【後期型】スバル R2(RC1/RC2型) 概要解説

R2

R2はスバルのハッチバック(セダン)型軽自動車。本稿では2005年11月マイナーチェンジの後期型について扱う。

画像参照元:壱五屋 

概要

2003年12月にデビューしたスバル・R2。R2はそれまでの他の軽自動車とは一線を画するデザインと優れた燃費性能&衝突安全性、合理的なパッケージング、使いやすくキビキビとした走りで新しいミニカーの価値を追求したモデルである。

エクステリアは航空機をモチーフにした「スプレッドウィングスグリル」を採用。フロントからリヤにかけて流れるようなボディシルエットや張りのあるボディ形状によりスポーティーでエレガントなフォルムを表現。個性豊かな11色のボディカラーを設定。

インテリアはにボディカラーにあわせたアイボリーとブラックの2種類のインテリアカラーを。暖色系ランプ&LEDを用いたインテリア照明で上品さを追求。

パッケージングは衝突安全性を保ちながら後席の乗員にも配慮。前席の乗員スペースを重視した設計とした。

画像参照元:ケーユー

安全面ではワンモーションフォルムの採用でタマゴのように衝突を効率的に吸収できる形状とした。また、フロント・リヤフレームの高さを合わせることで自分よりも重たい車との衝突を軽減。軽自動車でありながら2004年の試験時に衝突安全性能評価で運転席・助手席ともに星5つ(ファイブスター)を獲得している。

このほかセイフティペダルやシート形状をむち打ちを軽減する構造のものを標準で採用。さらにオプションではフロントアクティブセイフティシートも用意。ISO FIX方式チャイルドシートへの対応にテザーアンカーも標準装備。

ボディ前部は歩行者との衝突に対応した衝突吸収構造を採用した。また、EBD(電子制御制動力配分システム)付ABSを「R」および「S」に標準装備。「i」グレードではオプションとした。

エンジンは新開発のEN07型DOHC16バルブAVCSエンジンに初代プレオからあるSOHCエンジンと同じくDOHCインタークーラー付きスーパーチャージャーエンジンの3種類を設定。

DOHCの自然吸気エンジンではAVCS(アクティブバルブコントロールシステム:可変バルブタイミング)の採用により、「力強く、スムーズな走り」と「低燃費」を高次元で両立した。

トランスミッションはi-CVTと5MT(※自然吸気エンジンのみ)の2種類を用意し、スーパーチャージャー搭載車にはマニュアルモードを設定した。

後期型R2の改良点と前期型との違い

そのR2は2005年11月にビッグマイナーチェンジを受けて後期型となった。

後期型のエクステリアでは新デザインのフロントグリルを採用。リアバンパーにもアンダースポイラーを標準装備とすることで、前期よりもスタイリッシュ感をアップ。また、コンビランプやリアガーニッシュも刷新された。

ボディカラーには「コーラルオレンジ・メタリック」「ルミナスグリーン・パール」「ミスティベージュ・メタリック」の3色を追加。

インテリアでは撥水機能付きシートを採用。インパネカラーも新色とし、アイボリー内装ではアイボリー色。オフブラック内装ではグレー色のインパネカラーを採用した。

また安全性を高めるためリアドアのデザインを変更。後方確認時の見切りが良くなった。また、ヘッドランプレベライザーも標準装備となった。

快適装備にはオプションとして「ユーティリティパッケージ」を新設定。水平可倒機構を持つ助手席マルチユーテリティシートにサブトランク、助手席アンダートレイ、イグニッションキー照明、スマートキレースをセットにしたものでより利便性を向上させたマイナーチェンジとなった。

後期型R2に新設定の「F」グレードと「F+」グレード、「i」グレードとの違いなど

2007(平成19)年6月の一部改良ではそれまでの廉価グレードを刷新。「i」グレードを廃止して新たに「F」グレードと「F+」グレードを新設定した。

「F」グレードはシンプルな構成で価格をさらに安くした超廉価グレード。「i」をベースにグレーのシート表皮、電動リモコンドアミラーを標準装備としつつ、オーディオレス仕様とすることで、それまでの「i」グレードよりも8万円ほど安い76万6500円からという破格の新車価格とした。

もうひとつこのFをベースに快適装備をプラスした「F+(エフプラス)」も新設定。

Fグレードに追加でCDプレーヤー&AM/FMチューナー、UVカットフロントガラス、UVカット機能付濃色ガラスをリアドアとリアゲートに。

インパネアクセサリーソケットとフロントフォグランプを標準装備としてFグレードよりもプラス10万円。それ以前の「i」グレードと比較するとわずか2万円アップの86万6250円というお買い得価格としていた。

エクステリア

前期型では通称「ぶたっ鼻」と呼ばれた個性的なグリルは、五角形のペンダゴングリルへ変更されセンター部にはメッキのワンポイントが備わった。

元々R2のフロントは可愛らしいデザインだったので、ブサイクなグリルが無くなってよりキュートなデザインが強くなった。これなら前期型のデザインでためらっていた人も大丈夫だ。

ちなみにこちらは前期型。ヘッドライト部は同じだがバンパーからグリルにかけてのデザインがかなり違う。

サイドから。このあたりは特に変更点は無いが、フロントガラスからボンネットにかけての傾斜が実に特徴なのがわかる。

安全性を高めるため、後期型ではリアのドアガラスの形状を変更。後部にかけて鋭角だった窓ガラスは後期型では一般的な台形デザインとなった。この部分は後期か前期かを見分けるポイント。

リア。後期型における変更点は特にない。

エンジン・機能

エンジンは4気筒のNA・SOHCエンジン、NA・DOHCエンジン、スーパーチャージャー付きDOHCエンジンの3種類。

「R」グレードに搭載のDOHC自然吸気エンジンは最高出力54ps(40kW)/6400rpm、最大トルクは6.4kg・m(63N・m)/4400rpm。

廉価グレードとなる「i」後の「F」、「Fプラス」グレードに搭載のSOHC自然吸気エンジンは最高出力46ps(34kW)/6400rpm、最大トルクは5.9kg・m(58N・m)/5200rpm。

「タイプS」などの過給器(インタークーラー付きスーパーチャージャーエンジン)では最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは10.5kg・m(103N・m)/3200rpmのハイオクガソリン仕様となる。

ただし、2006(平成18)年11月の一部改良でこのスーパーチャージャーエンジン仕様がレギュラーガソリン化。これにより最高出力64ps(47kW)/6000rpmで変わらないものの、最大トルクは9.5kg・m(103N・m)/4000rpmとなった。

トランスミッションはCVTまたは5MTの2種類だが、5MTを選べたのは廉価の「i」とその後の「F」グレードと「F+」、中間グレードの「R」グレード(すなわち自然吸気)のみで、スポーツタイプには5MTの設定はない。駆動方式はFFまたは4WDとなる。ABSは「S」と「R」に標準装備で、「i」ではオプション設定となっていた。

トランスミッションはCVTと5MTのいずれかだが、前期型と同じく5MTはスポーツグレードには設定されない。駆動方式はFFまたは4WD。スバル伝統の四輪独立懸架サスペンションは健在だ。

スバルR2 RC1型とRC2型との違い

R2のRC1とRC2の違いは駆動方式。RC1はボンネットにエンジンを配置し前輪を駆動するFFのR2。RC2はRC1をベースにビスカスカップリングを使って全輪を駆動する4WDのR2。

ただし4WDに関してはジムニーやパジェロミニなどの本格軽SUVとは異なり、基本はFFで、前後の回転差が生じた時(滑った時など)に4WDとなるパッシブタイプのオンデマンド4WD方式。

パートタイム4WDのようなタイトブレーキング現象が発生せず街乗りでは扱いやすいが、その分本格的な悪路走行には向いていないのでその点は十分注意されたい。

インテリア

インパネ。当初はベージュ系の配色だったが最終型付近でブラック&シルバー系のインパネが追加された。エアコンはF、Fプラス、レフィ、Rグレードがマニュアル式エアコン。タイプSではオートエアコンとなる。

5MTモデルのインパネ。MTではプレオと同じフロアシフトを採用。

なお、RグレードではNAでもタコメーター付きのスピードメーターとなる。エアコンはオートエアコン。

RC1/RC2 R2のシフトノブ 5MT スバル

R2の5MTのシフトノブ

フロントシートはセパレートタイプ。シートに関しても最終型付近でグレードによりブラック系のシートが追加されたり、「レフィィ ビターセレクション」では赤系のシートも追加された。

リアシート。ワゴンRやムーブなどと比べると足元は狭い。

ラゲッジルーム。

リアシートを倒した状態。

まとめ

R2の後期型モデルは難点だったフロントデザインが改善され、受け入れやすいモデルとなった。

前期型よりも可愛らしさが増しているので、女性向けというキャラクターが強くなった1台だ。過給器モデルは前期同様に用意されているのでそちらは男性向けだが、自然吸気ならストレートに女性にススメてみたい1台である。

これ以後のスバルの軽自動車はすべてダイハツ製となり、R2の後継となるモデルも無いことから希少性の高い1台であり、個性あるデザインゆえの愛着湧きやすい車だ。ムーブやワゴンRに比べると室内の広さでは勝てないが、それを補うデザインの良さと衝突安全性を兼ね備えている。

中古市場では年式が経過してきたこともあり(過給器モデル以外は)かなり買いやすい値段も魅力的だ。可愛らしい、かつメジャーなダイハツやスズキ以外の軽自動車を探している人に良いのではないだろうか。燃費は当時の軽自動車にしてはCVT採用でそこそこ良く、足車としても充分魅力的である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました