【3代目・後期型 特別仕様】タントカスタムX トップエディション VS SAⅢ/タントカスタムRS トップエディション VS SAⅢ(L600S/L610S型)

タントカスタム

タントはダイハツのハイトワゴン型軽自動車。タントカスタムはそのカスタムモデルである。本稿では3代目の後期型(2015年12月マイナーチェンジ~)のモデル終盤に設定された特別仕様車、「トップエディション VS SAⅢ」を扱う。

画像参照元:ダイハツ認定中古車

スポンサーリンク

3代目ダイハツ・タントカスタムとは?特徴など

2013年10月にデビューした3代目タント

2代目より採用された電動パワースライドドア(ミラクルオープンドア)を引き続き採用し、2代目モデル後半ではライバルに遅れを取っていた運転席後方のスライドドアも採用したとで3代目では両側スライドドアとなった(グレードにより運転席側後方も電動パワースライドドアとなる)。

さらにスライドドアのスライド幅を10cmアップさせたことで利便性が向上。また、室内空間の再設計により上部空間が12cmほど拡大。

さらに軽自動車初となる助手席シートバックレバーを採用したことでさらなる利便性の向上をはかった。

軽量化においてはフロントフェンダー、バックドア、フューエルリッド(給油口蓋)、レールカバーを樹脂化したことで3代目の改良に伴う重量増を相殺。車重は先代とほぼ同じに抑えた。

燃費関係ではボディの空力特性を高め空気抵抗を低減。背の高い軽自動車でありながら、ベーシックなミラと同等の抵抗値に抑えた。

また、ミライースで培った技術を適用し自然吸気エンジンは圧縮率を高め、VVTやCVTサーモコントローラーをターボモデルにも適用したことでターボ仕様でも「平成27年度燃費基準+20%」を達成した。

自動ブレーキにおいては3代目より全グレード(廉価グレード含む)に搭載グレードを設定。エマージェンシーストップシグナルは非スマートアシストグレードでも採用したことで安全性を高めている。

そのカスタムモデルである「タントカスタム」の初代はデビューからおよそ2年半後に追加設定という形で登場し、以降2代目はノーマルと同時設定。

3代目でもノーマルモデルと同時期の登場となった。タントカスタムでは初代から専用ヘッドライト、専用グリルに専用バンパー。

サイドアンダースカートに専用リアコンビランプ、リアスポイラーなど迫力と精悍さアップさせた外観が特徴で、ムーヴカスタムのようにノーマルとは異なる外観が特徴だ。

3代目タントカスタムではそれまで以上に大きなグリルを装着。ノーマルモデルよりもかなりの差別化をはかった外観が与えられてる。

スポンサーリンク

特別仕様車 カスタムXトップエディション VS SAⅢ/カスタムRSトップエディション VS SAⅢとは?ベースモデルとの違い

その3代目後期タントカスタムのモデル終盤となる2018年12月。フロントグリルLEDイルミネーションや専用アルミホイールを特別装備しつつ、お買い得としたモデルを設定した。

それが本稿で扱う「トップエディション VS SAⅢ」である。

トップエディションVS SAⅢは「カスタムX トップエディションSAⅢ」と「カスタムRS トップエディションSAⅢ 」がベース。

これにオプション設定の「パノラマモニター対応カメラ」、後期でオプション設定となってた「フロントLEDイルミネーション(ホワイト色)」を標準装備しつつ、お買い得とした特別仕様車である。

さらにボディカラーにはVS専用色の新色「レーザーブルークリスタルシャイン」をオプション設定。

このほか自然吸気エンジンのカスタムXでは本来オプション設定の後席右側パワースライドドアを標準装備しつつベースモデルからわずか2万円アップ。

ターボ仕様のカスタムRSではVS専用15インチアルミホイールを標準装備としつつ、わずか5万4千円アップの超お買い得モデルだった。

なお、VSシリーズはダイハツの軽自動車でモデル末期に機能装備や魅力的な内外装を与えつつ、お買い得とした特別仕様車に使われる。

今回のタントカスタムでも4代目へフルモデルチェンジ前のモデル末期・お買い得仕様となっていた。

エクステリア

フロントデザイン。3代目・後期型タントカスタムはメッキグリルのデザインが前期よりも精巧となり、スタイリッシュ感がアップする。

ヘッドライトはプロジェクター式ハイロー独立ヘッドランプ(ロービーム:LED、ハイビーム:ハロゲン)とLEDクリアランスランプ、LEDフォグランプは全グレードに標準装備。

トップエディションではダークメッキによるインナーブラックタイプとなる。

VS仕様として、後期モデルではオプション設定になっていた「ホワイト色のフロントLEDグリルイルミネーション」を標準装備。

ベースモデルではLEDがブルー色だったが、ワンポイントのアクセントと特別感を演出した。

また、フォグランプまわりのフロントLEDイルミネーションはベースモデルと同じく標準装備する。

サイド。後期型の変更点は特に無い。標準でLEDターンランプ付きドアミラーを装着。

リアはスモークガラスでフロントガラスはスーパーUV&IRカットガラスにトップシェイドガラスが組み合わされる。

ドアにはイモビライザー付きのキーフリーシステムを搭載し、パワースライドドアも両側装備。

VS専用色として「レーザーブルークリスタルシャイン」が新設定された。

LA600S_custom_last (14)

RSグレードでは両側電動パワースライドドアが標準装備だったが、VS仕様としてXグレードでも両側パワースライドドアを標準装備する。

助手席側はセンターピラーレスのミラクルオープンドア仕様。

アルミホイールは自然吸気エンジンのXグレードがVS仕様として、トップエディション用のアルミホイールに変更(本来は汎用デザインのアルミホイール)。タイヤサイズは155/65R14。

ターボエンジンのRSグレードはエアロ形状のVS専用15インチアルミホイールとなる。タイヤサイズは165/55R15。

リア。後期型ではフロントメッキグリルと同じくリアメッキガーニッシュのデザインが変更されより迫力がアップした。

これ以外は前期と同じでクリアーコンビランプにストップランプはLED仕様。ルーフスポイラーとエアロバンパーを標準装備。

エンジン・機能装備・安全装備など

LA600S_custom_last (5)

エンジンはKF型3気筒DOHC自然吸気エンジンとインタークーラー付きターボエンジンの2種類。

自然吸気エンジンでは最高出力52ps(38kW)/6800rpm、最大トルクは6.1kg・m(60N・m)/5200rpm。

ターボエンジンでは最高出力64ps(47kW)/6400rpm、最大トルク9.4kg・m(92N・m)/3200rpm。

トランスミッションはCVTのみで駆動方式はFFまたは4WD。

安全装備としてはスマートアシストⅢを搭載。「衝突回避支援ブレーキ(対歩行者含む)」、「衝突警報」、「車線逸脱警報機能」、「誤発進抑制機能(前方&後方)」、「先行車お知らせ機能」、「ハイビームアシスト」などを備える。

この他全グレードでVSC&TRCとアイドリングストップ、ABS、エマージェンシーストップシグナル、ヒルホールドシステムが標準装備となる。

インテリア

L600S_custom_last_SA_topedition (4)

インパネ。内装はトップエディション仕様と同じ。

VS仕様としてパノラマモニター対応カメラが標準装備となる。

ステアリングはRSグレード(ターボ仕様)で本革巻きタイプ。Xグレード(非ターボ)ではウレタンタイプ。

LA600S_custom_last (17)

エアコンはフルオートエアコン。エンジンスタートはプッシュ式。トップエディションではセンタークラスターがトップエディション専用の「プレミアムシャインディープブルー」色となる。

LA600S_custom_last (11)

スピードメーター。タコメーター付きの2眼式でマルチインフォメーションディスプレイ付き。

LA600S_custom_last (19)

フロントシートはベンチシートタイプ。このあたりもベースモデルと同じ。トップエディションでは専用のレザー調シートに変更となる。

LA600S_custom_last (20)

リアシート。スライド機構を搭載。

LA600S_custom_last (21)

ラゲッジルーム。

LA600S_custom_last (18)

リアシートを倒した状態。スライド機構を利用すればフルフラットも可能だ。

まとめ

3代目タントカスタムの後期型に設定された「トップエディション VS SAⅢ」は、最上級グレードのトップエディションSAⅢをベースに、

「フロントグリルLEDイルミネーション(ホワイト)」や「パノラマモニター対応カメラ」、Xグレードではさらに「両側パワースライドドアにトップエディション専用デザインのアルミホイール」、などを追加しつつ、お買い得とした特別仕様車だった。

この追加装備にも関わらず、カスタムXではベースモデルからわずか2万円アップ。ターボ仕様のカスタムRSでもわずか5万4千円アップの超お買い得モデルだった。

パワースライドドアのオプション価格が単体で4万5千円だったことを考えると、その半額で他の装備も付くVS仕様は破格の価格設定。VSらしい特別装備となっていた。

中古市場ではトップエディションの中でもVS仕様の方がタマ数が少ない。

まだまだ高年式ゆえに中古価格はかなり高いが、4代目に引けを取らない内外装や機能装備を持っているため、この手の軽自動車で上級のカスタムモデルを購入する場合は選択肢にいれたい1台である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました