【3代目 前期型】ダイハツ タントカスタム(LA600S/LA610S型)

タントカスタム

タントはダイハツのトールワゴン型軽自動車。タントカスタムはタントのカスタムモデルである。本稿では3代目のデビュー当初(2013年10月)~2015年11月までを前期型とし、これを扱う。

LA600S_custom_first (2)

画像参照元:Goo-net

概要

2013年10月にデビューした3代目タント。2代目より採用された電動パワースライドドア(ミラクルオープンドア)を引き続き採用し、2代目モデル後半ではライバルに遅れを取っていた運転席後方のスライドドアも採用したとで3代目では両側スライドドアとなった(グレードにより運転席側後方も電動パワースライドドアとなる)。

さらにスライドドアのスライド幅を10cmアップさせたことで利便性が向上。また、室内空間の再設計により上部空間が12cmほど拡大。さらに軽自動車初となる助手席シートバックレバーを採用したことでさらなる利便性の向上をはかった。

軽量化においてはフロントフェンダー、バックドア、フューエルリッド(給油口蓋)、レールカバーを樹脂化したことで3代目の改良に伴う重量増を相殺。車重は先代とほぼ同じに抑えた。

燃費関係ではボディの空力特性を高め空気抵抗を低減。背の高い軽自動車でありながら、ベーシックなミラと同等の抵抗値に抑えた。また、エンジンは圧縮率を高め、VVTやCVTサーモコントローラーをターボモデルにも適用したことでターボ仕様でも「平成27年度燃費基準+20%」を達成した。

自動ブレーキにおいては3代目より全グレード(廉価グレード含む)に搭載グレードを設定。エマージェンシーストップシグナルは非スマートアシストグレードでも採用したことで安全性を高めている。

そのカスタムモデルである「タントカスタム」は、初代はデビューからおよそ2年半後に追加設定という形で登場し、以降2代目はノーマルと同時設定。3代目でもノーマルモデルと同時期の登場となった。

タントカスタムでは初代から専用ヘッドライト、専用グリルに専用バンパー。サイドアンダースカートに専用リアコンビランプ、リアスポイラーなど迫力と精悍さアップさせた外観が特徴で、ムーヴカスタムのようにノーマルとは異なる外観が特徴だ。

その3代目タントカスタムではそれまで以上に大きなグリルを装着。ノーマルモデルよりもかなりの差別化をはかった外観が与えられてる。

3代目タントカスタムLA600SとLA610Sとの違い

3代目タントカスタムLA600SとLA610Sの違いは駆動方式にある。

LA600Sは前輪駆動のFFモデル。LA610SはFFベースの4WDモデルとなる。ただし、LA610Sは本格的な4WDとは異なりいわゆる生活四躯(スタンバイ4WD)と呼ばれるタイプ。FFをベースにビスカスカップリングで後輪を駆動させる。

ジムニーやパジェロミニなどの本格4WDでは2駆と4駆を任意に切り替えるパートタイム4WDが採用されるが、スタンバイ4WDは必要なときだけ自動的に4WDに切り替わるので、燃費性能やコスト面、扱いやすさで有利なシステム。SUV以外の一般的な乗用車によく用いられる4WDシステムである。

このビスカスカップリングは消耗品で走行距離により寿命を迎える。よって過走行の4WDのLA610Sタントカスタムを購入する際は特にカーブ等でビスカスカップリングから異音がしないかなど試乗して注意したほうがいい。

エクステリア

LA600S_custom_first (3)

フロントデザイン。ノーマルとは大きく差別化されキリッとしたヘッドラインと高級感漂う大型メッキグリルが目につく。先代の2代目タントカスタムよりグリルは大型化され、ヘッドライトも特徴的な刻み込みが内側に設けれれた。

LA600S_ (12)

※こちらはノーマルのタント

LA600S_custom_first (4)

戻って3代目タントカスタム。横からのデザインはまさに箱といった感じ。ボンネットは角ばっていて見切りが良さそうだ。RSグレードでは両側電動パワースライドドア。Xグレードでは運転席後方の電動パワースライドドアがオプション設定となる。この他セキュリティーアラームを標準装備。

LA600S_custom_last (2)

アルミホイールは自然吸気エンジンのXグレードがベーシックなデザインの14インチアルミホイール。

LA600S_custom_last (15)

ターボエンジンのRSグレードはエアロ形状の15インチアルミホイールとなる。特にこのRS用の15インチアルミホイールは先代よりも精悍さや迫力が増し、カスタムモデルらしい豪華なホイールデザインとなっている。

LA600S_custom_first (5)

リア。バックドアにはリアメッキガーニッシュを装着。2代目よりも高級感や迫力が増した。コンビランプはクリアー仕様で、ストップランプはLED。

高級車に見られる変わった形の光方をする。カスタムではこの他ルーフスポイラーと専用リアバンパーが備わる。

LA600s_c_b_lump.jpg
※ストップランプ点灯時

エンジン・機能

LA600S_custom_first (1)

エンジン構成は3気筒NAと3気筒ターボの2本立て。KF型3気筒DOHC自然吸気エンジンと同インタークーラー付きターボエンジンとなる。

自然吸気エンジンは最高出力52ps(38kW)/6800rpm、最大トルク6.1kg・m(60N・m)/5200rpm。

ターボエンジンは64ps(47kW)/6400rpm、最大トルクは9.4kg・m(92N・m)/3200rpm。

トランスミッションはCVTのみで駆動方式はFFまたは4WD。

安全技術としては自動ブレーキのスマートアシストをグレード別に設定(グレード名に「SA」の文字がつく)。スマートアシストでは 「低速域衝突回避支援ブレーキ機能」、「誤発進抑制制御機能」、「先行車発信お知らせ機能」、車両の横滑りなどを防止する「VSC&TRC」をセットにしたもの。

この他アイドリングストップ、ABS、エマージェンシーストップシグナル、ヒルホールドシステムが標準装備となる。

なおターボモデルはデビュー当初タントカスタムのみだったが、のちの改良でノーマルのタントにも追加されている(グレード名:Xターボ)。カスタムは高すぎるけどターボは欲しいという人にはうってつけだろう。

LA600S_XTubo.jpg

中央部のメッキグリルがアクセントとなってノーマルのタントといえど見た目がシャキッとしている。ダイハツエンブレムよこの穴はインタークーラーを冷やすための吸入口。

かつてのターボ車はボンネット上にエアダクトを設けるのが一般的だったが、最近ではこのようにグリル部分から取ることが多い。

インテリア

LA600S_custom_first (7)

インパネ。先代から続くセンターメーターを継承。ステアリングは革巻きとなる。

LA600S_custom_first (6)

エアコン操作部。

L600S_Custom_ (1)

カスタムではタコメーターが付きの半3眼式。パネルは自発光式で右上にはマルチインフォメーションディスプレイが付く。

LA600S_custom_first (8)

フロントシートはベンチシート。カスタムモデルではブラックを基調とした専用シート表皮となり、インパネとあわせてシックな雰囲気となる。またドアトリム付近のパネルもブラック加飾されて高級感を与えている。

L600S_Custom_ (7)

助手席側のセンターピーラーが無いのでこのように電動スライドドアを開けるとかなり開放的な開口部となる。

LA600S_custom_first (9)

リアシートの足元も広い。後部座席はスライド機構を備える。

L600S_first (16)

ラゲッジルーム。

L600S_first (17)

リアシートを倒した状態。後部座席を普通に倒すと段差が残るが、さらに押しこんで倒せばフルフラットになる。

まとめ

3代目タントカスタムの前期型はは直近のライバル N BOXよりも後に出たことでライバルに対応しつつ、先代の悪いところをさらに改良(両側スライドドアなどを追加)し、元祖トールワゴンの最高峰に君臨するモデルである。

圧倒的な室内空間はノーマル譲りでターボモデルであれば走りも良く、一昔前では一般的だった「軽=セカンドカー」ではなくファーストカーにもなりうる広さと走行性能を持ち合わせている。カスタムモデルは値が張るがノーマルには無い圧倒的な存在感なので、そこは考察すべき点だろう。

あとはジャンル的に似ているライバル N-BOXカスタムやスペーシアカスタム、三菱や日産の EKスペースカスタム(デイズルークス ハイウェイスター)との比較だろうか。

なお、2015年12月マイナーチェンジ(後期型)ではフロントグリルやフォグランプガーニッシュ、リアガーニッシュ等のデザインを変更し見た目がより上級になる。好き嫌いが別れる部分だが、3代目タントカスタムを検討している人は要チェックである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました