【初代 特別仕様車】スズキ アルトラパン バージョンV(HE21S型)

アルトラパン

アルトラパンはスズキのハッチバック型軽自動車。ラパン バージョンVはスポーティな特別仕様車である。本稿では初代 HE21型について記述する。

HE21S_versionV (15)

出典:Goo-net
スポンサーリンク

初代 アルトラパンとは?

2002年1月登場のスズキ・アルトラパン

同社のベーシックな軽乗用車、アルトの派生モデルとした誕生したこのクルマはそれまでの軽乗用車にありそうでなかった個性的な丸みを帯びた箱型フォルムの外観と、家電や家具を意識した親しみやすい室内空間が特徴の軽乗用車である。

アルトラパンが登場した時代では同社のワゴンR、ライバルのダイハツ・ムーヴをはじめとするトールワゴンが全盛期となる中、アルトラパンは広さを最優先ではなく内外装のデザインを重視し若い女性をメインターゲットとすることで大ヒットした。

その後もマイナーチェンジやフルモデルチェンジを重ね15年以上続く息の長いモデルとなっている。

ボディカラーも当時としては珍しく12色もの種類を設定。この初代からルーフをホワイトに塗装したツートンルーフを設定したり、内装色も2色設定することで、カラーリングにこだわる若者を意識。

インパネもそれまでのスズキ車とは異なるファッショナブルなデザインで洗練されていた。

HE21S_v2 (10)

出典:Goo-net

エンジンはアルトやワゴンRで実績のあるVVT機構付きのK6A型エンジンを採用。

安全面でも64km/hオフセット前面衝突にも対応した、軽量衝撃吸収ボディーTECT(テクと)を採用しこれ以外に運転席&助手席にSRSエアバッグとシートベルトフォースリミッター、シートベルトテンショナーを標準装備。

ABSもオプション設定するなど安全面でも装備を充実化していた。

スポンサーリンク

初代ラパン バージョンVとは?特別装備や違いなど

2002年1月にデビューした初代アルトラパン。

そのスポーツモデルといえばKeiワークスと同じエンジンに5MTの「アルトラパン SS」が有名だが、ラパンSS登場の半年前、2003年1月に登場した特別仕様のスポーティモデルがこの「ラパン バージョンV」である。

バージョンVではエクステリアに

  • フロントメッキグリル
  • フロントアンダースポイラー
  • サイドアンダースポイラー
  • リアアンダースポイラー
  • ルーフエンドスポイラー

でフルエアロ化。このほか

  • マフラーテールカバー
  • アルミホイール
  • 丸形電動リモコンドアミラー

を標準装備。インテリアでは

  • 革巻ステアリングホイール
  • シルバー塗装のインパネ

を特別装備。

エンジンはノーマルのラパンに当時非設定だったK6A型マイルドターボエンジン(60馬力仕様)を搭載。

快適装備として「キーレスエントリー」を標準装備とし、スポーティーな内外装でスポーツ色を強めた特別仕様車となっていた。

エクステリア

HE21S_versionV (2)

出典:Goo-net

バージョンVはすぐ直前に追加設定されたラパンターボをベースに、専用メッキグリル、(フロント、サイド、リヤ)アンダースポイラー、ルーフエンドスポイラー、マフラーテールカバー等を装備する。

ヘッドライトは共通だがメッキで囲われたグリルがスポーティ感を演出しており、オーソドックスな角型ヘッドライトと組み合わせるとどこか昭和のレトロ感を感じるフロントデザインとなっている。

ただし、トレードマークのうさぎエンブレムは健在で、レトロ感とスポーティ感が合わさっている。

HE21S_versionV (4)

出典:Goo-net

サイドから。ノーマルにはないフルエアロがスポーティ感を出している。サイドウィンカーの上には専用エンブレムが付く。

サイドミラーは特別仕様車の「モードⅡ」でも採用された丸型のサイドミラーで、レトロ感が強いデザインになっている。

足元は専用デザインの13インチアルミホイール。

HE21S_versionV (3)

出典:Goo-net

リア。ラパンSSにはないバージョンV用の純正ルーフエンドスポイラーが付いている。他にバージョンV仕様としてマフラーテールカバーも標準装備となる。

リアのコンビランプはノーマルおよびSSと共通で曇った古臭いデザインだが社外品が多くリリースされているので交換には困らない。

エンジン・機能装備・安全装備など

バージョンVグレードに設定されたエンジンは3気筒のターボのみ。

最高出力は60ps(44kW)/6000rpm、最大トルクは8.5kg・m(83N・m)/3000rpm。

ラパンSSでは64馬力のハイプレッシャーターボが搭載されてたが、こちらはノーマルラパンのターボと同じ60馬力のMターボである。

駆動方式はFFまたは4WDでトランスミッションは4ATのみとなる。5MTの設定が無い点は要注意。

インテリア

HE21S_versionV (10)

出典:Goo-net

インパネ。バージョンV仕様としてインパネをシルバー塗装としスポーツ感を演出した。

HE21S_versionV (11)

出典:Goo-net

タコメーターはSSと同じく後付風の小さなものが付く。カスタム感が出ておりおしゃれなデザイン。

出典:Goo-net

ステアリングはバージョンV仕様として本革巻ステアリングホイールを標準装備する

HE21S_versionV (12)

出典:Goo-net

シートはセパレートタイプ。バージョンV専用の落ち着いたグレー調のシート表皮となる。

HE21S_versionV (8)

出典:Goo-net

リアの足元は現行ワゴンRなどと比べるとさすがに狭いか。ただしアルトやミラに比べるとシートの作りが改善されており、街乗り以上の移動でも幾分マシだろうか。

HE21S_versionV (7)

出典:Goo-net

ラゲッジルーム。リアの足元が狭かった分こちらは広め。

HE21S_versionV (13)

出典:Goo-net

リアシートは分割可倒式。

HE21S_versionV (14)

出典:Goo-net

リアシートをフルフラットにした状態。

まとめ

HE21S_versionV (1)

出典:Goo-net

ラパン バージョンVはラパンSSほどホットなモデルではないが、レトロ感とスポーティ感がマッチングした昔懐かしいデザインの軽自動車である。

ターボはそれほど速くない点と4ATな点に注意だが、その分誰でも乗れる手頃な1台となっている。

ラパンSSは以外と見かけることが多いのだがこのバージョンVは特別仕様車だったこともあり個体数が少なく希少である。

他人と被る可能性が低いスポーティな街乗りラパンとして、あるいはレトロ感がありつつスポーティな軽自動車を探している人には良い1台ではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました