【初代 特別仕様車】マツダ フレアワゴン ISリミテッド(MM21S型)

フレアワゴン

フレアワゴンはマツダのトールワゴン型軽自動車。スズキ・パレットのOEMモデルで、ISリミテッドはその特別仕様車である。本稿では初代のMM21S系を扱う。

MM22S_IS_limited (18)

画像参照元:マツダ認定中古車

概要

2012年6月にスズキ・パレットのOEM供給を受けてデビューしたマツダ・フレアワゴン。それまでのマツダの軽自動車はAZワゴンのようにオートザムを意味する「AZ」という名前が先頭に付いていたが、このフレアワゴンからはそれを廃止。イメージのリフレッシュも兼ねて「フレアシリーズ」の第1弾として誕生した。

フレアワゴンはそれまでのマツダのラインネットにはない新ジャンルの軽自動車として登場した。スズキでいうところのスペーシア(旧パレット)、ダイハツはタントに相当する車種で、独立したボンネットにエンジンを持つタイプでありながらゆとりある1,365mmの室内高と2070mmの室内空間を確保。大人4人がゆったりと乗れるパッケージングを実現した。

MM22S (9)

便利機能としては後部座席のドアを両側スライドドアとしグレード別で左側をリモコン操作でも開閉可能な電動パワースライドドアとするなど利便性も向上させている。その他快適装備として保冷機能付きアッパーボックス、プッシュスタート式エンジンスタートなどもグレード別で標準装備とした。

MM22S (6)

快適装備ではエアコンの冷風を利用する保冷機能付き助手席アッパーボックスや豊富な収納スペースを用意。上級グレードでは抗アレルゲン+カテキン・エアコンフィルターを標準装備とし、全グレードで自発光式メーターを採用。上級グレードではタコメーター付きの3連タイプとした。

先進装備としてはキーレスプッシュスタートシステムを廉価グレードを除いて標準採用。上級グレードではディスチャージヘッドランプやオートライトシステムも標準装備とした。また、最上級のTSグレードでは専用チューニングを施したステレオと10個のスピーカーを装備したハイグレードサウンドシステムも採用した。

エンジンは従来通りのK6A型自然吸気エンジンとインタークーラー付きターボエンジンの2種類。トランスミッションは副変速機内蔵のCVTのみとなる。OEM元のパレットはデビュー当時4ATがあったが、フルモデルチェンジ直前の4型が供給されたことによりそれまでのパレットにおける改良がすべて適用済みとなる。

エンジンは電子制御スロットルを採用し副変速機内臓のCVTははロックアップ領域を拡大によるメカニカルロスの低減、CVTオイルを低粘度タイプに変更によるCVT内部の摩擦抵抗を低減などが適用されている。

フレアワゴン ISリミテッドの特別装備

MM22S_IS_limited (17)

その初代フレアワゴンにデビューと同時に設定された特別仕様車が本稿で扱う「ISリミテッド」である。ISリミテッドはスズキ版でいうところの「ISリミテッド」に相当するもので、これをマツダへOEM供給した特別仕様車である。

ISリミテッドではスズキ版同様、エントリーグレードのLSグレードをベースにフレアワゴン唯一の「アイドリングストップシステム」や各種便利装備をプラスして日常の使い勝手を高めたモデルである。

具体的には後部左側のパワースライドドアにフルオートエアコンを標準装備。内装では撥水加工を施したブラウンシート表皮&ドアトリム表皮の採用や、抗アレルゲン+カテキン・エアフィルター付のオートエアコンを採用してミドルグレードベースでありながら上級グレードに匹敵する豪華装備を少し与えつつ価格も抑えた特別仕様車である。

ちなみにスズキ版との違いはフロントメッキグリルが非装備、バックドアの「アイドリングストップ」エンブレムが無い2点で外観からは特別仕様車なのか見分けれない部分である。簡単に言うと外観は他のグレードと全く同じ仕様となっている。

エクステリア

MM22S_IS_limited (14)

フロントデザイン。スズキ版の「ISセレクション」ではパレット特別仕様車(リミテッドやリミテッドⅡ)用のフロントメッキグリルが標準装備となっていたが、マツダ版では非装備でノーマルとまったく同じ。このためパット見、ノーマル状態で特別仕様車なのか見分けが付きづらい。スズキ版のオシャレや上級感漂うメッキグリルで特別感を演出しいたのだがこの部分は残念な部分。逆にメッキグリルが嫌いな人はこのシンプルなデザインがいいかもしrない。

MM22S_IS_limited (6)

これ以外はベースモデルと同じでヘッドライトはハロゲンランプとなる。

MM22S_IS_limited (12)

外観はベースモデルと同じ。ISリミテッド仕様としてLSグレードでは非装備の後席左側パワースライドドアが標準装備となる。

MM22S_IS_limited (7)

足元は13インチフルホイールキャップ。

MM22S_IS_limited (11)

このあたりは標準モデルとまったく同じ。スズキ版のISセレクションではノーマルパレット唯一のアイドリングストップシステム採用により専用エンブレムの「IDLING STOP」エンブレムがバックドア右下に付いていたが、マツダ版では非装備となっている。

エンジン・機能

MM22S_IS_limited (8)

エンジンはK6A型直列3気筒DOHC自然吸気エンジンのみ。最高出力は54ps(40kW)/6500rpm、最大トルクは6.4kg・m(63N・m)/3500rpm。トランスミッションは(副変速機を内蔵した)CVTのみで駆動方式もFFのみとなる。このほかISリミテッド仕様として他のグレードには無い「アイドリングストップシステム」を標準装備とした。

インテリア

MM22S_IS_limited (16)

インパネ。内装はステアリングのロゴマーク以外はベースモデルとまったく同じ。ステアリングはウレタンタイプ。

MM22S_IS_limited (10)

エアコンはISリミテッド仕様として上級グレード用の抗アレルゲン+カテキン・エアフィルター付オートエアコンとなる。

MM22S_IS_limited (9)

スピードメーターは自発光式タイプ。ただしタコメーターはなし。

MK21S_IS_selection (8)

エンジンスタートはLSグレードベースのためプッシュスタート式。

MM22S_IS_limited (15)

フロントシートはベンチシートタイプ。ISリミテッド仕様としてブラウンカラーのファブリックシート(撥水加工)表皮となる。また、ドアトリムクロスもブラウンカラーとなる。

MM22S_IS_limited (3)

リアシート。スライド機構付き。

MM22S_IS_limited (4)

ラゲッジルーム。

MM22S_IS_limited (5)

リアシートを倒した状態。

まとめ

MM22S_IS_limited (18)

初代フレアワゴンのISリミテッドは便利機能として上級グレード用の左側パワースライドドアを標準装備とし、内装ではブラウンカラーのファブリックシート&ドアトリムクロスにアレルゲン&カテキンエアフィルター付きオートエアコンを標準装備とするなどエントリーグレードベースでありながら上級グレードに匹敵するような快適装備を与え日常での利便性を高めた特別仕様車である。

価格的にもエントリーグレードよりプラス4万程度で上述の装備がプラスされたためお買い得グレードであったが、スズキ版に比べるとメッキグリルが省略されるなど特別仕様車としての差別化が弱いモデルでもあった。この点がフレアワゴン・ISリミテッドの特徴といえよう。

中古市場では元々生産期間の少ないOEMモデルでかつ特別仕様車ということもありタマ数がかなり少ないモデルとなっている。外観も他のグレードとまったく同じため個性を求める人には見向きもされないが、逆にあまり気にならなく内装や便利装備重視という人には嬉しいグレードである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フレアワゴン
スポンサーリンク
軽自動車マニア博士をフォローする
スポンサーリンク
シン・軽自動車マニア

コメント

タイトルとURLをコピーしました