【3代目・前期型】日産 モコ(3代目 MG33S) 概要解説

モコ

モコは日産のワゴン型軽自動車。スズキ・MRワゴンのOEMモデルである。本稿では3代目のMG33Sの2011年2月~2013年9月までを前期型とし、これを扱う。

MG33S_firsr_ (8)

画像参照元:日産認定中古車

概要

2011年2月に登場した3代目モコ。初代モコの時代からスズキMRワゴンのOEM供給車として販売されていたモデルである。ただし、エンブレムや車名だけを変更するOEMとは異なり、日産オリジナルのデフォルメが与えられているのがモコの特徴で、スズキ版よりもスタイリッシュなエクステリア、上質な内装など日産らしい仕様となる。

3代目のエクステリアは、初代や2代目のイメージを引き続きつつ、シャープさと可愛らしいを兼ね備えたヘッドライト、安定感のあるバンパー、質感の高いスモークテールランプ、面積拡大で開放感を高めたフロントガラスなど2代目よりも箱型でかつスタイリッシュとした。

インテリアではピアノブラック調フィニッシャーの採用で、上質感を演出。メーターには自発光式メーターを採用し、シート表皮は千鳥格子柄の採用でモダンな雰囲気も持たせた。

パッケージングは先代よりもロングホイールベースとし、室内長を最大180mm拡大。頭上空間や後席ニールームも大幅拡大することでより快適でゆったりとした室内空間とした。

エンジンは新世代のR06A型エンジンを採用。自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類を設定し、これに副変速機を内蔵したCVTの採用でパワフルな加速と静粛性、低燃費を両立させた。さらに高張力鋼板の採用で先代比30kgの軽量化も実現。低燃費や加速性能に貢献している。また、エコドライブをサポートするため、スピードメーター内に「ECOインジター」を搭載するなど、環境性能にも対応させた。

3代目モコ(MG33S)と3代目MRワゴン(MF33S)との違い

3代目モコと3代目MRワゴンの違いは車名エンブレムやメーカーエンブレム以外に内外装のデザインにある。

エクステリアはではモコ専用ヘッドライト、専用グリル、専用バンパーを採用しスズキとは完全差別化。先代同様に日産仕様の方がよりスタイリッシュかつ上品さや可愛らしさを表現したデザインとなっている。

また、インテリアでも日産専用のシート表皮を採用。スズキのブラウン単色シートに対し、明るいブラウンの千鳥格子柄シートを採用することでモダンな雰囲気を与え、こちらも差別化がなされている。

グレード構成も同じで最廉価グレード(S)、ミドルグレード(X)、ターボグレード(G)の3種類を設定。ただしモコでは全グレードでオーディオレスが標準仕様に対し、スズキのMRワゴンでは全車標準装備などの違いがあった。さらにFFのターボ仕様にセットオプションだったSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、ESPの3点セットも非設定となっていた。

なお、3代目MRワゴンでは特別仕様車が設定されたが日産のモコでは直接OEMされることはなかった。が、そのかわりオーテックジャパンによる架装の特別仕様車が2代目同様設定され、こちらでも差別化がなされていた。

3代目・前期モコ グレードの違い

3代目前期モコのグレード構成は下から順番に「S」、「S FOUR」、「X」、「X FOUR」、「G」、「G FOUR」の6種類。

Sグレード、S FOURグレード

Sグレードは3代目もモコ廉価グレード。マニュアル式エアコンに、ステアリングチルト機構とプッシュ式エンジンスタートボタンが非装備で快適装備が簡略化される。

S FOURグレードはSグレードの4WD仕様版で、寒冷地仕様(運転席シートヒーターなど)が標準装備となる。

X、X FOURグレード

Xグレードは3代目モコのミドルグレード。LEDターンランプ付きドアミラーやフルオートエアコン、ステアリングチルト機構、プッシュ式エンジンスタートボタンが標準装備となり、快適装備が豪華な仕様。

X FOURグレードはXグレードの4WD仕様版。寒冷地仕様(運転席シートヒーターなど)が標準装備となる。

G、G FOURグレード

Gグレードは3代目モコの最上級グレード。3代目モコ唯一のターボエンジンを搭載し、アルミホイールで見た目が良くなる。

このほか、Xグレードと同じLEDターンランプ付きドアミラーやフルオートエアコンやチルトステアリング機構、プッシュ式エンジンスタートに加え、スピーカーが標準で6スピーカー仕様となるが、オーディオレス仕様となる。

G FOURはGグレードをベースとした4WD仕様版。寒冷地仕様(運転席シートヒーターなど)が標準装備となる。

エクステリア(外装)

フロントデザイン。3代目モコは先代までの可愛らしいイメージを引き続きつつ、ヘッドライトを大型化。よりスタイリッシュなヘッドライトとした。また、グリルもMRワゴンとは異なり、2代目と同じ格子形状を採用。バンパーには曲線や厚みをもたせスズキよりも洗練されたデザインとした。


※3代目MRワゴンのフロント

スズキは当時、ムーミンに出てくるリトルミイをイメージキャラとして宣伝を行っていたが、OEMモデルのモコとは全く異なる顔つきとなっているのが日産のこだわりや気合を感じるモデルである。

サイド。3代目モコはボディ形状がさらに変更された。初代は卵型。2代目は曲線のあるワゴン型だったが、3代目ではボンネットの出っ張りを強調した箱型となった。これにより室内空間が広くなり、かつ運転席からのボンネットの見切りも良くなり運転しやすくなった。

なお、Sグレード以外ではサイドミラーがLEDターンランプ付きの電動格納式リモコンドアミラーとなる。

足元は自然吸気エンジンが13インチフルホイールキャップ+スチールホイール。サイズは 145/80R13。デザインは日産専用となる。

ターボは14インチアルミホイール。サイズは155/65R14。こちらはスズキ版と同じデザイン。

リア。このあたりはMRワゴンと共通でエンブレムや日産マークへ変更となる程度。ただし車名エンブレムの位置はスズキがバックドア右下に対し、モコでは左真ん中となる。3代目モコではテールランプにもこだわり、スモーク気味のデザインとすることで、上品さを演出している。

エンジン・機能

エンジンはR06A自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類を設定。自然吸気エンジンの最高出力は54ps(40kW)/6500rpm、最大トルクは6.4kg・m(63N・m)/4000rpm。

ターボエンジンは最高出力は64ps(47kW)/6000rpm、最大トルクは9.7kg・m(95N・m)/3000rpm。ターボエンジンは先代ではMターボという60馬力仕様だったが、3代目では64馬力ターボとなる。

トランスミッションはCVTのみで駆動方式はFFまたは4WD。変速機が先代の4ATからCVTに置換され、ボディも軽量化されたことで自然吸気エンジンでも加速や燃費がよくなり、かつターボ仕様ではよりパワフルな走行性能となっている。

安全装備としてはABS+EBD(電子制御制動力配分システム)+ブレーキアシスト、運転席・助手席SRSエアバッグシステムを標準装備。ターボ仕様のGとG FOURにはタイヤ空気圧警告灯も標準装備とした。なお自動ブレーキ類はこの世代には設定がなく、すべて非装備となる。

インテリア(内装)

MG33S (7)

インパネ。3代目はセンター部分のホワイトが特徴的で直線を意識したスッキリとより上品な感じになった。ステアリングは全グレードでウレタンステアリングホイール。

エアコンはSグレードがマニュアルエアコン。XとGではオートエアコンとなる。シフトノブはインパネシフトを採用。

MG33S_first.jpg

スピードメーター。シンプルで見やすい自発光式。なおターボモデルでもタコメーターは付かない。

MG33S_firsr_ (1)

フロントシートはベンチシートタイプ。スズキ版とは異なる日産専用シート表皮で、千鳥格子のデザインを取り入れたモダンなシートとなる。

もちろんフロアマットもモコ仕様を設定する。

MG33S_firsr_ (2)

リアシート。足元は広い。スライド機能を備えるので足元とラゲッジルームの広さを調節できる。

MG33S_firsr_ (5)

ラゲッジルーム。

MG33S_firsr_ (4)

リアシートを倒した状態。

ちなみに3代目モコはシートアレンジも優秀で、このようにフロントからリアシートにかけてフルフラットにでき、一応車中泊も可能となっている。

まとめ

モコはスズキからのOEM車であるが、そのデザインの違いから個性のある軽自動車となっている。

本家MRワゴンは、元々主婦層をターゲットにした車だが、パレット(現行モデルではスペーシア)の登場により主婦層から若者へとターゲットを変更している。そのためフロントデザインがかっこ可愛い顔面になっているが、こちらのモコではそれを感じない。ターゲットは変更せず、旧モデルの印象を受け継ぎ女性向けといった感じだろうか。

モコは本家MRワゴン同様、ワゴンRとはちょっと違ったかわいい軽自動車を探している人にぴったりな1台である。

中古市場では初期型が年数経過もあって安価な価格帯になってきている。前期型にはターボ仕様の設定もあり、比較的新しいモデルなので、より広い室内空間よりも日産らしい可愛らしさとスタイリッシュな内外装が気に入った人には魅力的なモデルといえよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました