【初代・特別仕様】ダイハツ ムーヴキャンバス ブラックアクセントVS SAIII(LA800S/LA810S型)

ダイハツ

ムーヴキャンバスはダイハツのトールワゴン型軽自動車。ムーヴの派生モデルで、「ブラックアクセントVS SAIII」はその特別仕様車である。

概要

2016年9月に登場したダイハツ・ムーヴキャンバス。ムーヴと名前が付くことから想像できるように、ムーヴキャンバスはムーヴの派生モデルとして誕生した。

かつてのムーヴの派生モデルといえばスクエアボディにカクカクシカジカのキーフレーズが有名な「ムーヴコンテ」や、丸目ヘッドライトと丸いボディでキュートに仕上げた「ムーヴラテ」などがあったが、ムーヴキャンバスでは同年代の6代目ムーヴよりもわずかに高い全高とムーヴシリーズ初となるスライドドアを装備した軽自動車として誕生した。

主な販売ターゲットは「親と同居する独身女性」。近年の晩婚化や若年離婚、独身女性の増加に伴い、実家ぐらしの女性が増えていること、また世帯内で車を共有することが増えているという使用実態をムーヴキャンバスで反映。

若い女性に好まれそうな愛嬌あるデザインとツートンカラーに加えバリエーションとしてモノトーンカラーも設定し、若い女性以外の年代層でも親しみやすいデザインとした。

キャッチフレーズは「できるミニバス」で、ムーヴキャンバスでは上記の市場背景を外観や内装に反映し、デザイン性と機能性を両立した新感覚のスタイルワゴンとして、自身のライフスタイルを楽しむ女性に寄り添う軽自動車としている。

メカニズムでは6代目ムーヴのDサスペンションやDモノコックなどを採用しフラットで快適な乗り心地と操縦安定性を実現。また、電動パワーステアリングの制御によってステアリングの操舵力を最適化。市街地での取り回しや駐車場での切り返しの利便性を向上した。

エンジンは第2世代KF型エンジンにミライーステクノロジーの「樹脂化ボディ」、「高着火スパークプラグ」、「低フリクションエンジンオイル」、「CVT制御の最適化」などを採用。背の高いモデルながらFFで28.6km/L(JC08モード)の低燃費を実現した。

また、自動ブレーキはグレード別で「スマートアシストII」を採用。カメラ&レザーレーダー&ソナーセンサーの3つの組み合わせて衝突回避支援ブレーキ、衝突警報機能、車線逸脱警報機能、誤発進抑制機能(前方&後方)、先行車お知らせ機能を搭載した。この他ヒルホールドシステム、エマージェンシーストップシグナルを全グレードで標準装備とした。

2017年9月改良では自動ブレーキの「スマートアシストⅡ」が「スマートアシストⅢ」へグレードアップ。ステレオカメラによる認識システムで歩行者までにも対応し、オートハイビームも搭載した。

ブラックアクセントVS SAⅢの特別装備

そのムーヴキャンバスに2020年12月に設定された特別仕様車の1つが「GブラックアクセントVS SAⅢ」である。
ブラックアクセントVS SAⅢはそれまで好評だった特別仕様車、「Gブラックインテリアリミテッド SAⅢ」をベースに追加でウォームパックと本革シフトノブを採用しつつ、お求めやすい価格とした特別仕様車となっていた。

エクステリアではブラックフロントバンパーモール、ブラックフロントグリル、ブラックリアバンパーモール、ブラックLEDフォグランプリング、ブラックサイドモール、ブラックドアアウターハンドル、ブラックドアミラー、ブラック14インチフルホイールキャップを装備。

ボディカラーには「スムースグレーマイカメタリック」、「パールホワイトⅢ」の2色のみを設定。

快適装備としては新たにVS仕様としてヒーテッドドアミラー、運転席シートヒーター、ウィンドシールドディアイサー、リアヒーターダクトをセットとした「ウォームパック」を標準装備。

インテリアではVS仕様として本革巻きシフトノブをも標準装備とし、それまでの「Gブラックインテリアリミテッド SAⅢ」よりもさらに魅力を高めた特別仕様車となっている。

“ブラックアクセントVS SAⅢ”と”ブラックアクセントリミテッドSAⅢ”との違い

「Gブラックインテリア VS SAⅢ」はそれまでの特別仕様車、「Gブラックインテリアリミテッド SAⅢ」のアップグレード版的な扱いとなる。

Gブラックインテリアリミテッド SAⅢに対して追加でヒーテッドドアミラー、運転席シートヒーター、ウィンドシールドディアイサー、リアヒーターダクトをセットとした「ウォームパック」と、インテリアでは「シルバー加飾付き本革巻きシフトノブ」が追加される。

「ウォームパック」は単体でも約3万円ぐらいするメーカーオプションなのだが、これに本革巻きシフトノブがプラスされるにも関わらず価格は上がるどころか2万円も安くなっているので、これはかなりお買い得な特別仕様車ともいえる。

エクステリア

フロントデザイン。「ブラックアクセントVS SAⅢ」は「ブラックアクセントリミテッド SAIII」がベースで、外観の仕様はまったく同じ。

ムーヴキャンバスはミラココアのような可愛らしい顔つきが特徴だがこれにブラックアクセントVS SAⅢではグリルをブラックカラーに。バンパー下部にブラックのアクセントカラーを入れて、フォグランプの周辺(フォグランプリング)をブラックカラーとした。

ノーマルではベーシックな優しい顔つきだったが、グリルを含めブラックなアクセントカラーが入ったことにより少し引き締まった印象となった。ファニー顔なのに男らしい(男の娘?的な)なんとも面白い見た目である。

なお、VS仕様として「ウォームパック」から、ワイパー付近に冬の凍結防止時に役立つ「ウィンドシールドディアイサー」が追加装備となる。

ヘッドライトはLEDヘッドライト(オートハイビーム搭載)。LEDフォグランプも専用のブラックガーニッシュ仕様が標準装備となる。

サイド。ムーヴキャンバスはタントがベースならがルーフ部分が100ミリ低くなっており、ムーヴよりは25mm高い絶妙な高さ。

これにより背の高い箱型ボディとはならずアルトラパンミラココアを少し縦方向に伸ばしたような独特のフォルムとなっている。なお、後部は両側パワースライドドアを備え利便性が良くなっている(※ミラクルオープンドアは非装備)。

ブラックアクセントVS SAⅢではブラックサイドモールとブラックドアアウターハンドル、ブラックカラードアミラーを特別装備。一般的なツートンカラーとは異なりアクセントラインとすることで個性的な印象となっている。さらにVS仕様としてドアミラーをヒーテッドドアミラーに追加変更。

ムーヴキャンバス ブラックアクセントVS SAⅢ専用ホイールキャップ

足元は14インチフルホイールキャップ。ブラックアクセントVS SAⅢでは中央がブラックカラーに塗られたホイールキャップとなり、足元もブラックアクセントが入ったデザインとなっている。

リア。ブラックアクセントVS SAⅢではバンパー下部にブラックリアバンパーモールが付く。リアの印象はブラックの押しは控えめでベースモデルに近い。

なお、コンビランプはブラックアクセントVS SAⅢではクリアテールとなり、ブレーキランプ部はLEDとなる。トヨタ・アルテッツァを彷彿とさせるユーロテールのようなデザインで、コアな男性ユーザーには懐かしい部分もある。

ちなみに特別仕様車を示すエンブレム類は特に無く、省略されている。

エンジン・機能

エンジンは第2世代KF型3気筒DOHC自然吸気エンジンのみ。最高出力は52ps(38kW)/6800rpm、最大トルクは6.1kg・m(60N・m)/5200rpmを発生。

トランスミッションはCVTのみで駆動方式はFFまたは4WDとなる。低燃費化に際しミライーステクノロジーから「樹脂化ボディ」、「高着火スパークプラグ」、「低フリクションエンジンオイル」、「CVT制御の最適化」などを適用。背の高いモデルながらFFで28.6km/L(JC08モード)の低燃費を実現した。

また、自動ブレーキはブラックアクセントVS SAⅢでは「スマートアシストⅢ」を標準装備。ステレオカメラ&ソナーセンサーの組み合わせてデビュー当初に設定されていた「スマートアシストⅡ」に比べ歩行者検知が可能になった。

機能としては衝突回避支援ブレーキ、衝突警報機能、車線逸脱警報機能、、オートハイビーム、誤発進抑制機能(前方&後方)、先行車お知らせ機能を搭載した。この他ヒルホールドシステムを全グレードで標準装備とした。

インテリア

ブラックアクセントVS SAⅢは「ブラックインテリアリミテッドSAⅢ」がベースのため、ブラック内装が採用される。

インパネはブラック内装のため、ブラックを基調にインパネの一部がベージュカラーとなる。VS仕様としてブラックインテリアリミテッドにはなかった「本革巻きシフトノブ」が標準装備となる。

ステアリングは本革巻ステアリングホイール。Dアシストスイッチ付きでオンにすると自然吸気エンジンながらパワフルな加速を実現する。

スピードメーターはセンターメーターで、G系がベースのためタコメーター付きの3眼タイプ。右上の液晶部分はマルチインフォメーションディスプレイ。

エアコンはオートエアコン。エアコンコンソールパネルはブラックインテリアリミテッドに既装備のプレミアムシャインブラック、オーディオパネルも同じく既装備のプレミアムシャインブラック&シルバー加飾となる。

ムーヴキャンバスではアラウンドビューモニターも設定。オプション設定となるが4箇所のカメラで上から見下ろしたような映像をナビに表示。駐車以外に狭い道でのすれ違いや見通しの悪い交差点で活躍する。

女性に嬉しい収納スペース(ポケッテリア)も充実している。

フロントシートはベンチシートタイプ。ブラックカラーのフルファブリックシートとなる。VS仕様として「ウォームパック」から運転席側にシートヒーターが標準装備となった。

ドアトリムも光沢のピアノブラックで質感が高い。

リアシート。VS仕様としてリヤヒーターダクトが追加装備となる。

ラゲッジルーム。

リアシートを倒した状態。

まとめ

ムーヴキャンバスに設定された特別仕様車、「ブラックアクセントVS SAⅢ」はブラックインテリアと個性的なツートンカラーを採用した「ブラックアクセントリミテッドSAⅢ」をベースにウォームパックと本革巻きシフトノブを採用しつつお買い得とした特別仕様車である。

ノーマルのモノトーンや中央付近を色分けした2トーンカラーとも異なるワンポイントのアクセントが特徴的な特別仕様車で、可愛らしい顔つきに精悍さがプラス。意外と男性もイケちゃいそうな雰囲気に仕上がっている。

乗り心地もこの手のファニー系軽自動車にあらず比較的どっしりとしてて、サスペンションは硬めのセッティング。コーナーでも背の高いボディがたわむこと無く曲がってくれるためキビキビと走る。

この見た目で程よい広さに使い勝手、実用性が高く走りも良いため実は派生元のムーヴよりも地味に売れているという。ターボ仕様が無いのが残念だが実用的で遊び心のある軽自動車を探している人はぜひともムーヴキャンバスも検討されることを強くオススメしたい。

加えてVS仕様として特に雪国では嬉しい寒冷地仕様の「ウォームパック」や上質な雰囲気を与える本革シフトノブが追加装備されるにも関わらず、価格は2万円も安くなっているのでかなりお買い得な1台だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました