【7代目・前期型】ミラ Lセレクション(L275S/L285S型) | シン・軽自動車マニア

【7代目・前期型】ミラ Lセレクション(L275S/L285S型)

ミラ

ミラはダイハツのハッチバック型軽乗用車。本稿では7代目L275SおよびL285S系の前期(2006年12月~2008年11月)の間に設定された特別仕様車、「Lセレクション」を扱う。

L275S_first_L_selevtion (7)

出典:Goo-net

スポンサーリンク

7代目 ダイハツ・ミラとは?

2006年12月にフルモデルチェンジし、7代目となったダイハツ・ミラ

軽自動車新規格から数えて3回めのフルモデルチェンジであり、先代の居住性を重視したパッケージングを継承しながら愛嬌のある可愛らしいデザインとなった。

7代目ではエンジンやプラットフォームを一新し、クラスを超えた軽乗用車を目指して開発。コンセプトは「街乗りクオリティ・ミニ」でダイナミックかつフレンドリー感あふれるデザインと、乗り降りのしやすいパッケージング、優れた低燃費などが大きな特徴だ。

ミラは先代の6代目からムーヴのような全高を与え室内空間が飛躍的にアップしたが、7代目では新設計により室内長、室内幅、室内高をもうひとまわり拡大。

外観上は全高が30mmほどアップした程度だが、室内長は1895mmから2000mm。室内幅は1300mmから1350mm、室内高は1250mmから1265mmとなるなど背の低いハッチバックタイプながら優れた居住性を与えている。

もちろんムーヴタントでは不可能な立体駐車場に入る高さ(全高1530mm)も健在で、従来のニーズに答えられるパッケージングとしている。

出典:Goo-net

デザイン面でもそれまでの保守的なデザインから一新。フレンドリー感あふれるスタイリッシュかつダイナミックなデザインとなり、内装もシンプルながら上質感を高めたのものとした。

エンジンはエッセから採用された新開発のKF型エンジンを採用。一部グレード(最上級のXリミテッド)ではアイドリングストップ機構を採用し、FFのCVTモデルで25.5km/L(10.5モード)の優れた低燃費を実現した。

スポンサーリンク

特別仕様車 Lセレクションの特徴と他モデルとの違い

その7代目ミラに2007年11月、電動格納式ミラー、スモークガラスなど快適装備を与えつつお買い得とした特別仕様車を設定した。それがこの「Lセレクション」である。

L275S_first_L_selevtion (8)

出典:Goo-net

Lセレクションではベーシックな(最廉価の)Lグレードをベースに外装では電動格納式ミラー、スモークガラス(リアドア&リアクォーターガラス&バックドアウィンドウ)、メッキグリル。

内装ではブラウンカラーのシート表皮を与え廉価グレードのLグレードよりも見た目や快適性をアップさせた特別仕様車となっている。

エクステリア

L275S_first_L_selevtion (4)

出典:Goo-net

フロントデザイン。Lセレクションではベースグレードで非装備のメッキグリルを標準装備。アクセント程度の控えめなグリルだが、スタイリッシュ感のアップに貢献している。

L275S_first_L_selevtion (6)

出典:Goo-net

サイドから。Lセレクションではリアドアとリアクォーターガラスがスモークガラスに。電動格納ミラーがカラータイプとなる。

廉価グレードではコストカットのためこの部分が省略される(ミラーは無塗装、リアドアも非スモークタイプになる)ため街乗りメインといえどこの点は嬉しい部分。

L275S_first_L_selevtion (11)

出典:Goo-net

足元は13インチフルホイールキャップ。

L275S_first_L_selevtion (20)

出典:Goo-net

セキュリティーアラームはベース同様に標準装備。

L275S_first_L_selevtion (5)

出典:Goo-net

リア。Lセレクション仕様としてバックドアウィンドウがスモークガラスとなる。これ以外はベースと同じ。

エンジン・機能装備・安全装備など

L275S_first_L_selevtion (10)

出典:Goo-net

エンジンは新開発のKF型直列3気筒DOHC12バルブ自然吸気エンジンのみ。エッセから搭載された新世代エンジンで、

最高出力は58ps(43kW)/7200rpm、最大トルクは6.6kg・m(65N・m)/4000rpmを発生。

トランスミッションは3ATまたは5MTの2種類で、駆動方式はFFまたは4WDとなる。なお、廉価グレードベースのためアイドリングストップ機構は非装備。

インテリア

L275S_first_L_selevtion (9)

出典:Goo-net

インパネ。このあたりはベースと同じ。

L275S_first_L_selevtion (16)

出典:Goo-net

MTのインパネ。

L275S_first_L_selevtion (18)

出典:Goo-net

スピードメーター。

L275S_first_L_selevtion (14)

出典:Goo-net

ATのシフトノブ。

L275S_first_L_selevtion (12)

出典:Goo-net

フロントシートはセパレートタイプ。Lセレクション仕様としてブラウンカラーのシート表皮が与えられた。

L275S_first_L_selevtion (17)

出典:Goo-net

リアシート。スライド機構は非装備。

L275S_first_L_selevtion (2)

出典:Goo-net

ラゲッジルーム。

L275S_first_L_selevtion (3)

出典:Goo-net

リアシートを倒した状態。シートは左右一体式。

まとめ

L275S_first_L_selevtion (15)

出典:Goo-net

7代目ミラの前期に設定されたLセレクションは、廉価グレードベースながら上級グレードと同じメッキグリル、電動格納式カラードミラーにスモークガラス、ブラウンカラーのシート表皮などを与えた特別仕様車である。

この装備を与えながら新車価格はLグレードに対して1万円アップ程度だったのでかなりのお買い得な仕様となっていた。

中古市場では特別仕様車のため7代目ミラの中でもそれほど多くはないが、一番安いグレードよりも上述のアップグレードパーツが標準装備となっているため、少しでもこだわりたい人は嬉しい仕様とえいよう。

室内の広さは歴代ミラの中でもトップクラスのため「車内が広い&立体駐車場に入る&安い足車」的な需要に答えられれそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミラ
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
シン・軽自動車マニア

コメント