【初代・前期型】三菱 ekワゴン (H81W型)

eKワゴン

ekワゴンは三菱のワゴン型軽自動車。本稿では初代のH81W型のデビュー当初である2001年10月~2004年11月までを前期型とし、これを扱う。

H81W_first (2)

画像参照元:Goo-net

概要

2001年10月にデビューした三菱・初代eKワゴン。当時の売れ筋となっていたスズキ・ワゴンRダイハツ・ムーヴに対向する形での市場投入となったモデルである。

商品コンセプトは「ジャストバリュー・ワゴン」。ボディスタイルはワゴンRとアルトの中間程度の車高を持つ「セミトール・パッケージング」を採用し同社のトッポBJよりも背が低く、セダンタイプであるミニカよりもわずかに高く設定されていた。

設計時点では「ヒップポイントと頭上のスペース、室内側のパッケージングから割り出された数値」となっていたが、結果的にワゴンRやムーヴでは不可能な立体駐車場に入る高さの1550mm以下に抑えられ、ムーヴやワゴンRとは差別化がなされていた部分である。

それ以外にもeKワゴンは乗降と運転視界を両立させた調度良い高さで、ムーヴやワゴンRなどの他社には見られない最適なパッケージング、シンプルでベーシックなデザインが特徴のモデルである。

eKワゴンでは軽乗用車としては初となるセンターメーターを採用し、インパネには豊富な収納スペースを設けるなど新時代にふさわしいデザインを与えた。

それでいて新車価格は91万円からとするなど価格面でもかなり良心的なモデルで、eKワゴンのeKはお客様の目線に立ち一過性の流行(はやり)ものでなく、ながく愛される真に「いい軽」(excellent K-car)を創ろうという思いを込めて昨年1月に発足した「eK(いい軽)プロジェクト」から命名されている。

H81W_first (1)

この他エンジンは先にデビューしていた8代目ミニカの3G83型・SOHC自然吸気エンジンを流用。

ただし、エンジンの改良により平成12年基準排出ガス規制値よりさらに50%低減した、「優-低排出ガス」に適合させている。

また、トランスミッション等も8代目ミニカから流用し基本メカニズムを新規設計とせず、ドアミラーやルームライトに至っては他社であるダイハツ・3代目ムーヴの部品をそのまま流用するなどして開発コストや部品コストを下げ、安価な価格設定を実現していた。

エクステリア

H81W_first (5)

フロントデザイン。初代eKワゴンは非常にオーソドックスな顔つきが特徴で、直線基調のグリルに四角形を基本としたヘッドライト。これまた長方形の開口部を持ったバンパーが組み合わされる。

セダンタイプであるミニカと同じベーシック系のモデルだが、eKワゴンではより乗用モデル感が強くなっている。

H81W_first (7)

横から。ワゴン系であるが程よい高さとなっている。全高は立体駐車場に入る1550mmをキープ。それでいて室内長は1630mmを確保。

同年代の3代目ムーヴ(1920mm)と比べると短めなのだが、必要十分な長さは確保されている。

H81W_first (0)

足元は13インチスチールホイール+フルホイールキャップ。タイヤサイズは155/65R13。

H81W_first (8)

リアビュー。フロントと同じくオーソドックスなコンビランプが付いている。テールランプが曇り気味で古臭いが、同年代のekスポーツ、あるいは社外品のユーロテールに交換すると面白い。

なお、2003年8月マイナーチェンジではUV&ヒートプロテクトガラスが全グレードに標準装備となった。

H81W_euro.jpg

エンジン・機能

H81W_first (17)

エンジンは3G83型の3気筒のSOHC12バルブ自然吸気エンジンのみ。最高出力は50ps(37kW)/6500rpm、最大トルクは6.3kg・m(62N・m)/4000rpmを発生。

トランスミッションはデビュー当初は3ATのみのだったが、2003年5月の特別仕様車や2003年8月マイナーチェンジで上級グレード(Gグレード)の設定とともに4ATが追加された。駆動方式はFFまたは4WDとなっている。

安全装備として運転席&助手席エアバッグを標準装備。ABSはオプション設定。

インテリア

H81W_first (4)

インパネ。初代eKワゴン(H81W)は軽乗用車初となるセンターメーターにコラムシフトを採用し当時話題となった。価格も安価でありながら斬新なセンターメーターの採用はかなりのインパクトがあった。

H81W_first (15)

ステアリングはウレタンタイプ。

H81W_first (16)

スピードメーター。タコメーター無しのシンプルタイプ。

H81W_first (12)

フロントシートはベンチタイプでアームレスト付き。2003年8月マイナーチェンジでは4WD仕様車にシートヒーターが備わった。

H81W_first (13)

リアシートの足元は狭すぎないが、今の軽に比べるとそこまで広くない。スライド機構は非装備。

H81W (10)

ラゲッジルーム。荷室はリアシートが起きていてもそこそこ広い。倒せば結構荷物が載せれる。

H81W.jpg

リアシートを倒した状態。フルフラットにはならない。

まとめ

H81W_first (3)

初代ekワゴンは独特のベーシックなスタイリングと運転しやすい全高が特徴の軽自動車だ。

旧来のハッチバックタイプよりも室内が広く、かつ運転しやすい高さは今でも充分乗りやすいだろう。初代は登場から20年以上経過していることと、現行では3世代進み4代目eKワゴンが出ているので中古市場ではかなり安価に購入できる。

年式が古くなってきているので状態を確認することが条件だが、街乗りメインの足車として重宝しそうだ。この後の後期型マイナーチェンジではフロントデザインやコンビランプが刷新され見た目がリフレッシュされる。可能であれば初代eKワゴンでも後期型の方があまり古臭さが少ないため無難かもしれない。

なお、デビュー当初はターボエンジン仕様が無かったが、遅れること2002年9月にカスタム仕様の「eKスポーツ」を追加。かつてのミニカダンガンほではないが、スポーティな外観や足回り、ブラック内装にターボエンジンを搭載したモデルを追加している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました