【初代・特別仕様車】日産 ルークス ハイウェイスターリミテッド/ハイウェイスターターボリミテッド(ML21S型)

(トール)ワゴンタイプ

ルークスは日産のトールワゴン型軽自動車。ハイウェイスターはそのカスタムモデルでスズキ パレットSWのOEMモデルで、「リミテッド」はその特別仕様車である。

画像参照元:Goo-net

概要

2009年12月登場のルークス・ハイウェイスター。ノーマルモデルのルークスと同時展開で、ハイウェイスターはそのカスタムモデルにあたる。

ルークス同様にスズキのパレットのカスタムモデル、パレットSWのOEM供給を受けるがルークス同様にフロントデザインに日産専用のデフォルメが行われ差別化がなされたOEMモデルとなっている。

ルークスは日産の軽乗用車としていは初の常識を覆す広い室内空間と、存在感ある洗練されたデザインが特徴の軽自動車として登場した。

エクステリアでは日産のミニバンで好評のハイウェイスターデザインの特徴を継承。特徴的なメッキグリルにシャープな造形のヘッドランプを組み合わせて個性的かつスタイリッシュなエクステリアを演出。ボディカラーはハイウェイスター専用色の「ミステリアスバイオレット」、「ルナグレーを」含む全6色を設定。

インテリアではファインビジョンメーターを採用し、メッキやピアノブラック調のフィニッシャーをあしらって高品質な室内空間を演出。ハイウェイスターではブラックインテリアを採用し、スポーティかつ洗練されたデザインとした。

シート表皮もシックなカラーのファブリックシートとした。また、スピードメーターにはタコメーター付きの専用ファインビジョンメーターを採用。実用性とスタイリッシュさを兼ね備えている。

室内空間は室内高1,365mm、室内長2,085mmを確保し、大人4人がゆったりとすごせる快適空間を実現。後部座席は両側スライドドアを全グレードの標準装備。パワースライドドアもインテリジェントキーからボタン操作でオート開閉(電動パワースライドドア)するようにした(ノーマルグレードではGグレーで助手席側に標準装備)。

快適装備としては保冷機能付き助手席アッパーボックススを全グレードに標準装備。

安全装備としては運転席・助手席SRSエアバッグシステムを全車に標準装備。運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステムはEグレードを除いて全車に標準装備とした。

エンジンはタイミングチェーン式のオールアルミ製K6A型エンジンを全グレードに採用。瞬間燃費や平均燃費を表示するスピードメーターを全グレードに採用した。変速機は副変速機を内蔵したCVTを全グレードに採用し、燃費と加速性能を高めた。

初代ルークス・ハイウェイスター(ML21S)とスズキ・パレットSW(MK21S)との違い

初代ルークス・ハイウェイスターとスズキ・パレットSWではフロントデザインが大きく異る。ルークスハイウェイスターでは日産のハイウェイスターシリーズと同じデザインのメッキグリルを採用。バンパーも開口部やフォグランプまわりのデザインを専用とし差別化がなされている。

これ以外はエンブレム程度の変更となるが、日産仕様の初代ルークス・ハイウェイスターはスズキ版のパレットSWよりもフロントデザインが優秀で、スズキの安っぽさが感じられないスタイリッシュさが特徴となっている。

ルークス・ハイウェイスターリミテッド/ハイウェイスターターボリミテッド(ML21S)の特徴とパレットSWリミテッド(MK21S)との違い

その初代ルークスに2011年6月。一番安いEグレードを除く全グレードに「運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステム」を非装備(レス仕様)として価格を安くした特別仕様車が設定された。それが本校で扱う「ハイウェイスターリミテッド」と「ハイウェイスターターボリミテッド」である。

初代のルークスとルークスハイウェイスターには運転席と助手席のSRSサイドエアバッグシステムが標準装備となっているが、これをあえて装備せず、その分価格を安くした特別仕様車として販売されていた。その価格差は約1万円程度であったが、元々の新車価格が高かったルークスハイウェイスターでは少しでも安く感じたため、魅力ある特別仕様車となっていた。

なお、スズキ版のパレットSWにもリミテッドが存在するがそれとはまったくの別物。パレットSWリミテッドではブラックメッキグリルやインナーブラックヘッドライト、本革巻ステアリングホイールなどがリミテッド仕様として特別装備となるが、ハイウェイスターリミテッド/ハイウェイスターターボリミテッドにはそれら特別装備はまったく無かった。

エクステリア

フロントデザイン。ベーシックなノーマルのルークスに対し、ハイウェイスターはキリッとしたフロントが特徴だ。特にスズキ版との変更点であるフロントグリルまわりは、3本のメッキ調のラインが強調され、ライトからグリルにかけてシャープな印象を与えている。人によっては、スズキ版よりもこちらの方が好む人が多いだろう。

リミテッド仕様としては外装は特に変更なく、ベースのハイウェイスターやハイウェイスターターボとまったく同じ。スズキ版のパレットSWリミテッドとは異なりブラックメッキグリルやインナーブラックヘッドライトなど差別化もないため特別仕様車であることを見分けるのは難しい。

ヘッドライトはベース同様にプロジェクターレンズにディスチャージヘッドランプ(ハイロー切替式)とフォグランプを標準装備する。

サイドから。車高はかなり高い。サイドやリアは日産専用の変更点は特になく、アルミホイールのメーカーロゴがNISSANに変更される程度である。

ハイウェイスター用の専用アルミ。ノーマルのルークスと比べるとかなりスタイリッシュ。ハイウェイスターとハイウェイスターターボの両方で14インチアルミホイールが標準装備となる。

後部は両側スライドドアで、ハイウェイスターリミテッドは助手席側のみパワースライドドア。ハイウェイスターターボリミテッドでは両側がパワースライドドア化される。

リア。ノーマルと違いクリスタルタイプのコンビランプが装備されている。リアハッチ左側に「ROOX」エンブレム。右側には「Highway STAR」エンブレムが付く。

エンジン・機能

エンジンはK6A型3気筒のNAとターボ仕様の2種類。「ハイウェイスターリミテッド」は自然吸気エンジンで最高出力は54ps(40kW)/6500rpm、最大トルクは6.4kg・m(63N・m)/3500rpm。「ルークスハイウェイスターターボリミテッド」はターボ仕様の最高出力は64ps(47kW)/6000rpm。最大トルクは9.7kg・m(95N・m)/3000rpmを発光する。

トランスミッションは副変速機付きのCVTで、駆動方式はFFか4WD。

インテリア

インパネ。パレットSWと同じく黒を基調とした落ち着いたカラーリング。ターボモデルではステアリングが本革巻ステアリングホイールとなる。インテリアはノーマルのルークス同様にスズキと同じで、違いはステアリングのオーナメントが日産マークに変更なる程度。

リミテッド仕様として内装の安全装備から「運転席と助手席のSRSサイドエアバッグシステム」が非装備となる。

スピードメーターはタコメーター付きの自発光式メーター。

ステアリングは自然吸気エンジンのハイウェイスターリミテッドがウレタンスプリング。ターボ仕様のハイウェイスターターボリミテッドのみ本革巻ステアリングとなる。

フロントシートはベンチシートタイプ。色は黒とブラウンのツートーン仕様でパレットSWと同じくカスタムモデル専用シート。内装はサイドエアバッグがレスとなる以外はベースモデルとまったく同じ。

リアシート。スライド機構付きで足元の広さを調節可能だ。

ラゲッジルーム。

リアシートを倒した状態。

さらにシートを前にスライドさせるとフルフラットに。

まとめ

ルークスハイウェイスターに設定された特別仕様車、「ハイウェイスターリミテッド」と「ハイウェイスターターボリミテッド」はハイウェイスターとハイウェイスターターボをベースに運転席と助手席SRSサイドエアバッグをレス仕様として価格を下げた特別仕様車である。

サイドエアバッグを省いた結果、ベースモデルより1万円ほど安くなっており、価格を少しでも抑えたい&値引きに興味がある層を狙ったお買い得仕様車となっていた。

その一方でOEM元のパレットSWの特別仕様車、パレットSWリミテッドのような専用外装に本革巻ステアリングなどの追加の特別装備が一切無かったため、スズキ版のリミテッドとは大きく異なるのも特徴であった。ただ、日産版はノーマル状態でも見た目は良いので、特に外装に専用品を用いた特別仕様車の必要性が無かったものと思われる。

中古市場では登場から10年以上経過する3世代前のモデルとあって中古では安価になりつつある。その後登場したB44B47型ルークスハイウェイスターと比べると燃費性能や自動ブレーキの面で大きく劣る部分があるが、価格のアドバンテージはこちらにあり、比較的安くて見た目もスタイリッシュで、室内空間が広い軽自動車を探しているのなら選択肢の一つでも十分通用すると思う。

なお、この世代のルークスの自然吸気エンジンは副変速機付きのCVTを搭載しているとはいえかなりもっさりで加速が悪いのでできるならターボ仕様の購入をオススメする。

ちなみにパレットSWの特別仕様車、「リミテッド」シリーズは直接OEM供給されなかったが、かわりにオーテックジャパンが手がけた特別仕様車、「アーバンセレクション」が存在する。オーテックジャパンの開発した専用パーツによりルークスハイウェイスターの魅力をアップさせたこちらも必見だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました