【後期型 特別仕様車】ダイハツ キャストアクティバ G”VSSAⅢ”/Gターボ VS SAⅢ(LA250S/LA260S型)

SUV(RV車)タイプ

キャストはダイハツのトールワゴンおよびクロスオーバーSUV型軽自動車。「キャスト アクティバ」はクロスオーバーSUV型のモデルである。本稿では後期型(2017年10月マイナーチェンジ~)に設定された特別仕様車、「G VS SAⅢ」および「Gターボ VS SAⅢ」を扱う。

画像参照元:Goo-net

概要

2015年9月に登場したダイハツのキャスト。軽自動車史上、しいては自動車史上でも異例となる同時3モデル展開でネット上を賑わせた。

キャストはまったく異なる3コンセプトのモデルを外装やセッティング、内装で変化させ、ベースが同じでもそれぞれのキャラクターを強くしたモデルを展開。3つの異なるキャラクター、SUV系(アクティバ)、ストリート系(スタイル)、スポーツ系(スポーツ)のうちこの記事で扱うのはアクティバというモデルである。

キャストアクティバはそれまでダイハツに存在した軽SUVのテリオスキッドの後継モデルとして登場した。

外装にスポーツやスタイルと異なる専用のSUVパーツが付けられヘッドライトやボディスタイルはほぼおなじものの2モデルとは異なるSUV風の外観が与えられている。

また、アクティバではハスラーと同じ15インチの大径タイヤを標準装備し、最低地上高を上げディパーチャーアングルを大きくることでライトな悪路にも対応できるようにした。

さらにSUV性能を高めるためにグリップサポート制御やダウンヒルアシストコントロールなどを4WDモデルで標準装備とし、ベースのムーヴとは異なる専用メカニズムで特に雪道での安全性を高めている。

エクステリアはSUVとすぐにわかるバンパー下部の樹脂製バンパーガーニッシュ、大径タイヤにガンメタ塗装のロアボディ&サイドモールに加えスタイリッシュなフロントグリルで上質感もプラス。

インテリアは黒を基調とし、アクティブな形状のインパネ加飾で上質感も演出。オープントレイのインパネデザインはスポーティーさを与え、光沢感のあるシルバー生地とスエード調の生地を組み合わせたフルファブリックシートを採用した。

パッケージングはデザイン性をもたせつつも室内長を2005mm、室内幅は1320mm、室内高は1245mmを確保。大人4人がゆったりと座れるボディサイズを実現した。

また、軽量高剛性ボディ「Dモノコック」や「Dサスペンション」「Dアシスト」を採用することで、高い基本性能を実現。

しっかりとしたハンドリングで、ロールや走行時のふらつきが少なく高い操縦安定性を確保している。静粛性も追求し、・ステアリングのパッド取付部にゴム材を使用することで、ダンパーとしての機能を加え、振動を吸収する構造とした。さらにボディパネルの隙や穴を減らし、音の侵入経路を低減している。

低燃費技術としては「ミライース」で培ったイーステクノロジーから「クールドi-EGR」や「CVTサーモコントローラー」、「樹脂化ボディ」を採用。2WDのFFモデルで30km/Lの低燃費を実現した。

後期型キャストアクティバの改良点と前期との違い

そのキャストアクティバは2017年10月の一部改良でフロントグリルのデザイン変更などを行い後期型となった。

後期型では新デザインのメッキグリルの採用でより力強いSUVの雰囲気が与えられたほか、衝突回避支援システムを「スマートアシストⅢ」にバージョンアップ。さらに2色の新ボディカラーの追加やデザインフィルムトップの接詠を拡大。

ボディカラーも新色が追加。鮮やかな黄色のレモンスカッシュクリスタルと

茶系のオフビートカーキの2色を追加。全7色となった。ルーフに適用される「デザインフィルムトップ」の設定を拡大。

ディープブルークリスタルマイカ×ブラック、ブラックマイカ×ホワイト、レモンスカッシュクリスタル×ブラック、レモンスカッシュクリスタル×ホワイト、オフビートカーキ×ブラック、オフビートカーキ×ホワイトを新たに設定して19パターンとした。

内装でもインテリアカラーの設定色を追加してより個性を強化。ユーザーの好みに柔軟に対応できるようにした。このほかメーターの意匠変更を実施するなど内外装で魅力を底上げしたマイナーチェンジとなっている。

「G”VS SAⅢ”」、「GターボVS SAⅢ」の特別装備

そして2019年7月。上級グレードのG SAⅢグレードとそのターボ仕様であるGターボSAⅢをベースとし、快適装備を与えつつお買い得とした特別仕様車が設定された。それがこの「G”VS SAⅢ”」と「Gターボ VS SAⅢ」である。

歴代のダイハツの特別仕様車で、VSが付くものはスポーティな仕様だったり、快適装備や便利装備を与えつつ価格が安くなるお買い得な仕様となることが多い。今回のキャストアクティバのVS仕様でもそれが当てはまる特別仕様車となっている。

VS仕様のエクステリアでは特別装備がないが、インテリアでは運転席&助手席シートヒーター、ウレタンステアリングホイールにメッキオーナメントとアクセントカラー(ボディ同色)をプラス、パノラマモニター対応純正ナビアップグレードパック(G”VSSAⅢ”のみ)を標準装備としつつ、ベースモデルよりも安くなったお買い得な特別仕様車となっていた。

エクステリア

フロントデザイン。ベースモデルはG SAⅢとGターボSAⅢ。外装に関しては上述のとおり追加装備が無いため、ベースモデルとまったく同じ外観となる。後期型のためフロントグリルがSUVらしいメッキの格子状グリルに変更されている。

サイド。最低地上高はFFと4WDの両方で180mmを確保しムーヴベースでありながら悪路(特に雪国での積雪路面)での走破性を高めている。同じカテゴリーのハスラーもFFが180mmで4WDが175mmとほぼ同じ。

足元は15インチアルミホイールを標準装備。タイヤサイズは165/60R15。

リア。こちらもベースモデルと同じ。特別仕様車の「VS」を示すエンブレムも省略され、外観上からは違いはわからない。

エンジン・機能

エンジンは前期と同じKF型3気筒の自然吸気とターボの2種類。自然吸気エンジンでは最高出力52ps(38kW)/6800rpm、最大トルク6.1kg・m(60N・m)/5200rpm。

ターボエンジンは最高出力64ps(47kW)/6400rpm、最大トルク9.4kg・m(92N・m)/3200rpmを発生する。

トランスミッションは全グレードでCVTのみとなり駆動方式はFFまたは4WDだ。

6代目ムーヴで採用されたD アシスト機能がキャストにも備わり、スイッチ・オンで力強い走りを。オフ時はエコモードで燃費に貢献する。

同じくDサスペンションも採用しフロントにマクファーソン・ストラット式コイルスプリングを。リアには2WDでトーションビーム式式コイルスプリング、4WDでは3リンク式コイルスプリングを採用。ボディにはDモノコックの採用で安定したハンドリング、ロール減少を実現している。

ダイハツおなじみとなった自動ブレーキアシスト機能は前期で「スマートアシストⅡ」だったが後期型では「スマートアシストⅢ」にバージョンアップ。

カメラ&レザーレーダー&ソナーセンサーの3つの組み合わせて衝突回避支援ブレーキ、衝突警報機能、車線逸脱警報機能、誤発進抑制機能(前方&後方)、先行車お知らせ機能を搭載した。この他ヒルホールドシステムをアクティバの全グレードで標準装備とした。

これ以外は全グレードでVSCとTRCが付き、横滑り防止機能、ABS、ヒルホールドシステムも備わる。

さらにクロスオーバーSUVということでアクティバにはスタイルやスポーツとは異なり専用のメカニズムが備わる。ひとつ目はDAC(ダウンヒルアシストコントロール)制御。雪道など滑りやすい路面下でスイッチをONにするとドライバーがブレーキ操作をせずとも低速を維持してくれる機能だ。

もうひとつキャストアクティバにはグリップサポート制御も与えられる。これはぬかるみや凹凸の多い路面で片輪のタイヤがスリップした際に、自動でスリップ輪に制動力を。もう片方に駆動力を与えタイヤのスリップを制御しグリップ状態をキープするものだ。

前身のテリオスキッドに比べるとデフロック機能が無くなったため見劣りする感じがするが、ブレーキLSDのような機能でライトな悪路走破性を持っている。

なお、ハスラーにもダウンヒルアシストコントロール制御とグリップサポート制御機能(さらにもうひとつヒルスタートアシスト)がある。この点はかなり意識しているようだ。

キャストアクティバ LA250SとLA260S型との違い

キャストアクティバLA250SとLA260S型との違いは駆動方式。LA250Sは前輪を駆動するFFモデルのキャストアクティバ。

LA260SはLA250Sをベースに全輪を駆動する4WDのキャストアクティバ。4WDシステムには通称街乗り4WDと呼ばれるビスカスカップリングを用いたシステムで、普段はFF。雪道や悪路などで滑ると自動的に4WDに切り替わる。

また、キャストアクティバの4WDモデル(LA260S)はSUV機能としてハスラーにもあるブレーキLSDの「グリッサポート制御」と、ダウンヒルアシストコントロールも標準装備する。

ジムニーなどのパートタイム4WDと比べるとそこまで本格的ではないが、タイトコーナーブレーキング現象がほとんどなく、扱いやすくて燃費も良いため街乗り4WD、特に軽自動車やコンパクトカーでは良く採用される4WDシステムである。

なお、ビスカスカップリングは摩耗によって寿命をむかえる。過走行な4WDのキャストアクティバの場合、寿命をむかえている場合があるので、駐車時などでハンドルをきって曲がり(4WD状態を作り出し)、ビスカスカップリングが配置されている後方から異音がしないか確認することをオススメする。

インテリア

後期型ではデザインそのものに変更はないが、追加された新ボディカラーにあわせて内装のインテリアアクセントカラーも2色追加された。

VS仕様としては自然吸気エンジン仕様でウレタンステアリングホイールは同じだが、中央部のオーナメントがメッキ仕様となり、かつステアリングのアクセントカラーにボディ同色のものが与えられスタイリッシュなステアリングとなる。

Gターボ VS SAⅢでは本革巻きステアリングに同様なアクセントカラーがプラスされる。チルトステアリングは全グレードで標準装備

また、VS仕様としてオプション設定の「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」を標準装備。

ナビ本体は別途購入が必要だが、ナビ本体を追加購入するだけでパノラマモニターが使えるようになるセットパック(ステアリングスイッチ、フロントカメラ、サイドカメラ、バックカメラ、16cmリアスピーカー、ツィーター、GPSアンテナ、フルセグTVフィルムアンテナ用ハーネス)をVS仕様として標準装備とした。

エアコンはオートエアコン。

スピードメーター。こちらもベースモデルと同じでタコメーター付きのスポーティな2眼タイプ。

フロントシートはベンチシートタイプ。シート表皮はベースモデルと同じだが、

VS仕様として運転席と助手席の両方にシートヒーターを標準装備とした。特に雪国では嬉しい快適装備となる。

リアシート。

ラゲッジルーム。

リアシートを倒した状態。

まとめとキャストアクティバの生産終了

キャストアクティバに設定された特別仕様車、「G “VS SAⅢ”」と「Gターボ VS SAⅢ」はGSAⅢとGターボVSⅢにインテリアで快適装備と便利装備を与えつつ価格を抑えた特別仕様車である。

ベースモデルと比較してシートヒーターやパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック、ステアリングのアクセントカラーが加わるのにもかからず、自然吸気エンジン仕様のG”VSSAⅢ”では約38000円、ターボ仕様のGターボVS SAⅢでも約33000円ほどベースから安くなっており、特に「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」単体でも5万円はするオプションパーツなのでパノラマモニターが欲しい人には嬉しい&お買い得な特別仕様車であった。

中古車ではタマ数が少ないが、デフォルトでシートヒーターやこのパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックが付いているので、キャストアクティバでそれら装備が欲しい人は真っ先にこのグレードに絞って探すと良いだろう。

スズキのハスラーに比べるとマイナーな車種となっているが、高い最低地上高と広い室内空間に軽自動車ならではの取り回しの良さなど雪国での使い勝手が良いモデルである。

なお、キャストアクティバはキャストスポーツと共に2020年3月31日に生産終了し、後継モデルの「タフト」へバトンタッチしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました