【後期型 特別仕様車】日産 デイズルークス ハイウェイスター X Vセレクション(DBA-B21A型)

デイズルークス ハイウェイスター

デイズルークスは日産のトールワゴン型軽乗用車。三菱・eKスペースの兄弟モデルで、ハイウェイスターはそのカスタムモデルである。本稿では後期型(2016年12月マイナーチェンジ~)に設定された特別仕様車、「X Vセレクション」を扱う。

B21A_highway_last_Selection (20)

画像参照元:Goo-net

概要

2014年2月に登場した日産・デイズルークス。日産と三菱の共同開発によって生まれた軽自動車で、デイズに続く第2弾のモデルである。三菱版はeKシリーズのモアスペース版として「eKスペース」。日産版ではそれまでスズキよりOEM供給を受けていた「初代ルークス」の後継モデルとし、デイズシーリズの意味も含めて「デイズルークス」とした。デイズよりもさらに高い天井は、ダイハツのタント、スズキのスペーシア、ホンダのN-BOXを意識したモデルとなっている。

B21A_highway_star_last (3)

デイズルークスは完全新設計により室内高を1400mm、室内長2235mmの広さを実現。これは2017年3月現在でスペーシア、タント、N-BOXのいずれよりも広くまさにモアスペース軽といったところ。リアシートのスライト長のクラストップレベルとなる260mmのロングスライドとし、軽乗用車としては初となる後部座席専用のリヤサーキュレーターとリアガラスのロールサンシェードを標準装備とすることで後部座席での快適性を向上させている。

外観はそれまでの初代ルークスのイメージを踏襲するフロントメッキグリルが与えられたが、ヘッドライトは斜めの切込みと厚みを持たせボディスタイルに負けない存在感をアップ。全体のデザインそのもののも「グラスラウンドキャビン」の採用でこの手の軽乗用車にありがちな箱型感を抑えた。

インテリアは大きなウィンドウやすっきりとしたインパネなどにより開放感のある空間を演出。シート表皮も先代までとは異なる新設計で座り心地を意識したものとした。

メカニズムではNMKVが新たに開発した「バッテリーアシストシステム」を採用。スズキのエネチャージシステムに似たようなシステムで、オルタネーターを減速時の回生発電に用い、専用のニッケル水素電池に充電することでオルタネーターの発電頻度を抑制。ガソリン消費量の削減し燃費向上を果たした。

B21A_highway_last_Selection (13)

便利機能としては後部座席の天井に後部座席用エアコン吹き出し口(リヤシーリングファン)を設け快適な室内空間を実現。この機能は2017年2月現在でデイズルークスまたはeKスペースのみの装備となり、暑い日差しの真夏でも後部座席の快適性を可能とした。またアラウンドビューモニター、オートエアコンやロールサンシェード、プッシュエンジンスターター、インテリジェントキーなどを廉価グレード(Sグレード)を除いて全車
に標準装備した。

そのカスタムモデルとなる「ハイウェイスター」は先代、ルークスにも設定されたもう一つのデイズルークスで、スズキならスペースカスタム。ダイハツはタントカスタム。ホンダはN-BOXカスタムに相当するモデル。ハイウェイスターでは内外装を標準モデルに対してスポーティーかつ精悍に仕立て上げどちらかというと男性向けのモデルとなっている。また、ノーマルにはないターボエンジン搭載グレードが設定され、装備も上級装備が与えられるなど、カスタムの名に相応しい内外装が与えれている。

そして2016年12月。デイズルークス・ハイウェイスターは標準モデルのデイズルークスと共に内外装のデザインを一新し後期型となった。後期型ではデイズルークス以上にフロントデザインを大幅変更。個性と精悍さをアップさせた。ボディカラーも2トーンカラーを新たに設定し、内装ではオプション設定で質感を向上した特別なインテリア、「プレミアムグラデーションインテリア」を新設定した。

メカニズムではデイズハイウェイスターで先行していた「ハイビームアシスト」を採用。対向車とのすれ違い時やハイビーム走行時に利便性と安全性を向上させた。また、一部グレードでクルーズコントロールを標準装備とした。

便利機能としてはリヤシーリングファンにナノイーを。シートにはスピード消臭シートを搭載。エアコンフィルターも花粉・黄砂・PM2.5対応の高性能タイプとし、IR(赤外線)カットガラスと炎天下での室温上昇を抑制する「断熱ルーフ」をハイウェイスターの全グレードに標準装備。運転席ヒーター付シート&PTC素子ヒーター&リヤヒーターダクトも4WDで標準装備。2WDでオプション設定とするなど特に後部座席において女性や子供も快適に過ごせる室内空間を実現した。

B21A_last_last_color.jpg

このほかボディカラーでは新規に5種類のバリエーションを設定し、計20種類もののボディカラーバリエーションを設定。安全装備としては自動ブレーキのエマージェンシーブレーキを、それまでグレード別設定だったものを全グレードで標準装備。

便利機能としてはリヤシーリングファンにナノイーを。シートにはスピード消臭シートを搭載。エアコンフィルターも花粉・黄砂・PM2.5対応の高性能タイプとし、IR(赤外線)カットガラスをSグレードを除く全グレードに標準装備。運転席ヒーター付シート&PTC素子ヒーター&リヤヒーターダクトも4WDで標準装備。2WDでオプション設定とするなど特に後部座席において女性や子供も快適に過ごせる室内空間を実現した。

デイズルークス ハイウェイスター X Vセレクションの特別装備

B21A_highway_last_Selection (28)

そして2017年4月。ハイウェイスターでは一番ベーシックな「Xグレード」をベースに設定された特別仕様車が本稿で扱う「X Vセレクション」である(※以下、Vセレクションとする)。Vセレクションは前期型デイズルークスハイウェイスターにも設定されたが今回もそれに準ずる内容でその後期型バージョンとなる。

B21A_highway_last_Selection (24)

ハイウェイスターのVセレクションでは外装に標準の14インチアルミホイールをターボ車の15インチ&エアロダイナミクスなアルミホイールにグレードアップ。また標準では片側のみでオプション設定だった両側リモコンオートスライドドアを標準装備。

専用ボディカラーとしてブラック(P)のボディにピンクゴールド(M)のルーフの2トーンを設定。内装では本革巻ステアリングホイールにオプションのプレミアムグラデーションインテリアを標準装備とし内外装で質感や利便性をアップ。魅力を高めた特別仕様車となっている。

エクステリア

B21A_highway_last_Selection (19)

フロントデザイン。外装上は標準モデルとほぼおなじ。前期型ではノーマルモデルのデイズルークスをベースにメッキグリルを大型化したようなデザインだったが、後期型ではこれを刷新。

B21A_highway_last_Selection (7)

日産の普通車で採用されている「Vモーショングリル」を適用しバンパーには大開口部を設けることで存在感とプレミアム感を演出した。このほかヘッドライトは標準でLEDヘッドランプ(LEDポジションランプ、オートレベライザー付)となる。

B21A_highway_star_last (5)

さらにデイズ・ハイウェイスターで先行していたハイビームアシストもベースグレード同様に標準装備。ハイビームとロービームを自動で切りえ対向車とのすれ違いやハイビームの積極利用で利便性や夜間の安全性を向上させている。

B21A_highway_last_Selection (21)

サイド。このあたりも基本的には同じ。ハイウェイスターではサイドアンダースポイラーにインテリジェントキーを標準装備する。サイドビューのデザインはフロントからリアにかけて抜けるようなシャープなラインとドア下部からリアバンパーに流れるようなキャラクターラインでボディに厚みとサイドビューに勢いを与えた「グラスラウンドキャビン」を採用。

後期ではフロントウィンドウ、フロントドア、フロントクォーターガラスに従来のUVカットガラスに加えてIR(赤外線)カットガラスをハイウェイスターの全グレードに標準装備とした。

B21A_highway_last_Selection (27)

スライドドアは両側に標準装備で、Xグレードでは助手席側が電動パワースライドドア(リモコン対応)で両側はオプション設定となっていたが、特別仕様車のVセレクションではこれを両側電動パワースライドドア(リモコン対応)とし、利便性を向上させた。

B21A_highway_last_Selection (26)

足元はVセレクション仕様として15インチのエアロダイナミクスなアルミホイール(Gパッケージ&Gターボ用)を標準装備。ノーマルのXでは14インチのベーシックなアルミホイールだっため、特別仕様としてアップグレードされている。

B21A_highway_last_Selection (22)

リア。このあたりもベースモデルと同じ。ハイウェイスターではリアスポイラーを標準装備。コンビランプはクリアーコンビランプでストップランプはLED仕様。

なお、特別仕様車を示す専用エンブレム類は非装備となる。ボディカラーはVセレクション専用設定として「ブラック(P)のボディにピンクゴールド(M)のルーフの2トーンカラー」を用意。

エンジン・機能

B21A_highway_last_Selection (12)

エンジンは3B20型直線3気筒DOHC自然吸気エンジンのみ。最高出力は49ps(36kW)/6500rpm、最大トルクは6.0kg・m(59N・m)/5000rpm。トランスミッションはCVTのみで駆動方式はFFまたは4WD。安全装備としてABS、EDB、エマージェンシーブレーキ、を全グレードで標準装備。

横すべり防止装置+トラクションコントロール機能の「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」を標準装備。燃費向上技術としてアイドリング(13km/h以下で作動)も全グレードで標準装備する。自動ブレーキの低車速域衝突被害軽減ブレーキシステムと踏み間違い防止アシスト(前進のみ)もハイウェイスターの全グレードで標準装備となる。

インテリア

B21A_highway_last_Selection (14)

インパネ。基本的にはXグレードと同じだが、

B21A_highway_last_Selection (25)

Vセレクション仕様としてピアノ調加飾付き本革巻ステアリングホイールを標準装備。

B21A_highway_last_Selection (3)

このほかスピードメーター類はベースグレードと同じ。エアコンはオートエアコンタイプで操作はタッチパネル式。

B21A_highway_last_Selection (5)

特別仕様として両側リモコンスライドドアが標準装備となるため、インパネ右側のスイッチ類も追加される。

B21A_highway_last_Selection (11)

便利なアラウンドビューモニターも標準装備。

B21A_highway_last_Selection (15)

フロントシートはベンチシートタイプ。ベースのXグレードとは異なりメーカーオプション設定の「プレミアムグラデーションインテリア」を標準装備。シート地に「ネオソフィール」を用いたスエード調クロスとドアトリム表皮でベースモデルとは異なる雰囲気と質感で上級感を与えた。

B21A_highway_last_Selection (16)

リアシート。こちらもフロント同様の雰囲気で上級感がある。リアシートは前期と同じくスライド幅260mmでクラストップレベルの利便性となる。

B21A_highway_last_Selection (6)

後部座席を強い日差しから守る「ロールサンシェード」はベースモデル同様に標準装備。

B21A_highway_last_Selection (8)

ラゲッジルーム。

B21A_highway_last_Selection (9)

リアシートを倒した状態。

まとめ

B21A_highway_last_Selection (1)

後期型のデイズルークスハイウェイスターに設定された特別仕様車、「X Vセレクション」はハイウェイスターのベーシックグレードであるXをベースに外装では上級グレード用の15インチアルミホイール、両側リモコンスライドドアを。

内装ではピアノ調加飾付き本革巻ステアリングホイールにオプション設定の「プレミアムグラデーションインテリア」を標準装備とし専用ボディカラーにブラック(P)のボディにピンクゴールド(M)のルーフの2トーンカラーを設定し内外装で魅力を高めた特別仕様車である。

この特別装備でありながらベースモデルからわずか約7万円アップの価格設定で少しお買い得仕様でもある。ただし、ターボ仕様車がない点やそもそもこの車に限ったことではないがこの手のジャンルの軽自動車はどれも価格が高いためそこまでお買い得に感じない点がネックだろうか。加えてデイズハイウェイスターとeKカスタムは燃費があまり良くないため特に燃費が気になる人は要注意である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました