【9代目・後期】ダイハツ ハイゼットトラック ジャンボ(S201P/S211P型)

ハイゼットトラック

ハイゼットトラックはダイハツのトラック型軽乗用車。本稿では9代目の2007年12月マイナーチェンジ~2014年10月までの後期型に設定された「ジャンボ」グレードを扱う。

画像参照元:ダイハツ認定中古車

概要

1999年1月にフルモデルチェンジし、9代目となったダイハツ・ハイゼットトラック。

9代目のハイゼットトラックは1998年の軽乗用車新規格に対応しつつもコストカットの観点から先代をベースに設計。そのためボディスタイルそのものは先代によく似た形となった。

一方でヘッドライトを大型化し8代目のアイデンティティーだった黒縁を廃止。フルモデルチェンジをイメージさせるスッキリとした顔つきに変化した。また、インパネも新設計となりそれまで旧規格までのイメージを刷新させた。

9代目では新規格と安全対策を取り入れながらも荷台長は1940mmに拡大。またボディの85%に亜鉛メッキによる防錆鋼板を採用し、カチオン電着塗料により高い防錆性能を実現した。

さらに「ストロング防錆仕様」がスペシャル、ローダンプ、パネルバングレードを除いてオプション設定され、軽トラック初となる錆による穴あき5年、表面錆3年の長期保証を実現した。

そのハイゼットトラックは2004年12月にビッグマイナーチェンジを行い中期型となった。中期型ではフロントデザインを大幅変更したほか、ガードフレームの形状を変更。積み重ね時の効率をあげると共に1945mmの荷台長を確保した。

内装でもインパネを同年代のハイゼットカーゴをと同じタイプに変更し、ユーザー調査に基づく大型グローブボックス、大型インパネセンターポケット、大型インパネアンダーポケットなどの収納スペースを設けた。

この他メカニズムではタイヤの切れ角アップにより小回り性能を向上、最小回転半径3.7m(※前期型は3.8m)を実現。エンジンは引き続き廉価グレード用SOHCエンジンとと上級グレード用DOHCエンジンの2本立てで、それぞれ前期型よりもパワーアップがなされた。

9代目後期型ハイゼットトラックの改良点と中期(前期)との違い

S201P (16)

そして2007年12月。9代目ハイゼットトラックは2回目のビッグマイナーチェンジを受けて後期型に。

後期型マイナーチェンジではそれまでのEF型エンジンを全グレードで新型ツインカムエンジンのKF型に置換。これによりパワー、燃費、走行性能、静粛性が向上しFFの2WDモデルでは「平成22年度燃費基準+10%」、FFのMTと4WDのATでは「平成22年度燃費基準+5%」を達成した。

また全グレードで「平成19年排出ガス規制」の認証を取得した。これ以外に内装ではライトグレー色のインテリアカラーを新規に採用。

さらに間欠ワイパーを全グレード標準装備とし、後期型では新エンジンの採用と内装の変更で商品力強化をはかった。

なお、エクステリアの変更はなく、中期型と見た目は同じ。そのため外観からは中期型と後期型との違いは見分けが難しい。

ただし、ボディカラーがかなり整理され、エクストラ以外はオフホワイト1色のみ。エクストラでもオフホワイトかブライトシルバーメタリックの2色のみとなり、ブルーが廃止された。このためボディカラーから中期以前か後期かを見分けることができる。

9代目後期ハイゼットトラック ジャンボの特徴と違い

ハイゼットトラックのジャンボグレードはスペシャルグレードをベースにノーマルよりもキャビンを拡大し、居住性を向上させた上級グレード。

天井を高くしたハイルーフ仕様にリクライニング可能なシートを装備し、上方向やキャビン後方が拡大されたことで荷物を置くスペースや開放的な室内空間が最大の特徴だ。

また、左右独立したセパレートシートの採用で一般的な軽トラでは不可能な「シートを倒して昼休み」といった使い方も可能となり、快適性がウリの最上級グレードである。さらにシート後方のスペースには荷物など小物を置けるなど使い勝手も良い。

一方でキャビンを広く取ったため荷台スペースの全長が削減されているが、キャビン後方に彫り込みのような溝を設けることで背の低い長ものであれば従来どおり積載可能とするなど、キャビンスペース確保によるデメリットを極力解消した設計としている。

外装はスペシャルと同じで樹脂タイプ(非塗装)ミラー&アウタードアハンドル。内装はエクストラに準じ、パワステ、パワーウィンドウ、キーレスエントリー、エアコンなど各種快適装備を標準装備する。

ボディカラーはオフホワイトとブライトシルバーメタリックの2種類。

エクステリア(外装)

フロントデザイン。後期型では特に外装上の変更点はなく、2004年12月マイナーチェンジの中期型と同じ。

9代目のハイゼットトラックでは中期型以降でヘッドライト、バンパー、ドアアウターパネルのプレスラインに至るまで大幅なデザイン変更が行われた。

ヘッドライトは大型化しスタイリッシュ感がアップ。前期型に比べそれまでのベーシックな長方形から斜めのエッジを効かせたことで個性もプラスされた。

9代目後期のハイゼットトラックジャンボの外装はエクストラよりもグレードが低いスペシャルと同じ構成。メッキフロントグリルは非装備でドアミラーやアウタードアハンドルも樹脂タイプ。

サイド。ジャンボはサイイドビューが一番大きく異なる。キャビンは後方に拡大し専用サイドガラスが装着され、ルーフも標準タイプよりも少し高いハイルーフ仕様となる。これにより後方と上方向が拡大され広々としたキャビンが確保される。

その分荷台長が少し短くなるが、キャビン後方の下部にくぼみを与えた構造とすることで、背の低い長物であれば従来どおり積み込めるよう工夫がなされている。

ただし箱物など上方向に立体的に積み込むと標準タイプとジャンボでの積載量の差が出てくる。積載量よりもキャビンの快適性を重視したタイプである。

足元は12インチスチールホイール。S201/S211P型ハイゼットトラックの純正タイヤサイズは145R12-6PR。

リア。こちらも中期型と同じ外観。ジャンボグレードではあおり右側の車名デカールとなりに「Jumbo」のデカールが加わる。

2011年12月マイナーチェンジでは4WD仕様車のあおり部分に付いてた4WDデカールが廃止された。

さらに2012年12月マイナーチェンジでは2013年1月からの灯火器および反射器等に関する規則に対応すべくコンビランプ近くの外側両端に後方反射板を追加した。

エンジン・機能装備・安全装備など

エンジンは3気筒の自然吸気エンジン。ここからが後期型の大きな変更点となりそれまでのEF型エンジンから同年代の乗用モデルと同じKF型エンジンに換装した。

新搭載のKF-VE型直列3気筒DOHCエンジンは最高出力37kw(50ps)/5700rpm、最大トルクは64n・m(6.5kg)/4000rpmを発生。

3ATモデルでは最高出力が若干異なり、53ps(39kW)/7000rpm、最大トルクは6.5kg・m(64N・m)/4000rpm。

中期型ではグレードによりSOHCエンジンが設定されていたが、後期型は全グレードでKF型エンジンに統一された。

トランスミッションは引き続き5MTまたは3ATの2種類で駆動方式はFRまたはパートタイム4WD(ハイロー切り替え付き)。デフロックはジャンボには非設定。

安全装備としてデュアルSRSエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト (運転席/助手席)、ABS(ブレーキアシスト付)は「安全パック」としてメーカーオプション設定されていたが、2011年12月マイナーチェンジで保安基準改正に適合。ジャンボや特装車を除いて運転席エアバッグが標準装備となった。

9代目ハイゼットトラック S201PとS211P型との違い

9代目ハイゼットトラック、S201PとS211P型との違いは駆動方式。S201P型ハイゼットトラックは後輪を駆動するFRの9代目ハイゼットトラック。

S211P型はS201Pベースで前輪を駆動する4WDのハイゼットトラック。なお、S211P型の4WDはパートタイム式4WDとなっており、運転者が任意で4WDと2WDの切り替えを行うタイプ。

一般的な軽自動車に用いられる生活四駆よりもパートタイム4WDは普段2駆の時は燃費が良く、いざという時の4駆は悪路となる荒れ地や畑、農道を走る際には頼もしいシステム。伝統的に軽トラなどではパートタイム4WDが採用されやすい。一方でタイトブレーキング現象が発生するため取り扱いには注意が必要だ。

9代目ハイゼットトラックS201PS211P型の持病や故障しやすい箇所

9代目ハイゼットトラックの後期モデル(S201P/S211P)ではそれまでのEF型エンジンから置き換わったダイハツの初期型KF型エンジンを搭載する。

そのため4代目ムーヴ(L175S/L185S)2代目タント(L375S/L385S)エッセ(L235S/L245S)7代目ミラ(L275S/L285S)ムーヴコンテ(L575S/L585S)などと同じく9代目後期の初期モデルではKF型エンジンに由来する持病やトラブル、故障しやすい箇所などがいくつかあげられる

まずは定番のオイル漏れとオイル消費。初期のKF型エンジンを搭載するダイハツ車はかなりの確率でオイル漏れが発生しやすく、ヘッドカバーとシリンダーヘッドの間からオイルが漏れやすい。

ヘッドカバーパッキン(ガスケット)の交換で修理できるが、漏れを放置するとオイルが想像以上に減ってエンジンにダメージを与え、最悪エンジンブローの原因となるので注意が必要だ。

また、オイル交換もこまめにやっていないと初期型のKFエンジンでは有名な「オイルリング固着」が発症している可能性も。これはオイルリングがスラッジで固着し、オイルを大量消費する事態に発展する。オイル消費が激しい場合は対策品ピストンへ交換修理が必要で、費用がかさむケースも。

次にウォーターポンプ。これも初期のKF型エンジンでは有名な故障箇所で、後に対策品になるほど壊れやすかった。ウォーターポンプも放置するとエンジンが冷却できなくなり、オーバーヒートとなって最悪エンジンブローに至るケースも。

後期型の中古9代目ハイゼットトラックを買う場合はヘッドカバーからにじみや漏れがないか、ウォーターポンプから異音がしないか、あるいは交換済みかを確認することをオススメする。

インテリア(内装)

インパネ。デザインは標準タイプと同じ。ジャンボでは快適装備のキーレスエントリーやパワステ、エアコンが標準装備となる。

S201P (17)

スピードメーターも標準タイプと同じ。

5MTのシフトノブ。

ATのシフトノブ(3AT)。

エアコンはマニュアル式エアコン。

オーディオはAMラジオのみでドア部の2スピーカーも非装備。

ジャンボ専用シート。標準タイプとの大きな違いはこのシート。一般的な軽トラは背もたれ一体型シートが採用されるが、ジャンボではハイゼットカーゴと同じセパレートシートを採用。

リクライニングも可能で快適性が大幅向上している。

さらに天井はハイルーフ仕様で広く、上方向の開放感があり、

座席後部は出っ張りがあるものの、ちょっとした荷物などを置けるスペースとしても活用できる。

9代目後期・ハイゼットトラック ジャンボのまとめ

9代目後期ハイゼットトラック ジャンボは置換されパワーアップしたエンジンに中期型までと同じキャビンの居住性を重視した上級グレードである。特にDOHCエンジンにより燃費やトルクが大幅向上しており、9代目のジャンボを購入する場合は後期型ジャンボがオススメである。

ただし初期モデルに関しては上述のKF型エンジン系の不具合があるため、状態をよく確認することが必須である。

この後の10代目でもジャンボは継続設定され、上級エクストラベースも誕生しより豪華な仕様として登場することとなる。

中古市場では9代目ハイゼットトラックの中ではタマ数が少なく、標準タイプ(スペシャルやエクストラ)に比べると価格が高い傾向にある。探しづらいのがネックだが、ハイゼットトラックの中でも居住性がかなり良いのでそれも納得なグレードである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました