【9代目・前期型】ダイハツ ハイゼットトラック(S200P/S210P型)

ハイゼットトラック

ハイゼットトラックはダイハツのトラック型軽乗用車。本稿では9代目S200系のデビュー当初、1999年1月~2004年11月までを前期型とし、これを扱う。

S210p_first (4)

画像参照元:Goo-net

概要

1999年1月にフルモデルチェンジし、9代目となったダイハツ・ハイゼットトラック。

9代目のハイゼットトラックは1998年の軽乗用車新規格に対応しつつもコストカットの観点から先代をベースに設計。そのためボディスタイルそのものは先代によく似た形となった。

一方でヘッドライトを大型化し8代目のアイデンティティーだった黒縁を廃止。フルモデルチェンジをイメージさせるスッキリとした顔つきに変化した。また、インパネも新設計となりそれまで旧規格までのイメージを刷新させた。

9代目では新規格と安全対策を取り入れながらも荷台長は1940mmに拡大。またボディの85%に亜鉛メッキによる防錆鋼板を採用し、カチオン電着塗料により高い防錆性能を実現した。

さらに「ストロング防錆仕様」がスペシャル、ローダンプ、パネルバングレードを除いてオプション設定され、軽トラック初となる錆による穴あき5年、表面錆3年の長期保証を実現した。

9代目のハイゼットトラックでは新規格にボディを対応させ外観を一新。さらに荷室長さの拡大とサビ対策が強化されるなど、フルモデルチェンジにふさわしい内容となっている。

エクステリア

S210p_first (5)

フロントデザイン。9代目ではそれまでの黒縁の外枠+長方形とウィンカーというデザインをやめ、外枠分までヘッドライト単体で拡大された。これにより先代のイメージをもたせつつ、新規格にふさわしい新しいイメージを創出した。

S210p_first (13)

なお、廉価グレードのスペシャルグレードでは無塗装バンパーを標準装備。それ以外はカラードバンパー。

S210p_first (1)

上級グレードのデラックスとエクストラではフロントメッキガーニッシュ(ラジエーター風)を標準装備とした。

S210p_first (0)

ただし、無塗装バンパーに関しては2000年2月マイナーチェンジで全グレード共通のカラードバンパーに置き換えられた。

S210p_first (7)

サイド。先代のフルキャブタイプを踏襲。このカタチはこの後の10代目にも受け継がれかれるため、ハイゼットトラックといえばこのスタイルという部分だ。

S210p_first (9)

足元は12インチ鉄チンホイール。

S210p_first (8)

リア。デザイン的には先代とほとんど変わらないが、コンビランプが横長から若干縦長に変更されいてる。

S210p_first (15)

あおり左側には「EFI DLI」のデカールが付く。

エンジン・機能

S210p_first (14)

エンジンはEF-SE型の3気筒SOHC自然吸気エンジンとEF-VE型3気筒DOHC自然吸気エンジンの2種類。廉価グレードのMT仕様(スペシャル等)ではSOHC仕様となり、最高出力43ps/5900rpg、最大トルクは5.8kg/3600rpm。

これ以外では3気筒DOHC自然吸気エンジンで最高出力48ps/5900rpm、最大トルクは6.4ps/4000rpmとなる。

トランスミッションは3ATまたは5MTで駆動方式はFRまたはパートタイム4WD。一部グレード(クライマー)では4WDにデフロック機構が備わる。

1999年9月にはEFGI(電子制御式フィードバック・ガス・インジェクション)採用エンジンを搭載したLPG車を追加。2000年4月には5MT車にクラッチスタートシステムを標準採用。

さらにそれまでSOHCエンジンだったスペシャルグレードのエンジンを他グレードと同じDOHC自然吸気エンジン(ツインカムDVVT3気筒12バルブEFIエンジン)としたグレード「ツインカムスペシャル」を追加。

2001年1月マイナーチェンジではデフロックを標準装備した「スーパーデフロック」グレードが追加された。

そして2002年1月マイナーチェンジではエンジンの出力アップが行われ、これによりEF-SE型(SOHC)エンジンは最高出力45ps/5900rpm、最大トルク5.8kg/3600rpmに。

EF-VE型(DOHC)エンジンも最高出力50ps/5900rpm、最大トルクは6.4kg/4000rpmにパワーアップ。街乗りでの扱いやすさが向上した。

上述のように9代目前期型のハイゼットトラックは同じ顔つきでもグレードや年式によりエンジン特性が異なる点に注意。

インテリア

S210p_first (10)

インパネ。デザインは商用車らしくベーシックな感じだが、それ以前よりは見た目がよくなっている。なお、廉価グレードではエアコンレスとなる。

S210p_first (3)

スピードメーター。

S210p_first (16)

5MTのシフトノブ(パートタイム4WD仕様)。3ATも同じくフロアシフトとなる。

S210p_first (11)

シート。

まとめ

S210p_first (6)

9代目ハイゼットトラックの前期型は、新規格に対応し近代化された外観と拡大された荷台長。刷新させたインパネなどが特徴のモデルである。

これ以前では(他メーカーも同様に)かなり古臭さを感じる独特のデザインだったが、このあたりからハイゼットトラックも外観がよくなった。

さらにこの後のマイナーチェンジ(中期型)ではフルモデルチェンジに近いほどの変更内容(デザインや機能性)となるためさらなる魅力アップが図られる。

中古市場ではタマにもよるが新規格の軽トラックとしては比較的安めの価格となっており、購入しやすいモデルである。

ただし、軽トラックの需要の高さから全般的に極端に値は下がらない傾向があるため、場合によっては次の中期型と対して変わらない場合もある。この点はよく比較検討して購入してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました