【初代・後期 特別仕様】ホンダ S660 モデューロX バージョンZ(JW5型)

S660

S660はホンダのオープンカー型軽自動車。「モデューロX」はS660のコンプリートカーで、「モデューロX バージョンZ」はこれをベースとしたS660最後の特別仕様車である。

S660 モデューロXバージョンZのフロント

画像参照元:ホンダ認定中古車

概要

2015年4月に登場したS660は、軽自動車の売れ筋モデルである箱型とは一線を画する本格的なスポーツカーとして登場。かつてバブル時代に販売してたビートの実質的な後継モデルでありおよそ19年ぶりの本格的軽スポーツカーの復活となった。

先代と同じくエンジンはリアに配置、後輪を駆動するMR方式を採用し、完全開放では無いもののオープンカーに近い開放的なルーフ開放部分(ロールトップ)を備えている。

S660はスポーティーな外観はもちろんのこと、「曲がる」・「走る」・「操る」の3つを追求したモデルでミッドシップレイアウトによる前後重量配分45:55の実現や、ロールセンター高と重心高の最適化、軽自動車初となる電子制御システムの「アジャイルハンドリングアシスト」の採用などで「曲がり」を追求。

新設定のターボチャージャーや軽自動車初の6MTの採用、吸・排気音、タービン音やブローオフバルブ音をあえて出すことでスポーツカーならではのサウンドや脱着式の「ロールトップ」の採用で「走る」を追求。

ドライバーの着座姿勢やヒップポケット、アクセルやブレーキ位置を最適化してまるでゴーカートに乗っているような独特のドライビングポジションを実現した。

ステアリングホイールにはφ350mmの物を採用し、「ミッドモード付フルオート・エアコンディショナー」や昇降式リアセンターガラスを採用し、オープン時でも快適な室内空間の実現で「操る」を追求した。

安全面では直線となめらかな曲線で構成したボディ骨格に万が一の横転対策としてフロントピラーとセンターピラーに補強材を追加し、横転事故での高い乗員保護性能を実現。軽自動車らしからぬ高いボディ剛性と安全性能を実現した。

このほか「運転席i-SRSエアバッグシステム」「助手席用i-SRSエアバッグシステム」に加え、側面衝突時の衝撃を吸収する「i-サイドエアバッグシステム」を標準装備。

横滑り防止装置のVSAやヒルスタートアシスト機能に加えエマージェンシーストップシグナルも全グレードで標準装備、「シティブレーキアクティブシステム」はグレード別で標準装備とした。

後期型S660の改良点と前期との違い

S660は2020年1月にマイナーチェンジを実施し、後期型に。

後期型S660のフロント
前期S660のフロント

後期型ではフロントグリル、ヘッドライト、サブリフレクター、テールランプの色(クリアー化)、アルミホイールのデザインを変更し、Aピラーをボディ同色化。

後期型S660のリア(βグレード)
前期S660のリア

フェンダーウィンカーを廃止しLEDドアミラーウィンカーの採用してスタイリッシュさをアップ。αグレードではアクセサリーライトがバンパー下部に新採用された。

内装ではαグレードでステアリングやシフトノブの一部にアルカンターラを採用。

後期型S660 αグレードのレザーシート

さらにαグレードのシート表皮にはセンターにラインが追加された。

ボディカラーも変更され「アドミラルグレー・メタリック」を廃止。αとβグレードにはそれまでモデューロX専用だった「アラバスターシルバー・メタリック」を入れ替えで新設定。

「Modulo X」には「α」専用色の「カーニバルイエローII」を新設定。

αグレードのみ「ブリティッシュ・グリーン」と入れ替えで「アクティブグリーン・パール」を新設定した。

特別仕様 モデューロX バージョンZの特徴と他との違い

バージョンZの概要

そのS660に2021年3月。S660生産終了に際して、これまでのご愛顧に感謝を込めたS660最後の特別仕様車が設定された。それがこの「モデューロX バージョンZ」である。

画像参照元:ガリバー

バージョンZはコンプリートカーのモデューロXをベースに外装では専用・ブラッククローム調エンブレム、専用・ブラック塗装アクティブスポイラー、ステルスブラック塗装アルミホイールを。

内装ではカーボン調インパネ、スェード調×合皮製のブラック×ボルドーレッド×グレーステッチ仕様ドアライニングパネル、Modulo Xロゴ付専用シートセンターバッグ、専用Version Zロゴ入りアルミ製コンソールプレートを。

ボディカラーには「プレミアムスターホワイト・パール」とバージョンZ専用色として「ソニックグレー・パール」の全2色を設定。CVT仕様の設定がなく、6MTのみの硬派な特別仕様車。

期間限定・台数限定の販売で登場から約2週間後の2021年3月中には完売してしまい、現在ではプレミアム価格が付く希少モデルとなっている。

以下、詳細を解説する。

モデューロXとモデューロXバージョンZとの違い

無印モデューロXとバージョンZとの違いは専用ブラッククローム調エンブレム、リアスポイラーの色、シート同色ドアトリムクロス、専用刻印プレートなどが異なる。

また、ボディカラーもモデューロXが全4色に対し、バージョンZでは「プレミアムスターホワイト・パール」と専用色「ソニックグレー・パール」との2色のみ。

さらにバージョンZにはAT(CVT)車が非設定で、6MTのみの設定など、MT車愛好家向けにモデューロXよりもプレミアム感を高めた特別仕様車となっていた。

エクステリア(外装)

フロントデザイン。バージョンZはモデューロXをベースにホンダのフロントエンブレムを専用ブラッククローム調に変更。通常のメッキとは異なるシックな雰囲気を与えている。

これ以外はベースのモデューロXと同じでグリル一体型のエアロ・フロントバンパー(LEDフォグランプ付き)が装着される。ダウンフォースなども考慮されたモデューロX専用バンパーで、見た目以上に機能性を高めている。

後期型ベースのため、Aピラーはボディカラーと同色タイプ。ヘッドライトもメッキ部分をインナーブラック化した後期タイプが採用される。

サイド。モデューロXの専用品としてブラック塗装のカラードドアミラー、上部にはボルドーレッドのロールトップがつく。

後期型ベースのためフェンダーウィンカーが廃止され、LEDドアミラーウィンカーに変更された。

足元はモデューロX専用デザインのアルミホイールを採用し、ステルスブラック塗装のアルミホイールとなる。

フロントが15インチ(タイヤサイズ:165/55R15)。リアが16インチ(タイヤサイズ:195/45R16)でベースモデルと同じ。。

アルミホイールは適度な剛性と空力が考慮された専用品で、特にタイヤハウス内で生じた空気をスポークのエアブレード形状により外に逃がす仕組みが取り入れられている。

サスペンションも専用品で5段階減衰力調整機能(街乗りから限界走行などにあわせて5段階で調整可能)がついたタイプ。ブレーキパッドもスポーツタイプ、ディスクローターもドリルドタイプとなる。

リア。モデューロX仕様として下部にエアロダイナミクスなリアロアバンパーを装着。

このほか速度域に対して自動開閉する専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付)がブラック塗装となり、

リアハッチにはブラッククローム調「Moduro X」専用リアエンブレムがつく。

エンジン・機能装備・安全装備など

エンジンはS07A型3気筒直列DOHCのターボエンジンのみ。エンジン自体はノーマルと同じで最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは10.6kg・m(104N・m)/2600rpmを発生する。

トランスミッションは6MTのみの設定。駆動方式はMR(ミッドシップレイアウト)のみ。

安全装備としてはシティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)を標準装備する。

これ以外にEBD付きABS、エマージェンシーストップシグナル、VSA、ヒルスタートアシストも標準装備。

インテリア(内装)

バージョンZのインパネ。このあたりはベースモデルとほぼ同じでモデューロX専用のボルドーレッド・ツートンカラーインパネを採用。

エアコンはフルオートエアコン。パネルはカーボン調。

オプションでinternavi POCKET対応センターディスプレイを選択可。

USBジャックやHDMIジャックもオプション設定。

ステアリングには本革とアルカンターラを組合せている。

ペダル類は標準でステンレス製スポーツペダル。

スピードメーターもモデューロX専用で「ModuroX」ロゴ入りタイプ。

6MTのシフトノブ。モデューロX専用のチタン製シフトノブを採用し、シフトブーツにはアルカンターラを採用。サイドブレーキにもアルカンターラと本革のブレーキカバーを採用。

フロアマットもモデューロX専用でボルドーレッドとブラックの組合せ。

フロントシートはセミバケットタイプ。モデューロX専用のボルドーレッドカラーにレザーとスェード生地を組みあせた機能性と上質感を兼ね備えた専用スポーツレザーシートとなる。

両側に運転席シートヒーターを標準装備し、バージョンZではドアトリムクロスがインパネやシートと同じボルドーレッド仕様となる。

このほか専用Version Zロゴ入りアルミ製コンソールプレートが左右シートの間に付く。

S660バージョンZのラゲッジスペース。

S660 モデューロX バージョンZのまとめ

S660 モデューロXバージョンZは後期型S660モデューロXをベースに専用ブラッククローム調エンブレムやブラック塗装リアスポイラー、ボルドーレッドのドアトリムクロス、専用コンソールプレートなどモデューロXをベースに特別感をプラスした最後の特別仕様車であった。

オートマの設定がなく、6MTのみという軽自動車にしては硬派な特別仕様車だったが、発表から約2週間で完売という人気ぶりであった。

この手の軽自動車は用途が限られ万人受けせず、販売台数も限定的なモデルだが2シーターオープンでMR方式の軽スポーツカーという他社には無いホンダらしい個性的なメカニズムは、電動化が進むであろう軽自動車で今後登場することは考えられず、最後のプレミアム的な意味合いも強かった。

特に新車でMT車が激減する中、逆に6MTのみの設定という硬派な仕様もプレミアム感を高め、今後も価値が高まると推測される。

中古市場ではS660の中でもあまり出てこない希少グレードで、販売価格も新車を上回るプレミアム価格が付くこともしばしば。S660自体は今後も値下がることは考えられず、バージョンZはそのトップに君臨する特別仕様車となりそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました