【初代・後期型】 ホンダ N-WGN カスタム G SSパッケージ(JH1/JH2型)

N-WGNカスタム

N-WGNはホンダのワゴン型軽乗用車。「N-WGN カスタム」はそのカスタムモデルである。本稿では初代JH1およびJH2系の後期型(2016年6月マイナーチェンジ~)に設定された特別仕様車、「G SSパッケージ」を扱う。

概要

N-BOXN-ONEに続くNシリーズとして2013年11月にデビューしたN-WGN(エヌワゴン)

Nシリーズ最後発のこのモデルは、かつて販売されていたゼストライフの後継モデルとして、売れ筋であるムーヴワゴンRのライバル車種として投入された。

ライバルと似たような売れ筋のボディフォルムにホンダらしい直線基調のフロントデザインを与えたことでノーマルモデルでもベーシックでありながら非ファニー(可愛らしい)系の万人向けするデザインとなっている。

モデル構成は他社と同様にノーマルモデルのN-WGN、カスタムモデルのN-WGNカスタムの2種類を設定。

スズキやダイハツと違うのはデビュー当初からノーマルモデルでもターボエンジンモデルを設定する点で、ターボモデルにありがちな極端な価格上昇を抑えている点は良心的だ。

エンジンはN-BOXN-ONEと同じS07A型を採用。これにCVTを組み合わせ、ゼスト時代の4ATは完全廃止された。

S07A型はナトリウム封入バルブやツインインジェクションシステムの採用で優れた低燃費と高出力&高トルクを両立させた。エンジン技術に定評のあるホンダらしいエンジンである。

安全技術としてはN-BOXやN-ONEと同じていたエマージェンシーストップシグナル、VSA、ヒルスタートアシスト機能を全グレードで標準装備。

自動ブレーキのシティブレーキアクティブシステムはサイドカーテンエアバッグシステム・前席用i-サイドエアバッグシステムをセットにした「あんしんパッケージ」としてグレード別にオプション設定または標準装備となる。

初代・後期型N-WGNカスタムの改良点と前期との違い

そのN-WGNカスタムは、N-WGNと同様に2016年6月マイナーチェンジで、フロントデザインの変更を伴い後期型となった。

後期型のN-WGNカスタムでは新デザインのメッキグリルを採用した他、フォグランプまわりをメッキ化。前期よりも精悍さをアップさせた。

ボディカラーもタフタホワイトII、ルナシルバー・メタリック、シャイニンググレー・メタリック、クリスタルブラック・パール、ブリティッシュグリーン・パールの新色5種類を追加。

インテリアではLEDルームランプを標準装備とするなど前期よりもより魅力をアップさせたマイナーチェンジとなっている。

初代・後期N-WGNカスタム G SSパッケージの特徴と違い

そして2016年6月。軽自動車として初めて新・安全性能総合評価で最高評価となる「ファイブスター賞」を獲得したのを記念してN-WGNとN-WGNカスタムに特別仕様車を設定した。

このうちカスタムモデルのN-WGNカスタムに設定されたのが本稿で扱う「G SSパッケージ」である。

G SSパッケージは上級グレードの「G・Lパッケージ」をベースに特別装備としてシティブレーキアクティブシステム、前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステムをセットにした「あんしんパッケージ」を標準装備。

内装ではホワイト照明の常時点灯3眼メーターにホワイトイルミネーションをスライドセンタートレイ、ドリンクホルダー(運転席&助手席)、フット(運転席&助手席)に設定。

安全性とプラスアルファの特別感を演出したモデルとなっている。

エクステリア(外装)

フロントデザイン。G SSパッケージはG・Lパッケージがベースとなるが外装上は特に変更点はなく、ベースモデルと同じ。

前期型では中央に太いメッキグリル。その上に3本の非メッキのラインが組み合わされていたが、後期型では太いメッキグリルをボンネットすぐ下にも配置(合計2本)。非メッキのラインを2本としてよりフロントの押し出し感を強くした。

ちなみにヘッドライトはロー側が全グレードでディスチャージヘッドライトとなる。

サイド。このあたりもベースモデルと同じ。G・Lパッケージベースのため「360°スーパーUV・IRカット パッケージ」を標準装備。

ボディカラーは新色として「タフタホワイトII」、「ルナシルバー・メタリック」、「シャイニンググレー・メタリック」、「クリスタルブラック・パール」、「ブリティッシュグリーン・パール」の計5色が追加。全12種類となった。

LEDターンランプ付きドアミラー(オートリトラミラー仕様)は全グレード標準装備。ワンタッチでキーを解除する「Hondaスマートシステム」は全グレード標準装備。

足元はベースモデルと同じ「切削クリア塗装+ベルリナブラック塗装」の14インチアルミホイールを標準装備。

リア。こちらもベースモデルと同じ。後期型ではリアバンパーの左右リフレクターの間にメッキガーニッシュが追加された。

コンビランプは前期と同じく、ポジション球点灯時はコの字型にLEDが点灯する。

エンジン・機能装備・安全装備など

エンジンはS07A型直列3気筒DOCH自然吸気エンジンのみ。

最高出力は58ps(43kW)/7300rpm、最大トルクは6.6kg・m(65N・m)/4700rpmと軽自動車のエンジンにしてはかなりの高出力。

これはツインインジェクションシステムとナトリウム封入排気バルブを採用したためで、スズキの「デュアルジェットエンジン」のような直噴エンジン並の燃焼効率が得られている。圧縮比も11.8とかなり高め。

トランスミッションはCVTのみで、駆動方式はFFと4WDが用意される。この他アイドリングストップ機構を備える。

安全装備としてはVSA(ABS+TCS+横すべり抑制)とヒルスタートアシスト機能が全グレードで標準装備。約30km/h以下での前方車両との衝突の回避・被害軽減をサポートする「City-Brake Active System(シティブレーキアクティブシステム)は本来オプション設定だったが、「あんしんパッケージ」としてSSパッケージに標準装備とした。

クルーズコントロールはベースモデル同様に標準装備。

インテリア(内装)

インパネ。「G SSパッケージ」ではホワイトイルミネーションを特別装備。スライドセンタートレイ、ドリンクホルダー(運転席&助手席)、フット(運転席&助手席)をホワイトに照らすことで特別感を演出した。

これ以外はベースモデルとほぼ同じ。プッシュエンジンスタート、エアコンにはプラズマクラスターを標準装備。

ステアリングG・Lパッケージベースのためピアノブラック調ガーニッシュ付きの本革巻ステアリングホイール(ホワイトステッチ)を採用。センターパネルとメータパネルはピアノブラック調となる。

スピードメーター。「G SSパッケージ」の特別装備としてホワイト照明の常時点灯3眼メーターを採用。ホワイトイルミネーションと合わせて特別感を出している(エコインジケーター付き)。

この他後期型ではLEDルームランプを標準装備とした。

フロントシートはベンチシートタイプ。ベースモデルと同じで「クオリティインテリア」となり、プライムスムース&ジァージコンビシート(ダブルステッチ)のシートとなる。

これ以外にもクオリティインテリアではインパネガーニッシュやドアオーナメントパネルがレイヤードクリアパネル(ダークシルバーライン付き)となり、エアコンパネルがピアノブラック調などに変更される。

なお、4WD仕様車では標準装備で運転席と助手席の両方でシートヒーターを備える。

リアシート。スライド機構付き。

ラゲッジルーム。

リアシートを倒した状態。

初代・後期N-WGNカスタム G SSパッケージのまとめ

N-WGNカスタムの後期に設定された特別仕様車、「G SSパッケージ」は快適装備として自動ブレーキなどをセットにした「あんしんパッケージ」と内装でホワイトイルミネーションとホワイト照明の3眼メーターを与えるなどベースモデルにプラスアルファの特別感を演出したモデルとなっている。

ものすごく大きな変更はないのだが、あんしんパッケージをベースにオプション設定するとこれ単体でも約6万円ほどアップするのに対し、「G SSパッケージ」ではあんしんパッケージに内装のホワイト照明メーターとホワイトイルミネーションをプラスしても約4万円アップに抑えられているため、非常にお買い得感の高い特別仕様車となっていた。

ターボ仕様の設定が無いため好き嫌いが別れるのだが、NAで十分な人でかつあんしんパッケージをオプションで追加設定しようとしている人には嬉しいモデルである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました