォーターポンプのベアリングがもげる場合も。ウォーターポンプも放置するとエンジンが冷却できなくなり、これが走行中に発生するとオーバーヒートとなって最悪エンジンブローに至るケースも。

中古の4代目ムーヴカスタムを買う場合はヘッドカバーからにじみや漏れがないか、ウォーターポンプから異音がしないか、あるいは交換済みかを確認することをオススメする。

また、深刻な影響とはいかないまでも「エンジンマウント」にも持病的な不具合がある。具体的にはKF型エンジンのエンジンマウントゴムの劣化がしやすく、暖気後のアイドリングで運転席側やひどいときには助手席側の振動が激しくなる。なお、エンジンマウントに関してはリコールが出ていた(現在は延長保証期間が終了している)

ウォーターポンプは過走行(約10万キロ)で寿命になるのが定説だが、KF型エンジンのウォーターポンプは例外で、低走行でもダメになるケースもある。格安で購入できてもエンジンブローで走行不能になっては修理に多額の費用がかかり、もう一度車本体を買い直すハメになりかねない。

インテリア

L175_custom_first (10)

インパネ。4代目からはタントと同じくセンターメーターを初採用。先代と同じくカスタムではブラック系のインテリアカラーとなる。

L175_custom_first (12)

最上級のRSではモモの本革巻ステアリングホイールを標準装備。それ以外はウレタンステアリング。

L175_custom_first (11)

スピードメーター。全グレードで同じデザインのタコメーター付きだが、自発光式メーターは廉価グレードでは非採用。

L175_custom_first (22)

4代目からスピードメーターに燃費計が備わった。

L175_custom_first (13)

シフトはこれも4代目から初採用となるインパネシフト。エアコンはカスタムLグレードのみマニュアル式エアコン。カスタムXやカスタムR、カスタムRSではオートエアコンとなる。

L175_custom_first (21)

フロントシートは先代と同じくベンチシートを採用。先代と同じくブラック&グレーの2トーン仕様となり標準ムーヴよりも上級感やスポーティ感が高い。

L175_custom_first (9)

リアシート。室内長がアップしたことによりリアの足元も広くなった。スライド機構も搭載。

L175_C (9)

ただし、デフォルメのラゲッジルームは若干狭い。

L175_C (10)

リアシートを倒せばかなり広くなる。

まとめ

L175_custom_first (1)

4代目ムーヴカスタムの前期型は先代のイメージを残しつつ、室内空間をアップさせたフルモデルチェンジとなった。

見た目も進化し、室内空間も広くなっているのだからこれは正統進化といえるだろうか。ただし、横からのデザインがいかにもたまご型で、普通車から乗り換える人にとっては敬遠したくなるデザインがマイナスポイント。そういう人はライバルのワゴンRスティングレーが比較候補。

中古市場では登場から10年以上とあって年数経過から安価な価格帯となっている。デザインや燃費は次の5代目で飛躍的に良くなるが、価格的には魅力はあると思う。デザイン(たまご型の廃止)や最新の安全装備(スマートアシスト)等を考慮して、もしデザインが気に入ったのなら買っても良い1台か。

コメント

タイトルとURLをコピーしました