【前期型】スバル R2(RC1/RC2型) 概要解説

R2

R2はスバルのワゴン型軽自動車。初代プレオの実質的な後継モデルである。本稿では昭和のR2ではなく、平成版のRC系R2について記述する。

画像参照元:Goo-net

概要

2003年12月にデビューしたスバル・R2。R2はそれまでの他の軽自動車とは一線を画するデザインと優れた燃費性能&衝突安全性、合理的なパッケージング、使いやすくキビキビとした走りで新しいミニカーの価値を追求したモデルである。

エクステリアは航空機をモチーフにした「スプレッドウィングスグリル」を採用。フロントからリヤにかけて流れるようなボディシルエットや張りのあるボディ形状によりスポーティーでエレガントなフォルムを表現。個性豊かな11色のボディカラーを設定。

インテリアはにボディカラーにあわせたアイボリーとブラックの2種類のインテリアカラーを。暖色系ランプ&LEDを用いたインテリア照明で上品さを追求。

パッケージングは衝突安全性を保ちながら後席の乗員にも配慮。前席の乗員スペースを重視した設計とした。

安全面ではワンモーションフォルムの採用でタマゴのように衝突を効率的に吸収できる形状とした。また、フロント・リヤフレームの高さを合わせることで自分よりも重たい車との衝突を軽減。軽自動車でありながら2004年の試験時に衝突安全性能評価で運転席・助手席ともに星5つ(ファイブスター)を獲得している。

このほかセイフティペダルやシート形状をむち打ちを軽減する構造のものを標準で採用。さらにオプションではフロントアクティブセイフティシートも用意。ISO FIX方式チャイルドシートへの対応にテザーアンカーも標準装備。ボディ前部は歩行者との衝突に対応した衝突吸収構造を採用した。また、EBD(電子制御制動力配分システム)付ABSを「R」および「S」に標準装備。「i」グレードではオプションとした。

エンジンは新開発のEN07型DOHC16バルブAVCSエンジンに初代プレオからあるSOHCエンジンと同じくDOHCインタークーラー付きスーパーチャージャーエンジンの3種類を設定。

DOHCの自然吸気エンジンではAVCS(アクティブバルブコントロールシステム:可変バルブタイミング)の採用により、「力強く、スムーズな走り」と「低燃費」を高次元で両立した。トランスミッションはi-CVTと5MT(※自然吸気エンジンのみ)の2種類を用意し、スーパーチャージャー搭載車にはマニュアルモードを設定した。

スバルR2 RC1型とRC2型との違い

R2のRC1とRC2の違いは駆動方式。RC1はボンネットにエンジンを配置し前輪を駆動するFFのR2。RC2はRC1をベースにビスカスカップリングを使って全輪を駆動する4WDのR2。

ただし4WDに関してはジムニーやパジェロミニなどの本格軽SUVとは異なり、基本はFFで、前後の回転差が生じた時(滑った時など)に4WDとなるパッシブタイプのオンデマンド4WD方式。パートタイム4WDのようなタイトブレーキング現象が発生せず街乗りでは扱いやすいが、その分本格的な悪路走行には向いていないのでその点は十分注意されたい。

エクステリア

フロントデザインはかなり特徴的で、遠くからでもひと目でそれとわかる個性的なデザインだ。斜め方向にひょろ長いまるでいきもののようなヘッドライトに、特徴的なフロントグリルが組み合わされ、他の軽自動車メーカーには全く存在しない唯一無二のデザインとなっている。

当時デザインを担当したのはアルファロメオでデザイン経験のあるアンドレアス・ザパティナス氏で、グリルの通称豚っぱな部分はその影響を受けていると噂されている。好き嫌いがはっきりと別れるデザインだが、個性的であることは間違いない。

サイドから。一応ワゴン型に近いボディなのだが、全体的に流線型をなしておりフロントはフロントガラスからボンネットまで一直線に傾斜している。

リアも後部座席に進むにしたがって天井が少しづつ傾斜しており、こちらも他の軽自動車にはない独創的なデザインだ。サイドミラーも独特な三角形の形をしておりこれも特徴的。フロントのデザインと相まって愛嬌あるボディスタイルとなっている。

足元は「i」グレードが14インチホイールキャップ、「R」グレードでは14インチアルミホイール。サイズはともに155/65R14。最上級で過給器付きの「S」グレードのみ15インチアルミホイールで、サイズは155/60R15。

リア。タイヤハウス部の出っ張りが他にはないデザインで独創的だ。コンビランプは上部に取り付けられ、この部分だけは三菱のi(アイ)に似ている。写真の物はオプションパーツでカスタムされているが、ノーマル状態は次のようになる。

エンジン・機能

エンジンは4気筒のNA・SOHCエンジン、NA・DOHCエンジン、スーパーチャージャー付きDOHCエンジンの3種類。

「R」グレードに搭載のDOHC自然吸気エンジンは最高出力54ps(40kW)/6400rpm、最大トルクは6.4kg・m(63N・m)/4400rpm。

廉価グレードとなる「i」グレードに搭載のSOHC自然吸気エンジンは最高出力46ps(34kW)/6400rpm、最大トルクは5.9kg・m(58N・m)/5200rpm。

「S」はインタークーラー付きスーパーチャージャーエンジンとなり、最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは10.5kg・m(103N・m)/3200rpmのハイオクガソリン仕様。

トランスミッションはCVTまたは5MTの2種類だが、5MTを選べたのは廉価の「i」と中間グレードの「R」グレード(すなわち自然吸気)のみで、スポーツタイプには5MTの設定はない。駆動方式はFFまたは4WDとなる。ABSは「S」と「R」に標準装備で、「i」ではオプション設定となっていた。

インテリア

インパネ。ツートンカラーでシンプルにまとめてある。写真のものはベーシックの「i」グレードでタコメーター無しだが中間グレードの「R」やスポーツタイプではタコ付きメーターが備わる。

タコメーター付きはRとスポーツタイプのSで同じものだが、後期型のスポーツタイプは専用の3眼タイプになる。

マニアックな5MTの様子。もともとインパネシフトで設計されていたので旧来のフロアシフトでは後付感が半端無い。デザインも軽トラのようなシフトブーツが付いており外観のおしゃれなデザインとは相反する残念なポイント。

メインターゲットを女性としている車において扱いづらい5MTにどれだけの需要があったかはわからないが、トランスミッションの選択肢が多かった点は評価できる。

なおCVTのインパネシフトではこのようになる。エアコンはスーパーチャージャー搭載のSグレードのみオートエアコンで、iグレードとRグレードではマニュアル式エアコンとなる。

フロントシートはセパレートタイプ。なおベーシックグレードと中間グレードとではシートの色が異なり、写真の物は中間グレードでちょっと上品なグレー系のシート。廉価グレードは少し明るい感じのベージュ系のシートとなる。

リアシート。初代プレオよりは足元が格段に広くなったが、車の設計が室内空間を少し狭めにとって安全性を高めているため、同年代のライバル(ワゴンRやムーヴ)などと比べると横幅が若干狭くなっている。

特に4名フル乗車するとその違いは顕著で、乗車定員MAXで乗る場合やタント系のスペース重視で車選びをしている人は要注意である。あくまでもR2はデザインと衝突安全性に重点を置いていると考えて欲しい。

ラゲッジルームは少し狭め。

リアシートを倒せば広くなる。が、フルフラットにはならずラゲッジスペースとリアシートとで段差ができてしまう。

まとめ

前期型のR2は個性的なフロントに流線型のボディデザインが特徴の軽自動車である。

クセが強すぎるフロントは好き好きがかなり別れるが個性的であるのは確かなので気に入った人には長く愛せる1台だ。デビュー当初の前期型のフロントはあまりにも個性が強すぎたため後期型ではオーソドックスなグリルに変更されている。

全体のボディデザインは気に入ったのにフロントで躊躇してしまった人は是非とも後期型を確認して欲しい。後期であれば少なくとも前期のようなクセは減っているので違って見えるはずである。

中古市場では年式が経過している点で入手しやすい値段になってきており、一時期のR2ブームも去ったのか街で見かけることも少なくなってきた。

個性的で可愛い&長く愛せる中古の軽自動車をさがしている人には是非ともススメてみたい1台である。現在ではスバルの軽自動車は全てダイハツのOEMに切り替わってしまったので、2度とこのような軽自動車が出ることは無い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました