【初代】ダイハツ タントカスタム(L350S/L360S型)

タントカスタム

タントカスタムはダイハツのトールワゴン型軽自動車。タントのスポーティーモデルである。本稿では初代(2003年11月~2007年11月)を扱う。

L350S_custom_v2 (13)

画像参照元:Goo-net

概要

2003年11月に登場したダイハツ・タント

それまでボンネット内にエンジンを持つ乗用モデルとしてはミラに変わって背の高いムーヴが売れ筋だったが、ムーブよりもさらに全高を上げ室内空間を徹底的に確保したのがタントだ。

軽自動車の規格で全幅と全長方向はすでに目一杯使ってしまっているので、残りの縦方向に拡大するという思い切った発想だった。結果、全幅や全長はムーブと変わらないものの、高さが増えたことにより室内空間がとても広く感じられ、ムーブ以上の開放感を得ることに成功し街乗りをメインとする主婦層をターゲットに大ヒットとなった。これはコンパクトカーやコンパクトセダンを凌ぐ広さで、感じ方によってはミニバンにも匹敵するかもしれない。

ボディは当時の最新鋭の衝突安全ボディのTAFを採用。超ハイテン材などの採用で強固なキャビンと軽量化を実現。これにより当時の国内および欧州衝突安全基準を余裕をもってクリア。また、前面フルラップ55km/h、前面オフセット64km/h、側面55km/h、後面50km/hにおいても優れた安全性能を確保した。

安全装備としてはデュアルSRSエアバッグを運転席&助手席に標準装備。プリテンショナー&フォースリミッター(運転席可変)機構付フロント3点式ELRシートベルトも標準装備とした。さらにLグレードを除いてABSを標準装備とした。

エンジンは自然吸気のEF-VE型エンジンとターボエンジンのEF-DETの2種類を設定。トランスミッションは電子制御式4ATを採用することで低燃費と優れた加速性能を両立した(※Lグレードの4WDのみ3AT)。

インテリアではライトグレーとベージュのツートンインパネカラーやシンプルなデザインのインパネを採用。また、シートもこだわりソファー感覚で座り心地の良いシートを採用。スピードメーターも大型のものをインパネセンターに配置するセンターメーターを採用。さらにインパネATシフトの採用でサイドウォークスルーを実現した。

また、肌に優しいアトガード加工を施したシートカバー、消臭機能を持つトリプルフレッシュ加工を施したカーペットマットなど快適な室内空間を提供する用品をオプション設定。快適さにもこだわっている。

初代タントカスタムの特徴とノーマルとの違い

そのカスタムモデルとして2005年6月に登場したのが初代「タントカスタム」である。

タントカスタムではムーヴカスタムのようにノーマルとは異なる専用ヘッドライト、専用メッキグリル、専用バンパー(フォグランプ付き)、専用リアコンビネーションランプ、フルエアロなどで外装をドレスアップ。

内装でもブラックインテリアの採用やタコメーター付きの専用メーター等で上級感を高めたモデルとなっている。

なお、初代のタントカスタム(L350S/L360S)と2代目タントカスタム(L375S/L385S)では外観や内装のデザイン以外にスライドドアの有無が大きく異なる。初代はスライドドアが非装備で追加の初代タントカスタムでもスライドドアが非装備だった。そのためスライドドア付きのタントを探す場合は必然的2代目以降となる。

エクステリア

L350S_Custom (27)

フロント。ヘッドライトはハイ・ロー独立タイプの4灯タイプへ変更。スズキのワゴンRスティングレーのようなクリアー形状の専用のグリルが付いたことでクールさとインパクト感が出た。

ノーマルのタントはオーソドックスだったがこのタントカスタムはデザインが引き締まった感じを受ける。他に横長のフォグランプもカスタム専用で特徴的だ。

L350S_custom_v2 (1)

ディスチャージヘッドランプはロービーム側に全グレードで標準採用。

L350S_Custom (29)

サイドから。メッキドアノブとサイドアンダースポイラーを標準装備。なお、この手の軽自動車では標準装備となりつつあるスライドドアは初代では付いておらず、2代目タント以降からとなる。

タントカスタムは当時の軽乗用車としては最大となる2440mmのロングホイールベースに2000mmの室内長を確保。さらに全高は同年代の3代目ムーヴよりも高い1725mm(室内高は1330mm)でパット見は軽ワンボックスのようなルーフになっている。

L350S_custom_v2 (15)

足元は自然吸気エンジンで14インチアルミホイール。サイズは155/65R14。

L350S_custom_v2 (17)

ターボエンジンは15インチアルミホイール。サイズは165/55/R15。さらにターボモデル(RSグレード)ではフロントにスタビライザーが標準装備される。

L350S_custom_VS (2)

ターンランプ付きドアミラーとセキュリティーアラームは全グレードで標準装備。

L350S_Custom (28)

リアもバックガーニッシュ&クリアコンビランプにすることでノーマルとの違いを演出している。この他タントカスタムではルーフスポイラーとリフレクター内蔵の専用バンパーが付く。ただ、この時代のムーヴにも言えることだがコストカットなのかインナーメッキではなく塗装タイプなので、ちょっと安っぽく見える。

エンジン・機能

L350S_custom_VS (4)

エンジンはEF型の3気筒DOHC自然吸気エンジンとインタークーラー付きターボエンジンの2種類。それぞれグレード名はカスタムXとカスタムRSとなる。

自然吸気エンジンは58ps(43kW)/7600rpm、最高出力6.5kg・m(64N・m)/4000rpm。ターボエンジンは最高出力64ps(47kW)/6400rpm、最大トルク10.5kg・m(103N・m)/3200rpmとなる。

トランスミッションは4ATまたは3ATで、駆動方式はFFまたは4WDとなる(※ただし、自然吸気エンジンの4WD仕様のみ3ATで、ターボ仕様の4ATは電子制御式。自然吸気エンジンの4ATは油圧制御式)。

初代タントカスタムL350SとL360Sとの違い

初代タントカスタムL350SとL360Sの違いは駆動方式にある。L350Sは前輪駆動のFFモデル。L360SはFFベースの4WDモデルとなる。ただし、L350Sは本格的な4WDとは異なりいわゆる生活四躯(スタンバイ4WD)と呼ばれるタイプ。FFをベースにビスカスカップリングで後輪を駆動させる。

ジムニーやパジェロミニなどの本格4WDでは2駆と4駆を任意に切り替えるパートタイム4WDが採用されるが、スタンバイ4WDは必要なときだけ自動的に4WDに切り替わるので、燃費性能やコスト面で有利なシステム。SUV以外の一般的な乗用車によく用いられる4WDシステムである。

このビスカスカップリングは消耗品で走行距離により寿命を迎える。よって過走行の4WDのタントカスタムを購入する際は特にカーブ等でビスカスカップリングから異音がしないかなど試乗して注意したほうがいい。

インテリア

L350S_custom_v2 (5)

インパネ。ノーマルと同じくセンターメーターだが、ブラックインテリアにより上級感やスポーティー感を演出。

L350S_custom_v2 (11)

最上級のRSグレードではダイハツでおなじみのMOMOステが標準装備され、オーバーヘッドコンソール、リヤマップランプが付く。

L350S_custom_v2 (9)

スピードメーター。カスタムでは専用のタコメーター付き2眼タイプに変更された。

L350S_Custom (14)

フロントはベンチシートタイプ。ノーマルタントとは異なり、スエード調のフルファブリックシート(ブラックカラー)となる。

L350S_Custom (16)

リアの足元はかなり広い。ムーヴでは代を重ねることに広くなったが、タントでは初代からかなり広めに設計されていた。スライド幅も260mmで使い勝手はかなり良い。

L350S_custom_v2 (3)

その分ラゲッジルームは狭い。

L350S_custom_v2 (4)

リアシートを倒すとかなり広くなる。

まとめ

L350S_custom (1)

初代のタントカスタムは、ベースのタントに比べるとデザインが良く、ぱっと見敬遠したくなる男性ユーザーも目が留まるような外観が特徴の軽乗用車である。

初代のノーマル顔ではデザインの古さというか、なんとなく物足りないのだが、初代のタントカスタムならその点は改善され、見た目も気になりづらい。価格も現行より2代前ということで購入しやすい中古価格となっている。燃費や安全装備では2代目や現行に敵わないが、手頃な価格でこの広さの軽自動車という点ではアドバンテージはあるだろう。

ターボとNAで悩むところだが、ここは素直にターボモデルを勧めたい。というのはこの手のトールワゴン、特に初代は車重がワゴンタイプよりも100kg程度重く、加速がかなり悪いのだ。やはり男性ならその加速の悪さにストレスを感じることだろう。ここは無難にターボモデルを選択肢たいところだ。

ただし、その分年数経過もありかなり安価に購入できるモデルでもある。標準タントよりも初代タントカスタムの方がスタイリッシュで、かつ今見てもそれほど見劣りしないので、選択肢としても有用である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました