【初代・特別仕様】ダイハツ ムーヴキャンバス ホワイトアクセントVS SAIII 概要解説(LA800S/LA810S型)

ダイハツ

ムーヴキャンバスはダイハツのトールワゴン型軽自動車。ムーヴの派生モデルで、「G ホワイトアクセントVS SAIII」はその特別仕様車である。

画像参照元:ダイハツ認定中古車

概要

2016年9月に登場したダイハツ・ムーヴキャンバス。ムーヴと名前が付くことから想像できるように、ムーヴキャンバスはムーヴの派生モデルとして誕生した。

かつてのムーヴの派生モデルといえばスクエアボディにカクカクシカジカのキーフレーズが有名な「ムーヴコンテ」や、丸目ヘッドライトと丸いボディでキュートに仕上げた「ムーヴラテ」などがあったが、ムーヴキャンバスでは同年代の6代目ムーヴよりもわずかに高い全高とムーヴシリーズ初となるスライドドアを装備した軽自動車として誕生した。

主な販売ターゲットは「親と同居する独身女性」。近年の晩婚化や若年離婚、独身女性の増加に伴い、実家ぐらしの女性が増えていること、また世帯内で車を共有することが増えているという使用実態をムーヴキャンバスで反映。

若い女性に好まれそうな愛嬌あるデザインとツートンカラーに加えバリエーションとしてモノトーンカラーも設定し、若い女性以外の年代層でも親しみやすいデザインとした。キャッチフレーズは「できるミニバス」で、ムーヴキャンバスでは上記の市場背景を外観や内装に反映し、デザイン性と機能性を両立した新感覚のスタイルワゴンとして、自身のライフスタイルを楽しむ女性に寄り添う軽自動車としている。

メカニズムでは6代目ムーヴのDサスペンションやDモノコックなどを採用しフラットで快適な乗り心地と操縦安定性を実現。また、電動パワーステアリングの制御によってステアリングの操舵力を最適化。市街地での取り回しや駐車場での切り返しの利便性を向上した。

エンジンは第2世代KF型エンジンにミライーステクノロジーの「樹脂化ボディ」、「高着火スパークプラグ」、「低フリクションエンジンオイル」、「CVT制御の最適化」などを採用。背の高いモデルながらFFで28.6km/L(JC08モード)の低燃費を実現した。

また、自動ブレーキはグレード別で「スマートアシストII」を採用。カメラ&レザーレーダー&ソナーセンサーの3つの組み合わせて衝突回避支援ブレーキ、衝突警報機能、車線逸脱警報機能、誤発進抑制機能(前方&後方)、先行車お知らせ機能を搭載した。この他ヒルホールドシステム、エマージェンシーストップシグナルを全グレードで標準装備とした。

2017年9月改良では自動ブレーキの「スマートアシストⅡ」が「スマートアシストⅢ」へグレードアップ。ステレオカメラによる認識システムで歩行者までにも対応し、オートハイビームも搭載するなど自動ブレーキ面での強化がはかられた。

ホワイトアクセントリミテッドSAⅢの特別装備

そのムーヴキャンバスに2020年12月に設定された特別仕様車の1つが「ホワイトアクセントリミテッド SAⅢ」である。

ホワイトアクセントVS SAⅢはG メイクアップリミテッド SA IIIをベースに、外装をホワイトカラーのパーツでカスタム。モノトーンに対してホワイトのアクセントカラーによる2トーンで個性、特に可愛らしいさを際立たせた特別仕様車となっている。

エクステリアにはホワイトフロントグリルにホワイトフロントバンパーモール、ホワイトリアバンパーモール、ホワイドサイドモール、ホワイドアアウターハンドル、14インチ2トーンホワイトカラーホイールキャップ、ホワイトカラードアミラー、ホワイトピンストライプ、ホワイトLEDフォグランプリングを。

インテリアでは運転席側にワンプッシュ式オートオープンカップホルダーをVS仕様として特別装備。これ以外にも快適装備としてウォープパック(ヒーテッドドアミラー(FFのみ、4WDはベースに既装備)、運転席シートヒーター、ウインドシールドディアイサー、リアヒーターダクト(FFのみ、4WDはベースに既装備)を標準装備とした。

ボディカラーにはホワイトのアクセントカラーとの相性を考えた「ナチュラルベージュマイカメタリック」、「ファインミントメタリック」、「ブルーミングピンクメタリック」の3色のみを設定した特別仕様車となる。

ホワイトアクセントVS SAⅢとホワイトアクセントリミテッド SAⅢとの違い

「GホワイトアクセントVS SAⅢ」はそれまでの特別仕様車、「Gホワイトアクセントリミテッド SAⅢ」のアップグレード版的な扱いとなる。

Gホワイトアクセントリミテッド SAⅢに対して追加でヒーテッドドアミラー、運転席シートヒーター、ウィンドシールドディアイサー、リアヒーターダクトをセットとした「ウォームパック」と、インテリアでは運転席に「ワンプッシュ式オートオープンカップホルダー」が追加される。

「ウォームパック」は単体でも約3万円ぐらいするメーカーオプションなのだが、これにワンプッシュ式オートオープンカップホルダーがプラスされるにも関わらず価格は上がるどころか2万円も安くなっているので、これはかなりお買い得な特別仕様車ともいえる。

エクステリア

フロントデザイン。ムーヴキャンバスはミラココア系統の可愛らしい顔つきが特徴だ。

これにホワイトアクセントVS SAⅢではホワイトカラーのフロントグリルとホワイトなアクセントカラーが入ったバンパーモール、ホワイトカラーのフォグランプリング、ウインドシールドデアイサーを特別装備。ベースに対してニッコリとした顔つきを強めた可愛らしい顔つきとなっている。

なお、フォグランプも周囲がホワイトリングのLEDフォグランプが標準装備となる。Gグレードがベースのためヘッドライトはディスチャージ式のLEDヘッドライトとなる。

サイド。ムーヴキャンバスはタントがベースならがルーフ部分が100ミリ低くなっており、ムーヴよりは25mm高い絶妙な高さ。これにより背の高い箱型ボディとはならずアルトラパンミラココアを少し縦方向に伸ばしたような独特のフォルムとなっている。

VS仕様としてウォームパックから「ヒーテッドドアミラー(※4WDは既装備)」を標準装備する。

なお、後部は両側パワースライドドアを備え利便性が良くなっている(※ミラクルオープンドアは非装備)。

ホワイトアクセントVS SAⅢではホワイトサイドモールとホワイトドアアウターハンドルを特別装備。一般的なツートンカラーとは異なりホワイトアクセントラインとすることでワンポイントの可愛らしさが個性的な外観となるっている。

足元は14インチフルホイールキャップ。ホワイトアクセントVS SAⅢでは外側がシルバー、中央がホワイトカラーに塗られたホイールキャップとなり、足元もホワイトなアクセントが入ったデザインとなっている(中古にはムーヴキャンバスのロゴ入り)。

リア。ホワイトセントVS SAⅢではバンパー下部にホワイトリアバンパーモールが付く。

なお、コンビランプはホワイトアクセントVS SAⅢではクリアテールとなり、ブレーキランプ部はLEDとなる。ちなみに特別仕様車を示すエンブレム類は特に無く、省略されている。

エンジン・機能

エンジンは第2世代KF型3気筒DOHC自然吸気エンジンのみ。最高出力は52ps(38kW)/6800rpm、最大トルクは6.1kg・m(60N・m)/5200rpmを発生。トランスミッションはCVTのみで駆動方式はFFまたは4WDとなる。

低燃費化に際しミライーステクノロジーから「樹脂化ボディ」、「高着火スパークプラグ」、「低フリクションエンジンオイル」、「CVT制御の最適化」などを適用。背の高いモデルながらFFで28.6km/L(JC08モード)の低燃費を実現した。

また、自動ブレーキはホワイトアクセントVS SAⅢでは「スマートアシストⅢ」を標準装備。ステレオカメラ&ソナーセンサーの組み合わせてデビュー当初に設定されていた「スマートアシストⅡ」に比べ歩行者検知が可能になった。

機能としては衝突回避支援ブレーキ、衝突警報機能、車線逸脱警報機能、、オートハイビーム、誤発進抑制機能(前方&後方)、先行車お知らせ機能を搭載した。この他ヒルホールドシステムを全グレードで標準装備とした。

ムーヴキャンバスLA800SとLA810Sとの違い

ムーヴキャンバスLA800SとLA810Sの違いは駆動方式。LA800Sはボンネットにエンジンを配置し前輪を駆動するFFのムーヴキャンバス。LA810SはLA800Sをベースにビスカスカップリングを使って全輪を駆動する4WDのムーヴキャンバス。

ただし4WDに関してはジムニーやパジェロミニなどの本格軽SUVとは異なり、基本はFFで、前後の回転差が生じた時(滑った時など)に4WDとなるパッシブタイプのオンデマンド4WD方式。

パートタイム4WDのようなタイトブレーキング現象が発生せず街乗りでは扱いやすいが、その分本格的な悪路走行には向いていないのでその点は十分注意されたい。

インテリア

ホワイトアクセントVS SAⅢではメイクアップリミテッドSAⅢがベース。内装はブラックアクセントVS SAⅢと異なり標準のベージュ系内装となる。

メイクアップリミテッドSAⅢがベースのためインパネのツールボックス部やセンターコンソールボックスにはボディカラーと同じアクセントカラーが入る。

VS仕様として前モデルのリミテッドに対し、「ワンプッシュ式オートオープンカップホルダー」が運転席側に特別装備として追加となっている。ステアリングはウレタンステアリングホイール。

スピードメーターはタコメーター付きの2眼タイプ+マルチインフォメーションディスプレイとなる。

エアコンはオートエアコンタイプ。

ムーヴキャンバスではアラウンドビューモニターも設定。オプション設定となるが4箇所のカメラで上から見下ろしたような映像をナビに表示。駐車以外に狭い道でのすれ違いや見通しの悪い交差点で活躍する。

女性に嬉しい収納スペース(ポケッテリア)も充実している。

フロントシートはベンチシートタイプ。このあたりもベースモデルと共通のソフトタッチ調フルファブリックシートとなる。このほか運転席シートリフターを標準装備。

VS仕様として前モデルではオプション設定だった「ウォームパック」から、「運転席シートヒーター」を標準装備。特に寒い冬場には嬉しい標準装備品とした。

リアシート。VS仕様としてウォームパックから「リアヒーターダクト(※4WDは既装備)」が標準装備となる。

ラゲッジルーム。

リアシートを倒した状態。

まとめ

ムーヴキャンバスに設定された特別仕様車、「ホワイトアクセントVS SAⅢ」は外装にホワイトのアクセントカラーとなるパーツをあしらい、VS仕様として寒冷地向けのセットオプションの「ウォームパック」や快適装備の「ワンプッシュ式オートオープンカップホルダー」を特別装備するなど、前モデルよりも快適装備をアップし、よりキュートに可愛らしさを強調した特別仕様車である。

一般的なボディを塗り分けるとツートンカラーとはまた違った印象を持っており、かつてのミラココアをよりもキュートな印象を受ける。ボディカラーとも相まって女性ウケしそうな特別仕様車といえよう。

特にVS仕様としてウォームパックやワンプッシュ式オートオープンカップホルダーが追加されているにも関わらず、その新車価格はあがるどころが逆に2万円安くなっている。その点はこの特別仕様車の魅力なポイントでもある。

なお、同時期に特別仕様車としてホワイトとは対象的なブラックな内外装をテーマとした「GブラックアクセントVS SAIII」も発売されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました