【初代・後期型 特別仕様(レカロシート)】三菱 eKスポーツ レカロエディション(H81W型)

eKスポーツ

eKスポーツは三菱のワゴン型軽自動車。ekワゴンのスポーツモデルである。本稿では初代H81Wの後期型(2004年12月マイナーチェンジ~2006年8月まで)に設定された特別仕様車の「レカロエディション」を扱う。

H81W_sports_last_recaro (18)

画像参照元:Goo-net

概要

2001年10月にデビューした三菱・初代eKワゴン。当時の売れ筋となっていたスズキ・ワゴンRダイハツ・ムーヴに対向する形での市場投入となったモデルである。

商品コンセプトは「ジャストバリュー・ワゴン」。ボディスタイルはワゴンRアルトの中間程度の車高を持つ「セミトール・パッケージング」を採用し同社のトッポBJよりも背が低く、セダンタイプであるミニカよりもわずかに高く設定されていた。

設計時点では「ヒップポイントと頭上のスペース、室内側のパッケージングから割り出された数値」となっていたが、結果的にワゴンRムーヴでは不可能な立体駐車場に入る高さの1550mm以下に抑えられ、ムーヴやワゴンRとは差別化がなされていた部分である。

それ以外にもeKワゴンは乗降と運転視界を両立させた調度良い高さで、ムーヴやワゴンRなどの他社には見られない最適なパッケージング、シンプルでベーシックなデザインが特徴のモデルである。

H81W_sports_last_recaro (6)

初代eKスポーツの特徴とノーマルeKワゴンとの違い

そのスポーツモデルとして2002年9月に追加となったが「eKスポーツ」である。

eKスポーツはeKワゴンをベースにスポーティーな外観とインタークーラー付きターボエンジンでカスタムしたモデルで、ベースモデルの登場からおよそ1年後に追加設定された。

8代目ミニカのフルモデルチェンジ以降、三菱の乗用モデルではタウンボックスを除いてスポーティーなターボモデルの設定が無かったが、eKスポーツは久しぶりのスポーツモデルの登場となった。

eKスポーツでは専用グリルに専用ヘッドライト(ディスチャージタイプ)、専用バンパーにアルミホイール、専用フロントフェンダー、専用サイドエアダム(サイドアンダースポイラー)、リアスポイラー(LEDハイマウントストップランプ付き)、テールゲートガーニッシュを採用し、ノーマルとは180度異なる個性的でかつスポーティーな外観とした。

内装でもブラックを基調としアナログとデジタルのハイブリッドメーターや革巻きステアリングホイール、スポーツシートの採用でノーマルのeKワゴンとはスポーティーに差別化がなされている。

エンジンはノーマルの3G83型をターボ化した3気筒ECI-MULTIインタークーラーターボエンジンを採用。トランスミッションもトッポBJ用の4ATを専用チューニングし、静粛性の向上と発進加速、低燃費化を両立させた。

サスペンションもeKスポーツ用に専用チューニング。ボディもスポーツサスペンションに合わせて取付部を補強。騒音対策として、制振・遮音材を配することで高い静粛性を実現。

ブレーキもスポーツ走行を想定しフロントに14インチベンチレーテッドディスクブレーキを採用しブレーキアシスト&EBD(電子制御制動力配分装置)付きABSをターボグレードで標準装備として剛性感と安心感あふれるブレーキフィーリングとするなど内外装に加えてメカニズムもスポーツ寄りの追加装備を与えることでホットなスポーツモデルとなっている。

初代eKスポーツ後期型の改良点とノーマルとの違い

H81W_sports_last_recaro (9)

そして初代eKスポーツは2004年12月マイナーチェンジでフロントデザインとリアコンビランプなど外装の小変更を伴い後期型となった。

後期型ではノーマルタイプの初代eKワゴンと同時改良となったが、eKワゴンでは内外装で大幅な変更が与えられたのに対しeKスポーツではコンビランプとリアゲートをeKアクティブと共通のものに変更する程度で、大規模改良とはならなかった。

他にも内装は前期と同じでボディカラーに新色の「クールシルバーメタリック」を追加するなど、前期のイメージをベースに小規模なマイナーチェンジとなっている。

初代eKスポーツ・レカロエディションの特別装備とノーマルとの違い

その後期型eKスポーツに2005年12月20日。eKシリーズの一部改良と共に設定された特別仕様車がこの「レカロエディション」である。

レカロエディションではその名のとおりオプション設定となっていたeKスポーツ純正「レカロシート」を標準装備としつつお買い物としたもので、レカロシートによるスポーティな内装と機能性をアップさせた特別仕様車となってた。

エクステリア(外装)

H81W_sports_last_recaro (7)

フロントデザイン。外観は特に専用パーツの設定はなく、ノーマルのeKスポーツと同じだ。開口部を絞られたスポーティかつスパルタンな専用グリルにプロジェクター式ヘッドライトマルチリフレクター式のハイロー独立式ヘッドライト、フォグランプ付eKスポーツ用バンパーを標準装備。

H81W_sports_last_recaro (14)

なお、それまでロービーム側で標準装備だったディスチャージヘッドライトはこの時廃止され、オプション設定もなくなった。

H81W_sports_last_recaro (8)

サイドから。このあたりも変更はなし。前期と同じく専用のサイドエアダム(サイドスカート)でエアロ化されてスポーティーな印象。

なお、サイドスカートに付いていたeKスポーツのシンボルマークはこの2005年12月の一部改良で廃止された。サスペンションは前期型同様にターボ仕様はeKスポーツ専用のスポーツサスペンションが付いてスポーティーな乗り心地を実現。自然吸気エンジンではノーマルと同じ乗り心地のよいものとなる。

H81W_sports_last_recaro (15)

足元は14インチアルミホイールを標準装備。タイヤサイズは155/55R14。自然吸気エンジンのXグレードでは13インチアルミホイール(155/65R13)となる。

H81W_sports_last_recaro (17)

リア。こちらもベースと同じ。後期型の改良で、それまでeKスポーツ専用だったマルチリフレクターのクリアーコンビランプが、eKアクティブのものへと変更されている。

さらにリアゲートもeKアクティブ用のものへと変更し、ノーマルのeKワゴンと同じ改良が与えられている。エンブレムは専用の「eK-SPORTS」エンブレムがバックドア左下に付くため、一応差別化はなされている。

この他リアスポイラーのハイマウントストップランプをクリアータイプからノーマルタイプに変更している。eKスポーツ用の専用バンパーは引き続き標準装備。

エンジン・機能

H81W_sports_last_recaro (13)

エンジンはエンジンは3G83型3気筒DOHC自然吸気エンジンと同ECI-MULTIインタークーラーターボエンジンの2種類。先代ダンガンで有名なツインスクロールターボの4気筒エンジンは排ガス規制に引っかかったため採用されていない。

自然吸気エンジンはノーマルeKワゴンと同じく最高出力は50ps(37kW)/6500rpm、最大トルクは6.3kg・m(62N・m)/4000rpmを発生。

H81W_sports_last_recaro (5)

ターボエンジンは最高出力は64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは9.5kg・m(93N・m)/3500rpmを発生する。トランスミッションは4ATのみで、駆動方式はFFまたは4WD。

ブレーキアシスト&EBD(電子制御制動力配分装置)付きABSをターボエンジングレードで標準装備。

自然吸気エンジンはデビュー当初、Zグレードとして設定されていたが前期型の2003年8月マイナーチェンジ時に最上級のRSグレードと共に廃止。

変わって自然吸気エンジンはリアススピーカーを追加し4スピーカー仕様とした「サウンドビートエディション」に名称変更したが、2004年12月の後期型マイナーチェンジではこれが「リミテッドエディション」に名称変更。

今度は足回りをノーマルのeKワゴンと同じにすることで乗り心地を良くしている。これはターボエンジンが不要だけどもスタイリッシュな外観と内装がほしい人向けに設定されたもので、自然吸気エンジンのeKスポーツは見た目だけのスポーツモデルに変化している点に注意。

加えて2005年12月マイナーチェンジでは三度名称変更し、シンプルな「X」グレードとなった。

eKスポーツ H81WとH82W型との違い

eKスポーツH81WとH82Wとの違いは初代eKスポーツか2代目eKスポーツかの違い。

eKスポーツのH81W型は2004年12月マイナーチェンジ~2006年8月までのモデルで、初代eKワゴンがベース。

H82W型は2006年9月~2013年2月までのモデルで、2代目eKワゴンがベース。ボディスタイルこそほぼ同じだが、ヘッドライトやバンパー、リアコンビランプ、内装が異なりそれぞれに互換性は無い。

インテリア(内装)

H81W_sports_last_recaro (10)

インパネ。センターメーターなどデザインこそeKワゴンと同じだがインパネカラーがブラック基調となりスポーティな印象とした。シフトは引き続きコラムシフト。2005年12月の一部改良ではインパネのネームプレートのイルミネーションが廃止。

H81W_sports_last_recaro (21)

ターボグレードで標準装備だった本革巻ステアリングホイールは、2004年12月の後期型マイナーチェンジで廃止となった。

H81W_sports_last_recaro (19)

スピードメーターも同じでタコメーターがアナログでスピードメーターがデジタルのハイブリッドタイプとなる。

H81W_sports_last_recaro (20)

フロントシートはセミバケットシートタイプ。レカロエディションの専用装備としてオプション設定だったレカロシートを標準装備とした。

軽乗用車でレカロシートが与えられるのは珍しく、eKスポーツ以外ではKeiワークスパジェロミニのVR-Sコペン程度。コペンは本格的なバケットシートに対し、eKスポーツでは街乗りに便利なセミバケットシートタイプとなる。

このセミバケットシートタイプのレカロシートが純正で与えられるのはKeiワークスやパジェロミニVR-Sの他、オプション設定でラパンSSなどがある。

H81W_sports_last_recaro (2)

リアシート。スライド機構は非装備。こちらはレカロシートではなくノーマルと同じ。2005年12月マイナーチェンジでは全グレードでリアスピーカーを追加し4スピーカー仕様に。

H81W_sports_last_recaro (3)

ラゲッジルーム。

H81W_sports_last_recaro (12)

リアシートを倒した状態。

まとめ

H81W_sports_last_recaro (16)

初代・eKワゴンの後期型に設定された「レカロエディション」はそれまでオプション設定だったレカロ製の純正セミバケットシートを標準装備としつつ、価格を抑えた特別仕様車である。

当時に新車価格としてはベースモデルと比較して3万5000円アップでレカロシートが2脚(運転席&助手席)も付いてきたので、かなりのバリュープライスであった。

ただし2005年12月一部改良までに廃止された部分(ディスチャージヘッドライト、本革巻ステアリングホイールなど)もあり若干魅力減な点は少し残念である。

中古市場ではベースモデルに対してこの「レカロエディション」は極端に少なく、希少グレードとなっている。オプション設定でレカロシートを装備したタマもたまに見かけるが最初からレカロシートが付いている点はかなり魅力的で、シートにこだわりたい人にオススメなモデルである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました