【2代目・前期型】スバル ステラカスタム( LA100F/LA110F型)

ステラカスタム

ステラはスバルのワゴン型軽自動車。ステラカスタムはそのスポーティモデルで、ダイハツ・ムーヴ・カスタムのOEMモデルある。本稿では2代目・LA100FおよびLA110F系の2011年5月~201年12月までを前期型とし、これを扱う。

LA100F_custom (16)

画像参照元:Goo-net

概要

スバルの2代目ステラカスタムはダイハツとの業務提携強化発表後、5代目前期ムーヴ・カスタムのOEM供給を受けて2011年5月にデビューした。

2代目ステラのコンセプトは「Smart Active Small」。広い室内空間に扱いやすさ、優れた燃費性能が特徴のモデルとなっている。

ベースが初代とは異なりダイハツ製・5代目ムーヴカスタム(前期型)となったことで室内空間は飛躍的に拡大。室内長は初代ステラの1785mmから2075mmに。

室内幅は1205mmから1350mm。室内高は1295mmから1280mmとわずかにダウンだが、奥行きと横幅の大幅拡大で(この手の軽にしては)初代のちょっと小さめな室内空間から一転。ライバルと同じ巨大な空間へと生まれ変わっている。

メカニズムではOEM供給にあたりスバル伝統の…ではなく、すべてダイハツ製のメカニズムに切り替わった。エンジンは改良型の第2世代KF型エンジンを採用し、トランスミッションも全グレードでCVTを採用。スバルの軽乗用車では初となるアイドリングストップ(※電動オイルポンプを廃止し、変速制御域の最適化したタイプ)も採用した。

エコ分野ではこれまたスバルの軽乗用車では初めてとなるストップランプのLED化で省電力をアップ。ノーマルステラとステラカスタムの両方でLEDストップランプが標準採用となった。これに上述のエンジンやトランスミッション。アイドリングや省電力化によりFFモデルでは27.0km/L(10.5モード)の低燃費を実現した。

安全面では「セーフティパック」(SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ、ダブルプリテンショナー&フォースリミッター機能付きフロント3点式ELRシートベルトの3点セット)がムーヴカスタムにオプション設定。

カスタムのRSには「インテリジェントドラインビングアシストパック」(衝突被害軽減ブレーキ、車載カメラを利用した車線逸脱防止支援機能、VSC、全車速対応型レーダークルーズコントロールの4点セット)もオプション設定となっていた。

2代目ステラカスタムLA100F/LA110Fの特徴と5代目ダイハツ・ムーヴカスタムLA100S/LA110Sとの違い

LA100F_custom (24)

そのカスタムモデルである「ステラカスタム」は初代同様にノーマルに対し専用ヘッドライトやメッキグリル、フォグランプ付きエアロバンパーにサイドアンダースポイラー、ルーフエンドスポイラー、専用コンビランプなどで外装をスポーティーにあしらったモデルである。

内装でもブラックインテリアの採用でノーマルよりも上級かつスタイリッシュな印象を与えている。ベースは5代目・前期型のムーヴカスタムとなるが、スバルへのOEM供給にあたってはエンブレム以外にフロントグリルとフロントバンパーを小変更。わずかではあるが差別化がなされている。

元々ステラはノーマルのステラとスポーティーなステラカスタムの2本立てだったが、OEM元のムーブにもならって同じ2本立てを継続した。

なお、スバル仕様として外装以外では全グレードでフロントスタビライザーを標準装備。安心感のある快適な走りを実現した。

また、ベースの5代目ムーヴでは設定のなかった運転席シートリフター、チルトステアリング、フロントシートベルトショルダーアジャスターも全グレードで標準装備とし、最適な運転姿勢が取れるようこだわりが反映されている。

エクステリア(外装)

LA100F_custom (2)

フロントデザイン。スバル仕様としてダイハツエンブレムからスバルの6連星エンジンに変更し、メッキグリルとバンパーが専用品となる。

これ以外ははベース車と同じだ。人によっては先代の「初代ステラカスタム」という個性的な車と比較するとかなり見劣りする内容かもしれない。

LA100F_custom (18)

ヘッドライトはベース同様に4灯式のヘッドライトを採用。ロービーム側は全グレードでディスチャージヘッドライトを標準装備。

LA100F_custom (3)

サイドから。フロントガラス付近の湾曲が特徴的なフォルムだ。さらにドアミラーの前にも小さなウィンドウがついており、室内空間の拡大に寄与している。横からの変更は特にない。スバル仕様として写真色の「ファインブルーマイカ」が専用設定される。

LA100F_custom (19)

足元は14インチアルミホイール。カスタムRリミテッドSでは15インチアルミホイールとなる。

スバル仕様としてフロントスタビライザーが全グレードで標準装備となり、2011年8月追加のRSでは15インチアルミホイールにフロントは大径フロントスタビライザー、2WDのみだがリアにもスタビライザーを標準装備する。

LA100F_custom (4)

リア。テールランプはムーヴカスタムとの共通品でクリアータイプを装着。他には6連星エンジンとステラカスタムのエンブレムが付いている以外はベースと同じだ。

エンジン・機能

LA100F_custom (20)

エンジンはKF型3気筒直列DOHC自然吸気エンジンとターボ版の2種類。

自然吸気エンジンでは最高出力52ps(38kW)/7200rpm、最大トルクは6.1kg・m(60N・m)/4000rpm。

2011年11月マイナーチェンジではエンジンが改良され特性が変化。最高出力は52ps(38kW)/6800rpm、6.1kg・m(60N・m)/5200rpmとなる。

同時にCVTの改良と停車前アイドリングストップ機能の追加でFFモデルでは27.0km/リットル(JC08モード)を達成した。

LA100F_custom (26)

デビュー当初はターボモデルの設定がなかったが、2011年8月のマイナーチェンジで本家ムーヴ・カスタムRSに相当するモデルがターボモデルとして追加された。

ターボエンジンは最高出力64ps(47kW)/6400rpm、最大トルクは9.4kg・m(92N・m)/4000rpm。トランスミッションは全グレードでCVTのみの設定。

駆動方式はFFまたは4WDとなる。先代の4気筒エンジン、スーパーチャージャー、4輪独立懸架という個性的なメカニズムは全て廃止され、ムーヴ・カスタムと同じ内容となっている。

安全装備として全グレードで運転席&助手席エアバッグ、EBD付きABSを標準装備する。

2代目ステラカスタムLA100FとLA110Fとの違い

2代目ステラカスタムのLA100FとLA110F型との違いは駆動方式。LA100Fは前輪を駆動するFFモデルのステラカスタム。

LA110FはLA100Fをベースに全部のタイヤを駆動するAWDモデルの2代目ステラカスタム。

なお、AWDシステムにはビスカスカップリングを用いた生活4駆と呼ばれるAWDシステムが採用される。

これはジムニーパジェロミニなどの本格軽SUVとは異なり、基本はFFで、前後の回転差が生じた時(滑った時など)に4WDとなるたパッシブタイプのオンデマンド4WD方式。

パートタイム4WDのようなタイトブレーキング現象が発生せず街乗りでは扱いやすいが、その分本格的な悪路走行には向いていないのでその点は十分注意されたい。

なお、OEM元の5代目ムーヴカスタムのLA100SはLA100Fと。LA110SはLA110Fの兄弟モデルで中身は基本的に同じと考えて良い。

初代ステラカスタム(RN1/RN2)と2代目ステラカスタムLA100FとLA110Fとの違い

初代ステラカスタム(RN1/RN2)はR2を流用した作りで、足回りは4輪独立懸架式サスペンション。エンジンはEN07型4気筒エンジン。過給器モデルにはスーパーチャージャーを組み合わせる。

一方、2代目ステラカスタムは5代目ダイハツムーヴのOEMモデルとなり、セッティングなどがスバル仕様となっているものの、中身はダイハツ製で、足回りはマクファーソン・ストラット式コイルスプリング、3気筒エンジン、ターボチャージャーを組み合わせる。

初代ステラはR2の流用のため、室内空間が同年代のムーヴやワゴンRと比較すると若干狭い特徴があった。その分独立懸架式サスペンションにより凹凸路面での乗り心地は良好。外観は他社に似ていても中身はスバルらしいモデルであった。

一方の2代目ステラカスタムは5代目ムーヴカスタムがベースのため車内は広くなったものの足回りやエンジンは基本的にムーヴそのもの。初代ステラカスタムとはまったくの別物となっている。

インテリア(内装)

LA100F_custom (7)

インパネ。ベースと同じくセンターメーター。ちなみに後期型では従来型の位置へ変更される。上級グレードでは本革巻ステアリングホイールとなり、2011年8月追加のRSではベース同様にモモ製本革巻ステアリングホイールを標準装備。この他全グレードでチルトステアリングが備わる。

LA100F_custom (6)

カスタムグレードではタコメータ付きのスポーティなメーターとなる。

LA100F_custom (14)

エアコンパネルは温度表示が液晶タイプのオートエアコン式となる。

LA100F_custom (21)

フロントシートはセパレートタイプ。スバル仕様として運転席シートリフター、フロントシートベルトショルダーアジャスターを標準装備。

LA100F_custom (1)

リアシートの足元はかなり広い。ここは先代とは大きく異なり評価できるポイントだ。リアシートはスライド機構を備え足元とラゲッジルームとの広さを調節可能。

LA100F_custom (10)

ラゲッジルーム。リアゲートは左右開閉式となる。

LA100F_custom (8)

リアシートを全て倒した状態。

まとめ

LA100F_custom (12)

2代目ステラカスタムの前期モデルは5代目前期・ムーヴ・カスタムのOEMモデルで、スバルオリジナルの仕様変更が加えられたモデルである。

外装では小変更にとどまりほとんど同じだが、見えないところでフロントスタビライザーを全グレードで標準装備としたり、チルトステアリングや運転席シートリフター、フロントシートベルトショルダーアジャスターなども標準装備となり安全性や快適性を向上させている。ベースモデルのムーヴカスタムでは一部モデルのみの設定なのでこの点はベースよりも優れた点である。

初代ステラカスタムのような個性的なメカニズムは失われてしまったものの、売れ筋のワゴンとしては優れたモデルであり、5代目ムーヴカスタムなど中古の売れ筋の軽乗用車を探している人は、OEM版の2代目ステラカスタムを検討してみても面白いだろう。

中古市場では本家ムーヴ・カスタムよりも台数が少ないが、モノによっては本家よりも安い場合もありお買い得な場合もある。人気なムーヴ・カスタムからみるとマイナーであることが影響していると思われるが、前述の本家にはない追加装備は魅力的である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました