【初代コンプリートカー】日産 デイズハイウェイスター インパルデイズ N Version(B21W型)

デイズ ハイウェイスター

デイズは日産のワゴン型軽自動車。デイズハイウェイスターはそのスポーティーモデルで、「インパルデイズ」そのハイウェイスターをベースとしたインパルのコンプリートカーである。本稿ではデビュー~2015年10月マイナーチェンジ前の前期型をベースとしたインパルデイズ N Versionを扱う。

B21W_first_highaystar_impal (9)

画像参照元:日産認定中古車

概要

2013年6月登場の初代デイズ。それまでのオッティRS・RXの実質的な後継モデルとなるこのモデルは、三菱との合弁会社であるNMKVによる共同開発&共同生産のモデルである。

それまで日産の軽自動車といえば細かなデフォルメを行うものの生産はOEM先に委託する形をとっていたが、デイズシリーズでは開発から生産まで携わるようになった。

標準モデルのデイズに対し、カスタム仕様となるデイズハイウェイスターのエクステリアは存在感やシャープさを強調したカスタムらしいエクステリア。太いメッキグリルやディスチャージヘッドランプ、ボリューミーなバンパー、クリアーコンビランプ、15インチ切削加工アルミホイールでハイウェイスターらしさを表現。

インテリアではセンタークラスターから弓なり形状としたインパネにタッチパネルを採用したピアノブラック調のセンタークラスターパネル、ホールド感を高めたフロントシートやふくらはぎのサポートを強めたリアシートなど長距離ドライブでの快適性をアップさせている。

スピードメーターにはブルー照明に白発光の大型2眼式メーターを採用しスポーティなイメージに。

エンジンは新開発の3気筒エンジンを採用。トランスミッションには副変速機付エクストロニックCVTを全グレードで採用し、アイドリングストップもグレード別に採用した。

パッケージングはロングホイールベースよる広い室内空間と前席にはシートスライドとシートリフター、チルトステアリングを標準装備。ルーフ上端を広げたフロントウインドウにより視認性を向上させた。

ボディは空力を考慮しバンパー形状を最適化。超高張力鋼板を4%、高張力鋼板を52%採用し安全性を確保しつつ軽量化している。

安全装備・快適装備としてはアラウンドビューモニターをグレード別に採用。タッチパネル式オートエアコンはハイウェイスターの全グレードに標準装備とした。

運転席&助手席エアバッグ、ABS(アンチロックブレーキシステム)+EBD(電子制御制動力配分システム)を全グレードに標準装備。ヒルスタートアシスト(アイドリングストップ付車、VDC装着車に標準装備)は一部グレードに。VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])はハイウェイスターGターボ2WDに標準装備とした。

また、スーパーUVカット断熱グリーンガラスをハイウェイスターの全グレードに標準装備し、フロントドアガラスに紫外線を99%カットするスーパーUVカット断熱グリーンガラスも全グレードに標準装備した。

収納スペースとしは買い物フックや助手席シートアンダーボックス、カップホルダー、ドアポケットなど様々な収納スペースを配置。

インパルデイズとは? N Versionの特別装備とノーマルとの違い

そのデイズをベースに日産車用機能パーツやコンプリートカーを開発&販売する「インパル」と日産大阪がコラボし、コンプリートカーが設定された。それがこの「インパルデイズ N Verison」である。

N Versionでは既にコンプリートカーとして販売されていたインパルデイズのTypeBをベースとし、日産大阪から販売されたコンプリートカーである。

インパルデイズ自体はインパルのコンプリートカーシリーズでは初となる軽自動車ベースのモデルで、純正のカスタムモデルであるデイズハイウェイスターをベースにさらにアクティブにそしてスポーティーな外観が与えられているのが特徴である。

エクステリア(外装)

B21W_first_highaystar_impal (11)

フロントデザイン。インパル仕様としてフロントクロームスポイラー、フロントグリル(エンブレム&デイライト付き)、イルミネーションエンブレムを装着。

B21W_first_highaystar_impal (21)

初期のTypeBには無かった専用グリルが特徴的で、ノーマルのメッキグリルとはまた違った存在感を放つパーツとなっている。

impuldayz_Nversion_guril.jpg

LEDとイルミネーション点灯時はこのように変化する。

B21W_first_highaystar_impal (23)

またヘッドライト部分には専用のデイライトを埋め込み、スポーティーな外観を与えている。

B21W_first_highaystar_impal (24)

サイドから。インパル仕様としてエアロサイドバイザーを装着。

B21W_first_highaystar_impal (22)

インパルロゴが嬉しいこのサイドバイザーはこの小さな開口部から効率的に車内へ空力を取り込むことが可能で、デザイン性と機能性を併せ持つサイドバイザーとなっている。

B21W_first_highaystar_impal (13)

リア。テールゲートには「IMPUL」エンブレムが付き、

B21W_first_highaystar_impal (4)

バンパー下部にはフロント同様ロゴ入りリアクロームスポイラーを装着。

エンジン・機能装備・安全装備など

エンジンは3B20型直列3気筒DOHC自然吸気エンジンと同インタークーラー付きターボエンジンの2種類。自然吸気エンジンは最高出力49ps(36kW)/6500rpm、最大トルク5.7kg・m(56N・m)/5500rpm。

ターボ仕様は最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルク10.0kg・m(98N・m)/3000rpm。トランスミッションは副変速機付エクストロニックCVTのみで駆動方式はFFまたは4WDとなる。

駆動方式はFF。XVセレクション+セーフティーⅡをベースでは安全装備として「エマージェンシーブレーキ」、「踏み間違い衝突防止アシスト」、「VDC」、「アラウンドビューモニター」を標準装備する。

インテリア(内装)

B21W_first_highaystar_impal (16)

インパネ。内装はノーマルと共通となっている。本革巻きステアリングにシルバー塗装センターガーニッシュ、タッチパネル式オートエアコンを備える。

B21W_first_highaystar_impal (12)

アラウンドビューモニター(バックミラー表示時)

B21W_first_highaystar_impal (17)

フロントシートもベースモデルと同じ。

B21W_first_highaystar_impal (2)

リアシート。

B21W_first_highaystar_impal (19)

ラゲッジルーム。

B21W_first_highaystar_impal (19)

リアシートを倒した状態。

インパルデイズN Versionのまとめ

インパルデイズ N Versionはデイズハイウェイスターをベースにインパルと日産大阪がコラボレーションしたコンプリートモデルである。

無印インパルデイズ同様に純正カスタムとは異なる外観が特徴で、より個性が引き立つモデルである。

インパルが手がけたとあってこの手のライバルとなるスズキのワゴンRスティングレー、ダイハツのムーヴカスタム、ホンダのN-WGNカスタムとは外観で一歩リードするデザインで、個性を求める人あるいはインパル仕様が好きな人などに嬉しいモデルであろう。

発売当時、インパルデイズ自体はインパルコンプリートカーを扱う日産ディーラーからのみ購入可能で、このN Versionは日産大阪専用設定だったためかなり希少なモデルである。そのため中古市場では滅多に出て来ない超希少モデルとなっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました