【特別仕様車】三菱 アイ スポーツスタイルエディション(HA1W型)

アイ

アイは三菱のワゴン型軽自動車。「スポーツスタイルエディション」はその特別仕様車である。

HA1W_sports_style (13)

画像参照元:Goo-net

概要

2006年1月に登場した三菱のアイ。スバルのR1およびR2のような他のどの軽自動車とも似ていない独特なスタイリングに加えエンジンを後方に配置するというこれまた最近の軽自動車では珍しいメカニズムで一躍注目をあびた軽自動車だった。

コンセプトは「軽自動車の新時代を切り開くプレミアムスモール」。それまでの軽自動車の難題であった「デザインと居住性」、「居住性と衝突安全性」の二律背反する軽自動車の課題をアイではエンジンを後方に配置し後輪をメインとして駆動するリヤミッドシップレイアウト(MR)でアプローチしたものであった。

アイではエンジンをリア後方に配置したことによりデザインの制約から開放され、ボンネットからフロントガラスにかけてなめらから曲線のデザインが与えられ近未来的なワンモーションフォルムのスタイリングに。またミッドシップレイアウトの特徴を生かしホイールベースは既存の軽自動車ではトップクラスの2550mmを実現していた。また、室内空間はコンパクトカーにも匹敵する居住スペースとラゲッジルームを両立した。

HA1W_sports_style (11)

エンジンは新開発となるアルミ製DOHC12バルブMIVECインタークーラーターボエンジンと自然吸気エンジンの2種類を設定。当時の軽乗用車では珍しい吸気側連続可変バルブタイミング機構のMIVECを取り入れ、これにインタークーラー付きターボと組み合わせてターボ仕様でありながら平成17年排出ガス基準50%低減レベル(☆☆☆)と平成22年度燃費基準を達成していた。

サスペンションはフロントにマクファーソンストラット。リアは3リングド・ディオン式を採用。特にフロントはエンジンが無いことによるサスペンションの適切配置により十分なストロークを確保。ロングホイールベースとも相まって上質感のあるフラットな乗り心地と優れた直進安定性、ハンドリングをバランスさせた。さらにロングホイールベースでありながらも最小回転半径は4.5m(同年代のeKワゴンと同程度)を達成している。

衝突安全性もフロント部分に十分な衝撃吸収ゾーンを設けることでエンジンが無いデメリットを相殺。フロント以外では大断面ストレートフレーム構造を設けて衝撃をボディ全体で吸収する構造とした。側面衝突に対してもクロスメンバーやフロア、エンジンなどで全方位衝突安全性を高めている。

アイ スポーツスタイルエディションの特別装備

HA1W_sports_style (7)

そのアイに2007年9月。スポーティな外観を内外装に与えスポーツ仕様に仕立てた特別仕様車を設定した。それがこの「スポーツスタイルエディション」である。

スポーツスタイルエディションは自然吸気エンジンの「LX」グレードとターボ仕様の「G」グレードをベースとし、外装ではグリル一体型フロントエアロバンパー、大型ルーフスポイラー、マフラーカッター、クリアターンシグナルを。自然吸気エンジン仕様車ではリバースポジション連動リヤ間欠ワイパー&ウォッシャ-を標準装備としドアサッシュをブラック色に塗装した(※ターボ仕様ではベースモデルに既装備)。

HA1W_sports_style (14)

内装ではブラックインテリアにブラックセンター2DINパネル、本革巻ステアリングホイール(※ターボ仕様はベースモデルに既装備)、6スピーカーシステム(※オーディオレス)を与え内外装でスポーティな雰囲気を与えた特別仕様車となっていた。

エクステリア

HA1W_sports_style (6)

フロントデザイン。スポーツスタイルエディション仕様として専用のグリル一体型フロントエアロバンパーを装着。メッシュタイプのグリルと下部の開口部にもメッシュグリル。

HA1W_sports_style (5)

下部両サイドにはエアロの切込みとフロントアンダースカートがついたスポーティなバンパーでベースモデルの女性向けというイメージが完全払拭された顔つきとなっている。また、最下部の「ROAR」エンブレムもスポーティさがさりげなく強調されている。

HA1W_sports_style (3)

グリル右側には「スポーツスタイルエディション」専用エンブレムもつく。

HA1W_sports_style (12)

サイド。スポーツスタイルエディション仕様としてクリアサイドターンシグナルを装着。自然吸気エンジン仕様ではドアサッシュがブラック塗装&リバースポジション連動リヤ間欠ワイパー&ウォッシャ-も標準装備とした(ターボ仕様はベースモデルに既装備)。

HA1W_sports_style (21)

足元は自然吸気エンジン&ターボ仕様ともに15インチアルミホイールを標準装備。

HA1W_sports_style (10)

リア。スポーツスタイルエディション仕様としてマフラカッターを標準装備。

HA1W_sports_style (2)

ルーフ部分にはスポーツスタイルエディション仕様として標準モデルで純正オプションとなっていた大型ルーフスポイラーを標準装備。

エンジン・機能

HA1W_play_edition (8)

エンジンは3B20型直列3気筒DOHC自然吸気エンジンとインタークーラー付きターボエンジンの2種類。自然吸気エンジンは最高出力52ps(38kW)/7000rpm、最大トルク5.8kg・m(57N・m)/4000rpm。

ターボエンジンでは最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルク9.6kg・m(94N・m)/3000rpmを発生。トランスミッションは4ATのみで駆動方式はMR(ミッドシップエンジンリアドライブ)または4WDとなる。このほか、ABSとセキュリティーアラームを標準装備。

インテリア

HA1W_sports_style (15)

インパネ。スポーツスタイルエディション仕様としてブラックインテリアを採用し、インパネにはブラック色の専用センター2DINパネルを採用。ステアリングは本革巻ステアリングホイール(ターボ仕様はベースモデルに既装備)。スピードメーターはベースモデルと同じ。

HA1W_sports_style (16)

フロントシートはセパレートタイプ。ブラックインテリアのためブラックシート表皮&ブラックドアトリムクロスとなる。

HA1W_sports_style (17)

リアシート。

HA1W_sports_style (18)

スライド機構は非装備。スポーツスタイルエディション仕様としてリアドアに左右2個のスピーカーを標準装備とし、インパネとフロントドアの計4個とあわせた6スピーカーシステムとした(ただし、オーディオは標準状態ではレス仕様)。

HA1W_sports_style (19)

ラゲッジルーム。

HA1W_sports_style (20)

リアシートを倒した状態。

まとめ

HA1W_sports_style (1)

アイの特別仕様車、「スポーツスタイルエディション」は女性向けで可愛らしいアイをベースにスポーティなエアロバンパーや大型リアスポイラー、アルミホイールにブラックインテリアを採用しスポーティな内外装に仕立てたモデルである。それまでのアイのイメージには無かったスポーツ仕様の特別仕様車で新しい顧客層を開拓するものであった。

中古市場では非常に希少なモデルでほとんど出てこないレアモデルとなっている。これの他にスポーティなアイとしては「ロアコンプリート」などがあるが「スポーツスタイルエディション」はそれよりも希少で見つけたらかなりラッキーだと思っても良い。こういう独特のボディフォルムにスポーツ仕様という組み合わせが好きな人には嬉しい1台である。アイ自体も最近はあまり見かけなくなったため、ノーマルでも目立つこと間違いなしだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました