【4代目・後期型】ダイハツ ムーヴ(L175/185S型)概要解説

ムーヴ

ムーヴはダイハツのワゴン型軽自動車。本稿で4代目L175/185S型の後期型(2008年12月~2010年11月)を扱う。

画像参照元:三菱認定中古車

スポンサーリンク

概要

2006年10月にフルモデルチェンジし、4代目となったダイハツのムーブ

それまでのイメージを大きく変更しエレガントなフロントデザイン、タマゴ型のワンモーションフォルムの採用、ホイールベース拡大による室内空間のアップ、新開発エンジンの採用など外観も内部もフルモデルチェンジに相応しい内容となった。

外観はそれまで初代から続いていたワゴン型のボディを一新。スズキの初代MRワゴンなどに見られるボンネットからフロントガラス、ルーフにかけて緩やかな曲線を持つワンモーションフォルムとなった。

また、プラットホームを一新し室内空間を新設計としたことで当時の軽自動車としては最長となる2,110mm(2WD)の室内長を確保。また、室内幅も1,350mmとし3代目よりもさらに室内空間を広くした。

インテリアは3代目から劇的に質感が良くなったが、4代目でもこれを踏襲。

加えてアーチシェイプインストルメントパネルと呼ばれる立体的かつ躍動感のあるインパネデザインや、ムーヴ史上初のセンターメーターを採用し明るく華やかな室内空間とした。

エンジンは新開発となるKF型エンジンを採用。これはエッセなどで先行していたEF型に替わる新世代エンジンで、低中速域のトルクと燃費性能を両立させたもの。

これにグレード別でCVTを組み合わせ23.0km/L(10.5モード)を実現した。

安全装備としては車載カメラを用いた「車線逸脱警報機能」を軽自動車として初めて搭載。また、レーダークルーズコントロールをもグレード別に採用。

このほかABSと横滑り防止装置、トラクションコントロールの3つを合わせたVSCの採用(※カスタムRSの2WD車にインテリジェントドライビングアシスト&セーフティパックとしてメーカーオプション)するなど3代目よりも順当に装備のレベルアップがなされている。

もちろんワンモーションフォルムを採用しつつも衝突安全ボディ、「TAF」の採用により55km/h、前面オフセット 64km/h、側面55km/h、後面55km/hの衝突実験においても優れた安全性を確保。

現実の市場事故実態を考慮し、ダイハツ独自の目標を設定したクルマ対クルマの衝突実験(50km/h前面衝突、50km/h側面衝突)を実施し、十分な生存空間の確保と、高い乗員保護性能を実証している。

スポンサーリンク

4代目ムーヴ後期型の改良点と前期との違い

その4代目ムーヴは2008年12月にフロントデザインや内装の変更を伴うマイナーチェンジで後期型となった。

4代目前期型ムーヴ(フロント)

4代目後期型ムーヴ(フロント)

後期型ではフロントグリルやバンパーのデザインを変更。よりスタイリッシュかつ精悍さをアップさせた。

L175S_first (13)

4代目前期型ムーヴ(リア)

4代目後期型ムーヴ(リア)

また、後期ではリアコンビランプがデザイン変更され、クリアータイプに一新されたほか、トップシェイドガラスを採用しエクステリアをより洗練。

L175S_first (8)

4代目前期型ムーヴのインパネ(Lグレード)

4代目後期型ムーヴのインパネ(Lグレード)

インテリアでは新デザインのスピードメーターを採用し、一部インパネカラーの変更などでより上級さがアップした(特にLグレードではインパネシルバーガーニッシュも標準装備となり、若干質感が向上)。

ボディカラーには新色「ハーブグリーンメタリック」を追加。

安全装備ではLグレードにオプション設定だったABSを全グレードに標準装備化。その一方でドリンクホルダー照明、シフトパネル照明、パワーウィンドウスイッチが廃止。

前期モデルよりも内外装や機能装備で充実させたマイナーチェンジとなっていた。

後期型・4代目ムーヴのグレード L、L VS、X、Xリミテッド、Xスペシャル、X VS、X VSⅡ、X VSⅢ の違いなど

4代目前期ムーヴのグレード展開は下から順にエントリーグレード「L」、上級「X」、最上級「Xリミテッド」の3種類。

モデル後半には特別仕様車の「L VS」と「X VS」が設定され、その後カタロググレードとして「X VSⅡ」がXリミテッドと入れ替えで登場。その後「X VSⅢ 」にバージョンアップする。

ターボ車はカスタムモデルのみに設定。

【4代目・後期型】ダイハツ ムーヴカスタム(L175S/L185S型)

L

4代目後期ムーヴのエントリーグレード。装備が一番ベーシックで、その分価格を抑えたグレード。

エクステリアではXグレードと比較して「LEDサイドターンランプ」が非装備。13インチスチールホイール+ホイールキャップ仕様となる。

インテリアではタコメーター無しの1眼式メーターを採用。センターアームレストも非装備。後期モデルではインパネシルバーガーニッシュが標準装備となり、若干質感が向上した。

快適装備はマニュアル式エアコンで、キーフリーシステムとならず、電波式キーレスを標準装備。リバース連動ドアミラーも非装備。

アジャスタブルパック(運転席シートリフター+チルトステアリング+アジャスタブルショルダーベルトアンカー)はオプション設定。

パワステ、パワーウィンドウ、パワードアロックなどの快適装備は一通り装備する。

安全装備は運転席&助手席エアバッグを標準装備し、後期モデルでは全グレードでABSが標準装備となった

一方でセーフティパック(SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ)は後期モデルでも選択できなかった。

4代目ムーヴで唯一、5MTを設定するグレード。5代目以降はMTが廃止されたため最後の5MTモデルとなっている。

X

4代目前期ムーヴの上級グレード。Lグレードよりも装備が豪華になる。

後期モデルではそれまでの4ATからXグレードで新たにCVTを採用。静粛性や燃費性能が向上した。

このほかXグレードでは快適装備にフルオートエアコン、キーフリーシステム、センターアームレスト、リバース連動ドアミラーを標準装備する。

安全装備はABSが標準装備でセーフティパックがオプション選択可能となる。

2009年12月に「Xスペシャル」と入れ替えで廃止。

Xリミテッド

Xグレードよりもさらに上級装備をプラスした、標準ムーヴの最上級グレード。トランスミッションにはCVTを採用する。

エクステリアでは14インチアルミホイールにLEDサイドターンランプ付きドアミラーを標準装備。

インテリアではインパネのシルバー加飾(シルバーセンタークラスター、シルバープレート付きシフトノブ)にタコメーター付きの3眼式メーター(瞬間燃費計付き)を採用。

快適装備ではサンバイザーに照明付きバニティミラーを標準装備する。

2009年12月に「X VSⅡ」と置き換わる形で廃止された。

Xスペシャル

モデル終盤の2009年12月に追加設定されたお買い得グレード。

Xグレードよりも装備を厳選し価格を抑えつつ、トランスミッションにCVTを採用し4ATのLグレードよりも静粛性や燃費性能を高めたモデル。

エクステリアでは14インチフルホイールキャップ仕様。インテリアではタコメーター付き3眼式メーターを標準装備する。

快適装備のエアコンはマニュアル式エアコンとなり、キーフリーシステムは省略され、電波式キーレスを標準装備。

X VSⅡ

2009年12月設定の新規追加グレード。4代目前期の特別仕様車、「X VS」をカタロググレードに昇格し、最上級グレードとしたモデル。

L175S_VS2 (1)

外装では14インチアルミホイールにフォグランプ、サイドストーンガード(サイドアンダースポイラー)、リヤスポイラー、LEDターンランプ付きドアミラーを標準装備。

内装ではブラックシート表皮とメッキオーナメント付きステアリングホイール、シルバー塗装のドアアウターハンドル、メッキエアコンレジスターノブ、キーフリーシステム(イモビライザー付き)を与え内外装で高級感を与えた最上級グレード。

【4代目・後期型】ダイハツ ムーヴ X VS Ⅱ(L175S/L185S型)

X VSⅢ

2010年5月に設定された最上級グレードVSⅡの後継グレードでそのバージョンアップ版。

VSⅢは上級グレードの「X」をベースに各種エアロパーツやアルミホイール、ブラック内装で内外装での質感を高め上級感をアップさせたグレード。

L175S_last_vs3 (3)

VSⅢでは外装に14インチアルミホイールにフォグランプ、サイドストーンガード(サイドアンダースポイラー)、リヤスポイラー、LEDターンランプ付きドアミラーを標準装備。

内装では自発光式メーターにマルチインフォメーションディスプレイ、フロアイルミネーション、グローブボックスランプ、キーフリーシステム、オートエアコン、インテグレートCD・AM/FM付ステレオを標準装備とし、内外装で豪華装備を与えたグレード。

【4代目 後期型 特別仕様車】ダイハツ ムーヴ X VS Ⅲ(L175S/L185S型)

4代目(L175S/L185S)ムーヴのオススメのグレードはVS、VSⅡ、VSⅢ

4代目標準ムーヴのおすすめグレードは特別仕様車の「X VS」、最上級グレードの「X VSⅡ」および「X VSⅢ」。

標準ムーヴの中でも外装や特に内装の質感が高く、廉価のLグレードと比較してもかなりの差がある。それでいて中古価格はそこまで高くもないので、手頃なVSグレードが出てきたら素直に買いだ。

ただ、4代目ムーヴの中でもタマ数が少ないため少々見つけづらいのがネック。VSシリーズはカスタムに隠れた良グレードとなっている。

【4代目 後期型 特別仕様車】ダイハツ ムーヴ X VS Ⅲ(L175S/L185S型)

エクステリア

フロントデザイン。前期では台形状のものを2弾重ねとしアクセントにメッキパーツを装着していたがこれを変更。大きな台形の開口部を基本とし、下部には太めのメッキライン。

内部には2本の細いメッキラインで上品さをアップさせた。またバンパーも台形状の人口開口部のものからグリルと逆方向の台形とし、真ん中を線で割ったデザインに。

グリルと合わせて前期よりも見た目が上級な感じに変化した。フロントガラスにはトップシェイドガラスを採用し強い日差しや赤外線対策を意識。なお、ヘッドライトは共通となる。

サイドから。フェンダーウィンカーが後期型でクリアー化された。特徴的なタマゴ型フォルムは健在。

足元はLが13インチスチールホイール+ホイールキャップ。タイヤサイズは145/80R13。Xグレードでは14インチ化される。

XリミテッドやVSグレードでは14インチアルミホイールとなる。タイヤサイズは155/65R14。

リア。コンビランプのデザインが変更され、ブレーキランプ、ウィンカー、バックランプの位置が上下反転。ブレーキランプの面積が小さくなり、クリアータイプとなった。

エンジン・機能装備・安全装備など

エンジンはノーマルグレードが自然吸気エンジンのみの設定。

4代目ではこれまでのEF-VE型にかわり新エンジンであるツインカムDVVT3気筒のKF-VE型を採用。エッセで先行搭載していたエンジンで、3代目までのエンジンとは完全に切り替わった。

自然吸気エンジンは最高出力58ps(43kW)/7200rpm、最大トルク6.6kg・m(64N・m)/4000rpmを発生。

トランスミッションは5MT、CVT、4ATの3種類。

ただし、5MTはベーシックなLグレードのみで、ムーブカスタムには5MTは設定されない。

駆動方式はFFまたは4WD。CVTのFFモデルではカタログ燃費がムーブ史上で初めてリッター20km超えの23.5km/lとなった。

安全装備として運転席&助手席エアバッグ、ABSを全グレードに標準装備する。

インテリア

インパネ。後期型では下半分のインパネカラーがグレーからベージュ系に変更された。

L150_last (8)

スピードメーターも刷新され、背景がブラックに。

L150_last (12)

なお、上級グレードではムーブカスタムと同じタコメーター付きを備える。

ステアリングはウレタンステアリング。Lグレードではメッキオーナメントが省略される。

【4代目・前期型 特別仕様】ダイハツ ムーヴ L VS/X VS(L175S/L185S型)

エアコンはLグレードがマニュアル式エアコン。X以上ではフルオートエアコンとなる。シフトはインパネシフトで、

5MTのみフロアシフト&レバー式サイドブレーキとなる。

L150_last (9)

フロントシートはベンチシートタイプ(※5MTを除く)。後期型ではシート表皮がベージュ系に変更された。

5MTのみセパレートタイプを採用。

L150_last (10)

リアシート。

L150_last (11)

ラゲッジルーム。

L150_last (0)

リアシートを倒した状態。

まとめ

4代目後期ムーヴの総評

4代目後期型のムーブは、前期のエレガントなデザインに加えより上級となったフロントデザインや内装など正統なマイナーチェンジといえる内容で4代目ムーブのレベルをワンランクアップさせるものとなっている。

それまでのベーシック路線から一歩飛び出し、デザインと共にダイハツの挑戦が伝わってくるモデルである。

ただ、デザイン的に万人受けとは言いがたい部分もあり、好き嫌いがはっきり出るのも事実。特に横からのボディフォルムはこの手のいかにも感が強く出ており、普通車からの乗り換えだと抵抗感が強い部分もあった。

それゆえなのかこのワンモーションフォルムのムーブは次の代(5代目前期)までとなり、5代目後期型では従来通りのボンネットが出っ張ったデザインとセンターメーターも従来タイプに戻されることとなる。

【5代目・後期型】ダイハツ ムーヴ(LA100S/LA110S型) 概要解説

4代目後期ムーヴはかなり安価 中古車が手頃で足車にオススメ

4代目後期型ムーヴは、前期と並んで中古価格がかなりお手頃なモデル。年数経過もあるが、デザインが特徴的な部分もあり、特にカスタムと比べると人気は殆ど無い。

そのため走行距離が低走行であっても10万~20万円で買える個体もあり、激安の足車として嬉しい中古車となっている。

特に台数はかなり少ないが5MTの設定もあり、そして激安なのがポイントだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ムーヴ
スポンサーリンク
軽自動車マニア博士をフォローする
スポンサーリンク
シン・軽自動車マニア

コメント

タイトルとURLをコピーしました