【2代目】ホンダ N-BOX(JF3/JF4型)概要解説

N-BOX

N-BOXはホンダのトールワゴン型軽自動車。本稿では2代目のJF3およびJF4型を扱う。

JF3_first (28)

画像参照元:ホンダ認定中古車

概要

2017年8月にフルモデルチェンジし、2代目となったホンダ・N-BOX。初代は軽自動車メーカーの中での劣勢を挽回すべく売れ筋ジャンルにストレート勝負で挑んだホンダの意欲作であった。

他社を研究しミニバンやF1で培った技術を取り入れ結果的にダイハツ(タント)やスズキ(スペーシア)、三菱(eKスペース)、日産(デイズルークス)などのライバルを寄せ付けないモデルに成長した。

約5年ぶりのフルモデルチェンジとなった2代目のJF3およびJF4型は前モデルと同じく標準モデルとカスタムモデルの2種類を設定。

カスタムモデルではかなり顔つきに変化が与えられたが、本稿で扱う標準モデルは初代のイメージそのままにより上品さをアップ。特にリアにかけてはコンビランプが作り込まれ赤いレンズとLEDテールランプの組み合わせでLEDテールランプ初期のいかにも感がなくなった。

これにより全体的なデザインの底上げがなされている。また、ヘッドライトはホンダの軽自動車としては初となるLEDヘッドライトを全グレードで標準装備。

ルーフ部分においてはそれまでの樹脂パーツを廃止。レーザーブレーズ溶接による形成ですっきりとしたルーフパネルを実現した。

JF3_first (12)

ボディや骨格まわりでは高効率フロアフレーム構造や高張力鋼板の適応拡大に加え、新たな接合技術を導入することで軽量化と高剛性化を両立。先代比最大で約80kgの軽量化(実際に軽量化そのものは150kgで安全装備や剛性向上で70kg分増えている)。

エンジンでは自然吸気エンジンにはこちらもホンダ軽自動車史上初となるi-VETCを搭載。ターボエンジンには電動ウェイスとゲートを搭載。このほかにCVTやサスペンションシステムの高性能化、フロントピラーの極細化による視界向上などで安心感ある走りと低燃費、快適な乗り心地を実現。

安全装備としてはホンダセンシングを全グレードに標準装備。軽自動車としてはホンダ初となる後方誤発進抑制機能や歩行者事故低減ステアリング機能の採用でライバルのスズキやダイハツに負けない充実装備を与えた。

jf3_1.jpg

利便性においてはエンジンルームのコンパクト化、テールゲートの薄型化により室内空間をさらに拡大。加えて新採用の助手席スーパースライドシートは最大570mmのスライド量を与えたことで後ろドアから子供の乗り込んで運転席に座るといった幅広い使い方やシートアレンジが可能となった。

JF3_first (29)

快適装備ではシート表皮に付着したアレルゲン(ダニ・スギ花粉)の不活性化に加え、抗ウイルス加工を施した「アレルクリーンプラスシート」、紫外線と赤外線を軽減する「360°スーパーUV・IRカット パッケージ」をすべての窓に採用するなど、車内の環境を快適に整える先進装備を充実。

静粛面では「高性能エンジンマウントシステム」の採用と防音材や遮音材を最適に配置することで前モデルよりも静粛性を高めた。

エクステリア(外装)

JF3_first (9)

フロントデザイン。2代目では初代のイメージそのままに適度にヘッドライトにエッジを与えグリルを少し大きめにしデザインをよりシンプル化。

プラスしてアクセントとなるメッキグリルをグリル下部に設けたことによりより洗練された顔つきとした。初代ではよりベーシック寄りの万人受けしやすいものだったが、2代目ではベーシック感に加えてスタイリッシュ感もアップ。正当なフルモデルチェンジとなっている。

JF3_first (30)

ヘッドライトは全グレードでホンダの軽自動車初となるLEDヘッドライトを採用。レンズもプロジェクタータイプとなりシャキッとした目つきとなった。

JF3_first (14)

サイド。このあたりは初代とほぼ同じだが、空力を意識した切り込みが前後タイヤハウスの上とボンネットからリアにかけて一直線に与えら得ている。

このほか2代目ではルーフパネルにレーザーブレーズ溶接を実施。それまでの樹脂パネルを廃止したことですっきりとしたデザインとなった。

JF3_first (26)

スライドドアは両側標準装備で、最廉価のGグレードのみパワースライドドア非装備。G・LとG・EXでは助手席側のみパワースライドドアで運転席側はオプション。G・LターボとG・EXターボでは両側パワースライドドアとなる。

JF3_first (18)

足元は全グレードで14インチフルホイールキャップ。アルミホイールは非設定。

JF3_first (13)

リア。2代目大きく変更されたのはリアのコンビランプ。初代ではLEDを意識したクリアータイプだったが、2代目ではこれを一般的な赤いレンズを使ったスタイリッシュなものへと変更した。

初代のコンビランプはLEDテールランプがではじめた初期のいかにも的なデザインだったが、この変更によりフロント以上に見た目が上品に良くなった。このほか2代目ではリアのリフレクター(反射板)がコンビランプ内蔵からリアバンパー下部に移動した。

エンジン・機能

JF3_first (2)

エンジンは初代の改良型となるS07B型直列3気筒DOHC自然吸気エンジンと同インタークーラー付きターボエンジンの2種類。2代目では自然吸気エンジンに軽自動車初のi-VTECを搭載。低回転域での出力そのままに4000回転以上での出力アップがなされた。

最高出力は58ps(43kW)/7300rpm、最大トルクは6.6kg・m(65N・m)/4800rpmを発生する。

ターボエンジンは電動ウェイスゲートを採用し理想的な加給を実現。出力を確保しつつ低燃費とレスポンス向上を果たした。こちらは最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは10.6kg・m(104N・m)/2600rpmを発生する。

jf3_2.jpg

このほか安全装備としてはエマージェンシーストップシグナルとヒルスタートアシスト機能、VSA(横滑り防止装置)のほか、「ホンダセンシング」を全グレードに標準装備。

ホンダセンシングとは自動ブレーキや誤発進抑制機能などを一つのパッケージとしてまとめたものでそれまでの「シティブレーキアクティブシステム」にかわる新システムである。

従来はフロントウィンドウ上部のセンサーだけを用いたものだったが、ホンダセンシングでは単眼カメラ、ミリ波レーダー、ソナーセンサーの3つを用いたシステムで初代N-BOXには無かった先進的な安全装備となる。

jf3_3.jpg

具体的には衝突軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>、LKAS<車線維持支援システム>、先行車発進お知らせ機能、歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能、標識認識機能、後方誤発進抑制機能、オートハイビームの8つが含まれる。

このうちの「歩行者自己低減ステアリング」はホンダの普通車で先行する技術でスズキやホンダにはない機能(※2018年1月現在)。

万が一の際に前方の歩行者を検知して衝突すると判断した場合自動でステアリング操作を行い回避するものだ。特に子供の送り迎えや買い物などで生活道路を走るケースが多い軽自動車で取り入れた意義は大きい。

2代目N-BOX JF3とJF4、JF1とJF2との違い

2代目N-BOXのJF3とJF4との違いは駆動方式。JF1は前輪を駆動するFFの2代目N-BOX。JF4はJF3をベースに全部のタイヤを駆動する4WDの2代目N-BOX。

ただし4WDに関してはジムニーやパジェロミニなどの本格軽SUVとは異なり、基本はFFで、前後の回転差が生じた時(滑った時など)に4WDとなるビスカスカップリングを用いたパッシブタイプのオンデマンド4WD方式。

パートタイム4WDのようなタイトブレーキング現象が発生せず街乗りでは扱いやすいが、その分本格的な悪路走行には向いていないのでその点は十分注意されたい。

なお、N-BOXでもJF1型は初代モデルのFF仕様。JF2型は初代モデルの4WD仕様となる。

JF3型N-BOXのリコール 2022年6月2日届け出・低圧燃料ポンプの不具合

2022年6月2日にホンダから国交省へN-BOXのリコールが届け出られた。対象となるのはJF3型N-BOXとN-BOXカスタムで、対象となるのは2018年3月から2018年12月までの車体。

内容は燃料ポンプの不具合。燃料ポンプ内のガソリンを吸い上げる樹脂製の羽根車に不具合があり、使用し続けるこの歯車が変形しガソリンをエンジンに送れなくなる。

これにより最悪エンジンが止まる恐れがある。ただし現状はそこまで重大な事故は発生しておらず、エンジンがかからないケースが68件報告されているとのこと。

なお、今回のリコールは2代目N-BOX、N-BOXカスタムの中でも前期型モデルでかつFFモデルが対象。4WDモデルはリコール対象外。さらに2代目の後期モデルではFFモデルも含め完全に対象外だ。

対象車種を使用している人は交換部品の準備ができ次第、リコール対応が実施される。

なお、今回のリコールでは初代N-WGN、初代W-WGNカスタム、N-VAN、初代N-ONE、N-BOXスラッシュ、S660も対象車種となっており、全部で21万9623台が対象となる大型リコールとなった。

インテリア(内装)

JF3_first (5)

インパネ。2代目N-BOXのインパネはベージュを基調とし、カフェで過ごすようなリラックス空間をイメージしている。初代と比べるとデザイン面でエアコンの通風口とスピートメーターまわりが大きく変更された。

JF3_first (33)

具体的には運転席側と助手席側のエアコン通風口のデザインが大きく異る。また、スピードメーターはそれまで一般的な位置からミニバン(ステップワゴンなど)風にちょっと上の位置に配置され視線移動が少なくなるような工夫がなされている。

JF3_first (34)

スピードメーター。全グレードでタコメーター付き。エアコンも全グレードでオートエアコンタイプとなる(最上級のG EX系ではプラズマクラスター搭載)。

JF3_first (6)

フロントシートはセパレートタイプとベンチシートタイプの2種類。「助手席スーパースライドシート」を採用するG EXグレードはセパレート。それ以外はベンチシートとなる。

2代目ではシート表皮に付着したアレルゲン(ダニ・スギ花粉)の不活性化に加え、抗ウイルス加工を施した「アレルクリーンプラスシート」を全グレードで標準装備。シート形状もサイドのサポートを意識した作りで初代よりもホールド性が若干良くなっている。

JF3_first (7)

リアシート。ロールサンシェードはグレード別に設定。

JF3_first (27)

初代から好評のチップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシートは全グレードに標準装備。

JF3_first (24)

ラゲッジルーム。

JF3_first (25)

リアシートを倒した状態。

まとめ

JF3_first (10)

2代目のN-BOXは初代のイメージを踏襲しつつ洗練されたエクステリアに使い勝手をさらによくした室内空間。軽量化とエンジンの改良により燃費と実用性がアップした走り。初代よりも強力な自動ブレーキ&自動ステアリングのホンダセンシングなどすべてにおいてパワーアップしたフルモデルチェンジとなった。

元々N-BOXというモデルはタントスペーシアeKカスタムルークスがマイナーチェンジしようともライバルを寄せ付けない強さで売れ続けたホンダの売れ筋モデルで、今回のフルモデルチェンジではそこに新たな魅力的な機能の追加やデザインの底上げがなされた。まさに鬼に金棒的なフルモデルチェンジといえよう。

ただ、これだけてんこ盛りの装備となったがゆえに新車価格はホンダセンシング付きの最低グレードで138万円から。

ターボ付きの最上級グレードだと180万円代とかなりお高い軽自動車となってしまった。その理由は上に上げた数々のアップデートにあるのだが、これを高いととるか妥当ととるかは少し難しい部分があるかもしれない。

ちなみに各グレードでホンダセンシングを非装備にすることも可能で、この場合はベースグレードより約7万円安くなる。個人的には強力な装備なので付けておいたほうがリセールバリューも含めて良いと思うが少しでも安くしたい人には嬉しい選択肢かもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました