【2代目】ダイハツ ミラジーノ プレミアムX(L650S/L660S型)

ミラ ジーノ ・ミラジーノ ミニライトスペシャル

ミラジーノはダイハツの(クラシック風)ハッチバック型軽自動車。本稿では2代目L650SおよびL660Sの上級グレード、「プレミアムX」を扱う。

L650S_premium_X (7)

概要

2004年11月にフルモデルチェンジし、2代目となったミラジーノ。2代目ミラジーノの特徴は初代のイメージを引き継ぎつつもボディを専用設計し、他のどのモデルとも似ていないオリジナリティが最大の特徴だ。

また、ボディ自体もひと回り上方向に大きくなったことで居住性が向上。加えて外観の可愛らしさもアップした。

メインターゲットは「友達感覚の仲良し親子(M&D=マザー&ドーター)」で、流行やブランドにとらわれない感性を持ったユーザーの心に響く「こだわりの新上質感」を持つモデルとしている。

エクステリアは、先代のクラシックな雰囲気を保ちつつ、現代的にアレンジしたようなデザインでよりキュートな顔つきに。大型メッキフロントグリルや丸形ヘッドライトなどアイデンティティを継承しつつ、ポップなイメージで現代風にアレンジ。

インテリアでは丸や楕円をモチーフにやすらぎ感のあるデザインを表現。シートにはベロア調の生地を採用し、肌触りを良くした。また、内装色にはロマンティックローズを採用し、上質感も演出した。

パッケージングは1850mmの室内長、1275mmの室内幅、840mmの前後乗員間距離で初代よりも室内長を130mm、室内高を70mmアップさせ室内空間を拡大。快適性をアップさせた。また、最小回転半径も4.2mmと取り回しの良さを継続。

メカニズムでは引き続きEF型のエンジンを採用するも先代のターボモデルや5MTを廃止。4ATに一本化し完全な女性向けモデルとなった。

2代目ミラジーノでは自然吸気エンジンにキャラクターをしぼりダブルエフェクトサイレンサーの採用で床上の防音制振などにより静粛性を向上。さらにスプリングやショックアブソーバーなどを最適にチューンしたサスペンションを採用し、快適な乗り心地を実現した。

快適装備としてはアジャスタブルパック(運転席シートリフターをチルトステアリング)とアジャスタブルショルダーベルトアンカーをグレード別に標準装備またはオプション設定。

プラスイオンとマイナスイオンを車室内に放出する「ピュアコンディショニングパック」、照明付き大型バニティミラー、ドアミラーターンランプも標準装備とした(※Lグレードは非装備)

また、同年代のミラ(L250S系)をベースとした吸音タイプの天井を採用し、吸音プラス遮音の効果を発揮するダブルエフェクトサイレンサー、床上の防音制振などにより静粛性を向上。チューニングしたサスペンションの採用で乗り心地もアップさせている。

安全装備としては運転席&助手席エアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター(運転席可変)機構付フロント3点式ELRシートベルトを全グレードに標準装備。Lグレードを除いて全グレードにEBD&ブレーキアシスト付のABSも標準装備とした。

2代目ミラジーノ(L650S系)プレミアムXと他グレードとの違い

その2代目ミラジーノに2005年12月のマイナーチェンジで追加設定された上級グレードが「プレミアムX」である。

それまでの上級グレードである「X」をベースに本革&スエード調ファブリックシート、ウッド調インパネクラスター、MOMOウッドステアリングを標準装備し、クラシカルさと上質なイメージを向上させたモデル。

内外装で上質かつプレミアム感を強くしたモデルで、ミニライトとはまた違ったベクトルのカスタムモデルとなっていた。

2代目ミラジーノ L650SとL660Sとの違い

2代目ミラジーノのL650SとL660Sとの違いは駆動方式。L650Sは前輪を駆動するFFのミラジーノ。L660SはL650Sをベースに全部のタイヤを駆動する4WDのミラジーノ。

ただし4WDに関してはジムニーやパジェロミニなどの本格軽SUVとは異なり、基本はFFで、前後の回転差が生じた時(滑った時など)に4WDとなるビスカスカップリングを用いたパッシブタイプのオンデマンド4WD方式。

エクステリア(外装)

L650S_premium_X (5)

フロントデザイン。ベースをXグレードとしこれにマルチリフレクターハロゲンフォグランプを標準装備とした。

Xグレードでは廉価グレードのLと違い標準でメッキバンパーモールが備わり外観が良かったのだが加えてメッキリング付きのフォグランプを追加したことでワンポイントの上級感を演出している。

L650S_premium_X (1)

サイド。メッキドアミラーカバーとメッキサイドアンダーガーニッシュはX同様に標準装備。

L650S_premium_X (16)

LEDターンランプ付きドアミラーはXグレード同様に標準装備。

L650S_premium_X (12)

加えてプレミアムXでは14インチアルミホイールが標準装備となる。最上級のミニライトの純正アルミホイールには劣るがそこそこスタイリッシュな純正アルミだ。

L650S_premium_X (14)

ななめ後ろ。

L650S_premium_X (15)

リア。このあたりはベースと共通。プレミアムXではリアバンパーにもメッキ加飾が行われ、クラシカルかつ上品な雰囲気が与えられる。

エンジン・機能

L650S_premium_X (2)

エンジンはEF型直列3気筒DOHC自然吸気エンジンのみ。最高出力は58ps(43kW)/7600rpm、最大トルクは6.5kg・m(64N・m)/4000rpm。トランスミッションは4ATのみで、駆動方式はFFまたは4WDとなる。

先代ではターボモデルが存在したが、2代目ではターゲットを女性に絞ったため廃止されている。当然ながらこのプレミアムLでもターボ仕様はない。

安全装備として運転席&助手席エアバッグ、ABSを標準装備する。

インテリア(内装)

L650S_premium_X (17)

インパネ。プレミアムXではウッド調インパネクラスターを標準装備としクラシックな雰囲気を演出している。

L650S_premium_X (8)

プレミアムXのステアリングはモモのウッドステアリング。シフトノブのウッド調となりインパネ、ステアリング、シフトノブの3点がウッド調で統一される。

L650S_premium_X (3)

プレミアムXのスピードメーターはミニライトと同じタコメーター付き。この後(2006年9月)登場した「プレミアムL」ではメーターパネルにタコメーターが無い。

L650S_premium_X (6)

フロントシートはセパレートタイプ。プレミアムX用の本革&スエード調フルファブリックシートとなっており、2代目ミラジーノの中でも最も上質なシートとなる。なお、プレミアムLではここがノーマルシートとなる。

L650S_premium_X (10)

リアシート。

L650S_premium_X (11)

ラゲッジルーム。

まとめ

L650S_premium_X (4)

2代目ミラジーノの「プレミアムX」はモデル中盤で追加されたミニライトに次ぐ上級グレードである。

プレミアムXでは特に内装が拘られておりウッド調のインパネにウッド調モモステ。本革&スエード調ファブリックシートなど軽自動車としてはプレミアムな装備がおきな特徴だ。

この後に特別仕様車として設定された「プレミアムL」では外観は同じもののシートが省略されノーマルと同じとなるためよりより良い内装が好みの場合はこのプレミアムXを探すと良いだろう。2代目のミニライトとはまた違った装備内容もプレミアムXの魅力である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました