【4代目・後期型】ダイハツ ムーヴカスタム(L175S/L185S型)

ムーヴカスタム

ムーヴはダイハツのワゴン型軽自動車。ムーヴカスタムはそのスポーティーモデルである。本稿では4代目L175SおよびL185S系の2006年10月マイナーチェンジ~2010年11月までを後期としこれを扱う。

L175S_custom_last_2 (1)

画像参照元:Goo-net

概要

2006年10月に4代目へフルモデルチェンジしたムーヴ

4代目の大きな特徴は挑戦的ともいえるタマゴ型のワンモーションフォルムの採用だ。それまで(3代目まで)のミラの全高をアップさせたようなボディ形状を完全にやめて、ボンネットからフロントガラス、ルーフに至るまで緩やかな曲線を描いたボディ形状となった。

さらにホイールベースが先代よりも100mmアップし室内空間さらに広くなった。

エンジンは新開発となるKF型エンジンを採用。グレードの一部ではCVTの採用も行い全グレードで燃費がアップ。

安全装備としては横滑り防止装置のVSCやインテリジェントドライビングアシストがカスタムRSのFFモデルに設定。内装ではこの代からタントのようにセンターメーターを採用。4代目ムーヴでは内外装で大きくイメージチェンジを果たしたフルモデルチェンジとなっている。

L175S_custom_last_2 (4)

そのカスタムモデルである「ムーヴカスタム」は、先代と同じくノーマルモデルと同時設定。

ノーマルに対し専用ヘッドライトやグリル、エアロパーツにアルミホイールなどでスポーティー感や上級感を高めたモデルである。

4代目では「上質・快適移動体(ムーヴィング・アメニティ)」をコンセプトにそれまでのイメージを一新。アイデンティティーだった「丸目ヘッドライト」を継承しつつもヘッドライト外形を直線基調の囲いに変更した。

ほかにもノーマルムーヴに対しボンネットにエッジを設けることで先代のイメージも残したデザインとし、従来のイメージを引き継ぎながらも新しいフロントデザインでスポーティなイメージに加えスタイリッシュ感をアップさせてるのが特徴だ。

4代目ムーヴカスタム・後期型の改良点と前期との違い

そして4代目デビューのおよそ2年後となる2008年12月にフロントデザインの大幅変更を伴うビッグマイナーチェンジで4代目ムーヴカスタムは後期型となった。

後期型ではそれまでのフロントデザインを一新する大型メッキグリル(ダーククリアorメッキモール)の採用で印象を大きく変更したほか、アルミホイールのデザイン変更、ディスチャージヘッドライトと自発光式メーターの標準装備化などより魅力的にかつスポーティな印象を高めたマイナーチェンジであった。

エクステリア

L175S_custom_last_2 (7)

前述のとおり大きな変更点はフロントフェイス。はめ込み式の大型グリルを装着し、それに続くヘッドライトもより直線を意識したデザインとなった。

一方で前期型の大きなディスチャージヘッドランプは継承され3代目の丸目のデザインも少し残る感じだ。これ以外にバンパーのデザインも変更され、フォグランプとウィンカー球の位置が左右から上下配置になった。これ以外に後期ではトップシェイドガラスが標準装備に。

L175S_first_memorial (4)

こちらは前期型。グリルは小さく、ヘッドライトも斜め方向への切り込みが目立つ。こちらはインナーブラックだった。

L175S_last (13)

もどって写真は後期型。ブラック以外にグリルがシルバータイプのものもある。

L175S_custom_last_2 (5)

横からのシルエット。後期型ではアルミホイールのデザインが刷新された。

L175S_custom_last_2 (8)

さらに従来通りターボ仕様のRSでは16インチアルミホイール(タイヤサイズは165/50R16)にスタビライザー(4WD仕様はフロントのみ)を標準装備とし、ロール感が抑えられた走りを実現する。

L175S_custom_last_2 (6)

リアのコンビランプはクリアータイプへ変更されている。「ビームサーベル」をイメージした縦長のデザインとなっている。

エンジン・機能

L175S_custom_last_2 (3)

エンジンは引き続き前期と同じく新開発のKF型3気筒のNAとターボの2種類。エッセのデビュー時に初搭載されたエンジンで、自然吸気は最高出力58ps(43kW)/7200rpm、最大トルク6.6kg・m(64N・m)/4000rpm。

ターボ仕様ではインタークーラー付きで最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルク10.5kg・m(103N・m)/3000rpm。

先代まであったJB型の4気筒ターボは廃止されラインナップから消えている。グレード別にはカスタムSとカスタムXが自然吸気エンジン。

カスタムRとカスタムRSがターボエンジンとなっている。トランスミッションは廉価グレードのカスタムSのみ4AT、これ以上はCVTで計2種類。駆動方式はFFまたは4WD。

なお、前期型のターボモデルの「カスタムR」は4ATの設定だったが、後期でカスタムRもCVT化されターボモデルはずべてCVTとなった。

4代目ムーヴカスタム L175SとL185S型との違い

4代目ムーヴカスタムのL175SとL185S型との違いは駆動方式。L175Sは前輪を駆動するFFモデルの4代目ムーヴカスタム。

L185SはL175Sをベースに全部のタイヤを駆動する4WDモデルの4代目ムーヴカスタム。

なお、4WDシステムにはビスカスカップリングを用いた生活4駆と呼ばれる4WDシステムが採用される。

これはジムニーやパジェロミニなどの本格軽SUVとは異なり、基本はFFで、前後の回転差が生じた時(滑った時など)に4WDとなるたパッシブタイプのオンデマンド4WD方式。

パートタイム4WDのようなタイトブレーキング現象が発生せず街乗りでは扱いやすいが、その分本格的な悪路走行には向いていないのでその点は十分注意されたい。

インテリア

L175S_last (14)

メーターはセンターパネル。ダイハツおなじみのモモステは最上級のカスタムRSのみとなる。

L175S_custom_last_2 (0)

後期型ではメーターパネルがブルー系に変更され、自発光式メーターを全グレード標準装備とした。

L175S_last (16)

シートはベンチシート。後期ではシート表皮が刷新された。

L175S_last (15)

リアシートの足元はかなり広め。スライド機構(255mmのロングスライド)を備える。

L175S_last (17)

ラゲッジルーム。

L175S_last (18)

リアシートを倒した状態。

まとめ

L175S_last (1)

4代目ムーブカスタムの後期モデルは、フロントデザインの大幅変更でかなり印象が変わったマイナーチェンジとなった。

ライバルのワゴンR スティングレーを意識したデザインで、直線基調が印象的だ。室内空間も先代より拡大し居住性がアップしている点も見逃せない。

一方で横からのデザインがまるで卵のようで、普通車から見ると車っぽく感じない人も居るだろう。5代目後期ではこのデザインが改善され、ライバルのワゴンRに近くなった。

また燃費も5代目後期に劣ってしまうためガソリン高を考慮すると4代目は不利な点が多い。もしデザインが気に入れば購入の候補になるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました