【前期型】ダイハツ ムーヴコンテ(L575S/L585S型) 概要解説

ムーヴコンテ

ムーヴコンテはダイハツのワゴン型軽自動車。本稿ではデビュー当初の2008年8月~フロントデザイン変更前の2011年5月までを前期型とし、これを扱う。

画像参照元:ダイハツ認定中古車

概要

2008年8月に登場したダイハツのムーヴコンテ

当時のCMの「カクカクシカジカ 四角いムーヴ」というキャッチフレーズが耳によく残るこの車は、その言葉通りムーヴ系統でありながら直線を基調としたボディラインが最大の特徴である。

シンプルだけど合理的なデザインは、普通車でいうところのトヨタ・初代Bbに通じるところがあり、軽自動車という点も相まって(ムーヴやワゴンRなど独特のいかにも感があるデザインを好まない)女性ユーザーに受けが良かった。

パッケージング的にはスズキの初代アルトラパンの全高を少し高くしたようなボディフォルムで、ベーシック感が非常に強く万人受けしそうなデザインとなっている。

シンプルだけど合理的なデザインは、普通車でいうところのトヨタ・初代Bbに通じるところがあり、軽自動車という点も相まって(ムーヴやワゴンRなど独特のいかにも感があるデザインを好まない)女性ユーザーを狙ったものであった。

パッケージング的にはスズキの初代アルトラパンの全高を少し高くしたようなボディフォルムで、ベーシック感が非常に強く万人受けしそうなデザインとなっている。ホイールベースは2,490mm、室内長は2,000mm、室内高は1,350mmを確保し、コンパクトなボディデザインながら余裕ある室内空間を実現している。

インテリアでもプレミアムソファーシートや運転席パワーエントリシートを採用し居心地の良さを追求。開放感のある前席や優れた静粛性とソフトな乗り心地を実現した。また、インテリアにはシルバーのカラーアクセント、メッキパーツ、スピードメーターは白色3眼式メーターの採用で精悍さを強調した。

エンジンはツインカムDVVT・3気筒エンジン「KF-VE型」とツインカム3気筒ターボエンジン「KF-DET型」の2種類を設定。世界初の「インプットリダクション方式3軸ギヤトレーン構造」を採用したCVTにより低燃費も実現した。

安全面でも衝突安全ボディのTAFを採用し、国内及び欧州衝突安全基準を余裕をもってクリア。世界最高水準の前面フルラップ55km/h、前面オフセット64km/h、側面55km/h、後面55km/hの衝突実験においても優れた安全性を確保している。

便利装備としては助手席大型シートアンダートレイ、助手席アッパーボックスなどを採用し実用性をアップ。イモビライザー付きキーフリーシステムをグレード別に採用。

リバース連動ドアミラーを上級グレードにオプション設定し、「運転席シートリフター&チルトステアリング&アジャスタブルショルダーベルト」をセットにした「アンカーアジャスタブルパック」も上級グレードに標準装備、一部グレードでオプション設定とした。

ムーヴコンテL575SとL585Sとの違い

ムーヴコンテL575SとL585Sの違いは駆動方式。FFモデルがL575Sで、L585SはFFベースの4WDとなる。ただし、ジムニーなどのクロカン4WDとは異なりビスカスカップリングを用いたオンデマンド式の4WDとなっている。

そのため常時4WDではなく、前輪と後輪の回転差が生じたときのみ4WDとなる生活四躯仕様となる。

エクステリア(外装)

L575S_first (1)

フロントデザイン。ボンネットが四角く出っ張っており、それまでのダイハツにはあまり見られないシンプルなボディライン。

これに四角形のヘッドライト、4段グリルなどが組み合わさって万人受けするベーシックなデザインとなっている。かつてのミラのような四角いヘッドライトがムーヴとはかなり差別化された雰囲気を感じさせる。

L575S_first (5)

サイドから。ムーヴコンテはスクエアを基調としながら、角に丸みを与えボディラインにあたたかみをプラスしたデザイン。ムーブという名前は同じものの見た目はぜんぜん違う車に仕上がっている。

ベーシックだがそれまで無かったデザインで、軽自動車っぽくない雰囲気も感じさせる。上級グレードではターンランプ付きドアミラーが標準装備。2009年12月マイナーチェンジではフロントウィンドウが全車トップシェイド付きとなる。

L575S_first (14)

足元は基本は14インチスチールホイール+ホイールキャップ。タイヤサイズは155/65R14。

L575S_first (17)

一部特別仕様車(Xリミテッド等)では14インチアルミホイールとなる。

L575S_first (7)

リア。ヘッドライトと同じく四角形のコンビランプが備わる。リアもフロント同様にシンプルなデザインで、万人受けしそうだ。

エンジン・機能

L575S_first (3)

エンジンはKF-VE型3気筒の自然吸気エンジンのみ。最高出力は58ps(43kW)/7200rpm、最大トルクは6.6kg・m(65N・m)/4000rpm。トランスミッションはCVTのみで、駆動方式はFFまたは4WD。

エンジンはミライースのものに比べると、この時は一つ前のものだったが、高効率なCVTとFFモデルの組み合わせでは23.0km/lを達成。

なお後期型ではミライーステクノロジーが適用され、一番いいグレードでカタログ値、27.6km/lを達成することとなる。ターボエンジンはスポーティーモデルのムーブコンテカスタムのみに設定される。

安全装備として全グレードに運転席&助手席エアバッグを標準装備。EBD付きABSはLグレードにオプション。Xグレードでは標準装備となる。

前期型ムーヴコンテ(L575S/L585S)の持病 故障しやすい箇所

前期型のムーヴコンテにはいくらか有名な持病的な故障しやすい箇所がある。

まずは定番のオイル漏とオイル消費れ。ムーヴコンテに限らず初期のKF型エンジンを搭載するダイハツ車(4代目ムーヴカスタム2代目タントエッセ)はかなりの確率でオイル漏れが発生しやすく、ヘッドカバーとシリンダーブロックの間からオイルが漏れやすい。

ヘッドカバーパッキン(ガスケット)の交換で修理できるが、漏れを放置するとオイルが想像以上に減ってエンジンにダメージを与え、最悪エンジンブローの原因となるので注意が必要だ。

また、オイル交換もこまめにやっていないと初期型のKFエンジンでは有名な「オイルリング固着」が発症している可能性も。これはオイルリングがスラッジで固着し、オイルを大量消費する事態に発展する。オイル消費が激しい場合は対策品ピストンへ交換修理が必要で、費用がかさむケースも。

次にウォーターポンプ。これも初期のKF型エンジンでは有名な故障箇所で、後に対策品になるほど壊れやすかった。ウォーターポンプも放置するとエンジンが冷却できなくなり、オーバーヒートとなって最悪エンジンブローに至るケースも。

最後にエンジンマウント。KF型エンジンではエンジンマウントのゴムの劣化が激しく、駄目になってくると運転席や助手席側へ不快な振動音が車内に入ってくる。ゴムがちぎれてしまうと車検も合格しないため、これも確認ポイント。

前期型の中古ムーヴコンテを買う場合はヘッドカバーからにじみや漏れがないか、ウォーターポンプから異音がしないか、あるいは交換済みかを確認することをオススメする。

インテリア(内装)

L575S_first (4)

インパネ。ムーブコンテはムーブとプラットホームを共有しているが室内の広さは若干狭くなっている。インパネ中央にはシートと同じアクセントカラーが入りかなりおしゃれ。

L575S_first (2)

上級グレードではオートエアコンが標準装備。

L575S_first (16)

廉価グレードとベーシックグレードではシンプルなスピードメーター。

L575S_first (18)

上級グレードではカスタムモデルと同じタコメーター付きの2眼タイプとなる。

L575S_first (9)

フロントシートはベンチシートタイプ。ベージュのシート表皮に赤のアクセントラインがオシャレ。シート自体も「プレミアムソファシート」でソファーのような座り心地を実現している。

さらに運転席には軽自動車では珍しいパワーシート(※一部グレードを除く)が装備され、ドライビングポジションの微調整が容易に可能となっている。

L575S_first (10)

リアシート。スライド機構は非装備。

L575S_first (6)

なお、一部グレード(Lリミテッド、X、Xリミテッド)ではメーカーオプションとして「ブラックインテリアパック」がオプション設定され、シート表皮をブラック系に変更できた。

L575S_first_X_special (15)

ラゲッジルーム。

L575S_first_X_special (14)

リアシートを倒した状態。

まとめ

L575S_first (19)

ムーヴコンテの前期型はシンプルな外観にオシャレな内装が特徴の軽自動車である。

ちょうどスズキの初代アルトラパンの全高を上げたようなボディフォルムで、シンプルな点も非常に似ている。上述の通りムーヴやミラでは物足りなかったりどうしても気に入らないという人向けのモデルだ。

さらにワンランクレベルアップさせるならカスタムモデルの「ムーヴコンテカスタム」も設定されており、当時のラインナップとしてはかなり気合の入ったものであった。

なお、2011年6月マイナーチェンジではフロントデザインが変更され、2012年4月ではミライースの技術を適用し、燃費が飛躍的にアップする。デザインや燃費が気になる人はあわせて後期型もチェックだ。

中古市場では前期型が10年落ちとなる年数経過もあってかなりお手頃な価格帯になってきている。ベーシックなセダンタイプで、ミラよりも内外装が良いのがポイント。タントムーヴのような背の高い軽自動車が苦手な人にオススメなモデルである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました